PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

くすぐられる、、、「豆NAKANO」

昨夜は遅い時間だというのに、新米をおかわりした。
今朝は寒くなるとクッションを共にするコイツらを見て秋を実感した。

DSC01386.jpg

そういう私も今日はネルシャツスタイルである。
急速に秋深まる気配感じる。



DSC01415.jpg

逗子行きの総武快速線がホームに停まっている。
何を隠そうこの電車、反対方向は上総一ノ宮である。

DSC01387.jpg

そんな電車を眺めながらカフェオレで一服を決め込む。
雑誌「CASA」をめくりながら、アイデアの物色も決め込んでみる。
そんな情景がキマっているのかどうかは知る術もないが、いつしかこういった喫茶店とはひと味違う、カフェやバールといったお店が日本にも浸透した。

DSC01404.jpg

かれこれ二十数年前、はじめてのカフェ経験は本場パリだった。
散々歩いた後の休憩だったが、モデルのようなパリジャンとスタイリッシュなギャルソンに緊張し、サッパリわからぬメニューの中からちょっとでもわかるものを探した。
そんな有様で終始休憩などできなかった事を覚えている。
つまらぬ思い出である。

DSC01424.jpg

さて、
幕張方面に行った時の休憩場所だったカフェが、千葉駅のこんなホーム眺める真横に引っ越した。(前ブログ
漸くお邪魔できた。近いようでなかなか遠い千葉なのである。
このホーム横というのは、なかなかくすぐられるロケーションである。

DSC01398.jpg


5坪の三角形のお店は、焙煎中の豆の香りと焙煎機の音に包まれている。
電話をしたが通じなかったので、多分そういう事だろうと思っていた。やっぱりそうだった。

DSC01413_20120925155014.jpg

オーナーの仲野さんのセンスにもくすぐられる。
カウンターで物色する「CASA」以上にこそばゆくなるセンスがある。


DSC01408.jpg

いつもの自転車が店の横にあった。
自転車通勤らしい。

人生2度目の千葉駅下車だったが、ただいま大工事中である。
聞くと、このロケーションもどうなるかわからないらしい。
今時の駅ビルに変身し人は増えるだろうが、店から電車の頭が見えなくなるかもしれないとの事。
それは非常に残念だ。。。

DSC01429.jpg

電車が逗子に向って出発した。
随分ゆっくりした停車だった。

さて私は反対側の上総一ノ宮に向って出発だ。
カフェオレ。350円。いつも安いと思う。

DSC01433.jpg


なかなか千葉にくる事はないが、これからは休憩場所ではなく寄り道になりそうだ。

DSC01417.jpg

カウンター越しの仲野さんはパリジャンよりもギャルソンよりもカッコいい。

ここは千葉駅横の「豆NAKANO」である。

DSC01407_20120925154934.jpg

  豆NAKANO



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news
スポンサーサイト

| ソトボ 日誌・生活 | 15:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sotobo99.blog116.fc2.com/tb.php/1651-afbf10b8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。