PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私の中でめぐる「きっぷ」へのエトセトラ。。。

土日東京で、、、
月はsotoboでOFF、、、
火は東京で、、、
水はsotoboで作業、、、
木の今日は雨の中東京、、、。

目まぐるしく東京とsotoboが交互で、、、
疲れた。。。



最近、ちょっと気になっている事がある。
気になっている自分が小っちぇ~人間に思えて、その小っちゃさにヘコむ自分にまたヘコみそうで。

くだらない事だがこういう事だ。。。
私が上京する際利用しているのが「都区内・りんかいフリーきっぷ」だ。(前ブログ
便利なフリーきっぷで私の東京での活動範囲をコレ1枚で網羅できるお得きっぷだ。
しかしその「きっぷ」というのが問題なのだ。

今やスイカなど、改札をワンタッチで通過するのが主流であり都会的でありスタイリッシュだ。ワンタッチで交通網を縦横無尽に網羅し、ワンタッチで買い物までできる時代だ。都会の必須アイテムと言っても過言でないくらいだ。
そんなワンタッチ時代に改札にきっぷを通すという行為に、どこか引け目を感じてしまっているのだ。
全くくだらない話だ。くだらないのはわかっていても、勝手に気持ちがそうなってしまうのは残念だが仕方のない事だ。

大都会の駅はいつもラッシュだ。
改札機にも人が群がる。
タテにすると砂落ちる砂時計のようでもある。
砂時計も一糸乱れないあの砂の流れ落ちが砂時計で、ちょっとでも乱れようもんなら砂時計でなくなってしまう。
同じようにワンタッチで通過する都会的リズムを、残高不足などで狂わしてしまおうもんなら容赦ない冷たい視線を浴びせられる。
リズムを狂わされた後続の人たちは、心の中で舌打ちのひとつもしているだろう。
リズムを狂わした本人はある意味晒し者だ。
「コイツかよっ!」って視線を一様に受ける。

きっぷを通すって行為は、当然ワンタッチより時間を要する。
そこでのもたつきが都会のリズムを狂わす原因だ。
なので慎重な準備が必要なのだ。
改札機の前できっぷを用意してはダメだ。事前に用意し右手に持つ。
何喰わぬ顔でワンタッチに匹敵するくらいのスピードと身のこなしで通過する。
そこそこの緊張が走る。。。
無事通過した時の安堵感は格別だ。。。
しかしそこで安堵して立ち止まってしまうと新たなリズムを狂わしてしまう。
都会は動いているのだ。流れているのだ。

RIMG0004_20100521003715.jpg

そしてもうひとつ。ノミのような小心を露にしている私がいる。
これまたまったく飽きれる話だ。重々わかっちゃいるが、気持ちがそうなるのは仕方のない事だ。

きっぷ=旅行者やお上りさん.....。とういう構図から、この都会的一連の流れへの不慣れさを観察されているようで。。。白い都会的冷血な目で見られているような気がして、、、。
「コイツ、田舎モン!?」み・た・い・な……
被害妄想甚だしい。。。被害などどこにもありゃしないのにだ。
小心もここまできたら肉眼では見えない程のミクロ小心だ。

決して地方出身者をバカにしている訳ではない。
何なんだろう。勝手に自分にレッテルを貼っているようなものなんだろう。

たかだか「きっぷ」だ。
「青春18きっぷ」や「幸福きっぷ」と響きのいい「きっぷ」もあれば、私のような「レッテルきっぷ」もある。

自分の器の小ささというか、妙なカッコつけ感が否めない。



私はここsotoboに暮らしている事を誇りに思っている。
大海を目の前に自然豊かなここsotoboをこよなく愛している。

……。。。

説得力のない言葉だ。

帰りの特急わかしおでそんな事を考え、自責の念に駆られた。

RIMG0014_20100521003715.jpg

きっぷは上総一ノ宮の改札機に吸い込まれていった。
その吸い込みは何ら都会と変わりないが、ちょっとやさしく思えた。

sotoboに着くとホッとするのだ。
スポンサーサイト

| 東京 日誌 | 23:32 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

わかります~
私の様な田舎モンでもそう思うのですから越してこられた方なんぞはなおさらだと思います(^^;)

でもそれほど急ぐ旅ではいつもないので 私は切符派です。
昔のように、駅員さんがパチパチって改札で切符切ってくれるのもいいな、、って毎度思います。 風が吹くと切符の破片がきれいに舞ってきれいでしたよね

| pg | 2010/05/21 09:28 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/05/21 15:26 | |

pgさんへ

あのコソコソ感に後ろめたささえ感じてしまいます。。。
私の器は小鉢です。。。
確かにあのきっぷを切る音とあのリズムは旅の情緒ですよね。
あの職人的技に憧れたものです。
子供の将来の夢で「きっぷ切る人!」ってのもありました。今じゃありえないですね。

| sotobo | 2010/05/21 19:09 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sotobo99.blog116.fc2.com/tb.php/761-f7c7ddef

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。