2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな朝も。。。

今朝、ひょんな事から喫茶店でモーニングを食べる事になった。
今風に言うとカフェにて朝食である。



カフェでの朝食。
白い大きなワンプレートで運ばれてくる。

焼きたてのトーストにはやっぱりバター。
バターは程よい大きさにカットされワックスペーパーに包まれている。
苦みのないマーマレードは手作りだろう。
季節の野菜はグリル。
塩だけでいただく。
私は朝の野菜は温野菜かグリルに限る。
ソーセージにはひとつまみのケチャップと粒マスタード。
ふわっとしたスクランブルエッグは食感と共にそのままいただく。

挽きたてのコーヒーはおかわり。

プレートの隅に最後のデザート。
巨峰にバナナ。そして優しくカットされた無花果がうれしい。


窓辺の席からは今は葉の色だけだが、季節には桜とあじさいが広がる。

そして冬には店内の真ん中に薪ストーブが出番を待っている。

夏は終わりとて、まだまだ冬は先である。


8月最後の朝。


近所でこんな朝食がいただける。

携帯すら持たないでふらっとお邪魔したご近所である。


だから写真がないのも当然で。

こんな朝もいいもんである。。。




 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news
スポンサーサイト

| ソトボ 日誌・生活 | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フチ子。。。

今日、歯医者にいった。
3月の展示会直後に欠けたところに、痛みを感じはじめたからだ。
案の定、虫歯と診断された。
欠けて虫歯になったのか、虫歯だったから欠けたのか。。。
やはりそこが気になるところである。



今夜は久々に居酒屋なるところにいった。
私にぴったりだという事で、こんなものを貰った。
コップのフチ子」というガチャガチャのシリーズである。

DSC08214.jpg


この身なりからして
どうも「フチ子」はOLのようである。
そしてよく見るとカワイイ顔をしているし、なんというか、、、いい感じである。

DSC08212_20130831170754a6e.jpg


シリーズ故、いろいろなポーズの「フチ子」が存在するのだ。

ガチャガチャに登場したのはほぼ1年前、第1シリーズ第2シリーズと展開しているらしい。

何ともくすぐられる「フチ子」である。

DSC08215_2013083117075869b.jpg


このくすぐられる部分というのが、、、男心である。。。

DSC08217_20130831170759c38.jpg



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ペンキだらけのエプロンから、、、

夕方、使い込まれた作業エプロンが持ち込まれた。

黒い帆布のエプロンである。
ステッチが切れ、2つあったポケットがひとつになり、
見ての通りペンキだらけである。

DSC04075_201308292345254cd.jpg


ペンキは白とクリーム色がほとんどだ。
そういえば彼のお店を見渡せば、その2色が中心だったかもしれない。


少しくすんだネイビーの帆布を選ばれた。
二代目作業エプロンは『page』でつくらせていただく。

多分この一代目は、思い出のペンキのまま大切にされるのであろう。
二代目は二代目の思い出が刻まれてゆく。。。

DSC04079_20130829234527cf2.jpg


彼とアトリエで立ち話した。
座るスペースがないくらいとっち散らかっていた。
9月の内緒の話を少しした。

お土産にアイスクリームをいただいた。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| 『page』 | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Sea

前々から気になっていることがあって、
このブログで綴ろうと思ってることがあって。
と言いながらもいつも頭の片隅にもなく、
その時は覚えていても、次の瞬間跡形もなく。

とうとう今日は綴ろうと思う。。。

赤い車が色褪せているのはなぜだろうか。。。
唐突だが、ここsotoboに来てずっと気になっていたのだ。

色々な色の車があるが、どうも赤い車の色褪せ感が目立つのだ。
ボンネットや天井が色褪せている事から、陽射しや潮風が影響しているのかと思う。
いかがだろう。
こんなこと気になっているのは私だけだろうか。



目の前にハサミがあるのに、どこだどこだと探したり。
蚊に刺され、目の前の虫さされ薬に気づかずあっちこっち探したり。
車のカギを探した挙げ句、ちゃっかり握っているのはどういう事だと。

日に日に進行する老眼が問題ではない。
まずは目の前をちゃんと見つめる事が大切なのだ。

自分のおかれている環境や立場やら。
自分の目の前にある現実や物事やら。

いろいろあるが、
今では当たり前になっている、海。
目の前に大きく広がるは、、、海である。

DSC08890_20130829083735c7b.jpg


まずは明日、海岸に散歩に出かけましょう。。。

そしてそこから考えましょう。。。




 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5時間の上京あれやこれや。。。

すっかり秋の朝だ。
昨日の夜の雨はお目覚めの頃には上がっていたが、
夏にない澄んだ空気が外から流れ入る。
冷やっとして何度も目が覚め、
ここ数日は羽毛布団にくるまって寝ておる。

この辺りの田んぼの稲穂も一気に頭を垂れて、待望の稲刈りもはじまった。
そしてその田んぼを眺めて、あの新米独特の甘みを想像して心躍る。
ひとに言わせると、田んぼ見て「美味そう〜」なんて思わないと言うが、
いやいや。この時期の田んぼは実に美味そうなのである。。。

そんな田んぼを眺めて車を走らせ、電車の車窓から続きの美味そうな田んぼを眺める。
すると次第に眠気に襲われ、そのまま爆の睡に陥り、気づくと錦糸町で美味そうな田んぼはビル群へと変わっておったとさ。



急な上京は短時間の上京である。

短時間であってもそこそこいろいろな事がある。
ほぼくだらない事とつまらぬ事に、ニヤッとしたり、ひとり怒ったり、感心したり、メモしたりと。。。
意外にそんな事が日中ひとりで歩いているとオアシスになる。


さて今日はというと、、、

午前中、いつもお世話になっている生地メーカーさんにお邪魔した。
開口一番「今年は色白くないですか?」と。
ひとと比べると日焼けはしているが、例年と比べると焼け方が少ないのは確かである。
この夏、太陽の下にいた時間は短かったと思い返す。
その分、いろいろ何かに没頭していたなぁとも思い返す。
まぁ、よい。


隅田川沿いを歩いた。
向こう岸に渡りたかったので、「○○橋まで250M」という案内版の指示どおり歩いた。
すると○○橋を目の前に行き止まりではないか。
こんな案内版はいけないと思う。


この夏、アクリルニットのキャップが流行っておる。
夏にニットキャップである。。。
朝晩秋めいて来たといっても日中の陽射しはまだまだ灼熱の域である。
さすが東京。この暑さでもおしゃれ優先、ニットキャップを被った若人を次々見かける。
実は私も年甲斐もなく先日買ってみた。
しかしこの暑さにこのニットキャップはやはりありえない。
このキャップで熱中症になりそうだ。
2度程被ってみたがオッチャンは断念した。

DSC04056_20130828081634908.jpg


頭ネタ続きだが、今回も美容室のチラシをい配っているところに出くわした。
案の定スルーされた。
渡されたら渡されたで複雑だが、スルーはスルーで同一見解突きつけられた感じでこれもまた複雑である。
まぁ、よい。


不二家の店先にあるペコちゃんの人形。
先日こちら地域の不二家のペコちゃんが、アラビヤンな人魚のような衣装を着ていた。
その出来映えから多分お店のスタッフが手作りしたんだろうと思っていた。
しかし東京のペコちゃんも同じアラビアンな人魚の装いなのだ。
全国のペコちゃんの衣装だったとは、、、失礼しました。。。


ラーメン屋さんの店先の手描きポップ。
価格の安いラーメンセットを宣伝しているのだが、最後に「どうぞ、いらっしゃいませ!」と書きたかったんだろう。
あと一歩。「どうぞ、いらっしゃいません!」と締めくくられていた。
間違っちゃいるが、ちゃんと気持ちは伝わった。
おぼつかない日本語でも一生懸命描いたのだ。
開店前だったので、そのラーメン定食は食べられなかった。
もし店に入って「いらっしゃいません!」と言われたら、教えてあげようと思った。



今日はたった5時間の上京だった。
東京も秋めいてはいるものの、まだまだ日中の陽射しは厳しいものがある。

くだらない話を綴ってしまった。。。


久々に帆布の原反担いで帰ってきた。

DSC04060_20130828081636fbc.jpg



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| 東京 日誌 | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9月に”海”

2年前にスタートした『page』 tote。
その時につくった薄手の帆布のトート。
底部分をペイントした、いたってシンプルでデイリーに使えるトートである。

DSC04054_20130827005141b80.jpg


つくって以来ずっと愛用している。
汚れたらジャブジャブ洗濯機で洗って、天日でカラッカラに干している。

全体的にいい具合になってきて、ペイント部分の擦れ感やくたり感もチカラが抜けた感じがする。

DSC04051_20130827005139773.jpg


丸めてかばんに入れてサブバッグとしてもいい。
ちょっとした買い物にもいい。
お子さんの習い事にもいい。
当然お父さんお母さんのデイリーにも役立つ。


そんな肩肘張らないトートを考えよう。。。


夏が終わり、秋がやって来る。
賑わった夏の海も海岸も、これから静けさを取り戻す。
秋の様相になり、そして冬の冷たい海に向って「早く夏よ来い!」とブツブツ言う。

そんな生活の側にある海に海岸。

そんな思いが2年前にあった。

それをもう一度振り返ってみようと思う。

DSC05562_20130827005143c5d.jpg


9月。
秋に向うもどこか夏が名残惜しい、、、そんな気持ちの時期に「海」なトートをつくろうと思う。


今日は降らないかと思っていたら、夜になって降り出した。
恵みの雨も、どこかひと雨ひと雨秋に向うのである。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| 『page』 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

竹内まりや を聴きながら♪

今日は朝から「竹内まりや」が流れておる。
頭の中で流れておる。

最近の歌は歌詞がストレートすぎるように思う。
ひと昔前の名曲とされる歌は表現がストレートでない分、その歌詞から情景や思いを想像させられる。
だからその歌への感じ方がひとそれぞれなのだ。
そこがいいんだと思う。

昨晩恋しかった雨がやっと降り、今朝も雨の朝をむかえる。
せっせと車に道具を詰め込み、雨の中、南房総・千倉を目指す。
竹内まりやのあの歌。
サビの一部分だけしかわからないので、そのサビのリフレインが本日のBGMである。



本日、千倉は安房暮らしの研究所で「出張・かばんをつくろう」である。

毎度安房研に来ると、隣の中華屋さんからチャーハンの出前をとる。
これも楽しみのひとつである。

DSC03972_20130826080739553.jpg

嫁いだトートとの再会もまた楽しみである。

DSC03978_20130826080558d27.jpg

DSC03977_20130826080557237.jpg


さてさて、本日も「かばんをつくろう」スタートである。

DSC03986.jpg

DSC03995_20130826080621bf9.jpg

DSC03988.jpg

DSC03996_20130826080622449.jpg

DSC03991.jpg


でき上がりを想像する。
でき上がるまでの行程やら手順を考えてみる。
そしてうまくいくと嬉しくて、
失敗したらもう一度想像する。
それが「つくる」の楽しいところで、
もれなくそれが愛着となってあらわれる。


DSC04003_20130826080654dcd.jpg

DSC04006_20130826080655b19.jpg

DSC04000_2013082608062414c.jpg

DSC03993_2013082608062074b.jpg

DSC04008_20130826080656999.jpg

DSC04012_201308260806577e9.jpg

さてさて、

DSC04023_201308260807243cc.jpg

DSC04025_20130826080726a23.jpg


今日も無事に完成!

最後にはみなさん、スムーズにミシンを扱っていたのにはビックリ!

ありがとうございました。

DSC04037_201308260807272f4.jpg

DSC04039_20130826080728db1.jpg




雨の中、安房研に到着。
今日一番のどしゃ降りで、道具を降ろすのに躊躇した。

店内に入ると、偶然にも竹内まりやが流れていた。

DSC03976.jpg


今日は竹内まりやを聴きながらの「かばんをつくろう」だった。

   安房暮らしの研究所

   かばんをつくろう



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| 『page』 | 23:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

笑顔

どんよりとした曇り空。無風。時折差し込む陽射しもどこかパワーダウン。
それ故、蒸し暑い。
はっきりしろと言いたくなる本日のお天気である。



陽射しがないのならと、芝刈りに勤しんだ。 
庭の塀に沿って行って帰っての繰り返しである。
ゆっくりした一定のスピードと、気にしなくとも押せば刈ってくれる電動芝刈り機なので、考え事にはもってこいなのが、この芝刈りなのである。


刈った後にはたっぷり水をやる。
芝生とて、刈られたらそれ相当にダメージはある。
いつも以上に水をやるのだ。
ホースを空に向け、ヤシの木にもたっぷり水をかけてやる。
雨がわりである。


ここでひと雨降ってくれれば、みんな笑顔になる。
顔はなくともそこら中の草木も笑顔になること間違いなしであろう。

しかし降る気配は昨日以上にない。。。


芝刈りも水やりも終ったら、自分にもたっぷり水をかけてやる。
いわゆるシャワーってやつだ。
すっきりしたところで、考えた事をとりとめもなくノートに書く。描く。
こういう時はペンにまかせてすらすら書く。描く。
故に描き心地がものをいう。。。

DSC03966.jpg


このステッドラーのボールペンは申し分ない。
何気なしに使い続けているという事は、何の抵抗もなく書けている、描けている証拠である。

なめらかな描き心地。
握り心地。
この丸みをおびた三角形に意味があるのだろうか。

DSC03967.jpg


さてさて、秋の計画第一弾ができあがった。
大枠だが、これに向って残暑を乗り切ってやろうと思う。

雨は降らずとも、すこし心に笑顔ができた。


夜。
久しぶりに聞く轟音に驚く。何事かと思った。
久しく聞いていなかった豪雨の音である。
待ちに待った雨である。

あらためて考えてみると、この轟音とは一体何の音なんだろうか。
雨が道路にはじく音なのだろうか。
雨粒がぶつかり合う音なのだろうか。
それても雨が浮かれ気分で歌なんぞ歌ってやがるのだろうか。


どうでもよろしい。。。


待ちに待った雨は1時間程度で落ち着いた。
連日つづいたもわんとした空気が一掃されたようだ。
一気に涼しくも感じるじゃないか。


外は夜。
草木の喜ぶ顔は見えない。
でも喜ぶ空気感とやらは伝わってくる。

漸くの潤い。
昨日間違っててるてる坊主を吊らなくてよかったと思う。


8月もあと一週間。
ってことは夏もあと一週間。

明日は久しぶりに房総半島を南下する。

ミシンと一緒に笑顔のドライブである。

DSC03969_2013082508271491d.jpg



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

8月25日(日)安房暮らしの研究所「かばんをつくろう」のお知らせはこちら
こちら定員いっぱいとなりました。ありがとうございます!

| ソトボ 日誌・生活 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一生のミシン

結局本日は1滴も降らなかった。
何を間違ったか雨恋しくて、てるてる坊主を軒に吊ろうと思った。
吊る間際になって、オイオイ、、、気づいたのだ。
暑さでおかしくなっていたのだろう。。。



今メインに使っているミシンは昨年購入した。
職業用なので新品だと相当高額でおいそれとは買えない値段なのだ。
そんな私の為にミシン屋さんが店頭の展示品を手配してくれたのだ。
最新型ではないが、そんなに古い型ではないだろう。
今も順調に活躍してくれている。

DSC08203_20130824005704a82.jpg


展示品だっただけに足らない付属品があった。
今になって必要になったので問い合わせてみたら、
もう取扱いが無いと言われた。
いろいろ詰め寄ったが、やはり手配はできないと。
つまりその付属品は手に入らないのだ。

その昔、ミシンなんてものは嫁入り道具のひとつとされていた。
そうそう買い替えるものでもないし、一生使うひとだって多いはずだ。

メーカーはメーカーの都合があるだろうが、
何だか寂しい思いがしたなぁ。。。


さて、「かばんをつくろう」の準備の続きである。

DSC08202_20130824005702fd7.jpg



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

8月25日(日)安房暮らしの研究所「かばんをつくろう」のお知らせはこちら
こちら定員いっぱいとなりました。ありがとうございます!

| ソトボ 日誌・生活 | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

切に願おう。。。

昨日は朝から重い雲に覆われ、漸く待ちに待った雨が降りそうな雲行きだった。
洗濯ものも部屋の中にいれ、何かと準備万端で久しぶりの雨をまった。
しばらく窓越しに今か今かと空を眺める。
すると期待通りに降り始めたじゃないか。。。
しかし、、、
雨足は加速する事なく、逆に失速の一途である。
一瞬にして雨は上がり、かわりに容赦ない陽射しが登場して蝉まで鳴きだした。

。。。


強いて言えば8滴ほどの雨だった。
つまりかぞえれるほどの雨なのだ。
これを雨と言ってはいかんだろう。。。


しかし不思議なもので、隣街に行くと大きな水たまりがそこら中にできているではないか。
局地的豪雨って言葉が今年の流行語大賞にノミネートされるんじゃないかと思うくらい日々耳にする。
そしてそのまた隣町に行くと、水たまりなどどこにもない。
局地豪雨ってのは、ホント局地なのだ。。。


東京は奥多摩で人工降雨装置とやらが12年ぶりに稼働したらしい。
詳しくはわからぬが、この12年を振り返っても水不足に悩まされた年がほとんどではなかっただろうか。
なのに12年ぶりというのに少々疑問がよぎる。
余談だがこの装置、1時間動かすのに2万円かかるらしい。
その効果自体もはっきりしないらしいから、当然費用対効果もはっきりしないだろう。


さてピンポイント天気予報。
ここ一宮、明日は朝から雨マークが並ぶ。
堂々の雨マーク、連なっての登場である。
期待していいのだろうか。。。



そんな中、今年6つ目の花が咲いた。
咲いたと言うより見ての通り、、、割れた。

DSC03937_20130821231428ae2.jpg


6つは過去最高である。
7つ目の角のような蕾も確認できる。
花が咲くって事は、それだけ栄養やら水分が行き届いてるからだと聞いた事がある。


日照り続きで、既に芝生はグロッキー。
人間もこの暑さにマヒしてきている感じだ。

そんな中でのこの元気よさ。

見習おうと思ってはみるが、、、言葉にはだせない。


明日こそ降って欲しい。切に願うぞ。。。

DSC02818.jpg


暑さだけでなく、今日はなんだか疲れた。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

8月25日(日)安房暮らしの研究所「かばんをつくろう」のお知らせはこちら
こちら定員いっぱいとなりました。ありがとうございます!

| ソトボ 日誌・生活 | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

道具入れの道具

「色」の道具入れが完成した。(前ブログ

素材は8号帆布。
縁取りはすべて断ち切り。水分を飛ばしてドロッとさせた塗料でランダムに縁をペインティング。

DSC03933_201308211233578f9.jpg


まずはパステルのケース入れ。

DSC03911.jpg

こうしてお米と一緒に入れる事で、パステルどうしが汚れないらしい。
見栄えもかわいらしい。

DSC03926_201308211233351da.jpg


もうひとつは色鉛筆である。

DSC03914_201308211233318eb.jpg

24色と、、、36色と。

DSC03915_20130821123332339.jpg
DSC03916.jpg

DSC03929_201308211233556a4.jpg


こうして道具入れの道具が完成した。


ひとそれぞれだが、こういった日常に欠かせない道具たちの装いが変わると、
それだけでモチベーションがかわってくる。
楽しくなったり、リラックスできたり、それで会話がはずんだり。

それも道具の役目だったりすると思うのだな。

DSC03936_20130821123357678.jpg




 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

8月25日(日)安房暮らしの研究所「かばんをつくろう」のお知らせはこちら
こちら定員いっぱいとなりました。ありがとうございます!

| 『page』 | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

短編ドラマ「海辺の10分写真館」

久しぶりにゆっくり海を眺めた。

今日は気持ちいい風が吹いておる。。。

DSC02815_20130821014245d42.jpg

眺めながらこれからはじまる10分間の短編ドラマを想像した。





さてさて。。。


DSC02933.jpg

DSC03039_20130821011026364.jpg

DSC02952_20130821011025a1f.jpg

DSC03152_20130821011046e04.jpg

DSC03143.jpg

兄弟3人の夏休みの思い出にと、、、



名称未設定-1

DSC02849_20130821011023ff3.jpg

DSC02855_20130821014246880.jpg

愛犬のはなちゃんと一緒に、、、



DSC03716.jpg

DSC03862_2013082101115424c.jpg

DSC08169_20130821011200b75.jpg

DSC08171.jpg

遠いところから海デビュー、、、



DSC03588.jpg

DSC03592.jpg

DSC03580_20130821011116754.jpg

DSC03622_20130821011136301.jpg

DSC03618_201308210142465ea.jpg

買い物帰りに、、、



DSC03420_2013082101111302b.jpg

DSC03342_201308210110520eb.jpg

DSC03367_201308210111128f3.jpg

DSC03445_20130821011113f45.jpg

DSC03547_20130821011115c3a.jpg

ご近所の仲良しさんと、、、



DSC03161_20130821011048f55.jpg

DSC03209.jpg

DSC03261_2013082101105039a.jpg

DSC08088_20130821011157fca.jpg

2013年夏。家族の記念にと、、、



それぞれの思いを10分間に。

それぞれの思いを私なりに。

こんな感じで、短編ドラマ「海辺の10分写真館」が完成した。

DSC03906_2013082101115540d.jpg

感想は、、、

こりゃ、ホント楽しいわ。。。


参加いただいたみなさま、お暑い中ありがとうございました!


さて、夏休みもラストスパートであります!!





 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

8月25日(日)安房暮らしの研究所「かばんをつくろう」のお知らせはこちら
こちら定員いっぱいとなりました。ありがとうございます!

| 『page』 | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明日「海辺の10分写真館」

庭でトンボが優雅に飛んでおる。
かなりの団体で飛んでおる。
風にあおられながらもどこか楽し気に見えて羨ましく思う。

DSC07892.jpg


昨日の味を忘れないうちにアジアンな鶏で今日も汗をかく。
ビール欲しくなるがそれは我慢。

DSC02810_20130819134244c22.jpg


これから明日の準備である。。。




いよいよ明日、「海辺の10分写真館」。

お天気崩れそうもないので、開催である。

10shashinkan_umi++.jpg

日 時  8月20日(火)9:00〜12:00
      *雨天・強風中止(当日8時に決定します。)
会 場  太東海水浴場 千葉県いすみ市岬町中原
撮影代  ¥2,500-
      後日撮影したデータすべてと、こちらで選んだベストな1枚をプリン
      トしてお渡しします。

  事前にご予約いただけます。(予約なしでもOK)
  〈撮影後予約時間帯〉
   ①9:00〜 ②9:30〜 ③10:00〜 ④10:30〜 ⑤11:00〜 
   ⑥11:30〜

  ご予約・お問い合わせは、、、 
    メール info@page-page.com  電話 080-5012-0143

  当日連絡先 :080-5012-0143


夏休みの思い出にいかがでしょうか。

  海辺の10分写真館

  前回の10分写真館


太東海岸の駐車場前、海の家の横に、、、

DSC07890_20130819134246a5b.jpg


この看板目印に、、、

DSC02814_20130819134245178.jpg


天気予報によると、明日もこれまで通り猛暑のようなので、暑さ対策バッチリで、、、

みなさまのお越しをお待ちしております!



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

8月25日(日)安房暮らしの研究所「かばんをつくろう」のお知らせはこちら
こちら定員いっぱいとなりました。ありがとうございます!

| 『page』 | 13:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夾竹桃とベトナムと熱闘な甲子園

夾竹桃
私が気になっていた花木の名前が判明した。(前ブログ

DSC02808_2013081907482542d.jpg

丈夫な花木である故、いろいろ注意をしなければならない事もあるらしく、
本日ちょっと勉強のためお邪魔。




DSC02765_20130819074741de2.jpg

久しぶりのポーさんにご挨拶。

そしてベトナム手料理のご馳走。

DSC02781.jpg

DSC02784.jpg

DSC02801_201308190748226c0.jpg

DSC02788.jpg


DSC02785.jpg

DSC02790_20130819074801fb4.jpg

DSC02794_20130819074803dda.jpg

DSC02797_20130819074806c2a.jpg

DSC02796.jpg


夾竹桃
植え替えは春から梅雨時期がいいらしく、
半年後の楽しみにしておこう。。。

DSC02809_20130819074826095.jpg




熱闘な甲子園。
「どこを応援しているの?」と聞かれる。
本腰入れての応援とまではいかないが、やはり千葉と出身である大阪が気に掛かる。
夏。大阪も千葉も負けてしまった。
小さい頃、sotobo父と行った甲子園。
冷たい「かち割り」を思い出す。

DSC02806.jpg



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

8月20日(火)「海辺の10分写真館」のお知らせはこちら

8月25日(日)安房暮らしの研究所「かばんをつくろう」のお知らせはこちら
こちら定員いっぱいとなりました。ありがとうございます!

| ソトボ 日誌・生活 | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏の夜のグラタン

プールに入るとどうしてお昼寝がしたくなるんだろうか。。。
それは昔も今(45)も同じである。。。



仕事終って只今10時。
外はすっかり秋の風。
涼しむことなく、これからひと汗である。。。


お昼にペンネアラビアータ風を作った。
しかしどうも今ひとつな味になってしまい、こうして夜は無理矢理グラタンである。

DSC02745_20130818184018747.jpg


最近の食卓。
ほとんどが頂きもので構成されておる。

本日。
ペンネも、トマトベースのペーストも、向こうに見えるパンも、そのまた向こうに見えるザクロジュースも。

DSC02748_201308181840206b2.jpg


有難き食卓である。。。

さて汗かいていただきましょう。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

8月20日(火)「海辺の10分写真館」のお知らせはこちら

8月25日(日)安房暮らしの研究所「かばんをつくろう」のお知らせはこちら
こちら定員いっぱいとなりました。ありがとうございます!

| ソトボ 日誌・生活 | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

家族のピース

今日はご家族の撮影である。
でもそこにはいろいろな思いやメッセージが込められている。
遠くイタリヤで暮らすご家族が夏休みの帰省で日本に帰って来られている。
イタリヤで暮らすもそのご家族の原点は、おじいちゃんおばあちゃん暮らすこの日本の実家なのだと。

DSC02199.jpg


娘Jちゃんの三歳の七五三でもあるが、そこはママと娘の生家であり、すべてがここからはじまったと話される。
そんな家族の軌跡を写真に残したいと、、、
その思いは撮影依頼の際、丁寧な文面で綴られていた。

DSC02240_20130818091457272.jpg


私自身、あまり考えすぎたり、想像を膨らませて撮影にのぞまないようにしている。
フラットな気持ちでお会いした時のインスピレーションを最も大事にしているから。
想像に凝り固めて撮影にのぞむと、その勝手な想像にがんじがらめになり、目の前にある実際が見えなくなってしまうのだ。

でも今回は色々考えた。




DSC02250.jpg

DSC02242_20130818090655c46.jpg

DSC02329.jpg

DSC02361.jpg

DSC02365_201308180907197b3.jpg

DSC02391.jpg

DSC02235_20130818090653e27.jpg

DSC07600_20130818090802ce6.jpg

DSC02277_20130818090658dab.jpg



DSC02436_20130818090722a14.jpg

DSC02449_20130818090737afa.jpg

DSC02509_20130818090739463.jpg


おじいちゃんを囲み、みんなでピースサイン。


DSC02572.jpg

DSC02579_20130818090743024.jpg


DSC02625_20130818090759d35.jpg

DSC02637_201308180908016ad.jpg


DSC07641_2013081809080332a.jpg

DSC02568_201308180907407f2.jpg

DSC07717.jpg



来週からまたイタリアでの日常がはじまる。
おじいちゃんおばあちゃんも、また次ぎに会える機会を待ちわびてご夫婦水入らずの生活がはじまる。
でも今日のこの写真がそれぞれの生活の舞台に飾られたら、、、
そんな素敵な事はないと思う。

1時間程の撮影が、とっても長く深く感じられた。


DSC02521_201308180918121c8.jpg


アリガトウ。。。
そして、、、
GRAZIE!




 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

8月20日(火)「海辺の10分写真館」のお知らせはこちら

8月25日(日)安房暮らしの研究所「かばんをつくろう」のお知らせはこちら
こちら定員いっぱいとなりました。ありがとうございます!

| 『page』 | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ここ最近、、、 〜 photo 編 〜

今日、43年下の女の子と遊んだ。
つまり2歳の女の子だ。
真面目に心底遊んだ。
そしたら心底笑った。
お互い笑った。
これが「遊ぶ」ってことなんだろうと思ったぞ。



少しずつだがホームページ更新に取組んでおる。
春と初夏に撮影させていただいた二組のマタニティ。

DSC02460_2013081600263443c.jpg

私自身大好きな写真である。
そして今では二組とも子育ての幸せな日々がはじまった。
そしてそれぞれのご家族との再会が楽しみで仕方がない。

DSC06811.jpg

 photograph 〜maternity〜



そしてわんぱく3人組の卒園式の写真もアップした。
終始わんぱくだった。

DSC04905.jpg

今頃どんな夏休みを過ごしてるんだろうか。。。
いっぱい遊んでいるんだろう。
日に焼け真っ黒な顔かもしれない。
わんぱくオジサンも結構黒くなった。。。

photograph 〜わんぱく卒園式〜



来週20日は「海辺の10分写真館」である。
ご予約もいただいている。
夏の思い出撮影。。。
どうぞ遊びにいらしてください。

DSC04065+++.jpg

海辺の10分写真



昨年に引き続き「山のおんぶ」にお邪魔する。
10月20日。こちらも「10分写真館」でお邪魔する。
少しこれまでとは違ったカタチの写真館を企んでおる。

DSC03693_20130816003230bfe.jpg

未来のために、、、
山のおんぶ 2013


『page』 photoは、アルバムもつくる。
撮影した写真でドラマをつくる。
それが『page』 photoのアルバムなのだ。
短編ドラマもあれば3部構成のドラマまである。
でもそんなドラマや構成を考えない、これまでの軌跡のアルバムをつくろうと思う。
秋には完成させたいなぁとニヤニヤしている。。。

DSC07181_20130816005500f7c.jpg



明日はある家族の撮影である。
家族の「原点」の撮影である。
そんな家族の思いを私の写真に託していただく。
緊張半分、プレッシャー半分。それが合わさってやる気みなぎる。


来月は初の成人を記念しての撮影依頼もいただく。
成人式の写真、、、ちと違う?



こんな感じの、ここ最近の、『page』photoである。



プールで遊んだ。
1時間ちょっとなのに、3時間ほど遊んだ気分だ。
43年下の女の子も薄ら日焼けした。
帰りの車はぐっすり爆睡だったらしい。
遊び疲れ、笑い疲れ。これぞ夏休み。

DSC02175_20130816002611c06.jpg

明日から8月後半がはじまる。
夏もいよいよ終盤戦である。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

8月20日(火)「海辺の10分写真館」のお知らせはこちら

8月25日(日)安房暮らしの研究所「かばんをつくろう」のお知らせはこちら
こちら定員いっぱいとなりました。ありがとうございます!

| 『page』 | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ここ最近、、、〜 tote 編 〜

今日は右脚を集中的に刺された。
ひょっとしてこのブログを読んでいるのか。。。



朝の打合せでは試作をお見せした。
仕事に欠かせない「色」の道具を収めるケースである。

DSC01986_20130814233245c33.jpg



「書く」を仕事とされているアレやコレやの道具をおさめるトート。
いつも2つのかばんを持ち歩いているらしく、それがこのひとつに収まるようになった。

DSC01997.jpg



納めたトートの活躍ぶりのメールが届く。
そしてその活躍ぶりの写真も添付。。。

20130721_133611.jpg
20130804_143055.jpg

アクティブな写真である。
そんなアクティブに勇気づけられるのである。



同士?先日は同じかばんを「つくる」の人が訪ねて来てくれた。
その完成度にこっちがうれしくなりオーダーしたくなった。
お客さんの気持ちとはこういうことなんだなぁとあらためて思った。勉強。。。

DSC01744_201308142332428f1.jpg
 Ten


今月25日の「出張・かばんをつくろう」もありがたい事に定員いっぱいになった。

つづいて靴職人さんから連絡がきた。
生徒さん引き連れて「かばんをつくろう」にチャレンジしてくれるとの事だ。

DSC01993_20130815092052757.jpg

靴 vs かばん。。。なんちゃって。。。



ここ最近の『page』 tote である。



朝夕若干だが涼しくなった。
夕日もどうも秋っぽい。
とんぼも飛んでいる。
稲穂の頭も垂れだした。


そんなこんなで私も秋の準備にとりかかろうじゃないか。




 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

8月20日(火)「海辺の10分写真館」のお知らせはこちら

8月25日(日)安房暮らしの研究所「かばんをつくろう」のお知らせはこちら
こちら定員いっぱいとなりました。ありがとうございます!

| 『page』 | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

庭にピンクの花を、、、

朝夕の水やり。
それぞれ30〜40分、たっぷりやる。
腕や首などは刺されないが、短パンから露になっている膝から下が格好のえじきのようだ。

ヤブ蚊である。
ヤブ蚊と戦いながらの一日2回の水やりである。
しかし今日あらためて思うと、左脚ばかり刺されて右脚は見向きもされないのだ。
今日もそうである。
同じ露度合いなのに決まって左脚である。
左脚がウマいのか、右脚が極端にマズいのか。。。
見た目には変わりない左右の脚だが、ヤブ蚊にとっては明らかに何かが違うのだろう。
聞くに聞けない。
ただただ不思議である。。。




これまで庭に花を植えようと思った事がなかった。
昨年あたりから植えたい木があるのだ。
その木は夏にピンクの花を咲かす。
海岸沿いでよく見かける木ではあるが名前がわからない。

DSC07526.jpg


庭の片隅に植えたいのだ。
リビングからこのピンクの花の眺めは、、、
いいんじゃなかろうか。

DSC01982_20130814074712207.jpg

シャクナゲ??

ちょっと調べよう。。。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

8月20日(火)「海辺の10分写真館」のお知らせはこちら

8月25日(日)安房暮らしの研究所「かばんをつくろう」のお知らせはこちら
こちら定員いっぱいとなりました。ありがとうございます!

| ソトボ 日誌・生活 | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一日はバナナジュースから、、、

ここ最近は早朝のバナナジュースではじまる。
大したことはない。
牛乳とバナナをミキサーにかけるだけである。
暑さ感じる前に栄養注入してひと作業済ます。

DSC01965_201308130750541ce.jpg


それから朝食である。

「恋した豚。。。」をトーストに。

DSC01970_20130813075056ace.jpg


今日も灼熱の一日のようです。
こまめな水分補給、こまめな休憩。それから極力炎天下の外出は控えて、、、

お互い、がんばりましょう。。。




 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

8月20日(火)「海辺の10分写真館」のお知らせはこちら

8月25日(日)安房暮らしの研究所「かばんをつくろう」のお知らせはこちら
こちら定員いっぱいとなりました。ありがとうございます!

| ソトボ 日誌・生活 | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豚に恋をした

今日も灼熱はつづく。
この暑さから逃げようにも逃げられない。
暑さに強い私ではあるが、それでもこの暑さは尋常ではない。

どうにか夏バテもなければ食欲減退もなく、この夏を泳いでおる。

DSC01960_20130812080234ec9.jpg



冷しゃぶといきたいところだが、あえてここは普通のしゃぶしゃぶにした。

DSC01934.jpg


冷房効いた食堂でしゃぶしゃぶをいただく。

DSC01940.jpg


素材の味わいを活かしたやさしい塩こしょう焼き。

DSC01937_201308120802317c3.jpg


実はハムとソーセージだけでごはんが頂けるほど好きである。

DSC01935-1.jpg




今日は豚をいただいた。



雑誌でのにわか知識ではあるが、
地方での暮らし、仕事、生きていくってことの、、、
理念。メッセージが込められている。


「豚に恋をする」のではなく「豚が恋をする」というのがイメージらしい。


でも私はすっかり「豚に恋をした」。。。

DSC01950_2013081208023285c.jpg


おいしいことの幸せは、カラダもココロも幸せである。




 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

8月20日(火)「海辺の10分写真館」のお知らせはこちら

8月25日(日)安房暮らしの研究所「かばんをつくろう」のお知らせはこちら
こちら定員いっぱいとなりました。ありがとうございます!

| ソトボ 日誌・生活 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

父ちゃんの庭

只今午後1時をまわったところ。
気温はゆうに30℃を超え、35℃に手が届きそうである。
立っているだけで汗が吹きだし、頭がおかしくなりそうで、、、
酷暑とはこういう暑さを言うのだろう。

そんな中、行ってみると男はひとり黙々と土いじりである。

DSC01888_20130810235456290.jpg


庭の片隅。
4×3メートルを防草土とやらで固めたいらしいのだ。
朝からひとりせっせと耕し、こうして振るいに掛けて枯れた根っこなどを取り除いているのだ。
どうも甘く考えていたらしく、実際はじめてみると一向に進まないし、慣れぬ鍬でマメがつぶれ、ましてこの炎天下の孤独な作業に耐えきれなかったらしく、救いの手を求めてきたという訳だ。

DSC01894_20130810235458f9a.jpg
防草土。。。


実は男には先月息子が誕生した。
今オクサンと息子は実家である。
盆休みには帰ってくるので、それまでに息子の遊び場にとこうしてせっせと庭いじりに励んでいるのだと思っていた。
それならばと思い、手伝ってやろうと来た訳である。

しかし聞いてみると、息子の為でもなんでもなく、ただ雑草に悩まされた挙げ句、それならば生えぬよう固めてやろうというのが今日の作業目的らしい。
少々空振りな発言に意気消沈しそうだったが、ここで孤独に倒れられても困るし、この現状を見てしまうと手伝わない訳にはいかぬ状況である。

さて、そんな訳で私も炎天下の作業がはじまった。

DSC01889_20130810235458505.jpg


行程としては、、、
異物を取り除いた土を平に踏み固め、、、
その上に1立方メートル辺り15キロ入りの防草土を5袋。つまり75キロを敷き詰めるのだ。
4×3メートルの庭なので、15キロ入りの防草土、60袋を敷き詰めなければならないという事だ。。。

地道な作業。
灼熱太陽との戦い。

10分おきに頭から水をかぶり、消沈しそうなやる気を奮い起こす。
少々大袈裟である。。。

DSC01895_20130810235500628.jpg

しかしふたりでなんとか、ここまで下地ができ上がった。
さてどうやって1立方メートル辺り15キロ入り×60袋を敷き詰めるか議論した。
結果碁盤目の案内線を引き、その升目に5袋ずつ防草土を敷き詰めていこうという作戦に落ち着いた。

DSC01900.jpg


これまた堪える作業である。
単純と言えば単純。それ故にこの炎天下での単純肉体労働は心にまで響く。
これをひとりでやろうもんなら、遠くの世界に行ってしまいそうである。

ふたり励まし合い、頭からかぶる水も5分おきとなった。

DSC01904_20130810235657462.jpg

DSC01908_20130810235658d51.jpg

こんな感じで防草土投入完了である。
15キロ60袋である。。。

DSC01914_20130810235659a08.jpg


仕上げはオーナー自らコテで地ならしである。
完璧な平など不可能である。個性豊かな平を心置きなく楽しんでいる。

DSC01919.jpg
DSC01918.jpg

こんな感じで漸く完成した。

DSC01923.jpg

DSC01921_20130810235726674.jpg

ここまでで2時間半。黙々の作業でここまででき上がった。
後は霧状の水を撒いて固めるのである。

DSC01929_2013081023573113e.jpg

仕上げはやはりオーナー自ら散水である。


鼻先から大粒の汗がしたたり落ちる。


雑草に我慢できないと本日の作業に決起したが、
多分そのうちここに滑り台とかの遊具が置かれるんじゃないだろうか。


そんな気がしながら、私は退散した。


本日のお駄賃。
焼肉とビール飲み放題とのこと。。。

疲れ果てた労働者の顔つきではあるが、
息子の帰りを待ちわびる、父ちゃんの顔つきにも見えなくはない。

DSC01926.jpg


がんばれ!父ちゃん!!

本日のナイスショット、、、父ちゃんに捧げよう!



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

8月20日(火)「海辺の10分写真館」のお知らせはこちら

8月25日(日)安房暮らしの研究所「かばんをつくろう」のお知らせはこちら
こちら定員いっぱいとなりました。ありがとうございます!

| ソトボ 日誌・生活 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今週の山は、、、

早いもので先週の今頃は無事下山し、ベースの畳の部屋で「いびきかいてるよ。」と言われながら寝てたっけ。
そして今、足元はビーサンだがまたせっせせっせと山道を登っている。

目指すは、、、

DSC07477_20130809163551dc3.jpg

DSC07460.jpg

DSC07474_20130809172231ebb.jpg

DSC07480_201308091636062bd.jpg

DSC07465_20130809163548211.jpg

今週は登山ではない。
コズカ・アートフェスティバル」。

夏山に夏アート。
4年目にして漸くお邪魔した。



帰り、伊予ヵ岳に寄った。
富士登山のトレーニングとして毎週お世話になった山だ。
さすがに今日は登らない。
こうして見上げて一礼である。

DSC07487_20130809163608e8e.jpg

麓の神社にお参りした。
富士登山、無事登頂できた事の報告とお礼かな。


毎週あの頂を目指した。
なんだか懐かしい気持ちがして、ちょいと寂しい気持ちに胸がぐっときた。


 コズカ・アートフェスティバル



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

8月20日(火)「海辺の10分写真館」のお知らせはこちら

8月25日(日)安房暮らしの研究所「かばんをつくろう」のお知らせはこちら
こちら定員いっぱいとなりました。ありがとうございます!

| ソトボ 日誌・生活 | 17:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スイッチ

暑さのせいではないのだ。
夏に浮かれ気分!ってことでもないのだ。

スイッチがはいらないだけである。

そんな時もある。
そんな夏はちょっと勿体ない気もする。

これからこの夏一番の暑さだという週末を前に、
何だか秋を感じはじめているのは敏感すぎるのか。

プールに泳ぐでもなく浸かり、
頭を冷やすでもなくクールダウン。
どちらかと言えば熱を上げなければならぬのに、
増々クールにダウンの拍車がかかる。

そんなここ数日ではあったが、漸くスイッチ-オンの兆しがやって来た。


DSC01879_20130808234400f41.jpg

用途に真っ向勝負し。。。


DSC01882.jpg

まずはカタチにしてみたり。。。

すると「つくる」のスイッチが入るのだ。


まったく訳わからぬ本日のブログに我ながら恥ずかしい。。。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

8月20日(火)「海辺の10分写真館」のお知らせはこちら

8月25日(日)安房暮らしの研究所「かばんをつくろう」のお知らせはこちら

| 『page』 | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かばんつくって、花火見て。。。

目覚め一発、洗車した。
気分転換に車内も掃除した。
起きて早々、気分転換というのも変な話だが、気分の転換には掃除なのだ。
すると100円玉が出てきた。
これで今晩何を買おうかと。。。

DSC01806.jpg



完成の記念撮影中である。
1年半程前にご購入いただいたトートを持って、今日「かばんをつくろう」にご参加いただいた。

DSC01858.jpg


本日第三回目の「かばんをつくろう」。
さてさて、はじまりまじまり。。。

DSC01808_20130807234741142.jpg

DSC01812_201308072347429a2.jpg

DSC01814_20130807234743545.jpg

DSC01818_20130807234744de5.jpg

DSC01820_20130807234746b3d.jpg

DSC01822_20130807234806a53.jpg

DSC01824_20130807234807c55.jpg

DSC01838_2013080723480854c.jpg

DSC01840_20130807234810bd3.jpg

DSC01843_2013080723481130c.jpg

DSC01845_2013080723482777b.jpg


不器用。
確かに向き不向きがあったり、得意不得意は誰にでもあります。
その中で不得意な部分を不器用と言ってしまいます。
仕方がない。やっている本人が思惑通りにいかなかったり、人と比べて劣っていると感じたり。
画一的な大量生産であれば、寸分の狂いもなく同じ商品ができ上がるのが使命です。
でも機械は使えど、人間の手でつくる以上、それぞれの手で作る以上、何処かそれぞれ顔が違ってきます。
直線的なきりっとした顔もあれば、目尻が下がったような顔も。
それがひかり輝く個性。

DSC01861.jpg

かばんをつくろう」では、あらかじめ「かばんをつくろうキット」を準備しています。
それは見事なまでに画一的です。
だからスタートは足並み揃ってみんな一緒。
でも完成に近づくにつれ、それぞれの顔に仕上がっていきます。
だから自分だけのかばん。自分でつくったかばん。
これが楽しいのであります。

四苦八苦しながらでき上がったかばんには愛着がわきます。

その個性を自分だけのかばんにしてみませんか。
きっとおもしろいですよ。。。


DSC01878.jpg

今日も完成。
それぞれのかばんができ上がった。

DSC01855_20130807234831287.jpg

DSC01853_2013080723482931b.jpg




昼間の灼熱も夜になれば解放される。
今年はじめての盆踊り

IMGP0313.jpg

そんな盆踊りを横目に、今か今かと待ちわびる。
ドーーーン!!
大きな花火が打ち上がった。

IMGP0317.jpg
まだコンデジが上手く使えず、、、


100円玉は「富士宮焼きそば」の足しになった。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

8月20日(火)「海辺の10分写真館」のお知らせはこちら

8月25日(日)安房暮らしの研究所「かばんをつくろう」のお知らせはこちら

| 『page』 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

富士山からの便り?

ちょうど富士登山の記事を書き終えたら、ハガキが届いた。

DSC01801_20130806141825a00.jpg


富士山のブログ

富士登山1日目 〜何だか嘘っぽい富士である〜

富士登山2日目 〜3776 にて〜

DSC01795_20130806141823491.jpg



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

8月20日(火)「海辺の10分写真館」のお知らせはこちら

8月25日(日)安房暮らしの研究所「かばんをつくろう」のお知らせはこちら

| ソトボ 日誌・生活 | 14:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

月曜日

今週は「かばんをつくろう」があり、ご家族の撮影があり、トートの打ち合せがある。


この5日間、ちょっと仕事から離れた。
はじめて5日間も離れた。


DSC01792_20130806084118e1b.jpg

リフレッシュされたかと言えば、リフレッシュされたところもあればそうでないところもある。
当たり前である。


休みボケではないが、
いろんな事から目を覚まさなければならない。
頭の中、心の片隅、気持ちの奥底、手のひら、、、
微かな灯火なんていうのは、水をかければ消えるのだろうか。


さてさて、
「かばんをつくろう」の準備からスタートだ。

DSC01791_201308060840133f7.jpg


そろそろ富士登山の記事もアップしよう。。。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

8月20日(火)「海辺の10分写真館」のお知らせはこちら

8月25日(日)安房暮らしの研究所「かばんをつくろう」のお知らせはこちら

| 『page』 | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏の集い

今日たこ焼きを焼いた。
久々に焼いた。



夕方、久々の友人も集まり久々に集った。
40代50代60代。
こんなこと言うと先輩方々に怒られちゃうが、
でも自分が60になった時、若い連中とこうして集いたいなぁと思う。

年は関係ないと言う。でも年はおおいに大事なバロメーターなのである。
寝て起きたら明日である。
だから勝手に年はとってゆく。
でもね、そんな年のとり方は想像できないでいる。

年輪の如く、一枚一枚。
富士登山のように、一歩一歩。

だから年は大事な蓄積の証であろう。


DSC01783.jpg

みんなの料理が並ぶ。
ご自慢の料理をいただく。

DSC01781_20130805113443fde.jpg


この写真手前で、私はひたすらたこ焼きを焼いているのだ。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

8月20日(火)「海辺の10分写真館」のお知らせはこちら

8月25日(日)安房暮らしの研究所「かばんをつくろう」のお知らせはこちら

| ソトボ 日誌・生活 | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

それぞれが夏の夜空

いろいろ心配はしたものの、楽しもう精神でどうにか無事に楽しくそこらじゅうで感動しっぱなしで富士登山が終った。
この夏一大イベントだっただけに、ちょっと寂しい気持ちもある。
富士登山2日間の事は、あらためてゆっくり綴ろうと思う。



心配した筋肉痛は然程でもなく、ちょっと内股がハっている程度で問題なく日常生活に戻れた。
でも今日はゆっくりしようと思う。
富士山の事で頭がいっぱいで、今日が一宮花火大会だったことを忘れていた。


夕方、登山ブーツじゃなくサンダルで海岸を散歩した。
秋のような風が肌寒くクシャミが出た。
昨日までは気温ひと桁だったのに、クシャミは出なかった。
でもビールを飲んで散歩した。


ご近所さんのお誘いで、花火見物にお邪魔した。
夏の富士山につづいて、今夜は花火である。


ドーンドーンと次々と花火が打ち上げられる。
夜空に華が咲き、昨日見た夜空とはまた違った夜空だ。

富士山で見た天の川。
こうして華咲く、sotoboの空。

それぞれが夏の夜空である。

DSC01776_20130804125545ea4.jpg


今日からまた海辺の生活がはじまった。




 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

8月20日(火)「海辺の10分写真館」のお知らせはこちら

8月25日(日)安房暮らしの研究所「かばんをつくろう」のお知らせはこちら

| ソトボ 日誌・生活 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

富士登山2日目 〜3776にて〜

夜3回程、屋根を叩きつける雨の音で目が覚めた。
不安よぎるが仕方がない。
土壇場晴れ男の力の見せ所である。

日付変わって0時30分。
お見事に星空が広がった。
山小屋の前は出発準備でごった返している。
気温はひとケタ。山頂は0度ほどだ。
8月である。でも真冬の富士である。。。

IMGP0201.jpg


出発。
目指すは御来光である。
やはり山頂までは混雑する。
ヘッドライトの灯りが連なる。
私も足元照らして今日の第一歩を踏み出した。

段々目が慣れてくると、夜空に広がる天の川が見事である。
その星の数もさることながら、自分より下にあるきれいな三日月にビックリする。
これまで自分より下に月を見た事がない。

IMGP0206.jpg

小さな歩幅で一歩一歩登っていく。
山頂までは500Mほど。
ゆっくりゆっくり登っていく。

途中真っ暗で写真はない。
終始空を眺め、天の川を堪能し、三日月に感動した。
でもゆっくりの歩幅より三日月の方が早いようで、気づけば目線より上で輝いていた。

やっぱり空気は薄いようだ。
姿勢を正し深呼吸を繰り返しながら登った。


3時間程で山頂の鳥居に到達した。
バンザイ!山頂である。
漸く念願の山頂である。

IMGP0229.jpg

そこは山頂というより初詣でごった返している参道のようである。

半端なく寒い。
腹も空いた。
山小屋でコーンスープを注文し、白雲荘で持たされたお弁当をいただいた。
シャケ弁かと思ったらお寿司だった。山頂到達お祝いのお寿司である。

IMGP0223.jpg

IMGP0226.jpg


日の出は4時40分。
山頂の風も半端ない。
雲が霧のように流れているのだ。
晴れ渡ったと思うのも一瞬、次の雲でいきなり視界真っ白である。
みんな待ちわびている。。。

IMGP0237.jpg

漸く雲の向こうが明るくなって来た。
しかし安心はできぬ。
こうしてても次々雲が走って行く。

IMGP0246.jpg

IMGP0252.jpg

そんな強風なのに、びくともしない雲が目の前にある。
どうもその雲だけは石の雲のようだ。。。


IMGP0258.jpg

その雲の合間から、、、来た来た!!!

IMGP0262.jpg

おっと次なる雲に遮られた。。。残念。。。

日の出の時間はとっくに過ぎ、石の雲もどっかり居座って、それ以外の雲もあやかってどっかりムードである。
みんなあきらめだした。
我々もあきらめ山小屋でハガキを書きはじめた。するといきなり山小屋が明るくなったのだ。
直ぐさま表に飛び出した。

待ちに待った〜〜〜

IMGP0263.jpg
IMGP0266.jpg

御来光である。。。


その眩い明るさもさることながら、太陽との距離が今までに経験した事のない近さなのだ。見よ!この太陽!

すっかりお祈りするのを忘れて見入ってしまった。

IMGP0272.jpg

記念撮影だけはちゃっかりした。(寒)


IMGP0274.jpg

見事である。ホント、見事である。


IMGP0278.jpg

IMGP0277.jpg


日は昇り、これから我々は下山していく。
その様も楽しみながら、これから一気に下山である。

IMGP0290.jpg

IMGP0289.jpg

IMGP0287.jpg

Oさんに教わった通り、膝に負担が掛からないように最後の富士を楽しんだ。

IMGP0292.jpg

IMGP0296.jpg

IMGP0297.jpg

IMGP0303.jpg


来てよかった。
登ってよかった。
日常から少しだけでも抜け出そうという気持ちやら、、、
山頂で考えれば答えが出るんじゃないかとか、、、
一度は登っておきたいという単純な憧れやら、、、
いろんな思いで富士山に登ろうと決めた。
でもそんな願いや叶い云々より、登る事に意味があったように思う。

IMGP0298.jpg


週末の伊予ヶ岳のトレーニングも、
実際踏みしめ登った富士の山も、
山小屋の雑魚寝も、
カレーとハンバーグも、
いつもより3000Mほど近くで眺めた天の川も、
追い抜かれた三日月も、
そしてあの御来光も。

いい経験ができた。
いい思い出ができた。

高速から眺める富士山じゃなく、
銭湯の湯煙の富士でもなく、
あの美しい富士はこんな荒々しく、無骨に佇んでいるのである。
だから美しいのかもしれない。

IMGP0304.jpg


聞くと、もう二度と登りたくないという人と
もう一度登りたいという人と二分するらしい。


私は、、、
もう一度登りたいの人である。

IMGP0306.jpg



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

8月20日(火)「海辺の10分写真館」のお知らせはこちら

8月25日(日)安房暮らしの研究所「かばんをつくろう」のお知らせはこちら

| ソトボ 日誌・生活 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。