PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

意味わからぬ「掛け声」の思い出

作業しながらラジオを聴く。
ミシンの音で消されるのがほとんどなので、
聴いているようで聴けていないのがこのBGMラジオである。

しかし今日はラジオ優先で時折ミシンを踏むのをやめ、ひとり大笑いしていた。
我が愛聴のTBSラジオ。
テーマは「部活の掛け声」だ。
リスナーから自分が所属していた部活の掛け声を投稿し、実際電話越しにその掛け声を実演するのだ。
たかが掛け声。然れど掛け声なのがこの部活の掛け声である。
何のこっちゃ??と思われる方もいるだろうが、思い出して欲しい。
部活によって独特の掛け声があったと思う。
ランニングする時。
応援する時。
気合い入れる時。
そしてその掛け声は往々にして意味不明な言葉なのである。


中学でも高校でも、1年生で入部するとまずはその掛け声を伝授される。
先輩から意味不明な掛け声を教わるも、「その意味は何だ?」とは到底質問できない。
絶対的先輩。質問などできる風潮は当時なかった。

聞かれたところで先輩も多分わからないのだ。
同じように伝統としきたりにのっとり代々伝授されてきただけなのである。
ただそれだけなのである。

そして決まって意味不明。。。
どうして意味不明なのだろうか。。。

因みに私が中学時代所属していたバレー部は、、、
「オイッチュウ〜〜ジ オイオイオイオイ チュ〜〜ジ」
と掛け声に合わせてランニングしていた。

そんな意味不明な掛け声でまじめに走っていたのだ。
今思えば滑稽である。
しかし当時はまじめにその掛け声に勤しんでいた。
ある意味部員の絆である。
部の象徴でもある。

しかし意味不明なのである。。。

都市伝説であろう。
いやいや部活伝説である。


様々な掛け声が投稿され、大笑いした。

ラジオって、ホントいいもんである。。。

DSC02701.jpg


バレー部時代のソトボ少年である。背番号は「8」。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news
スポンサーサイト

| ソトボ 日誌・生活 | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sotobo99.blog116.fc2.com/tb.php/1861-e6f6882e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。