2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日の一日

朝。
アトリエを覗く人がいた。
何だろうと思っていたら、そのまま行ってしまった。
多分、散歩の途中。
見えぬが「ここは何だ?」という吹きだしが想像できた。
そう珍しい事ではないのである。



昼。
3時まで我慢しようと思ていたが、只今2時にもなっていない。
お土産にもらった葛餅

DSC04040_20130201091907.jpg

私はこの類いのものに目がないのだ。
昔から甘味屋さんが大好きである。
京都で過ごした学生の頃も、今じゃファーストフードが当たり前かもしれないが、そんな感じで甘味屋さんにたむろっていた。
お土地柄、甘味屋さんの古都京都である。

十分二人前はある。
しかしそんなことはおかまいなしに一気にいただく。
きな粉も黒蜜も残さずかける。

太陽の位置もかわり、陽の当たるテーブルの隅っこではないが、
このテーブルの隅っこが定位置となってしまった。

美味しく、お腹一杯である。
少々食べ過ぎた感は否めないが、幸せである。



夕方。
出かける間際にお客さまである。
ご夫婦で看板が目に付きいらしてくださった。
photoでもtoteでもなく、「cafe」である。

!!!

申し訳なく、説明してお引き取りいただいた。
そうか!朝の散歩の人も看板を見ていたのだ。

看板にウソがあっちゃマズい。
つくりかえなければ、、、。

DSC04044_20130201091908.jpg



夜。
仕事を終え、冷えきった車に乗り込む。
毎度エンジンが掛かるか心配であるが、この冬は一度も乗車拒否はされていない。

得体の知れない大きな澱んだオレンジ色の物体が海岸線に浮かんでいる。
触ればポヨンと柔らかそうである。
今日のお月様である。
近づくにつれ、段々小さくなっていく。
これまた不思議である。

太陽は然程変わりないが、このお月様というのは欠けたり丸くなったり、こうして大きさも色も様々である。
その理由も中学校あたりで習ったかもしれないが、覚えちゃいない。
不思議なお月様である。
お月様は不思議なものと、この先もずっとそう思っているんだと思う。


葛餅も消化したらしく、やっとお腹がすいてきた。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news
スポンサーサイト

| ソトボ 日誌・生活 | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

陽の当たるテーブルの隅っこにて

朝、少しでも陽の当たるところでと、
テーブルの隅っこで朝ゴハンを食べている。


DSC04007_20130131091314.jpg


写真にはないが、ちゃちゃにずっと物欲しそうな目で監視されながらの朝ゴハンだ。

ちなみにこのパン。
近所のスーパーに入っているパン屋さんのデニッシュ。3つで210円。

朝の楽しみである。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 09:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジョルノの気持ち

今日は久しぶりに一日かばんをつくっている。
昨年の春にご依頼いただいたかばんだ。

DSC04500_20130130100942.jpg

長年使ったかばんの引退を機に、『page』にその次なるかばんのご依頼だった。
遠方の依頼主ということもあって、何度も打合せしたり、あれやこれパーツを探したり、部分的な仕様を何度も試したり、そうしているうちに年を越してしまったのだ。
でも漸く完成が見えてきた。




昼間こうして寝て過ごすことがほとんどのコイツらだ。
思い立ったように走り回ったりもするが、大方寝ている。

DSC07157.jpg


犬同士ネコ同士でも、犬とネコの間でも、言葉なくともコミュニケーションはあるようだ。
今日のジョルノとヴォナの取っ組み合いのケンカは何だったんだろうか。
ジョルノが少しみんなから距離をおいているように見える。

DSC06869_20130130100943.jpg


いろいろあるのかもしれない。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こたつの毛

こたつの剃ったところの毛が薄らはえてきた。
当然だが、柄に沿ってはえてきている。

DSC03978.jpg


はえ揃うまでどれくらいだろうか。


こたつには悪いが、その途中過程が楽しみである。


DSC03987.jpg

今日もベッドはふたつなのに、ひとつに一緒に寄り添っておる。


雪もやんで、眩しいくらいの陽が射してきた。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 23:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

橙色とTシャツとわたし♪

夕方はじめて外に出た。
朝からアトリエにこもりっきりでアルバムを仕上げていたのだ。

西の空に沈もうとする太陽はそれはそれは大きく眩かった。
生半可、日中よりも明るいのではないかというくらいの頑張りだった。

一宮川も照らされ、その反射で辺り一面橙色に包まれる。

そんな中、次なるお仕事にお出かけである。



1枚のTシャツが届いた。
久々に仕様書を書き、作ってもらったTシャツだ。
寸法や仕様や着心地をチェックするサンプルなのだ。

何てことはない、普段着であり、肌着であるTシャツだ。


目に見えぬこだわりというのは、着て感じわかってもらう事が何よりである。


DSC03972.jpg


まだネームも何も付いていない。
でもちゃんと『page』のネームがつく。。。

厚いコートやダウンを脱いだ頃、誕生する予定である。




さて、
一瞬にして太陽は沈み、これまた大きな真ん丸のお月さんがお目見えだ。
今夜も東京では雪が降るとか降らないとか。。。


今日最後の仕事を終え、空を見上げる。
満月の夜は明るいのだ。

久しぶりに雑誌を買った。
ゆっくり眺めながら、今日を終ろうと思うぞ。。。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| 『page』 | 23:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

準備と願いと。

DSC03953.jpg

とうとうギンガムチェックのシャツを買った。
春の準備である。
黒のチェックと思っていたが、赤のチェックまで買ってしまった。
これも春の準備である。


DSC03961_20130127090851.jpg

大きい黒猫は人を招き、小さい黒猫はお金を招くらしい。
日の昇る東に向けて並べて置くと良いらしい。
黒くなければこたつとちゃちゃである。

DSC06852_20130127091459.jpg


これはこれからの願いである。

DSC03964_20130127090852.jpg



準備と願いと。


夕方、雪が降ってきた。

まだまだギンガムチェックはお預けである。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

70という通過点

自分の人生がこれから先どうなるかなど想像もつかぬ。
でもこうありたいなどという、多少無茶も含めた夢はある。
その夢への道のりは、道しるべもなければ、ナビ検索などという便利類いなものはない。
ただただ、こっちだろう。。。あっちだろう。。。という選択でしかないのである。
そしてそこには多少賭けめいたものもあれば、運に助けられる事もあろう。
その道のりはマラソンのように42キロ先がゴールだという目的地すらないのである。
あるとすればそれは人生の終わりなのかもしれぬ。
それも生きてみなければわからぬゴールである。
だから夢なのかもしれない。

そしてそんな夢が見事叶ったとしよう。
それは幸せな事である。
でも人生はまだまだ続くのである。

DSC06904_20130127011217.jpg



DSC06895.jpg

DSC06892.jpg

TED阿出川さん。
言わずと知れた、サーフ界のレジェンドである。
今夜は70歳を迎えたバースデーパーティーだった。
本人には内緒のサプライズである。

DSC07102.jpg

家族に囲まれ、
往年の仲間に囲まれ。
TEDさんに憧れた若きサーファーたちがいる。若くない人もちゃんといる。
そしていつもの仲間がいる。


DSC06935_20130127011129.jpg

オールドムービーが流された。
それは古い映像である。
思い出の映像であるのと同時に、今に繋がる軌跡でもある。
そしてその今がTEDさんの夢だったのかもしれない。

DSC06917_20130127011129.jpg

DSC06971.jpg


いつも陽気なTEDさんだが、今日はちょっと涙された。
涙のせいでなかなかろうそくの火が消せなかった。

DSC06991_20130127011148.jpg
DSC06985.jpg


70歳なんてただの通過点である。
人生のどの位置かなんて誰にもわからない。
70を前にあらたな挑戦に歩みだされている。
波に向った人生から、波を横目に歩む人生へと。

人生まだまだとおっしゃっていた。
ほんと、まだまだなんだと思う。

DSC07023_20130127011149.jpg

TEDさん、70歳おめでとうございます!

今夜撮った最後の1枚が今夜のベストショットです。
ピントはあってなくたって、いつもの笑顔のTEDさんですよ。

DSC07153_20130127011150.jpg



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 23:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こたつの退院

こたつが退院した。

おデブだったけど、今日は小さく見える。

DSC06767_20130125080445.jpg

DSC06812.jpg


簡単に言うと、右後ろ足の股関節を取ってしまい、筋肉で支えている状態である。
人間では考えられないのかもしれないけど、イヌの前足もそもそもそういう構造をしているらしい。

DSC06782.jpg



DSC06751.jpg

少しナーバスになっている。

DSC06778.jpg


ちゃちゃも心配して近寄るけど、いつもの抱擁もなく少し寂しい感じ。


仕方がない。

でも通常術後2〜3日はなかなか歩かなかったりするらしいが、こたつは次の日から歩いていたらしい。
安静というより、どんどん歩いて筋肉を付けた方がいいとの事。

DSC06834_20130125080500.jpg


早速、こたつ王の特等席に落ち着くも、弱冠のまったり感は否めない。

ちゃちゃ、ちょっと待ってなさい。。。


退院おめでとう。。。そして、よくがんばった。。。

DSC06784_20130125080446.jpg



そして私もがんばらねば。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

頭のいろいろたち

夜、仕事を終えて作業に取りかかる。
昼間色確認しながらプリントアウトした90枚の写真たち。
作業とは、縁を4ミリ残してカットすること。

DSC06743.jpg

私のカット用の定規には4ミリの溝が掘ってある。
それに沿って黙々とカットしていく。

90枚カットしようと思うと1時間半程の時間を要する。

その1時間半は手先は作業。
頭の中は、、、いろいろたちでいっぱいである。

DSC06747_20130124012909.jpg

そんないろいろたちを考えながら90枚の写真をカットした。
明日からこの90枚をアルバムに仕上げていく。


思い出つまったアルバムも未来があるから思い出なのである。


また外は、夜の雨である。


いろいろたちの中には、雨の温泉もいいもんだなぁ....なんてこともある。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨のち晴れの東京で、、、

雪予報をちらつかせる天気予報を横目に上京決行である。

アルバムの資材、トートの金具、そして3月に予定しているイベントのアレやコレや。
小さなビニ傘で冷たい雨をしのぎながら、、、
とはいってもそれらの大荷物を濡らさないのが一番である。



結婚式を撮影させていただいたお客さんからメールをいただいた。
質問です!と。
結婚式の撮影の心得みたいのものはありますか?と。
このてのことを綴りだすとエンドレスになるのはわかっているので、
あえて綴らないでおこう。。。


只今、ホームページリニューアル中である。
早速トップページのメニューが変わった。

DSC06736.jpg

WORKSHOP」。

まだテストページしか開かないが、準備中である。
撮影のそういった心得やら心掛けやら。
私流の、、、『page』っぽさを、、、
そんな事もお話できるワークショップもと。


今日は荷物と傘で両手がふさがっていた。
思いついたアレやコレやを頭の中で反復しながら忘れないようにせっせと歩く。
帰りの電車で一気にメモである。
暗号めいたなぐり書きが私のメモである。

DSC06733_20130123013739.jpg


すっかり午後から晴れたが、畳んだ傘を持ち歩くのも片手がふさがるのだ。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| 『page』 | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すまん。こたつ。

夜、病院から電話があった。
やはり股関節を骨折していた。



当初、ひょっとして、、、という見解だったがレントゲンにもはっきり写らず、この数日様子を見ることにした。
徐々に快復していると思っていたら、昨日の夜状態がひどくなった。
とりあえず病院に預かってもらい、夜再検査してもらう事になっていたのだ。


あの日のパニック、想像以上だったんだろう。。。(前ブログ

ヒモのからまった足の付け根が骨折していたのだ。
恐かったんだろう。。。


すまん。こたつ。


しばらく入院だ。そして手術だ。

生まれてまだ1年も経っていないのに、3回目の手術になってしまった。


すまん。こたつ。



作業を終え私が寝床に入ると、待っていたかのようにこたつも入って来る。
私の腹の横で丸まって寝るのが日課となっている。


雨が降ってきた。
明け方には雪になるかもしれない。
デッキに跳ね返る音が雨の音だ。
雪になったらその音すらなくなり、
音のない世界を音のない事で気づく。

目の見えないこたつも雨の音はわかるだろう。
雪の静けさも感じているのだろうか。


すまん。こたつ。

今夜はゆっくり寝てくださいな。

DSC06537_20130122004306.jpg



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピンキーな45を

手酌は出世しないらしい。。。

ということで2本目のビールはクニさんが注いでくれた。

DSC06729.jpg


思わぬサプライズに少々照れた。
「遅ればせながら、、、」とバースデーケーキ。
sotoboさんらしくない、ブリッブリにしあげました〜と。
確かに薔薇やピンクのリボンには困惑する。。。

DSC06703.jpg


首からカメラ。
大きなロゴはトート。


polepoleのみなさん、ありがとうございました!

ブリッブリなピンキーな45を楽しみます!!

DSC06718_20130121083616.jpg

かなりマッチョでもある。。。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| 『page』 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

血が騒ぐ。。。

春のような暖かさである。
ありがたし!
この暖かさ感じるだけで血が騒ぐ。



久しぶりにホームセンターの木材売り場にいる。
木材を見ているだけで想像の世界がふくらむのだ。
ちょっとニヤケたりもしていると思う。

DSC06693_20130120081007.jpg

一辺45ミリのキューブ。30個なり。
「つくる」の心の血が騒ぐ。。。


公園にいった。
4月に出店するマーケット会場である。

DSC06685.jpg

雪残る会場ではあるが、4月になれば新緑に包まれるだろう。
公園を散策しながら、マーケットを想像する。
さてさて、どう出店しようかと。
「みせる」の心の血が騒ぐ。。。

 おいしい休日 in 東金桜まつり


昼下がり、ひとりカフェである。
建築関係の本を見ると、これまた想像の世界にワープする。

DSC06689.jpg
DSC06687.jpg

先日も薪ストーブと畳が必須だと話したが、こんな本を見てしまうと
これまた薪ストーブと畳が頭の中に広がる。
「しあわせ」な心の血が騒ぐ。。。


洋書というのは、何が何やらわからなくても
目で感じるビジュアルの宝庫である。

DSC06686.jpg

「コレ、いただき〜」の血が騒ぐ。。。


ひとりカフェは「café 8 enough」。
オーダーした”しょうがチャイ”と一緒に
オーナーのNちゃんが「ちょっと相談。。。」と。
暫しお話し。

DSC06690.jpg

偶然のような必然のような話で30分。
「つながる」の血が騒ぎだした。。。


春になるとみんな騒ぎだす。
それは冬眠から目を覚ます生きものたちと一緒で、
芽生える草木たちとも一緒である。

こうして暖かな日差しを感じれば、否応なく血が騒ぐ。


みんなみんな 生きているんだ 友達なんだ〜♪



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

素直にカタチにする

ホッチキスの芯がなくなったので買いに行ったら、芯なしホッチキスがセールで200円で売っていた。
この芯なしホッチキスのスゴさは心得ていたので、迷わずこの芯なしホッチキスを買って帰った。
やっぱりスゴい!

DSC06672.jpg

さて、芯のなくなったホッチキスはどうすればよいのやら。。。



何かを「つくる」にあたって、色々な段階をふむ。

考え、、、(発想)
決め、、、(決断)
作る、、、(表現)

そのそれぞれの段階の中で「悩む」というのもまたつきものである。

悩む、、、(?)

昨年ある方に言われた。
「西田さんはつくり込む癖があって、そこでいつも悩んでませんか?
 本当は発想が一番大切で、その発想を素直にカタチにすればいいのでは?
 発想の段階でもう完成しているんですよ。
 そしてその発想に魅力があるんですよ。」

この「素直にカタチにする」ということ。


DSC03950_20130118161709.jpg


今も”考え、、、”の段階に自分がいる。
そして右往左往している自分もある。

イカン。イカン。


「素直にカタチにする」

これを2013年の心のスローガンに掲げようと思うぞ。

そして少しでも魅力あるカタチがつくれたらと思うぞ。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| 『page』 | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春。気持ちの準備。。。

DSC06643.jpg


暖かな春の陽射しを感じる写真であるが、
外は極寒である。


DSC06642.jpg

ジョルノが横切り、、、


DSC06648_20130118102114.jpg

ジョルノがまたぐ。。。



陽射しや草花や風や春めいた香りや、、、
春の到来を感じるメッセージはいろいろあろう。

気持ちの中で「明るい色」への欲求もまた、春到来の待ちわびた気持ちのあらわれである。


ギンガムチェックのシャツの話をした。
淡いピンクやグリーンのギンガムチェックである。
それには白いスニーカーも必須である。


春に向けていろいろ動き出した。
ご依頼の問い合わせに心も躍る。


心は気持ちは春でも、この極寒をしのぐのもまた我慢である。

片栗粉でなんちゃって葛湯をつくって飲んでみた。
なかなか温まる。


ギンガムチェックのシャツに白いスニーカー。
さわやかアイテムだが、多分私が着てもさわやかさは微塵もないだろう。。。

DSC06666_20130118103701.jpg


気持ちである。気分である。


DSC06649_20130118102114.jpg


は〜るよ来い♪ は〜やく来い♪



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私の仕事

「これで結婚式が終った気がします。」

今日、またひとつアルバムの嫁入りを見送った。



結婚式の写真というのは、また違った意味で気持ちがこもるのだ。
それは当然、お二人にとってのスタート。晴れ姿晴れ舞台って事もあるのと同時に、私にとっても緊張やら感情移入やらと横並びに撮影に挑む一世一代の大仕事なのだ。

それに何かとハプニングもあったりするのだ。
打合せ通り〜なんてことは今まで撮影させていただいた結婚式でなかったんじゃないだろうか。
取り返しのつかない事はないにしろ、何かとちょっとした出来事と遭遇するのだ。
でもそれもその記念すべき日の出来事として笑い飛ばせれば、それもまたその日を彩るエッセンスにもなる。
思い返せばよき思い出話である。

アルバムをお渡しすると、早速皆さんその場でアルバムをひらかれる。
1ページ1ページめくる度、その時の思い出がよみがえるのである。

まずはご実家で披露しますと。

そう言ってお二人と握手して見送った。


空は冬らしく星がいっぱいである。


私の仕事とは、こんな仕事である。


DSC06659.jpg



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| 『page』 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

青→白→青

また一昨日のような青空が戻ってきた。
何とも変わり身の早いお天道さんである。



庭の雪はまだ白く残り、
陽射しが反射して眩い程だ。
眩い分、暖かでもある。

こいつらも一斉に日向を目指して陣取り合戦がはじまる。


DSC06589_20130116080327.jpg

DSC06583_20130116080327.jpg
DSC06578_20130116080326.jpg
DSC06586.jpg

DSC06590.jpg

ただコイツだけな、まだ眠いらしい。。。


屋根から時折落ちて来る雪にちゃちゃがいちいち怖がっている。


こたつも大分よくなった。
窓際に行くも、やはりあの日の事がトラウマとしてのしかかってるかと心配したが、そうでもなさそうである。

DSC06595.jpg
DSC06598_20130116080351.jpg

まだ安静が必要ではあるが、こたつ王君臨の絵図である。。。

ちょっと安心した。

DSC06604_20130116080352.jpg



安心したところで、私は少し海岸散歩である。
お昼に食べたカツカレーがどうももたれて仕方がない。
胃袋かかえての散歩である。


海岸の雪はすっかり消化されていた。

DSC06612_20130116080352.jpg


海岸にさしかかったところで友人から電話があった。
このままずっと海岸線をたどって行けば着くだろう、静岡の海辺に暮らす友人からだ。
昨日成田空港で大変だったらしい。
私のちょっとイタズラ?でつくった今年の年賀状である「PAGE AIRLINES」。
そんな飛行機がホントにあるか探したと言う。
あれば私も嬉しい。。。

DSC06626_20130116082424.jpg



色々なものが波に打ち上げられる。。。

DSC06614_20130116083221.jpg

DSC06619_20130116080412.jpg


波が残す模様もきれいである。

DSC06617_20130116080353.jpg


DSC06621_20130116080412.jpg

どっから来たんだろうか。。。


今日は白いヨットどころではない、海の荒れようである。

DSC06624_20130116082711.jpg

またあんな海を眺めたものである。


横たわるカツカレーの消化もはじまったところで、
午後の作業開始である。


DSC06625.jpg




 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白いヨットが白い雪へと

昨日のあの晴れ渡った空や海やその向こうに見える灯台や、、、。
そういえば白いヨットも浮かんでたっけ。。。



今日は空から白い雪である。
気象庁もここまで急激に気温が下がるとは思わなかったらしい。
その結果の雪である。

DSC06557.jpg


こうなると毎度都市機能はストップする。
スリップして立ち往生している車や、高速道路では意志とは反した玉突きなどの映像が流れる。
反面、それらの対応に夜通しがんばる人たちがいる事も忘れちゃならない。


ここは都市ではないが、あっという間の吹雪?に私が立ち往生である。
八街界隈では既に昼過ぎに5センチほど積っていたらしく、届いた写真は銀世界である。

こちら海沿いはまだそこまで積っていない。。。

DSC06563.jpg


そんな中、アルバムの完成である。
最後にアルバムのケースにタイトルを貼って完成を迎えるのである。

DSC06548.jpg


9月の結婚式。
この日も雨の予報に祈り拝んだ一日だった。
嬉しき事に雨は一滴も降らなかった。
その分残暑らしく蒸し暑い一日だった事を覚えている。

そしてアルバムが完成した今日、爆弾低気圧による大雪である。
残暑から大雪。
月日が流れた分、このアルバムへの想いも一入である。
アルバムの完成の度、娘を嫁にやる心境とはこういうものかとひとり思うのである。

DSC06551_20130115080103.jpg



夕刻。
一気に吹雪いているではないか。。。
出かけなきゃならないが、何の対策も施していない我が愛車では、先ほど見た映像と何らかわらぬ結果をもたらしそうなのは想像がつく。
用意周到なご近所さんにチェーンを巻いたブルーのボルボを借りて出かけたのだ。

久しぶりの左ハンドルを楽しもうにも、吹雪の中、それどころじゃなかった。

チェーンのガリガリという音が心強い。


今日は「成人の日」である。
当然晴れ着姿の新成人はこんな吹雪の中、誰ひとり歩いちゃいない。。。


25年前を思い出す。
少々暖かな成人の日だったと記憶する。
ただ私は寝坊して、会場についた頃には成人式は終っていたなぁ。。。

DSC06552_20130115080103.jpg




 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 23:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たたみの上で。。。

犬吠埼灯台である。

DSC06539.jpg


灯台の見晴し台?に見える黒いツブツブが人なのかどうなのか。
そんな会話を交わし、


DSC06542.jpg

水平線に浮かぶ白いヨットをただただ眺めて。



若い頃はの部屋なんて「いらない」と豪語する。
実際、和室より洋室が主流となった今の日本の住宅事情であろう。

でもこうしてにごろんとすると、どんなフカフカなソファーより、どんな高級なベッドより、
心休まる気がするのは、年をとったせいなのか。

こうして海を眺め、ごろんとできる。
ただそれだけに気持ちが休まるのは日本人だからなのだろうか。



夢は大きい方がいいのかもしれない。
でも幸せはこんな小さな事でも感じられるのだ。


DSC06546.jpg


波の音を聴きながら、足の裏を青空にかざす。
このまま昼寝を決め込みたい気分である。


もしまた家が建てれるなら、薪ストーブと一緒にも必須である。

これが大きな夢かどうかはわからない。
でも心休まる小さな幸せの舞台である事は確かだろうと思うのだ。



角度をかえて見てみると、あの黒いツブツブ、、、どうも人のようだ。


今日は暖かな一日を味わえた。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 20:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日も暖かな日差しに。。。

あれから一日のほとんどを寝ている。

たまにこうして日に当たりに窓際で佇んでいるのだ。

DSC06520.jpg



ちょっと眩しくなったり、、、

DSC06530_20130114110606.jpg


体のキズもあるが、心のキズも心配である。

DSC06536.jpg



そしてもうひとつ問題が。。。

今回の事で病院に連れて行きわかったのだが、、、

こたつは、おデブさんなのだ。。。

元気になったらダイエットである。

DSC06524.jpg


その事をこたつに伝えておいた。。。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| 未分類 | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

暖かな日差しの中。。。

暖かな日差しの中、

アルバムが完成し、

DSC06513_20130112155455.jpg


無性にラーメンが食べたくなった。


ゴハンも食べるようになり、
ケガした右後足はちょっとびっこ引いているけど、
こたつもこうして日向ぼっこである。

DSC06491_20130112155455.jpg


トラウマになってなければいいけど、
やっぱりいつもの元気がないこたつである。


いっぱい日に当たって、、、

元気になりなさいね。。。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ごめんなさい。こたつ。

目は見えなくとも、何ら不自由なく過ごしているこたつ。
でもそれはこたつの頑張りやら順応性やら本能やら。
それらを勝手に人間が判断して「何ら不自由なく、、、」と決めつけている事だったりする。



今日東京から戻ったら、こたつの足がブラインドのヒモに絡み、動けない状態でぐったりしていた。
相当パニックだったんだと思う。
そこらじゅう引っかき血がにじんでいた。
いつそうなったかはわからないが、まわりの状況からして相当長い時間苦しんでいたんだと思う。
直ぐに病院に連れて行き、手当てしてもらったので大事には至らなかった。


DSC06474.jpg

病院から帰ったらすぐに私のベッドに上がり丸まっている。
ショックだったのが見てわかる。
側にちゃちゃがずっといる。
いつもこたつに毛づくろいしてもらっているのに、今日はこたつの頭をちゃちゃが舐めていた。


多分目が見えていたら、そこまでパニックにはならなかったんだろう。
何ら不自由なく過ごしているように見えても、やはり見えないのだ。

反省した。


私のベッドから動こうとしない。
ちゃちゃも一緒に寝たようだ。

DSC06487.jpg

今夜はソファーが私の寝床である。
しかし掛け布団の上に丸まっているんだなぁ。。。


仕方ないか。


DSC06470.jpg

ごめんなさい。こたつ。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 23:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

45個目のブロックを

今日、45才を迎えた。

どうもこの「45」という響きが、いつになく心にこだまするのである。

そんな大層な事ではない。
ただ誕生日として節目を味わっているだけである。



これまでもこれからも。
ひとつひとつブロックを積み上げて来た。

いくつ積めばいいのか。いくつ積んだら完成なのか。
そんなこと知ったこっちゃない。
ただただ積んでいくのである。

そして今日、45個目のブロックを積み上げるのである。

45個目のブロックにもちゃんと刻んである。


page。


どう積めばいいのか。どう積んだら成功なのか。
そんなことわかるはずもない。
ただただ積んでいくのである。


果てがわからぬ未来をちょいと夢見て、、、

ただただ積んでいくのである。


そしてこのブロックの裏側には何て刻んであるんだろうか。

それはナイショである。。。

DSC06466_20130109231800.jpg


ブロックと一緒に心にも刻む。


そしてもうすぐ45才の一日目が終る。


晴れて45才のオッチャンのでき上がりである。。。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| 『page』 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

生きる。

DSC06448.jpg

DSC06452_20130108233710.jpg

DSC06445_20130108233709.jpg

DSC06446.jpg

DSC06444_20130108233708.jpg

DSC06458_20130108233723.jpg


生きること。
それぞれが死の間際を彷徨いながらもこうして生きている。

生きること。
この「生きる」ってことの素晴らしさになかなか気づかない。

純粋な気持ちのままに、こうして生きている。


いろいろ見せつけてくれるが、
いろいろ考えさせてくれるコイツらである。


DSC06460_20130108233724.jpg


邪魔して、スマン。。。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ページのわ

昨年も何度か”ワークショップ”を開催した。

これまで自分で壁?をつくっていた「写真」についても
参加していただいた皆さんに喜んでいただいた。

はじめてつくった「メモパッド」。
年賀状にも「使う度楽しい気持ちになります!」といった嬉しいお言葉をいただいた。

幸せな事である。
そしてこれは「ページのわ」じゃないかと思ったのだ。


「つくる」→「つかう」。
「とる」→「のこす」。


そんな『page』が大事にしている事を、楽しく体感していただく事も大切だなぁと。


春に向けて準備開始である。

DSC06439.jpg



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| 『page』 | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

坊主仲間。散歩海岸にて、、、

昨日の夜から清書しはじめた「page2013」の計画書。
一年の計ということで、ずらずら書き留めておいた。
いっぱいである。
この一年、何が何でもがんばろうと思う。




昨日より5℃も気温が高いらしい。
陽射しもサンサンとまではいかないが、じっと味わえばそこそこ暖かそうである。
相変わらず、私のスマフォは雨マークである。。。(昨日ブログ


車に乗って散歩に出かけるというと、それは散歩の「歩」から逸脱した行為のように思うが、散歩したいところが歩いていけないとなれば、仕方のない行為である。


DSC06384.jpg

海である。


DSC06386.jpg

波である。
これは波の跡だろう。


風もない。
陽射しも暖かである。
この陽射し。まずは露な坊主頭で感じるのである。

DSC06410_20130106184959.jpg

ここはいつもの御宿海岸
白い砂浜の照り返しも暖かである。


昨年末偶然発見したのだが、ここ御宿海岸のイルミネーションである。
時期的に人で賑わっていてもよさそうなのに、ほとんど人もおらず寂しいと言えば寂しい光景だが、イルミネーションに雑踏する光景とはまた違った、サイレントな光のデコレーションはそれはそれでいいものだと思った。


年も明け、1月の海岸。

DSC06424.jpg

いつものビーチバレーのコートも今日はお休みのようだ。


DSC06428.jpg

しかし本日はバレーではなく、高校球児のトレーニング会場となるようだ。

私と同じ坊主たちである。

DSC06426_20130106185011.jpg

さぞかし暖かだろう。。。

DSC06434_20130106185012.jpg


ランニング終ったところで、円陣組んでこれからトレーニング開始のようだ。

DSC06438_20130106185012.jpg


坊主のオジサンは散歩終了。

帰ってアルバムつくりのつづきである。


そしてこの一年。
がんばる事はがんばって、楽しい事は楽しんで。

そんなことをブツブツ言いながらの散歩であった。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨止まぬ私のスマフォ

本日、これまでにない極寒。

そんな中、切ったり貼ったり、、、

DSC06369_20130106114703.jpg



夕方雨までパラパラ降ってきた。
このまま雪へとかわるんじゃないかというくらいに冷たい。


暑さを遮った快適な生活より、
寒空を眺めながらの暖かな生活に幸せを感じる。


暖炉と温泉。。。


そんな事を考えながら、
切ったり貼ったり、、、

ただ暑さより寒さに弱いというだけのことである。



今日女子高生に「元気ないですね?」と言われた。
寒いからである。。。


フリースの出現が今世紀最大の発明ではなかろうかと思ってしまう。
気づけば3枚着ている。。。
あっ、膝にも掛けていた。。。


私のスマフォの待ち受け画面の天気。
一向に晴れず、毎日雨である。。。
設定でかわるものでもなかろうに。。。

DSC06373_20130106114704.jpg


カラッと晴れた暖かな日が待ち遠しいのである。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドンガラガッシャンガーーン!!!!

アトリエで作業中。

ドンガラガッシャンガーーン!!!!

DSC06364_20130105123917.jpg


カウンターより植木鉢落下。

一件こたつがひっくり返した図に見えるが、
その向こうで視線そらす、ちゃちゃの仕業である。


捕獲成功。。。

このままデベソの手術の抜糸に連れ出したのである。(前ブログ


ちゃちゃのおてんばぶり。

頭がイタい今日この頃である。。。




 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

子供の「つくる」や「色」

今年も初夢みないまま、3日目まできてしまった。
今年も早いだろうと思っていたが、予想以上の早さに少々困惑気味である。



少し幼少の頃を思う。

決して良い子ではなかった私は、親に心配ばかりかけていたことは否めない。
しかし一般的な心配とは違った類の心配をかけていたことは今でも記憶する。

幼少の頃の体験や経験が人間形成にどれほど影響するかなど知る術はないが、ただ薄ら記憶する幼少の頃の思い出を今の自分と照らし合わせ、何となくでもヒモづけできたりする事は確かである。

以前にも綴ったが、私はずっと絵を描いていた。
はじめはチラシの裏に落書き程度だったのが、物心つきはじめて女の子の洋服の絵を毎晩描いていた。
アップリケや刺繍のデザインも描いていた。
それからプロ野球の球団それぞれのユニフォームをデザインしたり、男子向け人形の洋服をデザインして母に頼んで端切れで縫ってもらったりしていた。
今思えば、その時の自分とファッション界に身を置いた自分とは完全にイコールである。


その頃の両親はそんな私を見て、どう思っていたのだろうか。。。


そして今でも忘れない。
私にとっての「つくる」や「色」へのこだわりは幼少の頃の「ブロック遊び」にあると思う。
所謂、いろんな色の規則正しいブロックを積み重ね、家を建てたり、ロボットをつくったり。
幼いながらに一生懸命つくっていた。
そしてその感覚やでき上がった感動が忘れられないのか、社会人となって正月休みなど帰省する度、押し入れからブロック引っぱりだし遊んでいた。
だから正月を迎える度、この「ブロック遊び」を思い出すのである。


たまたま私の幼少の頃の経験を紐解けば、今の自分に結びつくという偶然と言えば偶然、こじつけといえばこじつけな話かもしれないが、でも自分にとって大事な事のように思うのだ。


寝そべってお絵描きしたり、
色を塗ったり。
一生懸命積み木を重ねたり、
そしてそれが崩れたり。

そんなシンプルな遊び。

DSC06362_20130104085548.jpg


ピコピコと小さなモニターに向って黙々と遊ぶのも、これまた今の時代必要だろう。

でも子供にとっての「つくる」や「色」というのは、もっと簡単にシンプルに、ルールなく「思いのまま…」ってところが大切なんだと思う。
そしてそのルールは、つくったり描いたりしていく中、自分自身の中で構築されていくものかなとも考える。
そしてそれが「個性」であり、「...らしさ」みたいなものなのかなぁと思うのである。


小さな四角い木。

DSC06359.jpg

それぞれの面にいろんな色を塗って、、、
それだけで楽しい積み木ができ上がる。

シンプルなだけに子供ながらに考えて遊ぶんだと思う。
積み重ねたり、並べたり、色を選んだり、、、

そしてそうやって一生懸命遊ぶ子供の姿に、未来が想像できたりするんだろうと思うのである。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一年の計を考える。。。

新年も二日目である。


作業は昨年に引き続き、アルバムつくりからはじまる。

DSC06352_20130103093028.jpg


「一年の計は元旦にあり」という。

弱冠一日遅れてしまったが、
反省と計画と目標と。。。

今年はこの計画と目標を見えるところに貼っておこうと思う。

DSC06351.jpg
書き出し中。。。


2013年もあっという間な事、間違いなしである。

こうしてブログに綴る事が、自分への「確認」でもある。


そして明日、三日目だが仕上げに初詣で願掛けてこようと思う。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| 『page』 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。