PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

チームの絆

刈りたてのピッチにジョルノが佇む。。。

DSC04794.jpg

ひとりピッチで何思うかな。。。




PK決着。。。

DSC03096.jpg

それは22人の選手が、ひとつのボールを追って激しくぶつかり合っていたピッチから一転する。
これまでの激しさがどこに影を潜めたのかと思う程、静へとかわる。
そこにあるのは孤独と得体の知れない重圧がピッチを覆いかぶしているように思える。
そして選手個々からは、120分の死闘で決着がつかなかった事への覚悟めいたものが伝わる。
勝たなきゃならない。勝ってはじめて決着がつく。

それは勝負への決着であり、自分自身の決着でもあるんだろう。

DSC03091_20100701065934.jpg

チームプレーであるサッカーで、唯一個人の技術と運に賭けたプレーがPKだと言われる。
確かに1対1の勝負だ。
個人にのしかかるプレッシャーは計り知れないものに違いない。
そのプレッシャーとの戦いは自分自身を信じるしかないんだろう。

孤独。。。

しかしその後で見守るイレブンがいる。
それまでピッチで一緒に戦ったイレブンがいる。
ベンチからも同じように信じ見守っている監督、コーチ、選手がいる。

ただただゴールに突き刺さるキックを信じ、
キーパーのファインセーブを見守るチームがある。

チーム。。。

キッカーはひとりでも、ゴールキーパーもひとりでも、
そこには確実にチームみんなの魂が宿っている。絆でつながっている。

DSC03097_20100701065330.jpg

最後の最後まで信じ、肩を組みひざまずいて祈った。
その後姿からは、言葉よりも何よりも伝わる何かがあった。

胸と目頭が熱くなった。

目標には手が届かなかったが、きっと掴んだ何かはあるだろう。

ある選手が試合後に、、、

「応援だけでなく、批判にも感謝する。」

と言った。
プロの魂を感じた。

DSC03089.jpg

岡ちゃんの笑顔ファンの私としては、岡ちゃんの笑顔で締めくくれなかったのは残念だが、最後に見ているこっちが笑顔になった。

日本チームのみなさん、感動をありがとう!

4年後、ブラジルの地で岡ちゃんの笑顔を見たいと思う私である。。。



まじめに綴ったわりにまちがっていた。。。
  ナイン ×  イレブン ○
修正しました。。。
スポンサーサイト

| ソトボ 日誌・生活 | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sotobo99.blog116.fc2.com/tb.php/802-56964bf1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。