PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

海岸にて

漸く2時をまわって晴れ間が見えはじめた。
マーケットのテーブルでコーヒーをいただきながら打合せ。

DSC02730.jpg

打合せの後に、去年の今日の話を少しした。
打合せも話も終わり、一宮海岸に出た。



いつもならサーファーの姿も見受けられるが、
海は大しけ。
ひとりもいない。
今日だけは海に入るなと言わんばかりの大しけである。

ただ海岸にはぽつぽつと人が集まり、
波乗りでない車もぽつりぽつり停まっている。


14時46分。
海岸の拡声器からサイレンが鳴り響いた。
大しけの波の音がそのサイレンを打ち消す。

集まった数人の人たちそれぞれがこの一瞬を思う。
海に向って黙祷されている方。
遠くには手を合わされている方もいるようだ。
砂浜に残されたメッセージ。

声はなく、ただただ大しけの波の音だけが海岸を埋め尽くす。

DSC02745_20120311224436.jpg



あの日から一年。

あの日を思い返し、この一年を振り返る。

特別な事はなくとも、こうして海をみつめ振り返る。
そっと願い、そっと唱え、そっと目を閉じる。


そんな日にしようと思う。
スポンサーサイト

| ソトボ 日誌・生活 | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sotobo99.blog116.fc2.com/tb.php/1444-883602ff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。