PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

経験と技が今日も私を敬服させる

人それぞれ得意分野がある。
それだけに自分が不得意とする分野に長けている人を見ると、感心と嬉しさがこみ上げてくる。

長年の経験と体にしみ込んだ技と言うものに敬服する。
経験になのか、体になのか、技になのか。。。それは全部にだ。
目には見えない何かが形となってあらわれる。つくる。
これは人間故のなせる技。素晴らしい事だと思う。



今日は朝から、sotobo家にとって絶大な信頼を寄せるSさんの登場だ。
前々から考えていた、道路側の塀の一部を扉にするという計画に漸く踏み切った訳だ。
sotobo家の塀は、杉板を内側と外側両面に打ち付けた構造になっている。巾10cmの杉板の箱が家のまわりを囲んでいる形だ。お金をかけないで作ってもらったsotobo家お気に入りの塀なのだ。

DSC01769.jpg

家自体もさることながら、この塀ができ上がった時「大工の技」というものに感服した。素人考えかもしれないが、シンプルなだけに技術を要する構造だと思ったからだ。

そして今日その一部を扉にする。
私の構想は、この流れるように続く塀を壊さず扉にする事だ。
考えるのは得意でもそれを作るのは私には無理だ。この分野には長けていない事は重々承知なのだ。
まずのこぎりというものをうまく使えないのだ。真っすぐ切れない。多少歪んでもそれは手作りの域、味、とすればいいのかもしれないが、それも許容範囲がある。私の場合その許容範囲を逸脱する事が多いのだ。
多いと言うか、真っすぐ切れたためしがない。不得意なのだ。
だからそれをこなしてくれるSさんにはいつも頭が下がる。

計画を簡単に言うとこういうことだ。
塀の一部をズバッと切ってしまう。その切った杉板を利用して扉を作る。そして塀に違和感なくその扉を取り付ける。でき上がりは塀の一部に隙間ができた程度でこれまでと何らかわりない。
とまぁ、言うだけは簡単な私の構想だ。
後はSさんの技術に託すしかない。

いよいよはじまった。
まずは塀の切断だ。当然のこぎりを使う。

DSC01776.jpg

いきなり私を釘付けだ。真っすぐ切れていく。。。

Sさんは言う。

「道具でのこぎりが一番好きなんですよ。鉋を好きと言う人が多いけど、私はのこぎりなんですよね。」と。

DSC01786.jpg


ここでチャチャが入りだした。
ジョルノの日課だ。(昨日ブログ
一生懸命のこぎりで切っている横にいつものようにボールくわえて登場。
「投げれ~」と横に置いてスタンばっている。
KYだ。まったく空気を読めない。
代わりに私が投げてやっても持ってくるとSさんの側に置く。
この一途なところにも敬服する。しかし邪魔だ。

DSC01779.jpg

DSC01782.jpg

DSC01785.jpg

.........。。。


あっという間に塀は切断された。

DSC01793.jpg

次に扉作り。Sさんの構想は、扉の土台となる四角い骨組みを作り歪まないように斜めにハリを入れる。それに切断した杉板を打ち付けるって構想だ。
口や文章で言うと簡単だが、厚み10cmの扉となると微妙な調整が必要だ。

DSC01812.jpg

一旦仕事に戻った私はアトリエから様子を見る。
微妙な調整にSさん考える。。。いい表情だ。。。

DSC01814.jpg


片面の杉板を取り付けた状態。

DSC01824.jpg

もう片面を打ち付けていく。

DSC01843.jpg

DSC01875.jpg

完成に近づく。。。

DSC01881.jpg

近づく。。。

DSC01885.jpg


おぉぉ完成!!

DSC01921.jpg

思った通りの出来映えだ。何ら違和感もない。
動きもスムーズ。大満足だ。

DSC01909.jpg

しかし残された課題がある。
カギだ。
当初内側に閂(カンヌキ)のようなものを取り付けようと思ったが、存在感がこの塀の流れを邪魔するようなので目立たない金具にする事にした。
こういったものの金具は重要だ。生かすも殺すも金具次第ってところがある。
この金具選びは私の唯一の仕事。これは任せてもらった。

すっかり夕方だ。
金具は付いていないが、でき上がった扉に夕日が当たる。

DSC01916.jpg

Sさんと別れ、私は金物探しに走ったのであります。。。




Sさん、今日はどうもありがとうございます。
今日もSさんの仕事っぷりに惚れ惚れしましたよ。
とっても気に入りました。そして大満足です。
また何かあった時はヨロシクです!!

Sさんの会社は → コチラ
今日からリンクをはらしていただく事になりました。

DSC01845.jpg
スポンサーサイト

| ソトボ 日誌・生活 | 23:54 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

さすが~~~パチパチパチ.....

| komae | 2010/04/10 10:32 | URL | ≫ EDIT

komaeさんへ

ホント~~~パチパチパチ.....
komaeさんにはわかって貰えると思います。このSさんワールド。。。

| sotobo | 2010/04/10 10:51 | URL |

なんだかテレますねぇ。
こんなふうに写真を撮ってくれていたんですね。さすがです。最初にのこぎりを入れたときの、飛び散るおが屑が空中で止まっている写真に驚きました。
作っている私自身も、上手く出来た時は嬉しくなります。それで依頼してくれた方が満足してくれたら、もうそれ以上はありません。

私はのこぎりを使えても、ミシンで服を作ったことがありません。
いつか、服を作っているsotoboさんの様子を見させて下さい。

| S | 2010/04/10 22:56 | URL |

Sさんへ

何も手伝う事ができず、申し訳なかったです。
でもあののこぎりの神業を見たら、お任せするのが一番とも思いました。そしてでき上がりに大満足。
あのおが屑が舞った写真は私も好きです。
また何かあったらお願いします。そして今度一杯やりましょう。。。

| sotobo | 2010/04/11 03:01 | URL |

岡田外務大臣を見る度にSさんを思い出してしまうのです。

| komae | 2010/04/11 09:46 | URL | ≫ EDIT

komaeさんへ

わかる~~!どちらかと言うと「マグマ大使」の領域ですよね。。。

| sotobo | 2010/04/11 15:31 | URL |

「大和田信也そっくり!」と施主に言われたことは今まで何回あっただろうか・・・

岡田外務大臣・・・なるほど。
マグマ大使・・・動画を検索してしまいました。

大阪の長屋で白黒テレビに映るマグマ大使に目を輝かせて見入るsotobo少年を想像します。

| S | 2010/04/12 11:34 | URL |

Sさんへ

大和田信也の岡田外務大臣にマグマ大使......共通点は顔の輪郭だと思います。
残念ながらマグマ大使は大阪の長屋でカラーで見た記憶があります。。。

| sotobo | 2010/04/12 23:30 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sotobo99.blog116.fc2.com/tb.php/719-625a3907

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。