PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

後姿の意味

夏本番を前に早いようだがこの時期、秋に向けてのお話をいただく。

「結婚式」。
先週の「俺ウエディング」から一週間。もう一週間。
DさんMさんカップルに打合せに来ていただいた。

撮影の話。アルバムの話。いろいろさせていただいた。
はじめはアルバムは「彼女の思うように、、、」とおっしゃっていたDさんだが、紙の話など細かなこだわりの話になっていくと、内に秘めた「こだわり魂」に火がついたようだ。
最後には「是非、この紙で!」と。
まさに「俺ウエディング」である。。。

DSC04556.jpg

秋、海岸近くでのウエディング。
楽しみな打合せがはじまる。

Dさん、Mさん、宜しくお願いします!



少し写真の話を。

知らず知らずではあるが、私の写真は後姿が多い。
結婚式の写真でも、子供たちの写真でも、撮影が終わり見返す度に思う。


後姿だと被写体の皆さんの視野に私がいない事になる。
その分自然体な写真が撮れるのかもしれない。
そして被写体の皆さんと同じ方向を向く事となり、同じ視野での撮影となるのだ。


3-09yy結婚式-22

結婚式では幸せいっぱいな表情は、新郎新婦が見つめる先でその幸せの表情が想像できる。
祝福する友人の表情でおふたりの表情も想像できるし、その後姿にその幸せが滲み出ているのだ。そしてその表情が想像できる。
この「想像する」って事が私にとっては大切な事なのだ。

DSC09051++.jpg


ある意味写真はありのままを写す。
だから一瞬の表情がそのまま写真に残る。
私にとっては「ありのまま」の中に、「想像する」「思い返す」って要素も、ありのまま残したいのだ。
何だか難しい表現になってしまった。。。

DSC00458.jpg

DSC04900_20120710080907.jpg

その「想像する」ことで、顔の表情以上に後姿に表情を感じてしまうのだ。

多分、知らず知らずそんな想いで後姿を追ってしまっているのかもしれない。


子供も同じだ。
表情豊かな子供。感情露な子供。
それ故に後姿にもその感情はちゃんとあらわれている。

DSC05013.jpg

DSC01223_20120710080811.jpg

DSC02006_20120710082347.jpg

とまぁ、持論めいた事を綴ってしまった。



今日久しぶりに御宿に行った。
海岸はもう夏本番の様相にかわっていた。
いつものあの放送センターの建物も、すっかり夏の装いの中あまり目立たなくなっていた。

DSC04641_20120710080810.jpg


國房魁(クニフサハジメ)さんの写真展「ぼくらはみんな生きている」。

DSC04573.jpg

広告写真でご活躍され、晩年は夷隅に移り住まれ子供たちの写真を撮り続けられていた。
ひらがなの「ちば」をコピーに、子供の満面な笑顔の写真のポスターが記憶にある。
懐かしい。スクール水着に赤い浮き輪を片手に波打ち際を走る少女。
その嬉しさいっぱいの表情だけでなく、浮き輪にマジックで描かれた海の家の名前でも想像ができる。

待ちに待った夏休み。待ちに待った海水浴。

想像ができる。

大好きな1枚だ。

DSC04654_20120710081850.jpg

海岸横の月の沙漠記念館にて。


写真展を出て、海岸を歩いた。
真っ青な海と空の中、いろいろ考えた。

DSC04646.jpg

DSC04595_20120710080810.jpg

DSC04636_20120710081850.jpg

こういう時間は大切なのだ。

そしてこういう時間、想像を通り越して妄想の域に達してしまうのだ。。。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news
スポンサーサイト

| 『page』 | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sotobo99.blog116.fc2.com/tb.php/1573-e279b0b6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。