PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

憧れのアルファベット

妻マチルダが「懐かし~」とコレを買ってきた。

DSC05680.jpg

「英字ビスケット」。それもゴマ味ときたもんだ。
私にとっては懐かしくも何ともない。
というのも食べた記憶がない。記憶はないが食べるとウマい。
ゴマ味というところに、大人向け商品である戦略を感じる。
とはいえ、こういったアルファベットや数字を型どったお菓子というのは
大人であれそれ相応に楽しく食べてしまう。
ホントに全アルファベット入ってんのかぁ???と疑ってかかったり。
自分の名前をアルファベットで並べようとしたりと。



私は英語が苦手だった。
忘れもしない。中学はじめての英語のテストで自分の名前をアルファベットで書くのを間違えたのだ。
自分の名前に「×」されるとはそうそうないだろう。
それ故に忘れられない汚点である。


また逆に海外に行った時、外国の人の名前を当て字でも何でも漢字で書いてあげると相当喜ばれる。
外国に行くと「折り紙」がコミュニケーションに役立つと聞いた事があるが、この名前を漢字で書くのも取っ掛かりとしては手っ取り早い方法である。
ちなみに私は鶴が折れない。


手描きのアルファベットや数字も国によって随分違う。
国というより個人の技量かもしれないが、アルファベットも数字も基本日本人の書いたものが一番読みやすいと思う。
ただ手描きの看板やポップに海外を感じる事も多い。


イタリアにいた友人が言っていた。
自分がテーブルに着く時も立つ時もいつも笑われていたと。
よくよく考えて見ると、「どっこいしょ」が原因なのだ。
その耳に入ってくる響きと、いつも得体の知れない掛け声で立ったり座ったりするのが滑稽だったらしいのだ。
説明するのに苦労したと言っていた。
説明したらみんな「どっこいしょ」と言い出したらしい。

DSC05682.jpg


大阪のお好み焼き屋さんでアルバイトしている外国人のバリバリ大阪弁を聞いた時、「言葉と環境」の大切さを思い知らされた。
そういえば東北なまりの外国人タレントもいる。
同じ日本語でもカスタマイズされて覚えてしまうので、「どこで」というのがその後大変大きな影響をもたらす事は言うまでもない。


日本人というのはおかしな国民である。
英語を流暢に話しても、母国日本語が完璧ではないのだ。
ひらがなカタカナは読み書きできても、漢字については不十分である。
一体どれだけの漢字があるのかすらわからない。
また完璧な人というのもいないだろう。
文字や言葉だけではない。風習や習慣についても同じである。


どこかアルファベットへの憧れというものがあるのかもしれない。
言葉の意味を理解する前に、そのアルファベットの並び、つまりビジュアルがカッコイイと着ているメッセージTシャツ。
意味を知ればとんでもない内容の言葉だったりする。
それを堂々胸や背中につけて歩いているのだ。
私は海外に行く時、このメッセージTシャツを極力着ないようにしている。
逆にとんでもない漢字のTシャツを着ている外国の人を見ると、笑い半分かわいそうにと思ってしまう。


普段使っている言葉も奇々怪々な言葉が多い。
ビミョウな使い分けが経験によって身についている事も、外国の人からすれば当然「?」だろう。
いつも、たいてい、よく、ときどき、たまに、ぜんぜん……何となく頻度の度合いで使い分けているが、こりゃ、難しい話である。
先日から話題にしているマンガ「日本人の知らない日本語」に描かれていて、「まさに!」と思ってしまった。

DSC05634.jpg

日本人の知らない日本語」。
日本語教師と外国の生徒さんたち。
純粋な質問に気づかされる日本語の難しさ。逆に教えられる日本語の奥深さ。
そんな日々のやり取りがコミカルに描かれている。
ためにもなり、感心もするマンガである。


DSC05692.jpg

DSC05691_20120530233216.jpg

DSC05693_20120530233215.jpg

火がついた。
袋からごそごそアルファベットを探しはじめた。
なかなか「T」が見つからなかったが、、、

DSC05694.jpg


横でジョルノが狙っている。。。

DSC05698_20120530233230.jpg


止まらない美味しさである。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news
スポンサーサイト

| ソトボ 日誌・生活 | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sotobo99.blog116.fc2.com/tb.php/1531-3bd30b5c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。