PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夫婦円満のコツ

結婚して8年目を爆走中だ。

夫婦というのは大抵、、、
運命の出会いを果たした二人が、惚れた腫れたと盛り上がり、人生を共にする決意をもって結ばれる。
しかしそもそも赤の他人が運命を感じて赤い糸で結ばれたのだ。
それぞれの家庭でみそ汁の味や具が違うように、それぞれ育った環境も違えば、これまでの経験も違う。そんな二人が生活を共にするのだ。
何かひとつするにも、それぞれのやり方ってものがあったりする。
風呂掃除の仕方や皿の洗い方、、、などなど。。。
それが一緒だったら問題もないが、お互い違ったやり方だともめたりもする。
「これはこうした方がいいよ。」
「それはこの方がいいでしょ。」
と。。。
どうでもいいと言えばどうでもいい事だが、結構大切な事だと思えば大切な事だ。

そういうsotobo家も、日々の生活の中いろいろあった。。。


靴下の干し方だ。
洗濯バサミがいっぱいぶら下がっているアレにどうやって靴下を干すか。。。
妻マチルダは靴下の先を挟む派だ。
ゴムを挟むとゴムが伸びるという言い分だ。
私は口のゴムの方を挟んだ方が、口も開いて靴下の内側が乾きやすいと言う論理で反撃した。。。

パックの牛乳の冷蔵庫へのしまい方だ。
牛乳は大抵、ドアポケットに入れる。
つまり庫内でいえば一番動きのあるポジションだ。
故に口が開いたパックの牛乳も溢れる危険性が高いということだ。
なのでパックの口をドア側に向けろという論理だ。
何かの拍子で牛乳が飛び出しても、口が自分の方に向いていないと汚れる可能性が低いと言う言い分だ。
……。。。
わかる。わかると言っちゃあわかる。
しかしそういう状況って、万にひとつの可能性じゃないか。
それならパックの開いた口をテープで貼るなり、輪ゴムで止めるなりすればいいじゃないか。
と、極端な言い分で反撃した。。。

厚揚げ豆腐の食べ方で指摘された事もある。
焼いた厚揚げ豆腐に鰹節をまぶし、醤油をかける。
私の好物のひとつだ。
仲良く二人で一丁の厚揚げ豆腐を食べていた時のことだ。
厚揚げ豆腐は、縦に1カット横に3カットして8つに食べやすく切ってある。
好物なので箸がすすむ。が、その箸を止められたのだ。

「何で自分の方から順番に食べないの?」

私はおかまいなしに8つの好きなところから食べていたのだ。
妻マチルダは、端から食べないと見栄えが悪いし、そもそもそれぞれの側の4切れがそれぞれの配分だと言う。
確かにそう言われるとそうかもしれないが、8つある厚揚げ豆腐も8つ一緒じゃない。
当然コーナー部分と真ん中部分があるし、鰹節と醤油のかかり具合もそれぞれだ。
自分好みの一切れを探したっていいじゃないか。
声を大にした私の言い分だ。。。


夫婦というのは色々ある。
あの日以来、sotobo家の靴下は先を挟んで干している。
冷蔵庫のドアを開けると、牛乳パックの口はちゃんとドアの方に向いている。
厚揚げ豆腐は、、、まぁいいか。。。

夫婦円満のコツというのは、こういう事かもしれない。

靴下を干していて、ふっと思い出した。。。

DSC02333_convert_20090731015806.jpg

スポンサーサイト

| ソトボ 日誌・生活 | 23:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

靴下はねー、ゴムを上にして干したほうが、いいようでーす。
なぜなら、ゴムを下にすると、脱水後に残っている水分が、下に降りてゴムが傷みやすいんだとか・・・まあ、それは手洗いの時代の話で、現代は脱水機でほとんど水分抜けてるから関係ないような気がしますが(^_^)
一応、一般論は「ゴム上、先下」なんだと思いまーす。
おせっかいなオサルより

| オサル | 2009/07/31 23:10 | URL |

Re: タイトルなし

だってTVで言ってたもーん!と妻マチルダ。
要するに乾けばいいってことにしておこう。。。
今夜は一宮の花火大会。見た事のない人の数が押し寄せて来るのだ。
今から準備。準備。

| ソトボ | 2009/08/01 14:30 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sotobo99.blog116.fc2.com/tb.php/461-2c523fa1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。