2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初ギター

ご友人のプレゼントにとご注文いただいていた『page』toteをお渡しした。
早速ご友人にお送りするとのことなので、トートの全体像はまだアップできないかな。

DSC04672_20120430234708.jpg

内ポケットにメッセージ込められたプレゼント。
そんな心温まるプレゼントに『page』toteを選んでいただき光栄である。
我ながら少し輝いて見えた。



この40数年間を振り返り、一番縁遠かったのが「音楽」である。
カラオケにも行くし、好きな曲もある。
でも自ら何かしら楽器を弾くって事が今の今までなかったのだ。
そんな私がいつしかウクレレを弾いてみたいと思うようになった。
思うようになってはみても、どうもあと一歩が踏み出せず今日までいる。


作曲家Y辺さん家にお邪魔した。

楽譜も読めなければ、右手と左手と違う動きをするのも間々ならない私がY辺さんの世界を目の当たりにする。
この40年余りの人生で縁遠かった世界である。
コンピューターを駆使した楽曲作りは驚きの世界でもある。

DSC04707_20120430234707.jpg


山辺さんがギターを弾き歌う姿はいつも幸せそうである。

DSC04713_20120430234706.jpg


色々話しした。

DSC04732.jpg

ふたりコーヒーがぶがぶ飲みながら、若かりし頃の曲を聞かせてもらったり、懐かしいビデオを引っ張り出し二人見入った。
私のウクレレへの挑戦の話をすると、「ギタレレ」というウクレレのような小さいギターを貸してもらった。
人生初のギターである。
よく「野球をやった事ないんですよ。」だったり「サッカーってやった事なくて。」という同世代男子の発言を聞く度驚いていた。
それぞれチームに所属しなくとも、幼少の頃の遊びの延長で野球なりサッカーなりは嫌でも経験しそうなものなのに。まぁ、それぞれ事情もあれば好き嫌いもあろう。
今あらためてそう思う。私にとってのギターがそうなのである。

山辺さんに教わり、人生はじめて弦を押さえた。
押さえてちょっと弾いてみた。

DSC04719_20120430234706.jpg

「!!!」

薄ら鳥肌が立った。

「ヒャホ♪」


Y辺さんと話していると、自然に楽器の音色がする。
話していても勝手に指が動くんだろうか。
時折心地いい音色がポロ~ンと鳴る。


今度はキーボードだ。

DSC04730.jpg


DSC04740.jpg

どうなるかわからないけど、やっぱりチャレンジしてみようと思う。

ウクレレ。。。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

スポンサーサイト

| ソトボ 日誌・生活 | 23:47 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Beautiful Sunday

このGW、あまり浮かれてばかりもいられないと肝に銘じていたはずが、
これだけ気持ちよく一分の曇りもない快晴と無風の海岸線を走っていると、
否応にも気持ちが高ぶる。
途中、和田漁港に車を停め、カメラ片手に撮影をはじめた。

DSC01920.jpg


DSC01921_20120429204534.jpg


何が撮りたいという訳ではなく、この青空の下、ただ気持ちの高ぶりをカメラに託しただけである。

ラジオからは「Beautiful Sunday」が流れている。



安房暮らしの研究所」から海岸線を歩く。
ちょっと防波堤の上を歩く。
今日は半袖短パン。サンダルでも文句ない。

DSC01945.jpg


目指すは「アートフリーマーケット in 千倉 2012」。

DSC01962_20120429204613.jpg

今年で14回目を迎えるマーケットは根強い人気のようだ。
しかし一宮界隈から80キロもあるというのに、いつもの面々と顔をあわす。
挨拶がてら話し込み、会場になかなか着けない。
これもまた不思議で楽しいひと幕である。

DSC01956.jpg


さて、Mr.アンチョビこと、oscさんが出店。
自身が焼く壷をオブジェに、「アンチョビドレッシング」と「セグロのクサレ」を売る。

DSC01958.jpg

試食用のクレソン。
そしていつものちゃぶ台。
何ともシンプルなお店である。

この陽射しですでに酔っぱらっているかのように真っ赤な顔。

愛情込め、ひとつひとつ丁寧に作っているドレッシングにクサレ。
売れ行き好調のようである。

DSC01959.jpg

マーケットは明日まで。


安房暮らしの研究所」に戻り、前回前々回とワークショップに参加してくださったMさんと話す。(前ブログ
友人の誕生日プレゼントに、この間のワークショップをおさらいしてフォトアルバムを作ったらしい!
嬉しい話である。涙こぼれる話である。
角の始末の方法が思い出せなくちょっと悪戦苦闘したと言う。
でもちゃんとしっかり丁寧に出来上がっていた。
そして友人の頑張る姿の写真が2枚、最後のページにそっと貼られていた。
心こもったアルバムである。

DSC04665.jpg


今日は、Beautiful Sundayである。



 『page』

nformation:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 20:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お気に入りの場所のお気に入りの一枚

写真をはじめて、一番最初のお気に入り写真がこれだった。

DSC08867_20120428190649.jpg

海岸に通じる道。
sotobo家のすぐ側の道だ。

写真集「ソトボ日誌」にも、、、

DSC08639_20120428190650.jpg

カードにも、、、

DSC01904.jpg

今ではこうしてリビングに飾っている。

DSC01901.jpg



昨日sotobo母から連絡があった。

海岸のたい焼き屋さんがどうのこうの、
ドラマの撮影がどうのこうの、
竹野内なんとかと和久井映見がどうのこうの、、、と。

的を獲ない話の内容でまくしたてていたが、察するところ、竹野内豊と和久井映見主演のドラマのロケで一宮海岸が使われ、その際たい焼き屋さんが海岸側にある設定で、そのお店がセットで作られていたらしい。それを○○さんが見ていたと。そしてそのシーンがいつオンエアされるかわからないが、そのドラマは今夜だと。
ざっとこのような内容と理解した。

調べると、今夜10時に竹野内豊と和久井映見主演のドラマがちゃんとあった。

もう一度君に、プロポーズ」。

これか。。。

一応見てみると、、、おぉ、今夜オンエアー!

DSC04631_20120428225212.jpg

海だけだと今イチわかりずらいが、いつも見ている海なのでなんとなくわかる。
この階段などはまさしくここ一宮海岸である。

DSC04632_20120428225211.jpg


DSC04638.jpg

ふたりが歩くこの道!
まさしくお気に入りの海岸に通じる道じゃないか!!

DSC04645.jpg

あっ、たい焼き屋さん。一瞬だ!

DSC04662.jpg


DSC04629.jpg


DSC04624_20120428225213.jpg

どうも昔の回想シーンらしい。

自分が写っている訳でもないが、それでもそこそこうれしいものだ。


夕方。

DSC01893.jpg


DSC01888.jpg

半袖短パンではまだ寒すぎた。

久しぶりにあのお気に入り写真の位置から撮ってみた。
変わらない風景ではあるが、今でもお気に入りの場所である。

DSC01895_20120428190649.jpg

一応、たい焼き屋さんも探してみた。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 18:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

同窓会

高校を卒業して四半世紀が過ぎた。
今では年賀状のやりとりがひとりだけで、それ以外は音信不通である。



地元を離れて20数年。
有名になってテレビにでも出ていれば別であるが、
私が今何処で何をしているかなど誰も知りようがない。
そんなところでFB(フェイスブック)の登場である。
やり始めるまでは何がいいんだかわからなかったし、絶対やるもんか!とも思っていた。
しかしそんな決意も呆気なく捨て去りはじめてみると、、、
何とも楽しい世界が広がっている。
いまだに使い方はさっぱりではあるが、それでも昔の友人と繋がったりするのは感動である。
そんなところで懐かしき女子と繋がった。映画「サイレント シンデレラ」のヒロイン役のMちゃんだ。(前ブログ
恐べしSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)である。

何とそこで我が母校の8期生の同窓会がある事を知ったのだ。
タイムリーな出会いである。

とはいえ,大阪の高校なだけに当然大阪での同窓会である。
おいそれと行ける距離でもない。
どうにか行ってやろうと企んではみたが、諸々のスケジュール考えても行けそうになく、あえなく欠席となった訳だ。

マンモス校と言えるのか、ひと学年11クラスでひとクラス40人強だった。
ざっと計算して生徒500人近くに先生数人が対象の同窓会だ。
これまたマンモス同窓会である。

この同窓会に向けてブログがアップされた。
同窓会に向けての進捗状況や途中経過がアップされている。
幹事や当日の司会など、懐かしい名前が並び出した。
そしてとうとう、当日出席者の名前がアップされた。
100人そこそこの参加者だ。
懐かしい名前が並び、名前で思い起こされるアレやコレやにニヤケてしまう。


みんな元気だろうか。みんなオッチャンオバチャンだろう。


そんな同窓会もとうとう明日となった。


そういえば、同窓会というものに参加した事がないかもしれない。
大学の同窓会は、行く気満々だったがあえなくギックリ腰で行けなくなった事を覚えている。

いつか、どこかで、同窓会を味わってみたいと思う。


明日は卒業アルバム眺めて参加気分を味わおう。。。

DSC04622_20120428003859.jpg



 『page』

nformation:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本日の『page』tote、、、8.0キロなり

久々の「雨の東京」。
演歌のタイトルのようである。

いつもの買い出しで、いつものパンパンの『page』tote。
目黒の打合せを終え、渋谷に着いたらスゴい人だ。
そうか。コレかぁ。

RIMG0005_20120427093430.jpg

「渋谷ヒカリエ」。

この数年でこういった大型複合施設がいくつできたんだろうか。
それぞれコンセプト云々は違うんだろうが、入るお店は然程かわらないような気がする。
それでオリジナル性を出すんだから大変である。

この渋谷だけでも同じブランドの店が何軒あるんだろうか。
よくよく考えたら、不思議である。



毎度、家に着いたらどっと疲れが出る。
一体何キロの荷物を担いで歩いていたんだろうと毎度思う。
今日はひとつ量ってみようと、TANITAに乗せて見る。

DSC04598.jpg

お~~見事、8.0キロ。


妻マチルダの『page』toteは、、、

DSC04595_20120427093430.jpg

お~~それでも、3.1キロ。


今日はこの8.0キロの荷物以上の夢やら期待やら覚悟やらその他云々を詰め込んで帰ってきた気がする。

その夢やら期待やら……。。。
何キロだかはわからないが、夢膨らむ荷物である。
と同時に、頑張らなきゃと思う荷物でもある。

DSC04603.jpg


さてさて、今日は寝るといたしましょう。。。



 『page』 『page』tote

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| 東京 日誌 | 21:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ランチ前のスキップで

「スキップでどうぞ!」と言われていた。

ランチ前の運動にはちょうどいい。



淡い木枠の窓からの眺めは森である。

DSC04575_20120425190329.jpg


sotobo家から徒歩2分。
スキップでも2分。
作業に没頭していて気づくとちょうど約束の時間だったので今日は自転車だ。
自転車では...1分ってところだろう。

オープンしてもうすぐひと月が経つ。
隠れ家的フレンチレストラン「polepole (ポレポレ)」さん。

DSC04571.jpg


そういえばあの模型がこうしてお店になっているんだなぁぁ。。。と。

DSC07691_20120425190344.jpg

前ブログ

3月末のオープンを目指して、みなさん連日遅くまで作業されていた。
一度こっそり覗きに行ったが、まじめな面持ちに声をかけないで退散した。

DSC01331_20120425190331.jpg

この差し込む陽射しが暖かだ。


食後のコーヒー。

DSC04582.jpg

器のストライプとTシャツのボーダーも何気なく。


広い敷地を見渡せば、まだまだ手つかずの箇所が多い。
でもそこはこれから、ひとつひとつ、、、コツコツ、、、
楽しませてくれる空間を作っていくんだろうと思う。

DSC04586.jpg


楽しみなご近所「polepole」さんだ。


今日はごちそうさまでした。
美味しく、居心地のいいお店、、、いい感じだ。


次回はちゃんとスキップで行こうと思う。


DSC01341_20120425190330.jpg

模型にもあった看板もちゃんとこうして。。。



 polepole 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 21:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

KUZE'Sさんの「コンニチハ」

夏日だ。
耐えきれず短パンになり、そのうちTシャツまで脱いで雑草抜き。
昨日までの雨でグンと成長した。
今年は多種にわたる雑草で庭が賑やかである。
昨年まではなかったひょろ~とか細い草や、何といっても今年はクローバー大繁殖である。
小さなかわいいクローバーではあるが、その根は深く芝の間をぬうように生えているので結構厄介である。
放っておくと大変なことになる。かわいそうだが片っ端から抜いた。
ひょっとしたら四葉のクローバーの1つや2つ抜いたかもしれないが、、、
そんなメルヘンチックなことも言ってられない。



Tシャツ着て、短パンも長パンに履き替えお出かけだ。

『page』photoではフォトフレームでお世話になり、
sotobo家の食卓ではカッティングボードが大活躍の「KUZE'S」さん。
今日こそはと展示会にお邪魔した。

DSC04536_20120424184257.jpg

丁寧に仕上げられたカッティングボードが並ぶ。
先日のワークショップで私が作ったボードとは仕上がりが違う。そりゃそうか。

DSC04533_20120424184115.jpg

DSC04518.jpg

カトラリーたちもお行儀よく整列。

DSC04544.jpg

DSC04543_20120424184140.jpg

DSC04521_20120424184034.jpg


いつもお邪魔した時に出していただくお茶。
その器に愛らしい絵が描かれている。
今日もネコがコンニチハしている。

DSC04534_20120424184115.jpg


今回はオクさんのRさんが焼かれている九谷焼の器も並ぶ。
先日「抱」さんでも話題になった。

DSC04529_20120424184032.jpg

DSC04542.jpg

DSC04519.jpg

DSC04530_20120424184117.jpg

DSC04522.jpg

コチラもネコがコンニチハ。。。

DSC04525_20120424184033.jpg

このシリーズがたまらん。。。


DSC04538_20120424184114.jpg

KUZE'Sさんの展示会、~4/30までである。
できればもう一度お邪魔しようと思う。


DSC04540.jpg

こちらはクマがコンニチハ。。。



 『page』 KUZE'S

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 20:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

電話

雨も漸く上がり、うっすら雲も切れてきた夕方の空。
肌寒い今日から一転、明日は23°と予報は言う。
そんな本日、ずっとネットと携帯とにらめっこである。

DSC01867.jpg



私が生まれた頃は各家庭に電話が普及しはじめた頃だったと思う。
ダイヤル式の黒い電話が柱にぶら下がっていたと記憶する。
中学生の頃にはプッシュ式になり、色も黒一色からカラフルなバリエーションが登場した。
交換日記や手紙のやり取りが愛を育む手段であった中学時代、彼女の家に電話するのに緊張し、それを横で耳をダンボにして聞いている親が腹立たしかった。

ボタンを押せば相手と話せるのだ。親のいない間に彼女と長電話し、後で請求書突きつけられて叱られる。
そんなしょっぱい思い出ある電話。大層便利な発明である。


そんな電話も今や携帯電話、いやいや電話と名はつくが通話以上にメールが主流となった携帯電話。そしてインターネットの世界が蔓延った。
文句を言っているようだが、携帯電話もメールもネットも大層お世話になっている。
しかしどこか電話世代が抜けないところがあり、いざという時はメールでもネット検索でもなく電話なのだ。
人の話で納得する。人の声で安心する。その場で受け答えができ、その話し方でわかる事もある。
それが電話なのである。


実は先日新しい携帯を手にしてから、何かと設定や移行やらで悪戦苦闘している。
設定方法など簡単にネットでは説明しているが、どうも簡単にはいかないのだ。
できれば電話で問い合わせて説明を聞きたいのだ。
しかし昨今、往々にしてなかなか電話番号を教えてくれない事が多い。
まずはQ&Aで…」だったり、「メールにより…」だったりと。
挙げ句の果て、電話番号を教えてもらうのにパスワード入力が必要だったりもする。
いろいろ都合はあるんだろうが、そんなに話したくないのかと思ってしまう。

私の理解力不足やネットサーフィンに長けていればいいだけの話かもしれないが,それでもあまりにも冷たい仕打ちに思えてしまう。

電話であれば数分で解決できよう。
ネットを3日うろついても解決できず。
何が便利なのかサッパリわからない。


あの便利で、便利が故しょっぱい思い出ある電話は、今や高い壁の向こうなのか。。。

大袈裟なように思えるかもしれないが、電話世代にとって少々寂しい昨今なのである。


彼女と電話しながら寝てしまった事もあった。
当然請求書突きつけられてどえらく叱られた。

そんな思い出に浸るも、今日も解決できずに終わりそうである。

DSC01868.jpg

 思い出の黒電話。。。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 17:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バレーボール

妻マチルダは昨日からサンバの曲作りに奮闘中である。

DSC04474.jpg

私は昨夜の「一宮男子4人会」で見事に二日酔いである。
それに肩こりがひどく、二日酔いと肩こりのWパンチでグロッキーな日曜日を過ごしている。



そんな慢性化した肩こりも運動不足が原因と、先日みんなでバレーボールをやろうという事になった。
何故バレーボールかというとみんな一度は経験しているスポーツであり、私が中学時代バレー部だった事が大きい。
本当は今日の午後、やる気漲るバレー部入部希望者が集い、まずは円陣バレーでみんなのバレーレベル、いやいや体力レベルを知ろうという事になっていた。
しかし生憎の雨。(雨の前にこの二日酔いではどうにもならんが、、、。)
日をあらためる事にした。

先日、バレーボールを買った。
うれしくなり早速ひとりバレーを楽しんだ。

DSC04310.jpg

かれこれ30年近く前の青春の1頁の話である。
とはいっても何かとその時培った技術やコツといったものは、薄らでもまだ残っている。
ひとり空に向ってパス。

DSC04324.jpg

よっ!

DSC04316.jpg

とうー!!

DSC04319.jpg


DSC04361.jpg


DSC04341_20120422224618.jpg


DSC04339_20120422224619.jpg


DSC04314_20120422224459.jpg

足元ではボールと名のつくものに目がないジョルノが目をギラギラさせて待っている。
遊ぶ気満々である。
しかしコイツのバレーはあくまでバレーボールに噛みついて遊ぶのだ。
以前一度噛みついてパンクさせた事がある。
パンクさせれば「勝ち」みたいなルールがコイツにはあるようなのだ。
たまったもんじゃない。

ちょっとボールが落ちると、一目散で襲いかかる。

DSC04357.jpg

DSC04366_20120422224457.jpg

しかし空気満タンでこの大きさは、どうもうまく噛めないらしく悪戦苦闘している。
とはいってもいつ何時するどい牙が突き刺さるかわからない。

「コラーー!」と言って取りあげる。

DSC04320.jpg


しかしこういった遊びに対する執念は、食べ物の次に凄まじいものがある。

DSC04370_20120422224647.jpg

納戸にしまったバレーボールをよこせと、ずっとドアの前にすわりこんでいる。

数日前の話であるが、今でもたまにこのドアの前に座り込んでいる。

DSC04375_20120422224646.jpg

この執念。
試合には必要である。

コイツもバレー部員にしてやろう。。。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の「写真」と「かばん」

今日は2つの『page』。



孫の入学祝いの写真。
田舎のおじいちゃんおばあちゃんへのプレゼント。

午前中は大多喜にある焙煎香房・抱さんへ。

DSC04396.jpg


DSC04416.jpg


DSC04442.jpg

ちょっと緊張気味なAちゃん。

DSC01836_20120422210244.jpg

お父さんのお店にて。

撮影終了。
Aちゃんはお友達の所に遊びにいくと一目散。

DSC04463.jpg

私はお父さんの入れたコーヒーでちょっとブレイク。

DSC04469.jpg

  *写真掲載はご本人とご家族の承諾を得ています。




夕方、ひとつの「かばん」が持ち込まれた。

DSC04496.jpg


何年も仕事に使った「かばん」。
その何年かの歴史がこの「かばん」に刻まれている。相方であり相棒だったんだろう。
現役を引退して何年か経つが、思い立ちあらためて使って見るとこれ以上の「かばん」はなかったと。

DSC04504.jpg

DSC04487_20120422210324.jpg

DSC04513.jpg

修理した箇所もある。
角はすり切れ中が見える。
レザー部分は良い味わいを醸し出している。


かばんの中を見ると、その人の仕事やこだわりが見える。
そしてちょっと性格なんかも垣間見えたりする。

日頃カメラやコンピューターといった精密機械を持ち歩くので、壊れないようにプラスティックのケースを入れている。

DSC04484.jpg

その会話からもモノへのこだわりとモノを大切にする気持ちが伺える。

DSC04507.jpg


ひょんな事で知り合ったTさん。
仕事で月の半部をここ千葉で過ごされている。
仕事の内容とそのアクティブさ。かばんの重要性を話される。

時間はかかるけれども、お互い試行錯誤して次なるTさんの「かばん」を作る事になった。

『page』toteがTさんの次なる相棒になれるよう、頑張ります!

DSC04500.jpg



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| 『page』 | 18:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

工作的厚紙頁鞄

時代は止まる事なく進んでいるのだ。
発展もあれば進歩もある。
便利だ便利だと喜ぶ傍らで、代償として知らず知らず失っているものもあろう。

昨日漸く手にしたスマホ。
その旧型と新機種との保証や価格云々でうやむやした気持ちを赤裸々に綴ったが、なんと本日、その機種のこれまた新機種の発表があった。

……。。。

時代は止まる事なく進んでいるんだろうし、発展も進歩も止まるところをしらない。便利の代償になくすものもあろうが、こういったもやもやした気持ちとも日々隣り合わせである。

常に新機種を、、、何て思っちゃいないが、昨日の今日だとこれまたタイムリーなもやもやである。



今日はこれからトートの打合せが2件。

ひとつはご友人への「プレゼントに!」と『page』toteを選んでいただいた。


もうひとつは息子へのプレゼント。
わんぱく盛りの息子に『page』tote
先日具体的な持ち物(水筒に落書き帳やキャラクターのおもちゃにお菓子諸々。)を机に並べ打合せ。
大きさ確認のため、いつもの帆布の前に厚紙にて、、、

DSC01807.jpg


DSC04385_20120421020055.jpg

ファスナー.....


DSC04387.jpg


工作的厚紙頁鞄……といった感じで。

DSC01810_20120421020056.jpg


これはこれで喜ばれそうでもある。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| 『page』 | 21:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

結果ご報告。。。

この数日、皆様から絶大なエールが届く。
信ずる者は救われる的だったり、
願えば叶う的だったり、
これも何かのお導き的だったりと。
我が失態への落ち込みを按じて、多種多様な励ましやら慰めのお言葉をいただいた。
この場を借りてお礼を言おう。

そんな愛あるお言葉を胸に、
出てくるまで探してやるぞ的も、この際携帯なんかなくたっていいやぁ的考えも過りはしたが、現実そうも言ってられない。
こんな時にかぎって何十年ぶりかの同窓会のお誘いが届くも、携帯紛失とあってご迷惑をおかけした。

携帯あっての生活。携帯でのデータ管理。
こんなちっぽけな端末に今や完全支配されているといっても過言ではない。

昨日も綴ったが、昨日出てこなかったらあきらめる事にした。
無念千万ではあるが、携帯ショップに新しき端末購入に行ったのである。



事前に加入していた「安心サポート」的な保証で、同機種を割引価格で購入できると聞いていた。
早速その手続きをお願いした。
待ってる間に展示品の携帯を手に取り眺めるも、心ここにあらずはご承知の通り。
しかし私がなくした機種はもはや過去の機種。新しい機種が登場している。
見ると20000円そこそこの値段であり、他のスマホと比べたら格段に安いときている。
そのからくりはよくわからないが、この際安いに越した事はない。
ただ保証内容は同機種。これよりひとつ前の機種が対象なのだ。

調べてもらうと、取り寄せになり数日かかるとの事。
仕方あるまい。保証外の新しい機種を大枚はたいて買える身分ではない。
数日の我慢を最後の試練とし待つ事にした。
当然新機種の20000円そこそこよりは安いだろうと思うが、一応値段の確認をした。

ビックリだ!

これまた試練な値段が突きつけられた。
なんと、45000円云々と言うではないか。
この値段設定は一体何なんだろうか。
一応、メーカーの都合的からくりもあるんだろうが、見事に2倍以上の値が付けられている。
何が保証だと言うのだ。
だったら新しい機種を機種変更で買った方が圧倒的に安いし、わざわざ保証に乗っ取った45000円を払うバカは何処を探してもいないだろう。

可笑しくなり聞いてみた。
さすがに対応してくれている店員さんも値段設定についてはわからないが、その保証というのが紛失よりも修理に対して手厚いらしいのだ。
つまり同じ落としたとしても、紛失したらとんでもない保証となるが、割れたりしたら納得な保証となるらしい。
そう聞いて一応納得はしたが、闇に包まれたその値段設定は不思議で仕方がない。


まぁ、そんな事はさておき、またもや携帯とやらに支配される生活が戻ってきた。
とはいえ、自らその道を選んだ訳だが、、、。

さて次なる厄介はデータである。
皆様の電話番号やアドレスをバックアップしていなかったのだ。
なくした携帯のひとつ前の携帯からの移行やPCから移行するも、新しくお知り合いになった方々の電話番号などわからない場合もある。
これからまたひと仕事である。

DSC04384.jpg


あれば便利。なければないで良かったのかもしれないが、一度持ってしまうとその便利さを手放す事はもうできない。
そして今回のようにある日突然的な場合.......あらためて言わず共、この数日の私である。


今度こそ落とさぬよう、なくさぬよう、首からぶら下げるケースを作ろうと思う。
当然帆布のケースとなる。

でき上がったら、ブログで紹介しよう。。。


ご心配おかけしました。

本日は結果ご報告ということで。。。



 『page』

nformation:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

汗ばむ陽気と館山からのお客さま

この数日、下を向いて自転車に乗っている。
神経研ぎすませ、草むら、側溝、時には水路に目を配り我が携帯を探しているのだ。

あれから3日が経つ。
昨日で出てこなかったらあきらめようと思っていたが、どうもあきらめつかず
今日も探している。
今日探して出てこなかったら、、、
今日こそあきらめよう。。。



お米をお土産にいただいた。

DSC04275_20120418160314.jpg


小倉商店さん。館山でお米屋さんを営まれている。
また地域振興に活性、経済発展にも取組まれている。

DSC04272.jpg


『page』を知っていただき、こうして遠路遥々訪ねてきてくださった。

大きな事はできないが、小さな事からお手伝いできそうだ。

DSC04276_20120418160313.jpg

館山にもお邪魔しよう。。。



あの日走った道を今日も走る。
下を向いて走るというのは、気分的に良くない。酔った気分にもなってしまう。

終点であるTRAVEL COFFEEさん。
あの日と同じ席に座る。

DSC04286.jpg

やっぱり見つからなかった。。。

気分転換にアイスカフェオレを注文。

漸く汗ばむ陽気がやってきた。
サンダルの季節のはじまりである。

DSC04293_20120418160341.jpg


帰りはもう探すのはよそうと、違う道を走った。
下を向かず空に目をやる。

DSC04304_20120418160340.jpg

鯉のぼりが泳ぎ、、、

DSC04307.jpg

八重桜がふっくら咲いている。


本来、自転車の運転は前を向いて走るもの。


でも気持ちのいい空が広がるから仕方がない。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 16:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

携帯発見を夢見ながら、、、「お直し」

頭の中の半分は、何処へ行ったかわからぬ携帯のことが占めている。
とはいっても行方のわからぬ携帯に恋いこがれてばかりもいられない。
注文していた帆布も届いたので、オーダーいただいたトート制作に打ち込んだ。

DSC04267_20120417121321.jpg


かなりのビッグトート。
私が納品用にと使っていたトートをお客さまに気に入っていただきオーダー。
この綿のオリーブカラーのテープを見つけた時は、ひとり喜んだ。
今は携帯出てきて、喜びたい。。。



ミシンを出したついでに「お直し」である。

DSC04230.jpg

部屋で履いているスウェットパンツのゴムが、これでもかというくらい伸びきってしまっていた。
妻マチルダも共有しているスウェットで、腰紐はあってもいつもずるずる状態である。
スウェットパンツによくあるぶかぶかシルエットではなく、そこそこ細身のナイスなスウェットである。
気に入って6本も買った。かれこれ数年前の話。
それからずっと愛用しているので、ゴムも限界がきたのだろう。
まだまだ十分履けるし、捨てるには勿体ないし、このシルエットとおさらばするのも悲しい。

「お直し」である。

さて、、、

DSC04236_20120417121240.jpg

見るとウエストの後中心に接ぎがある。
ここをほどいて、伸びたゴムを引っ張り出し新しいゴムと交換する。
こういった段取りでいこう!

① まずは後中心の接ぎをほどく。
生地を切らないようにひと目ひと目ほどいてやる。
伸びたゴムが出てきた。

DSC04238.jpg


② あらかじめ寸法に切った新しいゴムと伸びきったゴムを縫う。
ミシンの荒い目で縫う。こんな感じ。。。

DSC04239.jpg

DSC04240.jpg

古いゴムを抜いちゃって、一から新しいゴムを通すのは至難の業。古くても通っているゴムを利用して新しいゴムを通すのだ。


③ 伸びたゴムをひたすらひっぱり、新しいゴムをウエストに通す。

DSC04242_20120417122335.jpg


④ 通ったところで①で縫った糸をほどき、新しいゴムの端同士重ねて
ミシンでたたく。

DSC04244_20120417121237.jpg


⑤ 輪になったゴムをウエストにおさめ、ほどいた後中心を祭り縫いで縫い合わす。

DSC04255_20120417121323.jpg


完成!!

DSC04258_20120417121323.jpg

古いゴムはこんなだ。。。

DSC04264_20120417121322.jpg


続いて,穴のあいた靴下の補修である。
お気に入りの靴下は、いくら穴があいても捨てられない。。。

DSC04265.jpg

もう少しがんばってもらおう。


午後からの打合せの前に、ローラー作戦第二弾に出かけよう。。。

夕方から雨らしい。。。トホホのホのホ。


携帯発見を夢見る、、、本日である。

DSC04268_20120417121336.jpg



 『page』

nformation:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 12:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

携帯がどこかにいってしまった。。。

今朝はトマトといちごとオレンジ。それに蜂蜜と牛乳少々。
これで景気付けて、ひとりローラー作戦に出かけるのである。

DSC04193_20120416205721.jpg



事は昨日の夕方にさかのぼる。
午前中の撮影を終え、トートのお客さまが帰られ、今日はここまでとひとりTRAVEL COFFEEに。
偶然S田クンと遭遇、コーヒーをやめてビールにした。

DSC04185.jpg

日曜日の夕方からのビールは至福である。
至福と言いながら、サイフを忘れた。
みんな落としたんじゃないかと心配してくれたが、私はサイフをポケットに入れないので、かばんになければ大方忘れて来ているのである。
ツケにしてもらい、明るいうちに帰ろうと店を出た。
帰って見たら、ちゃんとサイフがあり安心した。

ん?携帯?

サイフはあったが携帯がない。
家中、車の中も探したがない。
ならば携帯に電話すれば自ずと着信音で居場所がわかる。
高をくくって電話してみるも、、、
呼び出し音が鳴らず、いきなり留守番電話サービスに繋がってしまう。

???

これは電源を切っているか、バッテリーが切れているか、圏外のどれかだ。
しかし昼に使った時はバッテリー十分。電源を切ってもいない。
ならば圏外!?何で??

冷静に考えよう。。。

今日一日の行動を振り返る。
昼に一度車の中で使ったきりで、その後使っちゃいない。
それから家で作業し、外出といったらTRAVEL COFFEEさんの往復だけだ。
ならばその道中かTRAVEL COFFEEさんに忘れたかしかない。
そういえばサイフを探している時、かばんに携帯は、、、なかったかも。
じゃ、行き道!?
とはいえ、TRAVEL COFFEEさんに探してもらったが店にはないとの事。
ならば道中!?
すっかり日も暮れ、これから探す訳にはいかず、できることだけやっておこう。
まずは警察に紛失届け。
それから通話サービスストップの手続き。
やれることはやった。

さてさて、冷静に冷静に考えよう。。。

気がかりなのは、携帯が繋がらない事だ。
自ら電源を切っちゃいないんだから、、、
① 落として車に踏まれて、、、グチャ。
② 落としてそのまま田んぼの水路に、、、ポチャン。
③ 誰かが拾って電源を切る、、、エェェ!!
考えられるとしたらこれくらいだろう。
しかし明日にならないとどうしようもない。
今日はここまでだ。。。


そして今朝。
何はともあれ、昨日通ったTRAVEL COFFEEさんまでの道中をくまなく探す事だ。
とはいっても着信音が鳴らない事から考えて、普通に道ばたに落ちている事はないだろう。
そもそもかばんに入れていればゼッタイに落ちる事はない。
つまりポケットに入れていたということか。
それもいつもの行動を考えても不思議である。大抵かばんに入れるからだ。
とはいってないんだから落としている確立が大半だ。
普通に道ばたに落ちていたらコールが鳴っているだろうから、落ちていたとしても最悪の状態だろう。
前記した①か②ということか。

DSC04195_20120416205720.jpg

大方の予想を立て、ひとりロラー作戦のはじまりである。
携帯携帯と言っているが、本来はスマホである。
黒い機種なのでわかりにくいかもしれない。
ゆっくり自転車で通った道を捜索である。
ほぼ通ったのは畦道である。
そこら中に水路があるし、田んぼにも水がはり出した。
そんな水路や田んぼを端から端まで探すのは不可能だ。
つまりはかわいそうだが、①の状態を探すしかないのだ。

黒い物体を見つけては、近づき覗く。

DSC04196_20120416212017.jpg

 黒くてペっちゃんこ。。。


たまに水路も覗いてみる。

DSC04203_20120416205758.jpg

DSC04197.jpg


途中気分転換に、菜の花や、、、

DSC04198.jpg

ほぼ葉桜や、、、

DSC04205_20120416205756.jpg


さて一番①の確立の高い国道沿いにさしかかる。
もしもの時の心の準備だけはしておこう。。。

DSC04201_20120416205758.jpg

といきなり!!
うわっ!黒い物体!!って電卓か。。。

DSC04204.jpg


そうこうしているうちに、TRAVEL COFFEEさんに到着。

DSC04208_20120416205755.jpg

ここに自転車を止めていたが、黒い物体はないようだ。

DSC04207.jpg

DSC04187.jpg
 ↑↑↑止めてた証拠写真。

DSC04209.jpg

横でチューリップに笑われてるようだ。。。


さて折り返し。。。

DSC04210_20120416205831.jpg

あっ、黒い物体!

DSC04211_20120416205831.jpg

ゴミ箱に捨てましょうよ。。。



というか、この道。

DSC04212_20120416205830.jpg

数年前に同じようにローラー作戦していた人がいた。
妻マチルダだ。
2月の寒い日、自らの失態でなくした携帯をずっと探していた。
結果、友人の車の中でみつかったのだ。(前ブログ

しかし今回はそんな状況じゃないんだよなぁぁ。。。

DSC04200.jpg


結果みつからず。


読んでいただいた方、最後までお付き合いありがとうございました。
こうやってだらだら綴りながら、手がかりや眠っている記憶を呼び覚まそうとしているのであります。
しかしこれ以上いくら考えても、手がかりも記憶も出てこない。

トホホである。

警察に届いたら連絡がある。
それに期待して明日一日待ってみよう。

しかしいくら考えても不思議である。
でも落とした人はみんなそう思うのかもしれない。

トホホのホである。。。


 *こんなことで、只今携帯繋がりません。。。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 21:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の撮影....親指でギューーッと。

写真でもトートでも新しいお客さまからご連絡があると、
どこでどうして『page』を知ったのかを聞くのが一番の楽しみなのだ。
紹介だったり、『page』のカードだったり、ホームページだったり、このブログだったり。
どうもワクワクする。それを尋ねている時、相当ニヤケていると思うが許してもらいたい。

この度は、、、ブログだった。(ニヤッ)

そして今日はこのTシャツしかないな。。。

DSC03575_20120416011620.jpg



2月にオープン。
ホームページ作成にあたり、写真のご依頼をいただいた。
隣町は茂原の「みなもと整体院」さん。

先日下見を兼ねて打ち合わせ。
その時にお楽しみの質問をぶつけたのだ。(ニタッ)

朝から撮影開始である。

DSC03687_20120416011618.jpg


DSC04047.jpg


DSC03729_20120416011616.jpg


DSC03725.jpg

そこ、最高!!


DSC03963.jpg


DSC03664.jpg

そうそう、これこれ!伸びた~って感じなんだよなぁぁぁ。。。


DSC03840_20120416011701.jpg


DSC03981_20120416011658.jpg


DSC04056_20120416011720.jpg

この頭と首がたまらないんだよなぁぁ。。。


DSC04110_20120416011720.jpg


疲労困憊の私にとって、終始患者さんが羨ましくて仕方がない撮影だった。
そうそう、そこをそうされると気持ちいいんだよなぁぁ。。。と。


さてさて、、、
なかなかフォトジェニックだった竹内先生。

DSC03658.jpg

ホームページの完成が楽しみだ。


 みなもと整体院
 茂原市高師385-10 0475-38-5235



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| 『page』 | 23:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デザインで生きる。デザインで活かす。

朝からトマトオンパレードである。
先日沢山いただいたトマトをジュースにすると意気込んでいる。
まずはトマトとパイナップルのジュースらしい。

DSC03567_20120415153422.jpg

DSC03568.jpg




「自分のデザインがお手伝いし、その風景が残せたらと思う。」


何週間も前に録画した番組を漸く見た。
この一文がどうも心に染みた。
自分なりに解釈しての言葉だから、本人の言葉とはちょっと違うかもしれないが、デザインを仕事とする人の本質がそこに見受けられたのだ。
今日は自分なりに感じたままを綴っておこうと思う。


職業、デザイナー。梅原真 62歳。

農業や林業、漁業といった第一次産業に特化し、衰退していく産業や商品を自らデザインするパッケージやネーミングによってヒット商品にまで成長さす。
伝統や製法へのこだわり、それが故に地方に埋もれていく生産者や商品。
そういった産業の社会とのパイプ役、市場への架け橋に自らのデザインを武器に再生に取組むデザイナーである。

そのデザインとは、一環してどうすれば消費者が手を伸ばすかに特化している。
その為にその商品の本質まで踏み込む。そしてその商品以上に生産者の「本気度」、そしてその商品にかける「志」を大事にする。
当然依頼者はすべてにおいてギリギリのところまで追いつめられている。
大袈裟ではなく、生きるか死ぬか。やるかやめるか。


職業はデザイナーと横文字のカッコイイ響きがあるが、その内面には泥臭さがある。
生産者の意気込みと共に伴走するのだ。
そこには横文字の華やかさのかわりに切羽詰まった生活が垣間見える。
リスクがある。プレッシャーがある。覚悟が伺える。
デザイナーとしてのプロの魂をそこに宿しているんだろう。

価値を見いだし、それを消費者に伝える。
そして本来あるべき風景。。。
それは頑張る生産者の姿であり、生活であり、それらすべてを取り巻く情景を残す事が自分の仕事なんだと梅原氏は言う。

無骨な顔つきだが、取材の中で一度涙していた。
遠回りしたが、漸く自分のデザインの生きる道を見つけた時を思い返しての涙だと思う。
聞くところによると、40前の話。
地元高知の衰退していく「カツオ」の商品の再生への取組みがはじまりだったと言う。
ご自身は遠回りと言うが、それでもこうして活きたデザインを生み続ける仕事との出会い、そして伝統や古き良き景観を残し続ける信念は、何ものにも替えがたいデザイナー魂なんだと思う。
まさにデザインで生き、デザインで活かす人生と言えよう。

と、まぁ、あまりうまく綴れなかったが、大きなものが心の底に残ったのだ。


先日、とある地域で商売を営まれている方から連絡があった。
同じようにその地域で商売をされている方達が集まり、地域発展、経済発展に取組まれているとのこと。
私の「つくる」に興味を持っていただきご連絡いただいた。
何がどうなるかはわからない。
でも楽しみだ。
楽しみだし、それ以上にうれしかった。

地域との関わりはいろいろある。
発展や活性の方法もいろいろあるんだろう。
でも私は、まずはそこで生きるひとりひとりがあっての事だと思っている。
流行やブームもかっこいいが、そこに「真剣さ」とそれこそ「本気度」が宿っていないと物事は発展しないだろうし、それもまた衰退の一途をたどるような気がする。
「真剣さ」あっての事だ。

と、あらためて自分に問いかける。

ふつつか者だが、真剣に生きているつもりだ。。。



DSC03570.jpg

夜にはトマトとニンジンとキィウイとその他諸々のジュースが出てきた。
大きな固形が口に入ってきたのは、、、ニンジンらしい。
改善の余地あり。。。

DSC03571.jpg



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春故に、、、

昼までは半袖で庭にいても十分な暖かさだった。
お昼ゴハンの後、15分ほどデッキで大の字で昼寝した。
暖かいのはいいが、どうもこの時期春の睡魔に襲われがちである。

今日は朝からアルバムつくり。
写真の裏に四方両面テープを貼って、台紙に貼る。
気を使う作業だが、単調と言えば単調。
作業を進めていく中、妙なリズムができ上がる。
電車のガタコーンガタコーンと同じである。
そのリズムに春の睡魔が目を覚ます。
眠くて仕方がない。。。

そんな中、今日は3組のお客さまがいらしてくれた。
その睡魔を断ち切るタイミングで来ていただき、暫しのお話が私の活力となる。
帰られた後はスッキリした気分で作業に戻る。
しかし然程持続はせず、また単調なリズムでの作業に睡魔が蔓延りはじめる。

DSC03562.jpg


今日はダメだ。。。
寝よう。。。


明日はまた雨の土曜日らしい。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 20:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本日の上京報告

気温は20度を超え、陽射しもそこそこきびしい。
こんな日は気持ちがいいが、露になっている我が広めのおでこには暑くてたまらん。
先日の二日間のペンキ塗りで薄らおでこの皮が剥けたところだった。
一歩一歩、いや一日一日、赤信号での信号待ちが我がおでこには厳しい季節が近づいている。

何かと一段落したので、ここぞと「上京」。
ツイッターやフェイスブックを見ていると、ここsotoboの面々も上京組が多いようだ。
行動範囲や目的が同じだったりするので、偶然出会ったところで不思議ではない。
さて本日の「上京物語」のはじまりである。


毎度の事だが、私の上京は浅草橋界隈の資材屋さんめぐりからはじまる。
今日も金物から紐屋さんにレザー屋さんとひと通り網羅し、青山に向う。
先日都内は満開宣言。
いたるところ見事に咲いている。

RIMG0002_20120413094407.jpg

青山。
しかしファッショナブルな街である。
満開の桜も見事だが、この界隈の人たちも見事である。
今更ながら行き交うこのハイセンスな人たちを見ていると、刺激も受けるが惨めな気にもなる。
今日も着の身着のまま。
青山だろうが原宿だろうが、どうせ買いあさった付属で重たくなったトートを
ふーふー言いながら練り歩くのだ。
履き慣れたスニーカーに気を使わないいつもの服装が一番である。
と、自分に言い聞かす。

やはり偶然でもなく不思議でもない出会いからはじまった。
青山の裏通りでばったりkmさんと遭遇。
kmさんはおしゃれをしている。
派手なチャイナ刺繍のジャケットを着ていたが、銀座で中国人らしき観光客から
指をさされて笑われたから脱いだと言う。
本場チャイニーズの人にはどう映ったんだろうか。
(後で見せてもらったが、ド派手だった。)

さて目的は、、、

RIMG0015_20120413094404.jpg

いつも海辺でお世話になっているKCさんの個展である。
イラストレーターでありながら、5年前に陶芸に目覚められた。
海辺のアトリエで作られた作品たちの初個展。

RIMG0007_20120413094406.jpg

私はこの馬と天使に目がいった。
陶芸についてはまったくの素人の私だが、この味わいある木との融合に引き寄せられた。
~4/14(土) APACEYUI(スペースユイ)にて
 →「Angeli con le ale 翼をもった天使たち」


その後kmさんのお友達の展示会にお邪魔した。
惜しみない手作業とシルエットにこだわったアイテムばかりである。
どこか懐かしさも感じるディテールや色使い。
元々アンティークのお店を経営されていた事が伺える。

RIMG0017_20120413094424.jpg

今はカメラ持って駆けずり回り、帆布と七転八倒している日々ではあるが、
その昔、こういったプレタポルテの世界にいた。
シルエットを作る「パタンナー」という職人気質な世界にいた。
その話をすると大方の人はビックリされる。
当然である。今の私からは微塵もその空気も名残も感じられないからだ。
でも昔の事であれ、一時はその世界でもがいていたのだ。
ぬぐい去れない培ったアレやコレやがまだ指先に残っている。
久々にそんな感情に耽った。

RIMG0021_20120413094424.jpg


帰り道、kmさんに「また少しでもやれば。」と言われた。


別れてひとり表参道を歩きながら、ずらっと並ぶメゾンのショップを眺めながらちょっと入ってみようかなと思ったが、ガラスに映る自分を見てやめた。

帰り、一冊の本を買って帰った。

RIMG0005_20120413094407.jpg


時間をみて、少し洋服も作ってみようかと思う。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| 東京 日誌 | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

セールを終えて。。。

たった2日間のセールだったけど、そのセールについて今日は綴ろうと思う。


セールのお知らせにも書いたように、商品ができ上がるまでに試行錯誤したサンプルやちょっと思いつきで作ったトートたちが主な商品だった。
だから私なりの完成度に満たない商品や、どうも納得いかず…的な要素を含んだトートたちが多かった。
当初、そういったトートを販売するのはやめようと思っていた。
納得のいく商品だけを販売しようと思っていた。
自分の納得のいかないトートに『page』のマークが付き、これが『page』のトートなんだと思われることに抵抗があったからだ。
正直、そういったトートにハサミを入れて捨てたものも何点かあった。
普通考えたら「勿体ない」に尽きる。
わかってはいる。
心痛みながらハサミを入れた。かわいそうだった。
自分の決めたハードルに満たないトートたちをそうするしかないと思っていたのだ。

でもそのハードルって何なんだろうと考えた。
完成度と言ったって、所詮自己満足の域なんだと。
まだまだこれから『page』のトートの良いとこ悪いとこを模索しながら、道具としてのトートを目指そうとしている段階で、勝手に高くしているハードルって何なんだろうと。
試行錯誤したサンプルだって、気ままに作ったトートだって、かばんとしての役割はちゃんと果たせるようには作っている。
だからちゃんと役目を果たしてもらおうと思ったのだ。

セールでの販売を決めてから、一点一点見直した。
手直しできるところは手直しし、自分が納得いかないところにも知恵を絞った。
そうやって40点余りのサンプルを販売した。
結果ほとんどを買っていただいた。うれしかった。

2日間のセールが終わり、何だかひとつのハードルを超えられたような気がしている。
それは勝手に高くした自己満足のハードルではなく、
そんな迷いや試行錯誤、全部含めて『page』なんだという事。


今日もご連絡いただき何人かのお客さまがいらした。
そして『page』のトートを買っていただいた。

横ではアルバムつくりをはじめている。
撮影にも出掛けるし、打合せにも出掛ける。
でもできるだけ皆さんに見ていただき、よければ使って頂きたいと思う。

そういった意味合いのセールだったって事、ちょっと綴っておこうと思った。

DSC03557_20120412002356.jpg



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| 『page』 | 23:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

みんなとの休日

昨夜、漸くお会いできた思いでサインをおねだりした。

DSC03556.jpg

ひと目惚れし、sotobo家に連れて帰ってきた2枚の絵。
ゆうさんとあれこれ話し、まずはトイレに飾る事にした。
前ブログ



朝一番の撮影を終え、久々に今日は休日としよう。
kmさんとポーさん。oscさんとそしてゆうさん。
まずは海岸遊びからはじめようとsotobo家で待ち合わせである。

DSC01635_20120411143954.jpg



ひと仕事終えた後の海はいいものである。

DSC03493_20120411143953.jpg

DSC03498_20120411143952.jpg

DSC03514.jpg

DSC03513.jpg

DSC03517.jpg

泥跳ね上げ、すっ転びそうになり、気づけばそこそこ濡れている。
そんな童心な遊びも、この空と海を相手になら許される。



さて、昨夜に続いて今夜もoscさん家で食事会である。

DSC03534.jpg

DSC03525.jpg

DSC03529.jpg


言いたいことを言い、
腹をかかえて笑い、
美味しい料理つまむ。
なんらいつもと変わりない集いだが、その変わりない集いに意味があるのだ。

いろんな人生を歩み、
いろんな経験を積み、
甘いも辛いもすっぱいも、、、
そんないろんな人生の味覚を味わってきた大人たちが集うのだ。

ちょっと人生長く歩んだ分、
ちょっとあれこれ経験した分、
ちょっとお酒が嗜めるようになった分、
その分だけ大人かもしれないが、概ね変わらず童心が蔓延っている。

だから意味があるのだ。
だから楽しいのだ。

DSC03538.jpg

DSC03540_20120411144119.jpg

DSC03544_20120411144118.jpg

DSC03548.jpg

小さい頃のお絵描きの名残なのか、
小学校の図工の延長なのか、
一生懸命どろんこになって遊んだ経験なのか。

今ではそれぞれ

土を捏ね、
筆を握り、
布を縫い、

などなど。

それぞれがそれぞれの世界で「つくる」で生きている。

だから素晴らしいのだ。
だから大切なのだ。

DSC03543.jpg



 こばやしゆう 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

二日目も晴天なり

DSC03221_20120410105201.jpg


3時のお昼ゴハン。
ビールで日向ぼっことキメ込みたいほどの陽気である。

DSC03228_20120410105159.jpg

お客さまとの会話に夢中になり、パンが少々焦げた。
さぁセール、最後の後半戦のはじまはじまり。



たった2日間のセール。

DSC03222_20120410105200.jpg

はじめてお会いする方、
漸くお会いできた方、
コンニチハ~といつもの面々。

遠方から来ていただいた方、
私の長話にお付き合いくださった方、
『page』photoのお客さまが『page』toteのお客さまに。

いっぱいの人といっぱい話した。
いっぱいの人からいろんな事を学んだ。
いろんなアイデアをいっぱいもらった。

いっぱいの人に、いろんな人に、これから『page』toteを使っていただく。
何よりそれが嬉しいのだ。

DSC03231_20120410105159.jpg


皆様ありがとうございました。
明日からまた次に向ってスタートします。

今ではこの『page』マークが大好きだ。

DSC03523.jpg

| 『page』 | 23:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お昼ゴハン終了。。。

只今、お昼ゴハン終了。

セール後半戦。リプトン紅茶でお待ちしております。。。

DSC03219_20120409151739.jpg



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| 『page』 | 15:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イモ、豆、トート

イモたちが並びます。

DSC01584.jpg


トートたちが並びます。

DSC01588.jpg

DSC01596_20120409084911.jpg


イモたちに加え、そら豆が今日のお昼ゴハンです。

DSC03175_20120409084910.jpg



DSC03169_20120409084910.jpg

DSC03187_20120409084909.jpg

DSC03202_20120409084928.jpg

DSC03211_20120409084927.jpg

トートたちは巣立ってゆきます。
それぞれ皆さんの生活の道具として使ってもらえる事を願っています。

DSC03208_20120409085458.jpg


暖かな陽射しの中、貴重な休日にお越しいただいた皆さん、ありがとうございました。

明日は今日よりも天気が良さそうです。

お茶でも用意しておこうと思います。

明日のお昼ゴハンは何にしようか、、、。


DSC01594.jpg

明日、『page』toteセール最終日です。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| 『page』 | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

はじまりました。。。

はじまりました。。。

saleDM.jpg


約40点のサンプルや一点ものたちです。




 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| 『page』 | 11:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もしや花粉症。。。

春の暖かさ感じるようになり、人も動き出したように思う。
とはいえ、今日は少々肌寒い。
起きた瞬間から鼻水が止まらず、朝の冷え込みのせいかと思っていたが、
千倉は「安房暮らしの研究所」に向う道中、ずっと鼻の擤みっぱなしだ。
擤んだ瞬間からタラーーっと垂れてくる。
思いたくはないが、これが「花粉症」のはじまりかと思ってしまう。

余談だが、この海辺の地域では「1173」の車のナンバーをよく目にする。
今日も千倉に向う道中だけで何台すれ違ったか。
「1173」=「いい波」に肖って選んだんだろう。
お土地柄だな。


DSC01555.jpg

そんな事を思いながら、鼻水垂れながら千倉に到着である。
桜は満開一歩手前。
まだまだ元気な菜の花の黄色と桜色とで一番きれいな季節である。


DSC01567.jpg

安房暮らしの研究所」裏の神社の桜。
桜の向こうに水平線が眺めて、絵になる景色である。
ここは菜の花でなくタンポポの黄色がかわいく咲いている。

DSC01559.jpg

DSC01562.jpg


ワークショップ前の腹ごしらえは当然「ごいみ」さんの出前。(前ブログ
前回ははじめてという事で入門的にラーメンを頼んだが、本日はチャーハンを注文。
何お隠そう、私はチャーハンに目がない。
当然2回目である本日の注文はチャーハンに限る。

DSC03137.jpg

ジャーーン!
期待通りのチャーハンである。
この大盛り的量にも「ごいみ」精神を感じる。
さてさてお味は、、、ウマイ!!!
こりゃ、ウマイ!!!

DSC03138_20120408004629.jpg

安房研にお邪魔した時のお昼ゴハンはコレに決まりである。

そんなひとりチャーハンに思いを寄せ味わっているところに本日の参加者Mさん登場。
何とラーメン注文してからやって来た。通である。
本日のワークショップ「フォトアルバムつくり vol.2」は参加者Mさんひとり。
ふたりして「ごいみ」のランチからワークショップははじまっていると言っても過言ではなさそうだ。

DSC03139_20120408003758.jpg


さて、本題のワークショップはマンツーマンで楽しく進んでいく。

DSC03141.jpg

相変わらず鼻水が止まらない。
作業で下向くたびピンチである。

手作り感も温もり感じていいもんだが、既製品ぽさにこだわった手作りもいいもんである。
既製品魂を注入していく。。。

DSC03148.jpg

DSC03152.jpg

DSC03154.jpg

フォトアルバム完成。
私も一緒にピンクのアルバムを作ってみた。

DSC03166_20120408003827.jpg


ワークショップ中、雨が降ったようだ。
入ってきたお客さんが「虹が出てるよ。」と。
桜の向こうの水平線から虹がアーチをつくっている。
よく見ると虹の中に船が浮かぶ。

DSC01582.jpg


その頃には鼻水も止まっていた。

帰りもひとり旅。
途中、鴨川で撮影の打合せ。

すっかり暗くなった空と海を眺めながらひとり旅はつづく。
すっかり鼻水も止まっているが、鼻の擤み過ぎでヒリヒリする。


あっ、また一台「1173」とすれ違った。


DSC01575.jpg



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| 『page』 | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2つの準備

漸く強風もおさまったと思ったら、夜中に大雨だ。
一体夜空ではどんなやり取りがなされているんだろうか。
しかし今朝はそれはそれは見事なうぐいすの泣き声で目が覚めた。
例年より今年はsotobo庭の前で鳴いている事が多い。

起きると妻マチルダが庭でうぐいすを撮ろうとiphoneで頑張っている。
音色だけで一向に姿が見えないらしい。
これかと思って撮ったら軒並み松ぼっくりだ。
姿は見せずに音色だけとは。。。妖艶である。
多分、べっぴんさんだろう。。。

DSC01418_20120406232141.jpg



明日の「安房暮らしの研究所」でのワークショップ準備。
明後日からの『page』toteのセール準備。
一日準備である。

DSC01426.jpg

この春の準備。
夏の計画、そして準備。
気が早いが来年見据えての準備などなど。
まだまだ準備はいっぱいある。

DSC01423.jpg

黙々とひとり作業の中、
時折聞こえるうぐいすの音色にホッとする。

 多分....いやいやきっと、べっぴんさんだわ。。。



 『page』tote 安房暮らしの研究所


information:

saleDM.jpg

 『page』tote セールのお知らせ

| 『page』 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

保護フィルムを貼りながら。。。

この強風、いつまで続くのだ。
先週末の強風でゴミ袋一杯になった落ち葉だが、
一昨日からの強風でまたこの通りだ。

DSC03014.jpg

ここだけ見ると木枯らしが想像できてしまう。
不安定極まりない天気に少々不安を感じる。



漸く届いた。
ipad

DSC03021_20120406001223.jpg


ブームに飛びついた訳ではなく、何に使うか吟味して購入したニューマシーンだ。
撮影時にコレがあると大助かりという魂胆なのだ。


携帯などもそうだが、傷や衝撃から守るようにカバーや保護フィルムなどを準備するタイプだ。
今回のipadも早速となり街でカバーと保護フィルムを買ってきた。

DSC03026.jpg

しかし冷静に考えるとおかしな話である。
携帯はじめスマートフォンやこういった端末を選ぶ際、機能もさることながらそのデザイン性も重要な項目だ。
なのにこうしてカバーなどで覆ってしまうと、そのデザイン性が元も子もなくなる場合がある。
本末転倒とも言えよう。
それは新車のシートのナイロンを取らずに乗っているのと同じ心理があるのかもしれない。
当然汚れを気にしてナイロンを付けたままなのだろう。
車種やカラーを散々悩んだ挙げ句、シートはナイロンカバーをつけたままとは何ともみっともない話である。

特に日本人に多いかもしれないが「白は汚れる」という概念。
「汚れが目立たないように○○色にしよう。」というようなセリフをよく聞く。
本当は白がいいが、先の事を考えて妥協色にするという事なんだろうか。

白には他の色にない魅力がある。
私は白に関しては、先の汚れより今の美しさで選んでしまう。
その後の事は先で考えようと思うタイプである。
モノによってはその汚れが味となったり、時を刻んだ白というのもまたいいかもしれないという期待を込めて白を選んだりもする。


ん?
カバーや保護フィルムはよくて、、、
汚れるナイロンカバーはよくなくて、、、
白の汚れは後々考えて、、、

何だか言っている事とやってる事がちぐはぐな気になってきた。


まぁ、いい。
大事にしたい。。。という精神が働くのだろう。
それはそれでいい事だ。

DSC03027_20120406001221.jpg


しかしこの保護フィルム。
気泡入らないように、、、ズレないように、、、
大変な作業である。

ちなみに私のipadは白である。

DSC03028_20120406001221.jpg



 『page』 ipad

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 23:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「カタチあるものはいつかはこわれる」

「カタチあるものはいつかはこわれる」と言うが、
カタチあってもずっと健在のモノもある。
しかしいつ何時その健在ぶりにピリオド打たれる時がくるやも知れない。
だからそれだけモノを大切にしなさいという事だろう。

DSC02990_20120405091134.jpg



さて、朝からセメダインで補修である。
こちらの急須。一度も使わずして蓋が割れてしまった。
急須としてのお役目を一度も全うせずしてこのカタチである。

先日、妻マチルダが急須が欲しいと言い出した。
ポットタイプはいくつか持っているが、あの片手でグリップを握り、親指ないし人差し指で蓋お押さえながら湯呑みに注ぐタイプのモノがいいと言う。
それほどこだわりもないというので、ホームセンターに行ったついでに買ってきたのだ。
喜び勇んで使おうとした瞬間、蓋を落としてしまい割ってしまった挙げ句なのだ。

唖然。。。
ただ破片を拾い集めても木っ端微塵という訳でもなかったので、修復できると私が言う。
しかし妻マチルダは怪訝そうな顔をし、その修復という事に疑問を抱いているようだ。
つまり修復しても、使っている最中や洗っている時にまた割れるんじゃないか、またそうなると危ないというのだ。

なにおーーー!
修復してみなけりゃわからない。
しかし適当な接着剤がなかったので明日にする事にした。
それが昨日である。
大嵐で夕方帰ってきた妻マチルダと買い物に寄った。
私は接着剤。マチルダは100円ショップに行き、急須を買ってきたのだ。
100円ショップでありながら300円だったらしい。

DSC02994.jpg

見るところによると、ちゃんとくっついている。
これを見て妻マチルダは何と言うか。
そして果たしてどっちの急須を使うか。

DSC02999.jpg


答えはこの通り。。。

DSC03005_20120405091131.jpg

.....。。。


満足げに私のお茶も入れてくれた。

DSC03010.jpg


明日から私はこの白い修復急須でお茶を飲んでやろう。

DSC03003_20120405091131.jpg

「カタチあるものはいつかはこわれる」

この急須。まだこわれちゃいない。。。



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news

| ソトボ 日誌・生活 | 23:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

嵐と共に作業の一日

ご注文いただいていたトートが完成した。
まだお客さまの手元に届いていないので写真アップはできませんが。

DSC01395.jpg

お客さまの希望をカタチにしていく事で、自分の経験と知識が広がっていく。
自分の中でここまで、、、と思っていた事もそれ以上に可能性を見いだせたり。
自分の中でこれは、、、と思っていた事も案外ノウハウのひとつとなったり。
試行錯誤の日々ではあるが、日々半歩ずつでも前に進めればそれでよし。
と、今日も自分に言い聞かしながら作業は続く。。。



全国的に大荒れの本日である。
昼前からだんだん風も強まり、オリーブの木も鉢植え早々ではあるが余儀なく避難である。

DSC02987.jpg


妻マチルダも仕事を切り上げ夕方前に帰ってきた。
駅に迎えに行くと、温泉帰りのご近所さんがこの雨風なのでタクシーで帰ろうとしていたところだった。
目を輝かせ二人の息子共々乗り込んできた。
山梨の温泉旅館に行っていたらしく、『page』toteいっぱいの荷物だった。
そんなトートからごそごそお駄賃を出してくれた。
チョコレートボンボンにワイン入りゼリー。
酒好きの彼女のお土産は、やっぱり酒がらみだ。
多分トートの中にはワインがごっそり入っていると思う。

DSC02984_20120404084329.jpg

こんな事は滅多にないと、
家に帰るや否や、ひとり酒盛りをはじめた。
こちらも酒好きである。
私は作業である。


雨風も本番にさしかかったようだ。
ヤシの木が狂ったように暴れている。
2羽の鳥が飛んでいったが、考えられないスピードである。
飛んでいるんじゃなく、飛ばされていたんだと思う。

DSC01416.jpg


ヤシの木の暴れる音が尋常じゃない。
折れて飛んでくるんじゃないかという勢いだ。
そんな時一本の電話。
いつもおつかいを頼んでいる小高善和靴工房のodakacchoからだ。
今資材を買いに浅草に来ているんだが、何か買ってくるものはないかと言う。
いつも気にかけてくれてありがたいと思うが、今日のところは無事に帰ってきてくださいと思うばかりである。
嵐など顧みない職人魂である。

DSC01413.jpg

と、嵐と共に作業はまだまだま続く。。。


DSC01407.jpg



 『page』

Information:
『page』の最新情報はコチラから → news


↓↓↓コチラも宜しくです。

◆ ワークショップ「フォトアルバムつくりvol.2」◆

昨年の第一回に続いて、こちらも「安房暮らしの研究所」にて。
日時:4月7日(土)13:00~15:30
参加費用:2,500円(材料費込み・中学生以上・定員4名)
   →詳しくは「安房暮らしの研究所」から紹介

DSC00459.jpg

| 『page』 | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。