PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

うだる暑さと心地よいあいさつ

今日も暑い話からで恐縮する。

「うだるような暑さ」とは、アノ容赦なく照りつける都会の暑さを言うんだと思う。
上からは直接の太陽を。足元からはアスファルトが照り返した挟み撃ちの暑さを。そして行き交う車の排気ガスに室外機からの温風。そしてとどめは溢れんばかりの人人人…の熱気である。
これらが混ざり合い「うだるような…」ができ上がる。

何といっても繁華街の交差点がその極地である。
そして人にぶつからず向こう岸までたどり着けるかというゲームのような横断歩道。青信号がスタートの合図である。
申し訳ないがネクタイにスーツ姿のサラリーマンを見ると、自然とこっちまで汗が湧き出る。
いちゃいちゃなカップルを見ると、違った意味からも体温が上昇しそうである。
しかし綺麗なオネエさんは目で追ってしまう。。。
そんな誘惑やら障害を乗り越え、向こう岸にたどり着くのである。
「うだるような暑さ」とはまさにそんな暑さだと痛感した。

sotoboスタイルであるTシャツに短パンで都会に乗り込もうと思ったが、暑いと言っても暦は9月。
それ相当の秋の装いとやらを意識しないといけない時期でもある。
sotoboスタイルにシャツを羽織ってみた。
暑さとのせめぎ合いの中、精一杯の秋の装いである。

帰りの特急わかしおに乗るや否やシャツを脱ぎ捨て、深い眠りに入ってしまった。
健康を考えると、やはりsotoboスタイルが一番である。



そうやって無事sotoboにたどり着いた。
大きなゲームをクリアした心境である。
ここでは都会での太陽が嘘のように綺麗な夕日へと変身している。
所変われど、同じ太陽である。

車のエンジンをかけ、いざsotobo家へ。
駐車場に入れようとしたら眩く夕日がフロントガラスを照らす。

ん??

汚れたフロントガラスの片隅に笑顔の女の子が浮かびあがった。

DSC00383_20120912234822.jpg

あっ!

そしてひと目見てすぐわかった。
いつもよく見るイラストの女の子。

DSC00380.jpg


思わぬ女の子からのご挨拶。
「おかえり」と大きな声が聞こえてきそうである。

うだる暑さに晒された心身には、何とも心地のよい「おかえり」。

思わず私も言ってしまう。。。

「こまちだ先生、ただいまです!!」

DSC00386.jpg

  たまあーと創作工房



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news
スポンサーサイト

| ソトボ 日誌・生活 | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sotobo99.blog116.fc2.com/tb.php/1638-488ee45a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。