PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

道具につけられた安心の札

下っ腹の奥の方からあばらの奥の方までが痛い。
年齢的に中一日おいてやって来るかと思ったが、思いもよらず今日やって来た。
昨日のピラティスのおかげで久々の筋肉痛を味わっております。




男ふたり、ここsotoboでミシンに向いミシン談義に花咲かす。

DSC01700.jpg

そしてミシンの向こうには木型。

DSC01699.jpg

工房やアトリエにお邪魔すると、その作り手の想いやこだわりや大切な云々、、、を感じ取れる瞬間がある。
そしてそれが感じ取れる工房やアトリエは面白くて仕方がない。

DSC01685.jpg

DSC01718.jpg

「ソトボさんの作るアルバムは芸術ですか?」
そんな質問を投げかけられた。
芸術なんて思った事などない。
アルバムについた手垢も、何度も見て破れたページもそのアルバムに刻まれた思い出と思っている。
何度も何度も開いて見て思い出話にふけって欲しい。
それがアルバムだと思う。

DSC01706.jpg

DSC01703.jpg

大事にする
大事に履く
ちゃんと作って
ちゃんと履いていただく。
小高さんの作る靴には歩く道具としての「やさしさ」が吹き込まれているように思う。

DSC01693_20110608010411.jpg

DSC01720_20110608083826.jpg

道具。
使わなければ道具ではないだろうし、
道具にとっても使われてはじめてその意味をなす。
そしてでき上がった靴にはちゃんと「安心」の札がつけられているように見える。

DSC01708.jpg


今日お邪魔する私の為に、わざわざスリッパを作って出迎えてくれた。

DSC01692.jpg

何だか私も「安心」の札をいただいたような気がした。


何だか熱いものが腹に流れた。

筋肉痛がきしむ。。。

DSC01702_20110608083827.jpg


小高善和さんの靴工房にて。
スポンサーサイト

| ソトボ 日誌・生活 | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sotobo99.blog116.fc2.com/tb.php/1156-6a050491

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。