PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

感謝の気持ち。。。秋晴れの結婚式

目覚めても雨は上がっていなかった。
風も昨日のままの強風っぷりで、ヤシの木も家のまわりの木々も大暴れしている。
少々落胆した目覚めではあるが、自然相手のことだ。
あとはひたすら願うばかり。

式の本番は午後。どうにか午前中には上がってもらいたい。
しかしその前に心配なのが、こんな大荒れの天候のsotoboにいる私だ。
この天候の中、無事に会場までたどり着けるんだろうか。
まずはその心配が先決だ。
用心に越した事はない。予定より早い電車に乗って会場を目指した。

DSC02673_20100927011307.jpg

願いが叶ったとまではいかないが、会場に着いた頃には雨は上がっていた。
お天気も二人を祝福する準備をはじめたようだ。
あとは太陽のお目見えを待つばかり。
やはり白いウエディングドレスが映えるのは、晴れ渡った秋空が一番だろう。



親は子を愛し、子は親に感謝する。
それは生んでくれた事への感謝であり、こうしてここまで育ててくれた事への感謝でもある。
この感謝というものにたどり着くまでが、それ相当の時間が必要なのだ。

DSC03004_20100927014846.jpg

時間だけではない。経験と成長がこの「感謝」という気持ちを育んでくれるのかもしれない。
無邪気なやさしい子供が思春期を向かえ、当たり前のように反抗期に突入する。素直な気持ちが素直にあらわせず、それが格好の悪い事のように思え、行き場のない気持ちに思い悩む。
でもそんな尖った気持ちも、いつしか人を愛する気持ちが和らげてくる。
大人の階段をのぼりはじめ、そして大人への扉を開いた時、これまでの経験と成長の中で見え隠れしていた「感謝」という気持ちが素直に感じられるのであろう。

斯く言う、私がそうであった。

DSC02825.jpg


ご両親にとって、、、

一人前になった息子の晴れ姿も、
きれいなウエディングドレスの娘の姿も、
仲間に囲まれ祝福されている二人の姿も、

どれをとっても感無量だと思う。でも、、、

披露宴で映りだされたビデオで息子の娘の幼い頃を思い出し、
披露宴で述べられた両親への感謝の気持ちに涙し、

そんなすべてをひっくるめて、我が子の成長した姿が一番心に響いたんだろうと思う。

DSC03088_20100927015926.jpg

生意気にもそんな事を考えていた。


家族に見守られ、友人に囲まれ、みんなに祝福されているふたり。

空はいつしか青空がひろがり、太陽もお目見えした。
輝かしいふたりを演出し、お天気もちゃんとふたりを祝福していた。

DSC00449.jpg

私はこのお天気回復に一躍買ってくれたであろうてるてる坊主に、、、感謝した。


Mくん、Nちゃん、
ご結婚おめでとうございます!

DSC03180.jpg
スポンサーサイト

| 写真館ソトボ日誌 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sotobo99.blog116.fc2.com/tb.php/891-13545481

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。