PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こたつの家族

土曜日の午前中はこたつの病院だ。
こたつを膝に待ち合い室で待っている。
壁にはカワイイネコの写真が貼ってある。
愛らしい表情と真ん丸な目。
そっかぁ、ネコの目ってこんななんだぁ。。。とひとり思った。


DSC03887.jpg

味を占めたのか、今ではすっかり私たちのベッドがお気に入りだ。
日中もひとりベッドにあがりぼーっと上を見つめていたり、布団に包まって寝ている。
夜も気づけばベッドの中にもぐり込んでくる。

DSC03896.jpg

温々とした生活を満喫しているくせに、どうも風邪をひいたらしい。
一昨日からくしゃみをしている。
今日の病院は、いつもの目の快復経過の確認とこの風邪っぴきの治療である。
ただ数日前から左目に赤い腫れのようなモノが出てきて気になっていた。
大事に至らなければという思いも今日の病院にはあった。

DSC03914_20120624234934.jpg



この赤い腫れ。やはりよくなかった。
角膜に穴が空いているようなのだ。
見た目には大分よくなったと思っていても、やはり保護した時のあの目の状況はかなりヒドい状況だったということだ。
覚悟はしていた。見えないなら見えないでも、元気なこたつでいてくれたらと心にも決めていた。

でもこの赤い腫れが悪化するとウイルスが眼球の奥まで進み、最後には眼球の破裂に至る可能性があるらしい。
それは当初から聞いていた。
見えなくてもいい。でもその最悪の状況だけは避けてやりたかった。

先生と話した。
今できるその最悪な状況回避はやはり手術してこの赤い腫れを治療するしかない。
手術。
生まれてまだ数ヶ月。
なのにもう2度目の手術だ。
元気なのに、何ら不自由なく生きているこたつなのに。。。

大声で叫びたくなった。

診察台にいるこたつは元気だ。時折くしゃみはするけど、ちゃんとゴハンも食べ遊び回り、ジョルノやヴォナにちょっかいも出し、夜はベッドですやすや寝ている。
待合室の壁に貼ってある写真のネコとは見た目ちょっと違うが、それ以外は何らかわりない。

辛い気持ちはあるが、手術を選択した。


ひとまず病院に預け家に帰った。
道中、妻マチルダと話した。
こたつにとって何がいいのか。
見えなくとも元気に生きるこたつにとっては、そんな手術より目が破裂しても元気に飛び回っていた方がいいのかもしれない。
最悪の状況だけは避けたいと思う気持ちは、勝手な私たちのエゴかもしれない。
手術を決断するも、何だかわだかまりが心に残った。


夕方、手術が無事終了したと連絡がきた。
できる限りこたつが生活しやすいように部屋のレイアウトを変えてやった。
急いでトイレを作り、ゲージも組み立て万全な体勢で迎えに行った。

赤い腫れた部分は思ったより進行していなかったようだ。
ただウイルスがこれ以上進行しないように、左目を2/3右目を半分縫い合わせた。
ほとんど目が開かない状態だ。これで数週間点眼中心の治療で様子を見ることになった。
当然目をかかないようにまたエリザベスカラーである。

DSC03973_20120624234934.jpg

市販のモノでは大きくて重くて辛そうだったので、クリアファイルで作ってやった。
首元も痛くないようにパイピングしてちょっとおしゃれにしてやった。

DSC03982.jpg


でもこれから先も安心はできない。


DSC03981_20120624234932.jpg

今日はよく寝る。疲れたんだろう。
起きてちょっと遊ぶも直ぐに寝てしまう。食欲もあまりない。
顔も洗えなければ、毛づくろいもできない。
ちょっとイライラして暴れたりもする。

DSC03979.jpg

こたつにしてみれば、何でこんな思いをしなきゃならないんだと思っているだろう。
見えなくとも明かりだけは感じていたのに、その目すらほとんど開かない。
私たちと先生の間では、1週間後2週間後と治療の目処の話もするが、こたつにとってはこの状況がいつまで続くかなど知る術もないんだから。

この姿を見ると、本当に手術してよかんたんだろうかと思ってしまう。
こたつの人生を狂わしてるんだろうかとも考えてしまう。
でも、ほっておけない。
ほっておけないから、ミャーミャー泣き叫ぶこたつを保護し育てる決意をしたのだ。
もう、それがこたつの人生なのだ。
あの日あのまま見えないまま彷徨っていたら、もうこの世にいないかもしれない。

私たちもかわった。
こたつと暮らしはじめ、いろいろなことがかわった。
生活だけでなく、考え方も感じ方も。そして大袈裟かもしれないがこれからのsotobo家も。

見えなくとも元気なこたつを受け入れる覚悟をした。
だからこたつにとって一番いい選択をこれからも考え続けようと思う。


言葉では通じないかもしれない。それでもこたつに話しかけ、撫でてやり、こたつの側に私たちそしてジョルノとヴォナがいることを。

それがこたつの家族であり、こたつの人生であることを。

DSC03990.jpg

今ではそう大声で叫びたくなった。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news
スポンサーサイト

| ソトボ 日誌・生活 | 23:40 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こたつちゃん心配ですね。でもなんだか安心しきっている様子ですね。思わず目がうるるとしてしまいました。はやく目が完治するといいですね。エリザベスカラーも手作りなんですね。

| ママ | 2012/06/26 18:43 | URL | ≫ EDIT

ママさんへ

こたつが凹んでたり、痛がってたら心配にもなるんですが、今日など手作りカラーにも慣れ、外に行きたがり、デッキから落ち、食欲底なしで、その他いろいろ。。。
元気な姿を見ていると、心配するのが申し訳なくなります。

| sotobo | 2012/06/26 21:58 | URL |

応援してます

こたつチャン。

幸せだと思います。

動物と暮らしていると、家族なのに
人間とは異なるところも受け入れながら
葛藤することが多々あります。


うちの子も、鼻の奥に腫瘍があるかもしれない
と言われ、前もって鼻先を切除するか、
可能性を信じてこのまま、自然の流れに任せるか
という話になったこともあります。

幸い、可能性・・・ってだけで、今は元気なので
そのまま平和に過ごしていますが、
今年9歳の娘(ワンコ)。
私は、手術せずに最期まで側で過ごすつもりでした。


腹水で1年以上、病院に通い続けた子。
数年間、てんかんの発作と付き合い続けた子。
複数の病気を経験しながら、頑張った子。

小さいアレルギーはありながらも、老衰のように
穏やかに、家族全員が集まるのを待つかのように
逝った実家のワンコ。

今も頑張ってる子、お空にいる子・・・・


周りに、動物と暮らす人が多いので、いろんな
話を聞きましたが・・・

家族は、やはり、本人がどこまで望んでいるのか
何をしてやるのが一番いいのか、悩んでいました。


みんな出来ることは、それぞれでしたが、
心から大切に思い、自分に出来る事をしてやれて
良かったと、話していました。


ワンコもニャンコも、そんな家族の気持ちは
ちゃんと感じて、幸せだと思ってくれてると思います。

そばに一緒にいて聞こえる声やぬくもりが
あるだけで、無条件で幸せを感じてくれると思います。


何だか長くなってすみません。


とにかく、こたつチャンが幸せだなぁと思います。
sotoboさんファミリーも、こたつチャンとの時間を
有意義に過ごしてください。

言葉足らずで、偉そうな言い方になってしまって
すみません。


応援しています。

| MAKO | 2012/06/27 11:21 | URL | ≫ EDIT

MAKOさんへ

心にしみるお話、ありがとうございます!

今では無理なハードルを自分に課せる事もなく、できる事をしてやろうと思っています。
それは特別な意味ではなく、ごく当たり前に。

昨日今日の陽射しが気持ちいいようです。
ひとりでデッキに出て日向ぼっこを楽しんでいます。

太陽の陽射しがあれば光の方に顔を向け、私が芝生に水をやっているとその音に耳を傾け、時々ニャーと鳴いています。

ちゃんと感じているようです。

| sotobo | 2012/06/27 12:10 | URL |

泣けてしまいました(;_;)

| elliy | 2012/06/28 10:24 | URL |

elliyさんへ

泣かないで笑ってください。
こたつは多分、笑ってますよ。

| sotobo | 2012/06/28 12:55 | URL |

ですね^^
familyってなんて優しい温かさなんだろうって
あらめて感じさせられました。
ありがとうございます^^こたつちゃんに今度会いに行かせてください☆

| elliy | 2012/06/29 09:11 | URL |

elliyさんへ

夏本番にまたいらしてください!
あの日の思い出が蘇ります。。。

| sotobo | 2012/06/29 09:31 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sotobo99.blog116.fc2.com/tb.php/1556-db25749e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。