PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

手の温もりの事

今日はまじめな「腰痛日誌」だ。
「何だ。またギックリ腰の話か…。」とお思いでしょうが、どうか読んでいただきたい。



私が海で腰を痛めてから2週間が過ぎた。
今日までの経過と治療についてはこのブログで綴ってきた。
いつものギックリ腰かと思いきや、回復の兆しらしい兆しが一向に見えない。(多少良くはなっているのだが、いつものギックリの場合とは明らかに違う。)
先日のMRI検査もそういった経緯があって、「ほぐし職人」のKさんのすすめで受けてみる事にした。
結果はこのブログでも報告した通り「ちょっとヘルニア」と診断された。
ブログではそこまでしか報告していなかったが、ずっともやもやしたものが私の心と体を覆っている感じがしていた。そしてそれが何なのかが漸くわかったのだ。


そこそこ大きな病院の整形外科での「ちょっとヘルニア」の診断。この診断に至るまで2回この病院に行った。1度目はレントゲン検査。2度目が私の希望でMRI検査。
思い返すと、この2回の診察で担当の先生は一度も私の腰に触れていないのだ。
触れるだけじゃない。立った姿勢やどこがどう痛いかなど、手を差し伸べた診察は一度もなかった。
私は素人だ。腰痛のプロフェッショナルな先生にもなれば、患部に触れなくてもレントゲンなどの精密検査で判断できるのかもしれない。でも何だか不思議で、どんだけ的確な診断でも不安がぬぐい去れない。

1度目の診察で痛み止めを処方してもらった。しかし飲んでも痛みは全くかわらなかった。
2度目の診察の時にその事を言うと、とりあえず1週間は飲んでくれと言う。1週間飲んだら効いてくる事もあるからと言う。
........。。。
それは私にとって痛み止めの薬じゃない。1週間もかかる痛み止めは痛み止めじゃないと思う。実際今も飲み続けているが、痛みが和らぐって事はない。


病気も一緒だと思うが、患部の痛みや病気の症状だけが辛いんじゃないと思う。
「どうしてこうなったんだろう。」「ホントに良くなるんだろうか。」という不安がいつもつきまとうのだ。これが辛いのだ。
だから少しでも安心したいのだ。信頼したいのだ。。。

今日東京からの帰り、ホームで電車を待っている間、妻マチルダが私の腰をさすってくれていた。痛みがとれる事はないが、とっても気持ちよかった。
ほぐし職人」のKさんは、当然はじめから最後まで手ひとつで治療にあたってくれる。普段も心配してメールで状態を聞いて、アドバイスしてくれる。
私のこの「腰痛日誌」も判断材料になっているんだと、さっき知った。

それだと思う。
私のもやもやが晴れた。

病院を批判するつもりは更々ない。
医療現場の抱えるいろいろな問題は、テレビでもよく取りあげられ私なりに理解している。
科学の推移を集めた最新鋭の設備での診察も大切だと思うし、必要だと思う。
でも手の温もりや温かい気遣いも、それに匹敵するくらい大切だ。
いつも患者と同じ目線で治療にあたってくれていると、一緒に回復に向って頑張っていると思える。
病は気からというが、自分自身の気持ちだけでなく、まわりの気持ちも力強い味方なのだ。

まだしばらくは回復全開とまではいかないだろうが、また「ほぐし職人」さんと二人三脚で回復に向って頑張ろうと思う。
今や「ほぐし職人」さんの管理下に置かれているのは私だけじゃない。妻マチルダもそうだが、sotobo母もお世話になっている。父だけがいたって健康体なのだ。

ゴッドハンド
↑↑↑以前もアップした「ほぐし職人」さんの手だ。

これからsotoboは冬に向う。
ここsotoboの冬は結構キビしいのだ。
海からの風が冷たいを通り越して痛いくらいだ。
当然冷えは腰には良くない。
寒くなる前に健康且つ丈夫な腰を取り戻すのである。

今日の「腰痛日誌」でした。。。
スポンサーサイト

| ソトボ 日誌・生活 | 23:23 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

病気の時、オクさんが「私が治してあげる」って、ずっと気を入れるように背中をさすってくれました。ボクはそれで治ったんだと信じています。まさに“手当て”ですね。sotoboの腰痛が早く治るように、今夜、O森ちゃんと3人で気を送ってみます。おだいじに…。

| novou | 2009/09/30 06:57 | URL |

ワタシのゴットハンドで・・・

長引くねえ。
腰は体の中心やからキツイなあ。
そうやね、マチルダに毎日5分でもいいから手を当ててもらってごらん。
少ーししずつほぐれて行くよ。
子供の頃、腎臓が悪くていつも尿に蛋白が降りていたんだけど、
寝る前におじいちゃんが毎晩お念仏?を唱えながら腰をさすりさすりしてくれました。シワシワだけど柔らかくて温かい手で。
その甲斐あってか、今ではすっかり健康体!ハンドパワー恐るべし!
ワタシは、そのおじいちゃんの孫だからね。
「きてます!」

| ミスミヤック | 2009/09/30 10:12 | URL |

novouさんへ

そう、「手当て」ですよね。。。
そちらからの気を万全に受け入れられるように、今日は東京に腰を曲げて寝ることにします。
極上の気をお願いしますね。。。

| ソトボ | 2009/09/30 21:51 | URL |

ミスミヤックへ

腰痛にかけちゃ経験豊富なので、いつものように対処してたけど、今回のは違う!!
こんだけ長引くと腰だけじゃなく、腰をかばっていろんなとこがきしみだした。
負の連鎖反応やねぇぇ。。。
そこからやと100キロはあると思うけど、その大きな手で筋金入りの気を送って下さい!

| ソトボ | 2009/09/30 21:57 | URL |

送ったよ!どう??

| ミスミヤック | 2009/10/01 00:47 | URL |

ミスミヤックへ

久々にゆっくり眠れた~。
昨日とは打って変わって調子がよろしゅうございます。
お三人方の心温まる「気」のおかげだと感謝しております。
恐るべしハンドパワーやねぇ。
もう少し回復したら、野菜持ってお邪魔するわ。。。

| ソトボ | 2009/10/01 10:41 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sotobo99.blog116.fc2.com/tb.php/523-1a616b8b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。