PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

海辺のカルテット ー つくね

一宮から海岸通りを北上。白子という温泉街がある。
ここ白子はテニスの街としても有名で、テニスコートが何百とある。
当然、シーズンには合宿などに訪れる学生が多かったりする。
そんな白子の町中に一軒の肉屋さんがぽつんとある。



街の肉屋さん。何て事の無い普通の肉屋さん。
入り口を入ると正面にはガラスのショーケース。いろんな肉が陳列されている。
肉屋さんというと当然のようにその片隅にはフライコーナー。
コロッケやエビフライなど、、肉屋さんのフライコーナーはいつ見ても食欲をそそる。
「どこどこの肉屋さんのコロッケはウマい。」と近所名物になったりするものだ。

肉屋さん


そう、この肉屋さんにもフライコーナーがある。そしてそこの一品を求めて客が殺到する。
それは「つくね」だ。
肉屋さんのつくねとはちょっと珍しいが、味は絶品。値段も最高。
ここのつくねは、ベース鶏のミンチを丸め、衣を付けてフライに。そしてつくねの甘辛いタレに浸してある。そして1個の大きさがでかい。卵くらいの大きさがあり、ズッシリ。それで一個¥50-。濃い味派の人はタレも別売りしているので安心。
そんな「つくね」だから人気が凄い。

つくね

電話注文が基本。何かの会合があると何百個の注文が入っていたりする。
ショーケースの向こう側でずっとつくねを作っていて、注文すると油紙の袋に入れて手渡してくれるのが素朴で何ともいい。

海と温泉とテニスとつくね。最高のカルテットの白子である。
スポンサーサイト

| ソトボ 日誌・生活 | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sotobo99.blog116.fc2.com/tb.php/26-4ed6a9de

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。