PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

岡ちゃんの笑顔

昨晩は究極の選択を強いられた。

頑張って起きているか、それとも早起きするか。。。
結果、早起きに賭けてみる事にした。
というのも、時間が時間だけに力尽きて寝てしまう恐れもあるし、時間が時間だけに目覚ましを止めてしまう恐れもある。
夜中の3時過ぎに起きるのを早起きと言うのかどうかわからない。
早朝と言えば早朝だが真夜中と言えば十分に真夜中だ。
まぁ、どっちもどっちだが、そんな心配をよそにちゃんと目は覚めてくれた。



5時20分。。。
いつもの起床時間に日本中が湧いた。
朝から歓喜に酔いしれた。
勝利を願ってはいたが、どこか不安なところも無きにしもあらずだった。
しかし想像もしていなかったフリーキックでの2得点。それにだめ押しの1点。
大会前から決定力不足と言われ続けてきたチームとは思えない勝利の内容だ。
これは選手個々の能力や技術もあったとは思うが、「チームプレー」が浮き彫りになった勝利のような気がした。
世界レベルで言えばスター選手のいない日本チームだ。
それだけにこのチームプレーの日本サッカーを見せつけた試合だったように思う。
勝利インタビューで監督も選手も口にしていた「チーム一丸となって、、、」。
それがひしひしと伝わってくる試合だった。そして勝利だったように思う。

試合後、最少失点で切り抜けたディフェンダーの中沢と闘莉王が抱き合い、勝利を喜んでいる姿が私には印象的だった。

日本のサッカーの歴史を塗り替えた大一番であった事は確かだろう。
しかし決勝トーナメントからが本当のワールドカップのような気がする。
グループリーグのような駆け引きのない、ガチのワンマッチを勝ち上がっていく。
そんな熾烈を極めた戦いがワールドカップのように思う。

強豪の敗戦や敗退が相次ぐ今大会。
内紛が原因のようにも言われているチームもある。
理由はどうあれ悲しい話だ。
強いチームは強いまま勝ち残っていくのが、強豪国の使命のように思う。
(勝手ですが。。。)
そしてそんな強豪国と日本との戦いこそ醍醐味で、是非見たいのだ。
その戦いの中に現実と目標と夢がひしめき合うような気がする。

今日のようなチームプレーの勝利は気持ちがいい。
でもやはりスター選手のスーパープレーも見てみたい。
それもこの世界一の舞台であるワールドカップの魅力でもある。
まだ強豪国のスター選手は成りを潜めているように思う。
これからの華麗なるプレーに期待したい。

世界一の栄冠を目指し、各国の熱い戦いが繰り広げられていく。

まだまだワールドカップは続く。
そして寝不足も続く。


最後になりましたが、、、

日本チーム、決勝トーナメント進出おめでとう!!

私は岡ちゃんの笑顔を見られるのが、何よりうれしいのだ。

DSC02878_20100626020402.jpg
スポンサーサイト

| ソトボ 日誌・生活 | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sotobo99.blog116.fc2.com/tb.php/797-177e7dd4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。