PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

かばんの中のかばん

恵みの雨もこれだけ容赦なく降られると有難さが半減する。
昨夜からの降りっぷりは尋常じゃない。ましてカミナリまで応援している。
そして来週からはまた残暑に嘆くのだ。
人間も勝手だが、お天気もその勝手ぶりに匹敵するくらい気ままである。
しかしこの涼しさは快適である。

.....。。。

人間という生き物はどこまでも勝手気ままに仕上がっているのである。




DSC09171_20120903003402.jpg

こちらも仕上がった。
友人から依頼された「かばんの中のかばん」。
世に言う「バッグインバッグ」である。

DSC09172.jpg


第一の要望である「かばんの中で倒れないかばん」。
そうなれば当然だが帆布である。
本体には8号帆布。各ポケットには10号帆布。
丈夫さと軽さで使い分けてみた。


DSC09179.jpg

本体口とポケット口に生地のミミ(生地端)を利用することで始末不要。
外側は立体ポケット満載。

DSC09173_20120903003401.jpg

DSC09181.jpg

DSC09177_20120903003444.jpg

内側には必須のファスナーポケットと大きめのポケット。
それにペン差し。
これでもかってくらいの収納力に重たくなるかと思ったが、以外に軽く仕上がった。

DSC09184.jpg

DSC09178.jpg

ちょっと収納力を試してみる。

DSC09188_20120903003443.jpg

DSC09198.jpg

携帯電話、スマートフォン、デジカメ、手帳、ペン、カギケース、カードケース、タブレット、めがね、リップクリームに目薬などなど。
それにサイフと小物入れも入った。


DSC09203.jpg

どや顔の「かばんの中のかばん」である。



これでもかってくらいのドシャブリの中、
早速お届け。
到着した時には青空さえ見えはじめていた。

DSC09219_20120903003459.jpg


人の持ち物を見るのはおもしろい。
ブルーのシルクに刺繍を施したメガネケースは数年前に香港で買ったらしい。
ガマ口で何の変哲もないメガネケースは長年の愛用っぷりが伺える。
いたるところがすり切れ、もう限界の域を超えている箇所も見受けられる。
それでも何故か使い続けてしまう。
それが愛着である。

モノへの愛着はそのモノも嬉しいだろうが、そんな愛着に自分も酔いしれたりするものだ。
何だか自分を褒めてあげたくもなる。

DSC09223.jpg


この「かばんの中のかばん」。
今日からかばんの中で活躍してくれるらしい。

そしてメガネケース同様、愛着に包まれることを夢見てようと思う。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news
スポンサーサイト

| 『page』 | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sotobo99.blog116.fc2.com/tb.php/1628-805715a7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。