PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

この地を思う。。。

かなりパンパンに腫れ、実は指の腹までパンパンだ。
悪化と言えば悪化だが、登り詰めるまで登って後は快復への一途なのか。

DSC09597.jpg

と、希望ももちたいが、実は新たな指までケガをしてしまった。

DSC09596.jpg

昨夜作業中に千枚通しが爪の間に、、、あぁ、、、リアルな話はやめておこう。。。

どうも左手にツキがないようだ。。。



裸足で食後の瞑想タイム。。。

DSC09556_20110406003213.jpg


ある方のブログに長々とコメントしてしまい、
ただ最近ずっと考えていた事なので、
どうせならこのブログでも綴ろうと思う。
これまた、長々となりそうだ。



避難しなくて大丈夫なの!?」
よく聞かれる。
実際地震と津波の被害を受け、今だ余震止まぬ地域ではある。
目の前の海岸線をたどれば福島原発にもたどり着く。
他の地からすれば、そりゃ「キケン」なんだろうと思う。

この地を選び移り住む時に、一応「覚悟」めいたものは胸に刻んだつもりだ。
海を求めてこの地に来たんだから。

日々海から恩恵を受けている。反面ありがた迷惑な塩害や海風に悩まされる時もある。
今回は全てを飲み込み、未曾有の被害をもたらす海となった。
輪をかけて原発問題だ。

日々「安全」というものを、テレビや新聞から告げられる数値で判断しているきらいがある。
確かに基準とされる数値は必要だ。
でも安全は自分の判断でしかないと思う。
賞味期限が多少過ぎていても、食べられるかどうかは自分次第だ。そこには責任もある。
その安全と責任の隣り合わせなのが覚悟だと思う。

私の中に避難する選択はない。
そりゃ、目の前に津波がやって来たら逃げる。
でも今の状況で避難はないなぁ。
大切なものがこの地にあるからだ。
家も家族も友人も仕事も夢も野望(?)も……。
そして心ばかりの覚悟も......。

避難するもよし。
この地に残るもよし。
それぞれでいいと思う。

それぞれの考え方、価値観、覚悟の度合い、、、いろいろだ。


それ以上は何も言えない。



夕方、一宮川まで散歩に出た。
あの日、津波でこの川がスゴい勢いで逆流しているのを見て、実感と恐怖が湧いた。

今日は穏やかで静かな一宮川だ。

DSC09863.jpg

ほら、空と一宮川が同じ色に染まっているでしょ。

だからこの地を離れられないんだなぁぁ。。。
スポンサーサイト

| ソトボ 日誌・生活 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sotobo99.blog116.fc2.com/tb.php/1091-e33f5051

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。