2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私のルーツ

最近よく考える。
今の自分がどうやってでき上がったのか。



広告の裏がらくがき帳だった。
女子の洋服の絵ばかり描いていた。
確か素材も想像して描いて、ステッチなんかも細かく描いていたように記憶する。アップリケや刺繍もしっかり描いていた。

そんな息子を両親はどう思っていたんだろうか。

小学生になり、男子はみんな野球に夢中だった。同じく私も夢中だった。
毎日日が暮れるまで公園で野球をしていた。
帰って夕食を食べたあとはお絵描きタイムだ。
その頃はプロ野球12球団のユニフォームをひたすらデザインしていた。
ユニフォームだけでは満足せず、バットやグローブやバッグまでせこせこ描いていた。


DSC03337.jpg


どうもこういう性格や興味の持ちどころは母ゆずりのようだ。
母は結構私の服を作ってくれた。
市販の服も幼少の頃は私の意見より母の選択だった。
私も悪い気はせず、着せ替え人形の様に着飾られていた。
ある日幼稚園で、
「ソトボくんの洋服、みんなとボタンが逆やんか!」
と指摘された。
見渡すと私ひとりが逆だった。まして女子と同じじゃないか!
帰ってその事を母に言うと、
「ゴメン。女の子の洋服の方がかわいいから、、、。」
と。
そして、
「女の子が欲しかった。。。」
と衝撃告白。
衝撃だったが然程ショックはなかった。
ちなみに髪飾りもつけていた事は今でも鮮明に覚えている。

DSC03339_20111201103842.jpg

↑↑↑逆。。。



当時女の子のおもちゃの一番は「リカちゃん」だった。
どうもあの「着せ替え」ってものに興味津々で、とはいっても親に「リカちゃん人形買って!」とは到底言えず、うらやましく横目で眺めていた。
(女の子が欲しかったんだから、言えば買ってくれたかもしれないけど。)

その頃「ビッグジム」という男子向けの人形が発売された。マッチョな体にトランクス一丁の出で立ちでパッケージされていた。ニヒルな七三分けのヘアースタイルに日焼けした肌。
今思えばちょっとあっち系を思わせるお人形だった。
関節も曲がりいろんなポーズが楽しめる。
マッチョ系なだけに付属されていた小道具も、上腕の力こぶで弾け飛ぶ金属のベルトだったり、、、。
確か別売りで洋服が売っていたと思う。
コンバットスタイルやボクシングスタイルだったと記憶する。
これなら堂々と「ビッグジム買って!」と、とうとう着せ替え人形を手にしたのだ。
当然市販の洋服では満足できず、その日から広告の裏のらくがき帳は、ビッグジムの洋服一色となった。

当時、足踏みミシンが家にあり(ボタン逆の洋服を縫っていたミシン)、母にせがんでハギレで私がデザインしたビッグジムの洋服を縫ってもらった。
ツイードのコートが今でも一番のお気に入りだった事を覚えている。

DSC03342_20111201103842.jpg

↑↑↑逆ではないけど。。。


この頃には完全に今の私ができ上がっていたのだ。


最近よく考える。
今の自分がどうやってでき上がったのか。
運命だったり、性格だったり、星の下って事も多少はあるのかもしれない。
しかし「なるようにしてなったなぁぁ、、、」とつくづく思う。


久しぶりにネットで「ビッグジム」を調べた。、、、出てきた出てきた。
今年のクリスマスプレゼント、「ビッグジム」希望である。

今ならカメラぶら下げて、『page』toteを持たせちゃうんだろうなぁぁ。。。


DSC03345_20111201103842.jpg

↑↑↑ほら!フリルにレース満載。

スポンサーサイト

| ソトボ 日誌・生活 | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

作業日和

どんより曇り空は冬の空。
静かにひとりアルバム作り。
久しぶりである。

DSC03321.jpg


このアルバム作りに両面テープが欠かせない。
欠かせないながらも、毎度思うのがこの両面テープのめくったテープの無駄さ加減。
50m巻きならこの捨ててしまう側のテープも50mあるわけだ。
考えもんだな。

DSC03328_20111130104610.jpg



今週末の七五三撮影の打合せ。
お友達同士の七五三
二家族合同だ。
はじめての試みで、今までにない七五三になる予感に私も心躍る。
お母さんも「よし!着物を着よう!」と。
それまた心躍る。


DSC08826.jpg

先日のプラタナスの木の下で撮影したご家族のお母様からメールをいただいた。
前ブログ
子供を想う気持ち。孫を想う気持ち。そして家族を大切に想う気持ち。
ひしひしと伝わる。
そして最近思う。
ご家族にとってまったく知らない私がご家族の中に入り撮影するのだ。
まったく知らない私がそのご家族の思い出つくりのお手伝いをするのだ。

大役だ。

こんな事を言ってはなんだが、写真を撮るというよりご家族を見ている時間の方が長いように思う。
家族が見えてくる。それぞれの役割や性格やらが伝わってくる。
その事を収めようとシャッターを切る。

やっぱり大役だわ。


毎年間際になって慌てる年賀状。
今年は早々に作りはじめた。
来年はちゃんと元旦に届くと思う。
来年もヨロシクという気持ちを込めて
ちょっとふざけてみた。
ふざけたけど、案外真剣だったりする。

DSC03335.jpg


どんより曇り空から陽がさした。
かと思ったらすぐ曇り空が蔓延った。

こんな日は作業に限る。
作業日和。

気がつけば腰の痛みも9割8分は快復した。
あと少しだ。。。

| 『page』 | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「スケジュール」ってヤツについて

9割5分、腰復活。
しかしこの冷え込みが危険である。
今の敵は「くしゃみ」。
前触れなしのいきなりの「くしゃみ」が要注意である。
17年前、一発の「くしゃみ」が私の腰痛人生のはじまりだった。
症状の違いはあるだろうが、これからも長い付き合いになる事だろう。

今日はこれでもかってくらいの厚着でキメ込んだ。
そっと忍び寄る「くしゃみ」への対処である。



夕方、近所の女子から「相談がある。」と言われ、
聞くと私の悩みのような相談だった。

スケジュールの管理方法についてだ。
私も常日頃この事でうっすらストレスを感じている。
その日のスケジュールもあれば、
今週のスケジュールもある。
だったら今月のスケジュールに今年のスケジュール。
5年後10年後の夢へのスケジュール。

コレ、ただ単にスケジュール帳に書き込めばいいじゃん!って話ではない。
それらにまつわるメモもあれば、咄嗟のひらめきもある。
そういったスケジュールに付随したアレやコレやを一括管理、
ひと目でわかる方法はないだろうかって事だ。

そんなの必要ないって人にはどうでもいい話だが、
私などにとっては夢のようであり必要不可欠な話なのだ。


皆さん、スケジュール管理はどうやって???


近所の女子とまずは皆さんのスケジュール管理についてお知恵拝借しようという事に。
ディスカッションかな。

近々、私からご連絡いく方。
ヨロシクお願いしますね。

DSC03317.jpg


そして来年一年かけて、夢の完璧スケジュール帳を作ろうということになった。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

父の顔と母の優しさ ープラタナスの木の下でー

大きな大きなプラタナス。
この公園のシンボルツリーなんだろう。
緑と秋色が混ざり合い、冬の装いまであと一歩。

DSC08827.jpg

プラタナスの大きな葉も、プラタナス自身がこれだけ大きいと葉の大きさを感じない。

その向こうをセスナ機が横切って行く。
近くの飛行場から飛び立ったんだろう。


私自身お会いするのが一年ぶり以上のご家族。
昨年9月の結婚式。(前ブログ)(『page』 photo "9月の結婚式")

新たな家族を囲んで皆さん大集合である。


DSC08836.jpg

集合場所は大きな大きなプラタナスの木の下で、、、。




新たな家族はHちゃん。

DSC02621.jpg


DSC02697.jpg


Mさんはお父さんの顔に。


DSC02769_20111128105931.jpg


Nさんはお母さんの優しさが。


DSC02971_20111128112323.jpg


DSC03139_20111128113207.jpg


DSC03121_20111128112323.jpg



両家大集合で記念撮影。

DSC02407_20111128111303.jpg

大きな大きなプラタナスの木の下で。。。



DSC02545.jpg


Hちゃん、これからもヨロシクね。


 *写真掲載はご家族の承諾を得ています。

| 『page』 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夢のHAWAII

とある海を一望できるカフェのオープニングパーティー。
贅沢にも朝から女子ふたりと乾杯。

DSC02353_20111126232953.jpg

ひとりはHAWAII帰り。ひとりはフラの先生。
来年みんなでHAWAIIに行こうという話。
ちなみに私はHAWAIIが未知である。

「大丈夫、大丈夫。好きになるって!」

好きになるとかじゃなく、どうも私自身私とHAWAIIがリンクしないのだ。

「大丈夫。大丈夫。似合う。似合う。」
……。。。

夕方「パタゴニア」で海パンを見ていたら、偶然会ったご近所の女子に

「ソトボさん、似合いそう!」
……。。。

HAWAII。
ちょっとその気になったりして。。。



先日結婚式を挙げたふたり(前ブログ)が新婚旅行から帰ってきて、
お土産もってやって来てくれた。

年賀状のシーズンである。
結婚式の写真を使っての年賀状つくり。
ふたりは写真の選別。。。

DSC02360.jpg

初の『page』写真展のDMの雰囲気が気に入っていただいていて、
その雰囲気に年賀状をというご依頼。

DSC02371_20111126232952.jpg

3通りほど作ってみた。
その内の一つに決定。

DSC02366.jpg
↑↑↑コレじゃないけど、、、。


そういえば、私も年賀状作んなきゃなぁぁ。。。


新婚旅行はHAWAII。
お土産は「KONA COFFEE」。

DSC02368_20111126232952.jpg

HAWAIIかぁ。。。。

まずはウクレレだな。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「TRAVEL」ー 2日目 ー

抜けるような青空。

薪ストーブの暖が心地よく、
カレーのスパイスと相まってほんのり汗ばむほど。

DSC02245_20111126104211.jpg


撮影終了。


写真は近々、『page』toteのHPにて。。。

DSC02205.jpg


抜けるような青空。
ここ数日のあーでもないこーでもないの気持ちもやっと晴れた。

DSC02334.jpg


ウマいカレーでおなかもふくれ、
気持ちもいっぱいになった。


やっぱり旅(TRAVEL)はいいもんだわ。。。


DSC02246.jpg

| ソトボ 日誌・生活 | 23:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「TRAVEL」

TRAVEL」という言葉には
必要以上にアドレナリンが出る。

その昔、「ouest」というブランド? 屋号? で洋服の仕事をしていた。
フランス語で「西」を意味する単語である。

その昔、フランス人の大先生と仕事している時に「ムッシュ ウエスト」と呼ばれていて、それから「ouest」と名乗るようになった。
ちなみに私の本名が「西田」だからだ。

そしてその昔、「ouest airlines」という架空の航空会社?を見立ててグッズをデザインしたりしていた。
自分たちの披露宴も飛行機の機内をイメージしたりして。

その昔つくったキーホルダー。壊れた最後の一個を大事に引出しに入れている。

DSC02109.jpg

もし生まれ変わったら、パイロットになりたいと思う気持ちも50%程度持ち合わせている。


TRAVEL」に「AIRLINES」。
関係のある単語であり、共にアドレナリンの出る関係でもある。

空の旅からは随分遠ざかってはいるが、今の私には気分転換も小旅行である。
異国情緒は味わえなくとも、ここsotoboで暮らす人からはそれ相当の刺激をいただく。


気分転換。休憩。さぼり。
ちょっと小旅行に出掛ける。

随分長くなった前置きではある。



この数日、あーでもなくこーでもないとなかなか納得に到達できず、
あーでもないこーでもないといろいろ試している。

DSC02099.jpg

理由はどうあれ、ちょっと違う空気を吸ってみる。
sotobo小旅行である。

DSC02100_20111124192215.jpg

ついでに脳にも糖分補給。

DSC02104_20111124192215.jpg

「バニラフロート」。


話に付合ってもらい、
話する中この数日のあーでもなくこーでもないアレやコレやに終止符が打てるかもしれない。

DSC02105.jpg


朝の陽射しに期待して、明日朝もう一度お邪魔しよう。
モーニングコーヒー。
ランチはカレーライス。

DSC02096.jpg


明日、旅の発見に期待しよう。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 19:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

勤労に感謝して、いただく。

DSC01996.jpg

来月に迫った結婚式の打合せを終え、南房総のイベントに行こうかどうしようか。
遥か100キロ。今のこの不完全な腰にはちょいと酷なドライブである。
あきらめ、たまりにたまった雑誌やその他諸々を読みあさる、勤労を感謝しつつの昼下がりである。

DSC02001_20111123224732.jpg



夕方、FARM CANPAS さんにお邪魔。

DSC02003_20111123224732.jpg

新鮮野菜を収穫。

DSC02006.jpg

DSC02035.jpg

寒くて鼻水垂れてるAくんもいれば、、、

DSC02044.jpg

大粒の汗かきながら収穫に励むRくんもいる。

DSC02038_20111123224808.jpg

EくんにYくんは兄弟そろってイモを掘る。


DSC02024.jpg

DSC02033.jpg

子供たちもそれぞの収穫に自慢気だが、
私も負けじと自慢。
腰に一抹の不安を抱えながらも小振りな大根をゲット。

DSC02045_20111123224844.jpg


夕暮れの畑。

DSC02042_20111123230144.jpg


獲れたて野菜を抱えて、このままシチューのCMのようにいきたいところだ。



DSC02084_20111123224843.jpg

先日買い込んだ「大澤ホーロー」の鍋にトレー。
ビール飲みながらポトフを煮込もう。


DSC02087_20111123224840.jpg

勤労に感謝してのポトフである。

めっきり冬っぽい夕方になった。


| ソトボ 日誌・生活 | 22:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小さなドーナツ屋さん

日曜日。
sotobo家に小さなドーナツ屋さん。
オススメは「ぶどうドーナツ」らしい。
お値段はひとつ1円。
いっいっいっ1円!!!

DSC01629_20111122144452.jpg

そりゃ、注文するしかないよね。




ということで、年賀状用の撮影のRちゃん。

DSC01114_20111122144301.jpg


DSC01173.jpg


元気にかけっこ。


DSC01329_20111122144258.jpg


DSC01283_20111122144257.jpg


上手にお絵描き。


DSC01095.jpg


ブーツだってひとりで履けます。


DSC01550_20111122144350.jpg


DSC01606_20111122144350.jpg


そしてドーナツ屋さん。


DSC01275_20111122144349.jpg


笑顔が可愛く、元気いっぱいのRちゃんでした。
「ぶどうドーナツ」ごちそうさま!

今度はたこ焼きね。


DSC01107_20111122144301.jpg

  *写真掲載はご家族の承諾を得ています。

| 『page』 | 23:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

洗濯機の取扱い

昨日「一回の洗濯に洗濯物入れ過ぎ!」ととがめられた。
確かに洗濯機がゴトゴト訴えるような音で動いていた。

今朝洗濯機をまわしていたら、カラカラとドラムの中を何かが転がっている。

原因はコレ。

DSC01982.jpg

入れ過ぎじゃないが、入れちゃいかんよな。

洗濯機と私だけが知っている。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

29才

私にも29才はあった。



若き29才アーティストご夫妻の家におよばれ。

DSC01965_20111121092451.jpg

ガクちゃん特製のヘルシー鍋に、、、

DSC01974.jpg

カナちゃんのたこ焼き。

DSC01962.jpg

温ったかなこの部屋。
決して広くないマンションの一室だが、
未来だけはしこたま詰まっているように思う。

そして何だか懐かしく思えて仕方がなかった。



私にも29才はあった。

がむしゃらだった。
今思えば無謀な事も多かった。
素直だった。
今思えばバカだった。
元気だった。
元気でないといられなかった。


寝ずに洋服を作った。
線路脇のアトリエで、電車の音に負けないくらい大声でサザンを歌ってミシンを踏んだ。
週一回の390円のスタミナ弁当がご馳走だった。
スニーカーの底が抜けていた。
信じられないが当時ドレットだった。
テレビに取りあげられた。
雑誌にも出た。
不安なんてなかった。
今思えば何を信じていたんだろうと不思議に思う。


目を細めないと見えない東京の星空。
それでも明け方の空を見ながら、毎朝自転車で部屋に帰った。


DSC01971_20111121092446.jpg

今日もいっぱい話した。
話しながら思い出した。

そして43才の今。
あの頃と然程かわらない自分がまたいる。



先日メールが届いた。
毎年この時期に届くメールである。
29才の頃、一緒にがむしゃらだった相方からのメールだ。

「メシ食おうや。」


今年はいっぱい話す事がある。

DSC01978_20111121092445.jpg

| ソトボ 日誌・生活 | 23:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドライブイン

帰りの30キロ。
ちょうど15キロ辺りにドライブイン。

強風と大雨で本日の営業はさっぱりらしく、
温かいコーヒーを注文しようとしたらこれまた面倒くさいらしく、
温かなほうじ茶が出てきた。
これプライスレス。

DSC00986.jpg

山梨の友人の作るリンゴ。
これもプライスレス。

昼下がりの「はちどり食堂」にドライブインである。

そういえばこうしてふたり話するのははじめてかもしれない。


いつも楽しく笑い、明るい表情の欠かさない人でも悩みはある。
笑顔の向こうに現実がある。
それでも笑ってしまう自分がある。

DSC00988.jpg


2012年について、1時間みっちり話した。

途中強風で揺れた。
地震でも揺れた。

リンゴを完食して15キロの家路に向った。

DSC00989_20111119182011.jpg

| ソトボ 日誌・生活 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

じんわり

湿布とコルセットで腰を固め、わずか30キロのドライブも今の私にとっては至難の業。
ましてこの雨。
低気圧がこの腰痛にもたらす悪影響は目には見えずとも必ずある。
日に日によくなってはいるが、ここでの無理は後々多大な後悔をもたらす。
後悔をもたらすが、じっとしているのもそれはそれで後悔である。
優しい気持ちで自愛しながら、30キロのドライブに出掛けたのであった。



「雑貨」。「ZAKKA」。「ザッカ」。……
この言葉、女子だけに限らず私のような男子も胸躍る言葉である。

DSC00970.jpg

何かと許容範囲の広いこの言葉。
聞くと想像だけでワクワクしてしまう。

ワクワクの30キロ。
そのドライブの先は、、、「じんわり」さん。

DSC00972_20111119165952.jpg


今年の春に知り合い、何度かイベントに参加してはいたものの、
本日初の訪問である。


DSC00962.jpg


DSC00974.jpg


コンテナを改造した小さなお店。


DSC00978_20111119170026.jpg


DSC00961_20111119170656.jpg


雨の音とカタカタ風で揺れる磨りガラスの音。


DSC00977_20111119170026.jpg


DSC00976.jpg


あんなことやこんなこと。
1時間、じっくり話し込んだ。

話し込んだら、おもしろい共通点がジャンジャカ発見できた。


DSC00981_20111119170656.jpg


裸電球が何ともいい感じだ。


DSC00973_20111119165951.jpg


さり気ない「Merry X'mas」に、、、じんわりきた。


帰りの30キロ。
大雨+強風。

どこか寄り道していこう。。。


 じんわり

| ソトボ 日誌・生活 | 16:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分の顔。。。「アルバム作りとプチ撮影会」

男性の「なりたい顔」ランキングで
福山雅治さんが堂々のV3らしい。

福山さんの魅力ある顔というのは、多方面に於いて才能を発揮されているからこそあの顔なのかもしれない。
まぁ、どちらにしろ私なんかがあの顔を持ち合わせたところで、どうしていいかわからず、あっという間におどおどした顔になってしまうだろう。

つまりは内面が大事だという事で締めくくろうと思う。

ちなみに「なりたい顔」ではないが、私の好きな男性は、、、
リリー・フランキー、渡辺謙、いかりや長介、、、といったところだ。



今年も残すところあと僅かだ。
恒例のギックリ腰ということもあって、今週はスローに過ごしているが
予定だけはそこそこ詰まっている。
残すところあと僅かでこなしていかなくちゃいけない。
そんなところでひとつ。
新たな試みを。。。

これまで「写真に関してワークショップを!」というお声をいただいてはいたのですが、私自身まったくのまったく、何をどう教えていいのか、いやいや教えることなど、、、と躊躇していました。
そんな躊躇も私なりに打破しないとなぁ、、、という思いもあったのと、そんな時に出会い、お声を掛けていただいたのも、、、運命?チャンス?何?
ということで、ワークショップを開催するはこびとなりました。
場所は南房総は千倉。
私の大好きな場所であり、コチラに移り住むきっかけになった場所でもあります。(前ブログ
そんな千倉の一軒のお店。「安房暮らしの研究所」(前ブログ)で開催する事となりました。

12月18日(日)「アルバム作りとプチ撮影会」
  詳しくはコチラ → 「なないろ」

アルバム作りは、紙と布を使ったアルバム。
写真に関しては技術的な事より、みなさんと撮影会を通してディスカッションできればなぁと。
私自身教わる事多々かと。
これを機に少し自分の顔が変わればいいかなと。


まだまだ振り返るにはちょっと早いかもしれないけど、
振り返り甲斐のある2011年だったと思う。

2012年。福山顔にはなっていないが、私なりにいい顔になっていればなぁと思うスローな今日である。


RIMG0066_20111119111038.jpg

2008年夏。千倉の海にて。

| 『page』 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

年越し準備とバナナの不思議

コイツらのお昼寝姿を見ていると、ホント何もかもどうでもよくなる。

DSC00945_20111118084628.jpg

ヴォナは毎度ソファーの背もたれの日の当たる場所を選ぶ。

ジョルノは囲われているところが安心するのか、ハウスの中が大好きだ。

DSC00942.jpg

午後からは大嫌いな美容室だということを知る由もなく、
目ヤニ垂らしてご就寝である。

この後、ひと暴れあること、、、間違いなしである。。。



調べれば解決することだが、どうもそんな気にもなれず毎度イライラしながら退治に勤しむ。

バナナのこと。
バナナを買ってくるや否や、どうして小さなハエのような虫が飛び交うんだろうか。
バナナを嗅ぎつけどこからか集まってくるならまだしも、中でわいている、、、なんて想像するとゾクッとしてしまう。
今回の『page』cafeのメニューであったクレープに使ったバナナ
いつもより大量にあったので、この憎っくきハエも比例して大量に集まった。

cafeも終わりバナナもなくなったというのに、行き場がないのか、そのハエたちは今だウロウロ飛んでいる。
心苦しくも幾匹は退治した。
仕方がない。

がしかし、あろうことか。私の憎しみに満ちた退治をすり抜け、縦横無尽に飛び回るハエたちが明らかに成長しているじゃないか。色までハッキリわかるくらいになっている。
顔のまわりまで飛びはじめた。

ギックリで痛い腰を摩りながらの退治劇。
まだまだ続きそうだ。。。


余談だが、sotobo家の横の道路や駅までの一本道によくバナナの皮が捨てられている。
決まって朝だ。
察するところ、運転しながら朝食にバナナを食べてポイ捨てしているんだと思う。
決してスッテンコロリンないたずらを狙ってではあるまい。
ポイ捨てはよくない。
しかし運転しながらの朝食にバナナ。
時間ない中、昔ながらの普遍的な高い栄養価を信じバナナを食べているんだと思うと、何だかちょっと心あたたまる気もする。
って、いやいややっぱりポイ捨てはよくない。



DSC00952_20111118084628.jpg

クルックルをばっさり。
ひと暴れあったが観念してこの通り。
少し早いが年越しの準備がひとつ片付いた。

DSC00956.jpg

最近床の色と似てきて、蹴っ飛ばしそうになる。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

予定通りのギックリ腰で。。。

夕方。日が暮れるのがめっきり早くなった。



昨日、、、
「日にち間違えてました~」
と、いつも明るい声のチョークアートのカナちゃん
花を持って訪ねてくれた。

DSC00920.jpg


昨日までの賑やかなアトリエから一転、静かなアトリエでふたり語った。
私が友人とふたり、ブランドを立ち上げたのがちょうど彼女の年だった。
あの頃とはまったく違った世の中だけど、「つくる」ってことはかわりなく、
こうして頑張っている彼女は応援したい。
アレから十数年。
自分がまた同じようなスタートラインに立っているというのも痛感した。

DSC00919.jpg



今日はYURIさんから電話。
ご友人と訪ねてくださった。

昼下がり。
話していく中、ひとつのトートができ上がりそうだ。
前々から少し考えていたあるトート。
今日をきっかけに作ってみることができそうだ。
(何が何やらわからない話ですが、、、)

DSC00924.jpg

ワクワクの昼下がりだった。


ある個展が今日までだと思い、とあるギャラリー&カフェでひとりカフェオレ。
オーナーのご夫婦と暫しお話し。

久しぶりのこういう時間である。

DSC00926.jpg



毎度のことで予定通りといえば予定通りなのがこの「ギックリ腰」。
「ちょっとは休みなサーーイ!」の警告のように、ひと山超えると必ずやって来る。
今回はあまり重症ではなかったので、さすりながらゆっくり過ごせている。


明日もお客さんだ。

明日もう一日、さすりながらゆっくり話せる時間を楽しもうと思う。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

赤信号が、、、

とうとう、赤信号が点滅しはじめ、、、



赤信号が気になるが、久しぶりだしコイツらとプチドライブ。

DSC00907.jpg

運転席の窓からはジョルノ。

DSC00902_20111115225508.jpg

助手席の窓からはヴォナ。
久しぶりの散歩に太東海岸。

DSC00897_20111115225508.jpg


赤信号.....点滅が....



「明日からのHAWAIIにどうしても持っていきたい!」

了解!
肩ベルトの長さも調整して、、、

DSC00914.jpg


SHOPPING BAG”初披露はHAWAIIとなった。

DSC00917.jpg

気をつけて行ってらっしゃいませ。


夜には煌々と赤信号が灯った。
毎度恒例のギックリ腰のはじまりである。。。

トホホ。。。

| 『page』 | 22:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アリガトウゴザイマシタ!

多少のアレンジはあっても、洋服は他の洋服とのコーディネート。
靴を裏返しに履く人は、まぁいない。
でもバッグというのは、その使い方は人それぞれ。
バッグの中はその人の世界が広がる。。。
マイ ワールド…
ん....ちょっと大袈裟か、、、



決められた空間をどう使うか。
何を入れるか。
どんな配置で。

デザインも去ることながら、一番機能性を重視するアイテムがバッグなのかもしれない。
アウドアのバッグなどは、「何コレ?」「何でこう?」ってことにちゃんと意味を持っている。
商業的に言えば、ニーズに答えるってこと。
機能的に言えば、便利ってことだ。

DSC00857.jpg


来て下さった皆さん、それぞれバッグに対する思いがある。
会場で実際に持ち物を入れてみる方。
入念に自分の持ち方と持ち手の長さをチェックされる方。
持ち物もその入れ方も決めておられ、オリジナルのバッグを注文してくださった方。

皆さん実にいろいろで、楽しく、勉強になる。

『page』toteをはじめて、一番よかったと思うことである。

DSC00856.jpg


そして『page』cafe
aiさんの切り盛りで、この4日間来ていただいた方に楽しんで頂けたと思う。
そしていい時間が流れていたように感じる。
以外にクレープ好きは子供も大人も男子が多いというのも発見だった。

DSC00815.jpg

DSC00880.jpg


この展示会中というのはなかなか写真が撮れない。
混み合って…というのもそうだが、どうもモチベーションがカメラにいかないのだ。
いつも終わってから残念に思ってしまう。
でも写真はなくても、皆さんの笑い声と「おいしかった!」の言葉が胸に残っている。


大きなイベントがひとつ終わり、ちょっと一息、、、といきたいところですが、
まだまだ一息つけない状況であります。。。
一息はつけなくとも、ソレはうれしい状況です。


『page』tote ”SHOPPING BAG” 展&『page』cafe 無事終了いたしました。


『page』toteをご注文いただいた皆さん、楽しみに待っていただけたら幸いです。
そして『page』cafeもいつかどこかの出没をお楽しみに。
そしてツイッターやブログで紹介してくださった方々、サンキューです!
そしてわいわい集まってくださり、盛り上げてくだっさったsotoboの元気な皆さん、感謝!

この4日間、どうもありがとうございました。

残りわずかな2011年ですが、まだまだ『page』をヨロシクです。

DSC00854.jpg

| 『page』 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バッグのこと。ー 黒の帆布 ー

昨日、東京からひとりのライターが展示会に来てくれた。
昔一緒にアパレルの仕事していた仲間が、今はものを書く仕事をしている。
地方でいろいろな活動をしている人を取材しているらしく、そこで『page』を取材に訪ねてくれた。

その取材はさておき、彼が持って来たバッグに釘付けになった。



そのバッグはウエストバッグで、私たちにとっては懐かしく思い出深いバッグでもある。
その思い出はさておき、一緒に携わっていたブランドで作ったこのバッグの素材が黒の帆布。
今回の『page』toteが ”SHOPPING BAG”ではじめて展開した黒の帆布と一緒なのだ。

DSC00852.jpg

到底「黒」を思わせるには、ちょっと考えないとわからないほど見事に色褪せている。

DSC00847.jpg

このバッグのはじめの姿を知っているだけにゾクッときた。
これを「味」とするか「きたない」と見るかは人それぞれ。
でもどちらにしろ、これは使っている証であることにかわりはない。
そして彼にとってこのバッグは、「道具」として働いている証でもある。

使い方もいろいろ。
使う用途もまたいろいろ。

そのいろいろの蓄積で、そのひとのバッグの顔ができ上がっていく。

DSC00851.jpg

『page』toteの目指す「道具」としてのバッグ。

こんな風に大事に使われ、「味」の染みた顔になった『page』toteを見てみたいと思う。


今回の展示会に『page』toteを持って来ていただいた方もいらっしゃった。
まだ数ヶ月だが持ち手の綿テープは明らかに柔らかくなり、その人の荷物にあったカタチができあがっている。
中には「ケチャップつけちゃった!」と嘆いている方もいた。
ケチャップ対応は一緒に考えていきたいと思う。


『page』toteを使っていただいている方々の1年後?2年後?のバッグたち。密かにどんな顔になったか撮影したいと思っている。

皆さん、その時は宜しくお願いします!

DSC00838.jpg

| 『page』 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

”SHOPPING BAG”


DSC00821.jpg


DSC00835_20111113085710.jpg


DSC00830.jpg


DSC00827_20111113085710.jpg


DSC00822.jpg


DSC00841_20111113085729.jpg


DSC00817_20111113085711.jpg


DSC00831.jpg


DSC00837_20111113085729.jpg


 『page』tote ”SHOPPING BAG” 展示受注会

| 『page』 | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11.11.11.11.11

細かいところまで考えれば、
2011年11月11日11時11分11秒。

そこまで細かくとは言わなくても、
記念すべき1並びを撮影しようと、、、

シャッター切った瞬間、、、12分。。。

DSC00808_20111113022823.jpg

......。。。

『page』toteSHOPPING BAG” 展示受注会のはじまりである。



毎月11日がくると思い出します。

そしてそれぞれのあの日の事を話します。

| 『page』 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『page』tote の 「いえいえ」と「いよいよ」

展示会場の設営が終わった。
『page』 tote ”SHOPPING BAG”。
いよいよである。

DSC00805.jpg


最近よく話の中で、、、
「バッグは工場で生産されてるんですか?」
と聞かれる。


いえいえ、『page』tote はすべて私のハンドメイドです。


いよいよ、『page』tote がはじまる。

DSC00807.jpg

| 『page』 | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

sotobo家、冬の兆し

立冬も過ぎ、徐々に寒さが増してきた。
この時期、昼間の陽射しは貴重な暖でもある。

冬の近づきはいろんなところで見受けられるが、
こいつらがひとつクッションに寄り添いだすのもまた、
間近に迫った冬の到来を告げる光景でもある。

DSC00788.jpg

冬の兆し。

DSC00783.jpg

ヴォナがアクビをしたら、、、

DSC00786.jpg

ジョルノがアクビをする、、、

DSC00789_20111110082802.jpg

またジョルノ、、、

DSC00787_20111110082610.jpg


おいおい、何じゃその顔、、、

DSC00795.jpg

あれ?またジョルノかよ、、、。


アラジンの試運転も兼ねてつけてみる。
暖かな空気が対流し、早速こいつらは特等席。

DSC00802.jpg


私も少し暖まろうっと。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガンガンパンパンピキピキ

朝起きると、目がかすみ、
坊主頭は頭痛でガンガンうずき、
腕はミシンでパンパンにはり、
腰はピキピキ軋み出し、
その反動でかお尻のほっぺに違和感も。

絶不調オンパレードである。
絶不調オンパレードではあるが気持ちは裏腹。

漸く明々後日からはじまる『page』tote展示受注会”SHOPPING BAG”の商品完成が間近。
かすみもガンガンもパンパンもピキピキもお尻の違和感も、、、
今となってはどこ吹く風。

あとひと息。
ホント、あとひと息。

DSC00782.jpg

 ”SHOPPING BAG” 展示受注会

| 『page』 | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

充電事情。。。

ふと思ったんだが、
昨今、「充電」とやらに踊らされているように思う。

携帯電話に、
カメラに、
充電池、、、などなど。


いざ出掛けるとなると、戸締まりよりも充電だったりする。
便利なモノもバッテリーが切れると何の役にも立たない。

……。。。


デスク横のコンセントを覗くと、、、

DSC00773.jpg

プリンター横のコンセントに目をやると、、、

DSC00771_20111108012517.jpg

......。。。


我がバッテリー

そろそろ私も充電が必要である。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さてと。

今朝は寝坊した。
2つの結婚式の緊張から解き放たれたからかもしれない。
でもまだまだ続く”SHOPPING BAG”に安心もしてられない。
何時に何!って事ではないが、だから気持ち的に寝坊なのである。




DSC00727.jpg

ブラジル産のコーヒーとやさしいカフェオレ。
NAKANOさんのコーヒーをいただく。

DSC00737.jpg

大盛況な艶ふギャラリーさんの「ART MARKET」。
静かな午後といきたいところだが、そうもいかず、、、。
楽しい午後となった。

インド占星術に「なるほど、、、」と感心し、
「思い通りに進みなさい!」の言葉に勇気づけられる。


さてと。
のんびり時間も終了。
3日間休憩していた”SHOPPING BAG”再開である。

DSC00740.jpg

| 『page』 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今頃ハワイな結婚式と終止ピースな結婚式

結婚と言うのはある意味ゴールではあるが、大方はスタートである。

甘かったアレやコレやがしょっぱいアレやコレやにもなる。
その分、味わった事のないようなスイートな甘さに出くわす事もたまにある。

ケンカは当たり前。意見の食い違いでそっぽ向く事もソレはソレ。
その分、2倍の喜びにふたり飛び上がる事もたまにある。


だから、、、多分、、、スタートなんだと思うなぁ。。。



3日の南房総平砂浦での結婚式

DSC07608.jpg

DSC08938.jpg

あるきっかけでここsotoboに暮らしはじめ、あれから3年かな。
移住男S。
色々なことを乗り越え、今こうして幸せに浸っている。

DSC07650_20111106115905.jpg

どこか照れくささを見せながら、「結婚式なんて、、、」みたいな強がりを見せていたが、、、
この通りの幸せ顔である。

DSC07637.jpg

幼なじみのAちゃんと何十年ぶりかに再会、そしてこうして共に歩み始めるのだ。
ホント人生はわからないと、月並みな言葉だがその通りのふたりである。

DSC07784.jpg



DSC07974_20111106120451.jpg

今頃ハワイの海で、もっと幸せな顔に浸っていることだろう。
お土産を期待してもバチはあたらないと思う。。。


同じ海でも西に数百キロ。
今日は静岡県は伊東での結婚式

DSC09438.jpg

DSC00450_20111106113822.jpg

終止笑い、終止楽しんでいたKさんNさんの結婚式
そして終止ピースサイン。

DSC09509.jpg

ピース。

DSC09511_20111106113821.jpg

ピース。

DSC09866_20111106113835.jpg

ピース。

テーマは「みんなを泣かす」だったらしい。
あの、ふたりの成長や出会いやらのビデオ(DVDか)というのはどうして泣けてくるんだろう。
私は涙ハンター。涙している人をキャッチするやそっと寄り、シャッターをきる。
そんな私も今日はグッときて見入ってしまった。
私もまんまとそのテーマに引っ掛かるところだった。
でも最後はふたりが涙していた。
テーマ大成功である。

DSC00457.jpg


そうなんだよなぁ。
ふたり涙する事もあるだろう。
でもその涙から晴れて笑うのもふたりだろう。


移住男S、Aちゃん、オメデトウ!
末永くお幸せに。そしてお土産……ね♪

DSC08840.jpg

Kさん、Nさん、これからもピースサインで!
夏にはまたsotoboに遊びに来てください。
Nさんの名前には「夏」がつくもんね。

DSC09558.jpg

幸せいっぱいに11月がはじまった。

| 『page』 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

胸躍る「温泉街」

どうも昔から「温泉街」と聞くと胸躍る。
ゆっくり温泉に浸かって、、、ってのも当然だが、その街並に心ひかれるのだ。

DSC09396.jpg

行く交う人がそれぞれの宿の浴衣に下駄でカランコロン。
どこからともなく漂う湯けむりに、源泉によって違うほんのりの温泉の香り。
お土産屋さんにその地で昔から営まれている雑貨屋さんに酒屋さんに洋品屋さん。そして喫茶店。

DSC09380.jpg

雑貨屋さんというのは今時の雑貨ではなく、当然生活雑貨だ。
鍋にタワシにほうきにやかん。そしてたまに目が釘付けになる逸品との遭遇。

DSC09346_20111106102909.jpg

ラッキー池田の頭の上でお馴染みのじょうろ。「メガ……」。。。


DSC09407.jpg

アーケード街は5時には閉店のようだ。
そして繁華街に灯が灯る。
「スナック」の看板が軒並みつづき、その店のネーミングに思わず吹きだす事も。
「キャバレー」のフロアレディー勢揃いの写真に、懐かしい「ポッキリ」の貼紙。
そして忘れちゃいけないピンクのネオン。
風俗?といえばそうかもしれないが、情緒といえば情緒でもあるストリップ劇場。
行く行かないは別として、このストリップ劇場を見つけるとこれまた胸躍る。
男心に灯がともる。
ここでもひっそりピンクの看板を見つけた。でも夜になってネオンが灯るのかどうか、、、。それも情緒であり時代なのかもしれない。


そんな街並にチェーン店の大きな派手な看板。
伊東の街から海を一望できるこのホテルからの情景も、そんな看板が目立ってしょうがない。

商業的には必要なのかもしれないが、少し寂しい気もする。
こっそりひっそりなピンクの看板や、ネーミングに吹きだすスナックの看板に心温まる。

DSC09379_20111106102908.jpg

明日に備えて、、、ここ数週間の寝不足解消に、、、

今夜はゆっくりしようと思う。


今日は静岡県は伊東温泉街にいます。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11月3日は「文化の日」であり、、、

sotobo界隈はマーケットだ!祭りだ!と、何かと賑わうシーズン到来である。

誘惑に負けて寄り道しつつ、一路?房総半島南端にある平砂浦へ。



本日は移住男SとAちゃんの結婚式本番。

DSC08553_20111104064029.jpg



11月3日、、、、そういえば、、、

9年?、、、10年?、、、


明日からの準備でバタバタバタバタ。
今日の事は帰ってからゆっくり、、、。


明日から静岡県伊東に行って参ります。。。

『page』 photo、、、初出張?、、、


9年もか!、、、10年なのか!、、、

........。。。

PB030006.jpg

| 『page』 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

○○や▲▲や☆☆や

佳境に入った。

今思えば随分回り道をしたものだ。
回り道はしたが、漸く22のバッグが揃った。
後は化粧づけ。
ここからが佳境なのだ。



この佳境に入ると、ちょっと横しまな事が頭に過る。

終わったら、、、

○○は自分へのご褒美に買おうっと!

▲▲にはゼッタイ行こうっと!

☆☆をちょとっと贅沢にいただこうっと!


……。。。


そんな○○や▲▲や☆☆が頭に蔓延る。

佳境に入ると葛藤との戦いもはじまるのだ。

DSC08474.jpg


そんな佳境と葛藤をおいといて、、、

明日は『page』photoである。

| 『page』 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。