PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

来年はいい風が。。。

朝、新宿での用事を済ませ駅までテクテクテクテク……
途中、都庁の横?脇?下?あまりにもデカくそびえ立っているいるので、何て表現していいかわからない。
見上げれば高い空に高い都庁。。。
来年には完成して20年になる。
まさにバブル時代に計画され建設された「バブルの塔」だ。
観光スポットとしても、日本を代表するランドマークとしての役割も担ってきたが、今ではこの「バブルの塔」も不景気の風を浴びている。
そんな風、感じてるのかどうかは知らないが、この不景気など微塵も感じさせない堂々たる風格が、かえって滑稽に思えてしまう。
完成当時はこのような経済状況に陥るなど、これっぽっちも思わなかっただろうになぁ。。。とあらためて見上げる。
そんな私の脇を冷たい風が通り抜ける。。。
RIMG0008_20091120234123.jpg



仕事を終え、夕方久しぶりに渋谷に出た。
渋谷に用があった訳じゃなく、井の頭線で数駅行った先。
住宅街にぽつんとある町工場町工場という言葉から受ける印象は全く感じられない。
でも長年この地でビニール加工業を営まれてきたことは伺える。
そう、ファイルやバックなどビニールを使った製品を作っている工場だ。
この工場に依頼する事があり、何度か電話で話はしていたが今日はじめてお邪魔した。

一連の打ち合わせが終わり、社長さんと暫し歓談(?)。。。
聞くとやはりこの道50年との事だ。
一時は沢山いた従業員も今では社長含めて4人。
話題は景気の話からはじまる。
やはりこの景気低迷がすべてのようだ。
この50年、納期に追われる事はあってもここまで不景気に追われる事はなかったと。
私のような青二才が口にできるような言葉ではないが、
まさに日本を支えてきた中小企業の姿だ。

話題は流れ、
社長さんの生い立ちや息子さんの事などなど、、、。

壁に貼られた関東の大きな地図。
私が一宮から来たと一宮を指すと、社長さんは富津出身だと富津を指された。
房総半島の内と外だ。

ものつくりが好きで映画を愛したこの社長さん76歳になるとの事。
先日誕生日を迎えたsotobo父と同い年だ。

ひとつの事をやり続けてきた人。
事務所のいたるところに年季を感じる。歴史が刻まれている。
足元の小さなガスストーブ。
目を細められ、笑った顔も何ともほのぼのと温かい。
あっという間の1時間。
「いろいろ縁があるねぇ~。」と見送っていただいた。

当たりはすっかり暗くなり、駅は学生でごった返していた。



新宿のイチョウの葉も黄色く色付いてきた。
まだまだアスファルトを埋め尽くすほどの落葉はないけど、
ちらほら風に煽られ舞っている。

ちょっと早いけど、、、
2010年、いい年でありますように。

RIMG0012.jpg
スポンサーサイト

| 東京 日誌 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sotobo99.blog116.fc2.com/tb.php/576-4536f7de

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。