PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私が惚れるモノ

はじめに言っておくと、今日の内容はどうでもいいと思う人が大方だし、そう思う人が正常で普通の感覚だと思う。
しかし人それぞれ趣味嗜好というものがあって、その魅力だったり惚れた理由なんていうものはその人しかわからなかったりする。
まさに今日の内容はソレだ。
こころして読んでいただき、少しでも共感していただけたら幸いだ。



朝から東京だ。
仕事は11:00からだが、朝一カメラをメンテナンスに出そうと早くに出た。即日に上げてもらえるように開店待ちする為だ。

DSC03458.jpg

予定通り即日に上げてもらえた。
きれいになった我がカメラは、受付の若きお姉様にしっかり抱えられ戻ってきた。
ご丁寧にエアパッキン(プチプチ)に包まれてお持ちいただいた。
きれいになった我がカメラに喜びを感じるのが万人の感覚なんだろう。
がしかし!
ちょい特異体質というか特異嗜好の私はカメラに目がいく前にその包んであったエアパッキンに釘づけだ。
受付のお姉様の話もそこそこに、目の前で解きほどかれたそのエアパッキンを目で追ってしまった。
当然必要ないだろうと処理されかかったところ、、、、

「ちょっとまった!!」とは言わないまでも、そのエアパッキンをいただけるようお願いした。
「もう一度お包みしましょうか?」とお姉様がおっしゃるのは当然。
「いえいえ、そのエアパッキンに惚れちゃって…」とは到底言えるはずがなく、
「ハイ。包んで下さい。」と小心な私は答えるしかなかった。

お見せしよう。
私の♥を射止めたエアパッキンとはコレだ!!

DSC03468.jpg

かなり胸張って声高らかに言っているが、大方の人にとっては別段どうでもいいエアパッキンだ。
イエローと言うには忍びない山吹色のエアパッキン。
そうそう見るものではないと思う。深き黄の奥に、梱包資材としての役目を担いつつオリジナリティを忘れないこの姿勢に感銘をうける。

DSC03470.jpg

どうでもいい事をどうでもいい事で済まされないところに、モノはモノとしての生き様を感じる。
何を言っているんだ。。。



話はまだ続く。。。


先日あるお方から、、、
シモジマにあるわよ。」と貴重な情報をいただいた。
まず「シモジマ」とは、東京は浅草橋界隈を拠点とする何でも屋さんだ。何でも屋さんの何でもというのは、概ね店舗に関するいろいろなものを売っているお店だ。紙袋や宣伝用品、事務用品から飾り付け用品などなど。
しかし私にとってはアイデアの宝庫だ。

話を戻すと、、、
私が探していたのは「オイルペーパー」だ。
コレがどういったものかというと説明しづらい。昔よく見かけた紙だ。茶色で表面がオイルでコーティングされたような紙でその紙袋だ。

お店の人に聞く前に探すのが醍醐味だが、見当たらないので聞く事にした。

「あの~オイルペーパーの紙袋を探しているんですけど。友人がシモジマにあると言っていたもので。。。」

「オイルペーパーですか???」

伝わらなかったようだ。大体がオイルペーパーが正しい商品名かどうかもわからない。

「何に使われるんですか?」

当然の質問だ。
答えようがない。欲しいだけなんだから。

「んーーー何だろうか……。」

小心な私はそう答えるしかなかった。
嫌な顔ひとつせず、いろんなカタログで探していただき漸く他店にある事がわかった。
正確には「ロー引き」と言うらしい。
早速他店にいそいそと向った。

私が長年記憶の中で愛し続けた紙袋がコレだ!

DSC03464.jpg

平袋に、、、
コレ!亀底袋というらしい。
いいフォルムだ。。。

DSC03465.jpg

一日いても飽きない「シモジマ」。この魅力はシモジマワールドにある。
懐かしいアレだったり、いつも見ているコレだったり。。。
主役ではない脇役のアレやコレやが揃っている。

東京に行く時はシモジマ行きはスケジュールに欠かせなくなってしまった。

DSC03471.jpg


最後に言っておく。
何がそんなに魅力的なんだと言うと、、、
……。。。
よくわからない。
でも小さい子供が寝る時にぬいぐるみを抱っこして眠るように、私もこういったモノに囲まれていると安心するのだ。

以上、どうでもいい今日のブログだった。
スポンサーサイト

| 東京 日誌 | 23:31 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

懐かしい袋ですね。昔はよく使われていたような気がします。今は限られたお店でしか見かけませんね。ソトボさんはどのように使用するのでしょうか?ソニーさんさすがに対応がはやいですね。顧客としてはその日のうちに直していただけるという事は嬉しいサービスですね。

| ママ | 2010/05/11 18:28 | URL | ≫ EDIT

ママさんへ

この袋たち、使用目的などなくただただ欲しかっただけなんですね。
袋にも作られた職人さんにも悪いかもしれませんが、インスピレーションの固まりのような気がして、、、。見て触っているだけでいいのです。ちょっとオタクっぽいですが。。。
そうなんです。即日の対応は助かります。私のように遠方からだとそうそう行けませんから助かります。

| sotobo | 2010/05/12 08:39 | URL |

はじめまして。
お気持ちすごくよくわかります!
私もたくさんあるのに
何故かちょくちょく
買ってしまいます。
梱包材が大好きなんです。
ロー引き袋、すごくいいですよね。

| あや | 2014/08/03 01:27 | URL |

あやさんへ

はじめまして。
一昨日も浅草橋界隈をウロウロしておりました。
梱包材も発展と共にカタチを変えたり、なくなったり、、、。
時代感じる粗悪感もまた「味」としての魅力なんですよねぇ。
共感していただきうれしいです!!

| sotobo | 2014/08/03 09:24 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sotobo99.blog116.fc2.com/tb.php/750-4c3115d4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。