PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あらためて2時間半で振り返る。。。

キラキラ土曜日だというのに朝からお仕事だ。
ない時はないのに、あるとなると一斉にやって来る。

DSC01811.jpg

仕事から開放された時は太陽が傾きはじめていた。




DSC01813.jpg

1冊のアルバムが完成した。
ある家族の休日を撮ったアルバムだ。
当然アルバム自身も私のお手製。

DSC01815.jpg

DSC01816.jpg

明日その家族に渡すとしよう。。。

DSC01830.jpg


夕方、ビールとつくねを持ってRくんがやって来た。
先日の我が結婚式の写真を見たいと。。。(前ブログ
まだ何も整理していない写真は2000枚以上ある。
撮った本人は撮った本人なんだからある程度どういう写真かは想像がつく。
撮られた本人は全く想像がつかないだろうから、こうして写真で振り返るのは違ったかたちでまた結婚式を楽しめるってことだ。

二人ビール片手に2000枚を見始めた。

DSC01836.jpg

一週間前の結婚式が随分前に思えるらしい。

写真を見ながらRくんは言った。
結婚が自分がこの年齢の時でよかったと。。。
若い頃だと両親への感謝の気持ちも、照れくささが先にでて素直に言えなかったと思うと。。。
30を過ぎた今だから素直に「ありがとう」が言えたと。。。

わかる。
私もそうだった。
口うるさく思え、心配される事が格好悪くも思え、子離れできない親のように思え、何から何まで突っぱねていた時があった。反抗期とかそういう青春の1ページではなく、どこか「男たるもの…」みたいな、心配されない事が世話をかけない事が一人前の大人なような気がしていたのだ。
でもそうじゃないって事に気づいた時、両親も親である前に一人の人間だと思えた時、両親のそういった気持ちが素直に受け入れられた。
子を思う気持ち、人を思いやる気持ち、、、大切な事だ。

今でも心配される。
今でも心配をかける私が問題かもしれないが、
でも昔のような心配ではない。
安心の上にある心配のような気がする。

一言二言の言葉に、一言二言以上に込められた気持ちが伝わる。
心配するのが親だし、心配されるのが息子だ。
それが親子だろう。家族だろう。
生んでくれた事、育ててくれた事、そして今でも心配してくれる事、素直にありがたく思う。

照れくさいが、いつからか尊敬する気持ちがおきていた。

DSC01833_20100523073435.jpg

途中Rくんは何度か目頭を熱くしていた。


これからこの日をアルバムにする。
思い出のアルバムではなく、これからはじまるアルバムにしたいと思う。
よくわからない表現だが、そう思う。


2000枚だ。
見終わると外は真っ暗だ。
2時間半の映画1本を見たようなものだ。

Rくんと握手して別れた。

上映会場に空いたビールの缶が6本並んでいた。

DSC01837.jpg
スポンサーサイト

| ソトボ 日誌・生活 | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sotobo99.blog116.fc2.com/tb.php/763-6c8010cf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。