2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いろんな握手

久しぶりにここsotoboで暮らすきっかけとなった雑誌を見ようとしたら
、、、、ない!
探したがない!
探すというのは、何処へやったかわからなくて探すというのではなく、
いつも立てかけてある本棚の定位置になくての探すなのだ。

……。。。

たいしてかわんないか。。。
ちょっと動揺してのことだ。



出会いの握手もあれば別れの握手もある。


何かと大騒ぎで大変だった昨夜だが、出会いの握手があった。

何処へやったかわかんなくなった雑誌。
その雑誌。これだ。→ 「外房移住計画 その1 ー なぜ外房?ー

その巻頭に取りあげられていたSさん。
sotoboに住んだら、いつかお会いしたいと漠然と思っていた。
その漠然が昨夜やってきた。

魅力ある人は、、、魅力がある。
当たり前だが、そうそう当たり前でもないと思う。

これまた漠然だが、これからヨロシクお願いします。

Lightning



何かと大騒ぎで大変だった昨夜に彼も来てくれた。

写真館ソトボ日誌」立ち上げのきっかけとなったFちゃん。→「5月の結婚式
とうとうsotoboの家を引き払い、来週末旅立つのだ。
最後のお別れに炭とノンアルコールビールを持って立ち寄ってくれた。
さすがにアメリカには持っていけない。

DSC04648_20110801003646.jpg

「5年後、まだいますよね?」と聞かれたので、
「ちゃんといるよ。」と答えた。

しっかり握手して別れた。
別れたというか、見送った。

ちょっぴり寂しい気持ちがした。


記憶が過った。
確かあの雑誌、誰かに貸したな。。。

覚えのある人、、、返却ヨロシク!


秋のような7月が終わった。
スポンサーサイト

| ソトボ 日誌・生活 | 23:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

浴衣女子とサンバ女子

いやホント!「テルテル坊主’s」の功績はデカい。
朝からの本降りもちゃんとこうしうて止ましてくれる。

DSC03289_20110731160838.jpg

ゆかた姿の女子に囲まれ、関西人には懐かしい「冷やしアメ」と「トン焼き」。

艶ふさんで『page』cafe

海からの風は夏の香りをはこび、ここでソースの匂いと混じり合う。
ゆっくりな夏祭りの香りの昼下がりである。



夜は一転。
今年も熱い夜がやってきた。

DSC03303.jpg

太東ビーチ 海の家「ビーチハウスおおたに」さんの『OTANI DANCE SUMMER NIGHT vol.7』。

ラーメン、カレーにサンバ隊。
昨年に続いて2度目の出演。
今年は男性ダンサー、楽器隊含めてのバージョンアップで意気込んだ。

DSC03369_20110731160837.jpg

やはり生の音は腹に響く。心に届く。胸ときめく。

DSC03564_20110731160928.jpg


大人たちはさておき、
子供たちの目にはどう写っているんだろう。
子供たちの脳裏にはどう焼き付くんだろう。
多少の心配はある。

DSC03559_20110731160929.jpg


さて、妻マチルダの登場である。

DSC03393_20110731161449.jpg

DSC03619.jpg

たまに私の坊主頭がラメでキラキラしているらしい。
言っておくと、私が洒落込んでいるわけではなく、この妻マチルダのラメがまわりまわって私の坊主頭についてしまうのだ。

DSC03483.jpg

DSC03478_20110731160836.jpg


子供たちのHIPHOPのレベルの高さにびっくりした。
子供たち以上に楽しみ踊る大人たちは今年も健在だ。

波の音をかき消すほどのこのパワーがここsotoboのパワーなんだと思う。

DSC03552.jpg

DSC03490_20110731160929.jpg

笑顔と笑い声が飛び交う7月最後の土曜日。

みなさん、お疲れさまです。。。


DSC03420.jpg

そして年に数回「こいつ、やるなぁ。」と思う時がある。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:59 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秘密基地にロマン感じる。。。

ちょっと戻って梅雨なのか。
ちょっと進んで秋なのか。
シトシト雨の中、何日ぶりだろう。。。長ズボン。

ちょっと肌寒さを感じるのと。
最近ヤブ蚊に襲われ気味なこともあって。
川のほとりで、何日ぶりだろう。。。長ズボン。

DSC04608.jpg

Rちゃんとガゼボでティータイム。
暫しお話。。。ご清聴ありがとうございました。。。

最後に、プライベートはプライベートな空間が一番だよねと、
本日の締めくくり。



夢見がちな私ですが、40を過ぎてからどうも「小屋」って言葉にロマンを感じる。
要は秘密基地なんだな。

何に邪魔されることなく、
自分のスピードで時が流れ、
ひとり考えたり、ひとり発想に歓喜したり。
妄想したり、瞑想したり。
歌うたうのもいいし、詩詠んでみるのもいい。
昼寝もいいし、そのまま朝をむかえたら最高だろう。
朝日に目覚め、夕日を拝み、朝の匂いと夕方の匂い。
鳥の泣き声に、予想以上のヤブ蚊の襲撃。
ひとり酒にひとり乾杯。朝はひとりコーヒーで夜には月見ワイン。


ひろがる!!ひろがる!!!


DSC04615.jpg

DSC04613.jpg

ましてその「小屋」が木の上で、川の流れが拝めるとくりゃ~まさに秘密基地じゃないか!

DSC04616_20110730010624.jpg

何がどう転がっても私の「小屋」じゃないのにこのはしゃぎ様。

IMG_5733.jpg

IMG_5734.jpg

IMG_5735.jpg

 *Rちゃん撮影↑↑↑


何がどう転がっても私の「小屋」じゃないのに完成が待ち遠しい!

セルジオさんのプライベートハウス。

DSC04621.jpg

プライベートって言葉が似合わない私ですが、秘密基地って言葉が似合う自信はそこそこあります。

どう??

秘密基地。。。ほしいなぁぁぁ。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

笑って明日をむかえるために、、、

人それぞれ大切にしているヒト、モノ、コト、いろいろある。
人それぞれ関わりをもった、家族、仲間、仕事、いろいろある。
人それぞれいろんないろいろの中で生き、暮らし、夢みている。

少しの幸せだったり、大っきく儲ける話だったり、いろいろな思惑が日々交差している。

でもその交差には、、、

交通ルールがあるように、
小さい時教わった「人に迷惑かけちゃだめだよ。」だったり、
成長と共に培われるモラルがソレだったり。

ちゃんとそういったものに乗っかって生きている。

子供のケンカじゃないんだから、、、
子供のわがままじゃないんだから、、、
大人なんだから、、、

責任ってモノを後回しにしたら、
ちゃんと信用ってモノが消え失せる。

私だって完璧な人間じゃない。
完璧じゃないけど、完璧じゃない分考えて生きているつもりだ。
でも迷惑をかけちゃうかもしれない。
嫌な気持ちを抱かせちゃうかもしれない。
そんな時はちゃんと謝ります。「ゴメンナサイ。」って。。。


この広くて狭い世の中を。
このとっても狭いsotoboの世界で。
明日にはちゃんと笑ってると思います。


だから今日だけはちょっとボヤかせてもらいました。




抽象的な表現になってしまい、誤解をまねいても本意ではないのであえて、、、

予定していた海の家の方が悪い訳ではないんです。

その事だけ追記させていただきます。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

価値観の共有

夕方一宮はヤブ蚊異常発生である。
10匹は葬ったと思うが、部屋に入って見ると20は喰われてた(刺されてた)。
完敗だ。

今夜一宮は羽アリ異常発生である。
ヘッドライトに照らされた道路は粉雪が舞うように羽アリが舞う。
オエーー。



建築家の方から『page』toteのオーダーをいただく。
現場にガンガン持っていただくため、細部の打合せ。

建築家といっても、いつも屋根の上にいた。
監督といっても、いつも道具片手に作業していた。
要は大工なのだ。
心底「つくる」ことが好きなのだ。

DSC04575_20110728011753.jpg


簡単に言うと、私は値段をつけるのが苦手だ。
作っている時はのめり込んでいる。
でき上がり、満足感に浸っているのも束の間。
それに値段を付けるとなると、思考回路が一旦停止してしまうのだ。

何故なんだろう。

世の中を見渡した時、自分が作ったものの価格がいかほどなんだろうと。
高いと思われる事への抵抗だったり、安いと思われる事へのあちゃーだったり。
いろんな現実が邪魔をするのだ。

いつの時代か、大量生産大量消費の波で価格破壊が起きた。
消費者にとって安いに越した事はない。
でも知らず知らず価値破壊まで起きていたんだと思う。
安価=使い捨てへの抵抗を薄めたり、
価格重視の選択だったり。

反面、バブルの派手な時代じゃあるまいし、何から何までブランドで懲り固める時代は終わった。
それぞれがそれぞれの価値観でモノを選ぶ時代なんだと思う。


『page』toteのトートバッグはひとつひとつ完全手作りだ。
それなりの手間も時間も労力も要する。
つまりは適正な価格というのは作り手でないとわからない。
そしてそうしてでき上がったモノの価値をわかっていただく。
それが価値感の共有なんだと思う。

今、オーダーいただいた『page』toteの生産準備に取りかかっている。
8月前半にはそれぞれお渡しできる予定だ。

価値観の共有
価値に対する自信
使い込む喜び
使い込んだ顔

今いろんな事が頭を過っている。


建築家であり、監督だった大工のSさんが作るスツールも同じなんだと思う。

DSC04581.jpg


明日、ひと足先に『page』toteを持って出掛けようと思う。

| 『page』 | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ご報告諸々、、、

本日、朝から『page』toteの撮影。
閉め切ったアトリエでひとりコツコツ。
今晩にはラインナップをアップしたサイトを立ち上げられるか、、、。
乞うご期待!

DSC04574.jpg



今日はご報告。

まずは今年も熱い夜になること間違いないだろう。

太東ビーチ 海の家ビーチハウスおおたに」さんの『OTANI DANCE SUMMER NIGHT vol.7』。

 2011年7月30日(土)
 OPEN 17:30  START 18:00
 CLOSE 22:00 (オーダーストップ 21:30)
 PRICE ¥500-(1ドリンク付き)

今年は楽器隊引き連れてバージョンアップのサンバチームも参加。

今年も妻マチルダが弾けます。。。

 昨年の様子はコチラ → 今宵も「海の家」で。。。

DSC05850.jpg



次は残念なご報告。

先日このブログでちょっと触れた 『page』cafe 「海の家」への参加。
見送る事になりました。
残念な気持ちはありますが、違う夏を楽しもうと前向きに考えます。
楽しみにされていた方、ゴメンナサイ。



さてさて、気を取り直して、、、

どうもサイトアップまでたどりつけなさそう。


もうすぐ8月なんですよねぇ。。。
 

| 『page』 | 23:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どうして太陽の下だと眠ってしまうのだろう。。。

どうも昔から私はこの日光サンサンの下に寝っころぶと、直ぐに眠ってしまう傾向がある。
日光にそれらしき媚薬でも入っているかの如く。。。あっさり眠ってしまうのだ。



腰痛も一週間がひとつのメドだ。
漸くビビりない日常生活に戻れたが、今日は青空の下、2度目のピラティス


RIMG0013_20110726005001.jpg

何もなかったかのように、、、

大きく息を吸って、、、
かかとで円を描き、、、

........。。。

ユカ先生、実は今日も数回眠ってしまいました。
アレはおヘソに手をやった瞬間でした、、、。


腰痛快復したところで、本日はオフ。

しかし『page』はどうも腰痛に見舞われているようだ。

私が快復すると、、、

RIMG0012_20110726005338.jpg

頭の上で「イテテ…」が聞こえる。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

心地いい風と心地いい時間

南白亀川からの風が何とも心地いい本日である。
昨夜の津軽海峡から一転、ちょい優しめの夏の日が帰ってきた。

one day cafe」。

カフェ・フューシャさんと『page』。それぞれ思う近い未来にちょっと特別な一日をご一緒した。

DSC03142.jpg



心地いい風は心地いい空気を運び心地いい時間が流れる。

DSC03125.jpg

DSC03203_20110725084026.jpg

川沿いに腰掛けワイン。

DSC03191_20110725084026.jpg

お客さんからのおすそ分けにどちらが店だかわからない。

DSC03147.jpg

そんないつもにない光景も。


心地いい分、あっと今の「one day cafe」。

「イカダのぼり大会」もすっかり片付けられ、
いつもの静かな南白亀川

DSC04407_20110725084046.jpg

フューシャさんで語らいながらのプチ打ち上げ。

DSC04411.jpg

この週末も特別な週末となった。

考えてみたら、夏の週末って数える程。。。
大事に大事に。。。

DSC04404.jpg


フューシャさん、ありがとうございました。

そしてお越しいただいた皆さん、こちらが楽しんでしまいました。。。

| 『page』 | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バラを咲かせよう。。。

「津軽海峡冬景色」。そんな寒々しい景色が広がるここsotoboの7月である。

フリースにブランケット。
本日、日が暮れてからの海風にはちょうどいいアイテムだ。
生ビール片手に陽気に楽しみたい今夜の太東であったが、
少々震えの止まらない今夜の太東である。

昨年同様、「バラが咲いた」「キャンプだホイ!」が楽しみなのである。



でもね。あらためて昨年のブログを読み返した。
ライブ中、寸分も違わない気持ちが今年も過った。

マイク眞木さんのライブ」。

その今年も寸分違わないところが大切なところだと思う。
ここでごちゃごちゃ綴るより、昨年のブログを読み返してもらった方がいいかも、、、。

 昨年のライブにて、、、

DSC03103.jpg


でも今年は、、、
念願の「バラが咲いた」がはじまると、、、、衝撃が走り、、、、
その衝撃にモヤモヤして我慢できなくなったところで、、、、
「キャンプだホイ!」がはじまった。。。


気持ちよくライブを楽しみたかったが、
津軽海峡並の海風が太東を吹き抜け…..いやいや『page』の心を吹き抜けてった。。。

DSC03092.jpg


今年の夏、小さなバラを咲かせようと思っている『page』なんだけどなぁ。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

one day cafe

今夜もいーろいろありましたが、それは明日にでも。。。

まずはいよいよ明日になりました「one day cafe」。

皆さまのお越しをお待ちしています!

F+P-表

F+P-裏

まだまだ仕込み中なう。

| 『page』 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

心の短冊に願い事 震える手には生ビール

何とも涼しくパンチのない7月の今日である。

久しぶりのチキンカレーの仕込み。
明後日24日の「one day cafe」の準備に取りかかる。
このチキンカレーは手がかかる。
20人前程準備。まずは鶏肉を○○に漬込むところからはじまるのだ。
そしてこの時、「おいしくできあがりますように!」と願うのだ。
何ものにも勝るスパイス。。。

one day cafe」乞うご期待。



夕方、ひとり茂原にふらり旅。

茂原七夕まつり

DSC04370.jpg


見渡せばこんなに「ギャル」と称する見栄えよき若人たちがいたかと思う程の「ギャル」三昧。
この日はゆかた姿の「ギャル」も目立つ。
ここ最近「ゆかた」に接する事がつづき、それなりのにわか知識も頭に入り、それなりにみんなのゆかた姿を見てしまう。
それぞれだ。。。しかし片肩をあらわに着ているゆかた姿のあなた!
シゲキ的だが……賛否両論だろう、、、。


夕方になってより一層風が冷たくなった。
今日はこの文字に震える。

DSC04375_20110723025949.jpg

短パン半袖なんて、私くらいだ。小学生だって今日ばかりはそんな元気なスタイルはしていない。
少し恥ずかしい気がした。


DSC04373.jpg


この界隈では一番大きく歴史あるお祭りなんだろう。
しかし今年は節電の為、夜7時までらしい。
今頃の7時というとそこそこまだ明るい。
どうも祭り気分にはならないと思うんだが。


七夕というと短冊に願い事である。
願い事は山ほどあるし、笹1本では下げきらない程かもしれない。
まぁ、願い事は心の短冊に心の笹につるすとして、、、
結局は夕暮れ、サバーから注がれる生のコイツのお世話となるのだ。

DSC04377_20110723024614.jpg

mocha」さんに集まる皆さんと初対面ながら乾杯。
先日打ち上げでお邪魔した向いの「鳥鳥」さんも大繁盛。
七夕だ!願い事だ!と言いながら、結局ガン飲みのガンしゃべり。

しかし生ビールは暑い日の方がウマい。
より一層冷え込み、生持つ手が震えだした。

DSC04380.jpg


願い事のひとつ。


「立派な大人になれますように」


帰ってカレーの仕込みに入ろう。




one day cafe」↓↓↓
F+P-表
F+P-裏

| ソトボ 日誌・生活 | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

我が腰痛人生

確かにこの気圧も影響していると思う。
雨が続き、漸く晴れたと思うとそれと同時に痛みも和らいだりする。
しかし今は大型台風の影響で続くこの雨風。
大爆発とまではいかないが、澱んだ痛みが腰を覆うのだ。

かれこれ26歳からだから17年程の付き合いとなる。
出勤前のクシャミ一発で私の腰痛人生ははじまった。
人生初のギックリ腰にこの世の痛みの最大値を味わった気になり、これが快復するまでいかほどの時間を要するのだと不安にかられ、いやいやそもそも元通りに戻るのかと恐怖にもかられ、かられながらも何も動けなかった自分を今でも思い出す。
二足歩行などと高度な進化を遂げた人間の祖先のチョイスがそもそもの原因なんだろう。

とは言っても人間の身体というのはよくできているとも思う。
このひと月程ずっとくすぶっていたのだ。事あるごとにピキピキと、、、。
この『page』toteの準備に忙しい時にドーーンとギックリ腰にでもなるとすべて水の泡だ。
気を張りつめていたのだろう。終わった翌朝、起きようと思うとそれまでのピキピキが一気に鈍痛にかわっていたのだ。
病は気からとも言うが、まさに気持ちの持ち様も大事なんだと思った。

ブツブツ言ってゆっくりしていたいのだがそうもいかず、
この鈍痛で伸びない腰を引きずり、今日も一日動き回る。

明日には漸く晴れ間が広がるらしい。

この鈍痛がなくなったら、トートバッグの制作にかかろうと思う。


台風で晴れぬ空と同じくして、本日はただのボヤキとなりました。。。

よって、写真はなし。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

記念日と思ったら、2年目に入ってました。。。

いつからか「海の日」なるものができ、昨年その「海の日」を「ソトボの日」と勝手に決めてから一年が過ぎた。
でも何を勘違いしたのか、昨年の「海の日」が20日だと思っていたら、ナント19日だったのだ。
記念日は昨日じゃないか、、、。



写真館ソトボ日誌」をスタートさせて1年が過ぎました。

きっかけになった結婚式の撮影依頼。
そのご家族に先日待望の男子が誕生し、この8月からsotoboを離れヒューストンに。

ここsotoboをきっかけに出会い、結婚式の撮影から今では私の腰痛のケアまで。

移動写真館での出会い。

子供たちの元気な作品。

この夏も東浪見小学校のみんなと走り回ります。

個性溢れる結婚パーティーにこっちも楽しんだり。

七五三の記念撮影。

ご家族の写真に入学式。

お店の写真。

記念の1枚。

いろいろ。。。


立ち上げた年というのは何かと厳しく大変な事がつづきがちですが、それよりも出会いと楽しさと、そして出会った皆さんと今でもこうして交流をもてることに感謝しています。

そしてそうやって出会った方から、昨日のパッションフルーツにつづいて小笠原の塩が届きました。
偶然でしょうが、一周年の記念のように思います。


この夏、名前が「写真館ソトボ日誌」から『page』 photo にかわりますが、(只今遅れながら準備中)かわるのは名前だけです。
この私も今まで通りのスタンスでやっていこうと思います。

2年目を迎えられたので、3年目を迎えられるようにがんばります。

皆さん、これからも宜しくお願いします!


今日も新たに七五三の撮影依頼にご家族が訪ねてくださいました。

DSC02456.jpg

| 写真館ソトボ日誌 | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今週は今週の『page』がある

田んぼの中を走っていると迷子になる時がたまにある。
裸足で汗かいてって話ではなく、大人らしく車での話だ。
大人らしく車での話であっても、田んぼの中を走るきっかけがまったく大人らしくもなく、挙げ句の果て打合せに遅刻までしてしまったんだからどうしようもない。



7月ももう半分を過ぎ、後半に突入である。
昨日までの『page』 tote から頭を切り替え、とうとう今週末に押し迫ったカフェ・フューシャさんとの「one day cafe」打合せ。
1時間近く遅刻しての登場だ。

DSC04340.jpg

ちょうどフューシャさんに父島からパッションフルーツが届いていた。
小笠原の奇麗な海の写真とともにこのパッションフルーツ。
「sotoboさんにも、、、」というお手紙がちょっと嬉しかった。
この夏から父島でがんばっているK子ちゃんからのお中元?だ。

DSC04341.jpg

さてさて、今週末の「one day cafe」。
楽しいこと間違いなし。おいしいこと保証付き。
どうぞどうぞ、皆さんのお越しをお待ちしています。

 *詳しくは一番下に。

 
茂原は「mocha」さんにお邪魔した。
年甲斐もないTシャツを購入。

DSC04364.jpg

43歳ではあるが、それは単なる生きた年数であって、こういったものに目がないのはいくつになっても関係ないはずだ。
だから43歳でも田んぼで迷子になるんだな。。。


つづいて、、、
昨日までの『page』 tote の打ち上げ。
焼肉屋さんではなく、韓国料理屋さん。

DSC04343.jpg

茂原「鳥鳥」さんにお邪魔。
最近あまりお店の宣伝になることは綴っていないこのブログだが、
久々に美味い韓国料理を味わえた。

DSC04349.jpg


降ったり止んだり、雷鳴ったり、突風吹いたり。
台風の影響もあらわとなってきた。

今日も打合せだ何だとあった一日だが、何となくリフレッシュの一日でもあった。
ただ張りつめた何かから開放されたのか、お決まりの腰痛が半端ない。


今週は今週の『page』を開けるのだ。



あっ、何故田んぼの中を迷子になったかと言うと、、、
畦道に立っている「DISCO」の看板が前々から気になっていたもので。
だからついつい、、、。

「DISCO」の行方…..また今度。


「one day cafe」↓↓↓

F+P-表

F+P-裏

| 『page』 | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アリガトウ!

少しどんより雲に覆われ、予報通り大型台風のあおりをここsotoboも受けだしたようだ。
芝生も連日の照りつけにギブアップ寸前。
ここで一発、恵みの雨といきたいところだが、もう少し我慢してちょうだい。


最終日。


この3日間がどうであれ、やはり最終日というのは特別な想いが立ちこめる。
少々のドキドキとぐっと堪えてのウルウルと、、、。
複雑極まりない気持ちの交差がより一層複雑な気持ちにしてしまう。
とはいってもただの最終日。
いつもと変わりなく「今日もがんばろう!」とふたり円陣を組んで最終日がはじまった。


DSC04336_20110719120706.jpg

11時オープン前からのお客さま。
一気にひとつの心配がふっ飛んだ。

次々のお客さまに、複雑極まりない気持ちの感傷になど溺れていられない。


DSC04338_20110719120705.jpg

夕方まで途切れる事なく賑わい、『page』cafeからも笑い声が絶えない。

最終日だからなのかもしれないけど、最終日にしたくない最終日である。

そういえばお昼ゴハンも食べていないなぁ。

DSC04298_20110719101914.jpg


夕方、看板を終うと一気に何かが抜け落ちた気がした。
それは張りつめた何かだったのかもしれないし、
単に安堵感なのかもしれないし、
ただの慣れぬ立ち仕事の疲れかもしれない。

正体はわからぬが、ちょっと心に風が通った。

待ってもらっていた台風の予兆もとうとうポツポツ降り出した。



何が言いたいかわからない最終日のこのブログではあるが、
つまりは、、、

「アリガトウ!」

ってことなのだ。

まずは、ひとり『page』cafeを切り盛りしてくれたaiさん、お疲れさん。そしてアリガトウ!

この「ソトボ日誌」を読んでくださり遠路遥々お越しくださった皆さん、アリガトウ!

はじめてお会いしたsotoboの皆さん、アリガトウ!

毎日通ってくれたご近所の仲間たち、アリガトウ!

この4日間をブログやツイッターにしてくれた皆さん、アリガトウ!

そして数あるトートバッグの中から『page』toteを選んでくださった皆さん、アリガトウ!


ここsotoboで『page』toteを持った皆さんとお会いするのが楽しみです。
そして遠いどこかで『page』toteを使い込んでいただく皆さんを夢みています。


この夏、ゆっくり夏を感じるのはお預けのようですが、今年だけの夏を楽しもうと思います。
また『page』でお会いできること、楽しみにしています。

まずはこの4日間、本当にアリガトウ!


風の通った心の隙間に「責任」ってモノを感じはじめています。

DSC04333.jpg

| 『page』 | 23:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「tote」というのは、、、

ガラーンとした午前中。
『page』cafeで朝食をとった父息子のみ。
少々不安過る午後のはじまりであった。

でもそんな不安もどこ吹く風?!
あっという間に楽しい午後のはじまりとなった。



今日で3日目を迎えた『page』tote
いろんな方にお越しいただいている。

DM片手にお越しいただいた方。
「ブログ、いつも拝見しています!」というお言葉に恐縮したり。

はじめてお会いする方の多い事に驚いている。
驚きと同時に嬉しくもあり、
感謝の気持ちいっぱいでもあり、
そしてそんな出会いに胸熱くもなったりと。

当然、場所が場所だけに通りがかりにふっと立ち寄るってお客さまは、まぁいない。
『page』に向って足を運んでくださった方ばかりだ。

DSC04313.jpg


数あるカバンの中でも『page』トートバッグを選び、ネームに「tote」とつけたのもそれなりの意味がある。
かしこまって言うわりに大層な意味がある訳ではない。
トートバッグに特化するという事ではなく、
生活に密着した、、、
日常にとけ込んだ、、、
そんな意味を込めての「tote」なのだ。

毎日の暮らしで使っていく中、使いやすさや「ここをこうすれば…」みたいな、作る側と使っていただく皆さんで育てていく、、、そんな意味を込めての「tote」なのだ。

そしてトートバッグを選ばれているお客さまも、口々に自分の生活、仕事のシチュエーションにこの『page』のトートを想像してくださる。


これが理想なんだなぁ。


DSC04295_20110719101914.jpg


あっという間の3日間だった。

でも思い返せば色濃い3日間だった。

| 『page』 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『page』toteの裏話

一応、テーマというかイメージというか、、、

私の小さな頭の中での砂浜の思い出というのは、
このマルチカラーに表れています。

青い海に青い空をバックに、白い砂浜に咲き誇る花のような色とりどりのパラソル。
そんなパラソルも夏の厳しい陽射しに晒され、潮風を浴び、少し色褪せた感が否めない。
そんな勝手な私のイメージがこのマルチカラーなんです。

そしてそんな赤は、真っ赤ではなく、
どこか朱がかっていたり。

DSC04308.jpg

太陽サンサンのオレンジもどこか黄みがかっていたり。

DSC04311.jpg

細かな話ですが、この2色は特にこだわった大切な色なんです。


いや~ただの自己満足なんですけど、『page』toteの大切な裏話なんですよ。


DSC04304.jpg

そしてこの大切な色たち。1色1色丁寧に塗りました。

| 『page』 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『page』tote の朝。。。

漸くこの日の朝を迎えらた。
迎えられた言うか、夕べからそのまま続いての今朝なので少々眠くはある。

そしてこういう朝は少々緊張の朝でもある。


『page』 tote


勢いで突っ走るのが得意ではあるが、これまでの43年という濃くも薄くもある我が人生から、多かれ少なかれ学んだあれこれで現実を見つめるという大人故のブレーキがかかった事も確かだ。
ただ私の中の比重として、突っ走る割合が多い事とやりたい事はやろうと言う生まれもっての性格がやはりこうさせた。

そう、
いろんな想いがあってこうした。
いろんな想いをトートバッグに託した。

あらためて言う事でもないが、ずっと生地を携わってきた歩みと、生まれもっての作る事の楽しさとを、このsotoboの地が後押しとなって 『page』 tote が生まれたのだ。

DSC04300.jpg


これまでひとり籠って作ってきたトートバッグたちが、
みなさんの手にとられ、
みなさんの肩にかかり、
そしていくつかはそれぞれの方の生活にとけ込んでいく。

仕事だったり、買い物だったり、オシャレだったり、、、。

そしてこの町で、この海辺で、『page』 toteを持った方とすれ違うのが新たな楽しみとなった。

すれ違うとは言ったが、多分ベラベラ喋ってしまう事は想像がつく。
それもまた夢ではある。


暑い中、いやいや酷暑の中お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。
そして 『page』 tote を選んでいただいた皆さま、少々お待ちください。


今、何か小っさな歴史がはじまったような気がしています。




 『page』tote 展示/受注会

| 『page』 | 23:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そろそろ「当日」

今日ももうすぐ日付がかわろうとしています。
かわると、とうとう「当日」です。。。




新しい看板ができ上がりました。

DSC04264.jpg


時間がいくらあっても足りないとはこんなことを言うんだと思います。


その結果、、、

どうもアレができないような。。。

| 『page』 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

叫びたくなる頃合い

今夜も日付が変わろうとしています。
日付が変われば、「前日」という緊張感極まりない日となります。

今夜もそろそろ叫びたくなる頃合いです。


切って、、、

塗って、、、

縫って、、、

そして仕上げに押します。

そんな日がつづいていました。


DSC04258.jpg


10型程度と言っていたんですが、
21型になってしまいました。


明日は『page』tote 記念すべき日の前日なんです。

| 『page』 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夢見る男子

昨日久しぶりに女性ファッション紙を買った。

DSC04246_20110713082222.jpg

男子ではあるが、何かと学ぶ事の多い女性ファッション紙なのである。



そして『page』toteのトートバッグたち、、、

お見せできませんが、、、漸く完成した。

DSC04248_20110713082222.jpg

まぁ、手直しは色々あるけどね。


sotobo界隈で『page』tote のバッグを持っている人に出会うのが夢だな。。。


ファッション紙.....いやいやいやいや......。。。


そんな夢見る男子はかなり寝不足なのである。

DSC04243_20110713082222.jpg

| 『page』 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なでしこジャパンと共に。。。

に喰われる」

関西弁なんだろうか。
最近ちょくちょく注意される。
確かにはさす事はあっても食いついたりはしない。
状況からしても正しくは、

に刺される」

だろう。



なでしこジャパン快進撃!

そんな私も快進撃中。

DSC04220_20110712092037.jpg



『page』tote 準備中。。。



今日も津田沼の「ユザワヤ」に行った。

ここ最近ちょくちょく行くが、行くと必ずに、、、


「喰われる」。。。

| 『page』 | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

風とおる

忙しくとも、気になり出したら仕方がない。

今年も松花粉やら連日の気まぐれ突風やらでガラスと網戸がとんでもない事になっていた。
この時期貴重な心地いい風も、これらの汚れたフィルターを通しているようでは勿体ない。
朝からキレイサッパリ。

DSC04188_20110711060113.jpg

風も晴れたし、気持ちも晴れる。

ささ、作業作業。




DSC04196_20110711060112.jpg

コイツらも風とおる特等席でお昼寝である。
羨ましいが私には作業がある。


.....。。。


気づけばひとり増えている。

DSC04202_20110711060112.jpg

ビール飲んで昼寝が最高の季節です。。。


ささ、作業作業。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今宵は夏祭り

梅雨が明けるとか明けないとか。。。

提灯を新調したらしい。
昼間の息をするのも面倒くさくなる程の蒸した暑さも、提灯を揺らしながらの海からの風が少し肌寒く感じはじめた。
夏の夕方である。それも海辺の夕方である。

DSC04121_20110710092611.jpg


今宵は夏祭り。
ゆかた」をドレスコードとした今夜のはちどり食堂夜市」。
aiさんの着付けと共に艶姿で、、、
「You Tubeで見ながら~」という女子の登場やら、、、
いつもと違うその様相に少なからず心舞う。

DSC04158.jpg


ゆかただけにとどまらず、ドレスコードに「ココブラ」も登場である。「ココブラ」というのはココナツのブラジャーの略であり、これまた男子は少なからず頬を赤らめ心躍る。後ほど登場らしい。


今宵は夏祭り。
『page』cafeも今宵はB級で祭り気分である。

DSC04113_20110710092612.jpg

大阪は阪神百貨店の地下のフードコートが有名だった「イカ焼き」。
「中山峠のが絶品なのよー」と本州にいてはさっぱりわからんうたい文句を豪語する北海道出身のaiさんの「あげいも」。
ドリンクもちょいと懐かしめに。。。

「イカ焼き」や「あげいも」がどんなものなのかは、それぞれに調べてほしい。
それぞれウマいことだけは言っておこう。

DSC04114.jpg


今宵は夏祭り。
主役は女子だけではない。
粋な男子も登場である。

DSC04170.jpg

私たち世代というのは、着物やゆかたというとどうもヤクザ映画がちらつくのだ。
さしずめ、鶴田浩二をイメージしたという手前男子である。


今宵は夏祭り。
立派な夏祭りのでき上がりである。

DSC04180_20110710092633.jpg

DSC04174.jpg

が、写真はここまで、、、。

思いもよらない反響で4時間ずっと「イカ焼き」焼きっぱなし。
肝心な「イカ焼き」も「あげいも」の写真がない。
写真はないがウマいことだけは言っておこう。
「イカ焼き」「あげいも」共に完売御礼である。


今宵は夏祭り。
ココブラ」女子の写真もなし。。。



半月よりちょっと太ったお月さんが見事な夜だ。
明日も厳しく息苦しい夏日だろう。
梅雨は明けたな。。。

いよいよ夏本番である。

そして『page』もいろいろと本番である。

DSC04182.jpg

| 『page』 | 23:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

それぞれの寝方について

一瞬、白い犬が横切った。

いつも家に入ると、お留守番のアイツらが喜び勇んでやってくるのが常である。
ご存知、ジョルノは茶一色。ヴォナは白黒にちょっと茶。
白い犬などいやしない。
この白い犬、一瞬顔を見せるや否やそそくさと逃げていった。
白い犬の正体はわかりきっちゃいるが、その白い犬となった原因というのが問題である。

いたるところに白い足跡。
得体の知れない白い犬は、どこぞに隠れていやしない。
不安が過る。
リビングを覗く。

!!!

!!!

!!!

えーーーっ 真白の粉だらけーーーー!?

買い物バッグに入れて置いてあった「薄力粉」を引っ張り出し、、、
どこか好物のパンのニオイと勘違いしたのか、、、
リビングいっぱいに薄力粉がまぶしてやがる。

やりやがった。。。

当然カメラで追っかける余裕はなし。

トホホ。。。


出掛ける前など、この状態で昼寝してやがったのに、、、。

DSC04081_20110709074516.jpg

DSC04082.jpg


怒られることなどわかりきっちゃいるのに、このイタズラへの反骨精神は何処からくるのだろうか。

見習うところはあるが、薄力粉では遊ばない。



夜は夜で床にゴロ寝である。

私がアトリエから通る度、ふたりの連携はかわっていく。

DSC04097.jpg

DSC04099_20110709074515.jpg

DSC04106_20110709074515.jpg

DSC04110.jpg

私の夜なべは今夜もつづく。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

七夕の夜は吠える

こういう場合のゴールってどこなんだろうなぁ。

締め切り日か。いやいや。
脇目もふらず計画通り進むってことか。いやいや。
そうじゃない、そうじゃない。
今あらためて論理的に綴る元気はないけどなぁ。

ゴール目指すというよりは、「よし!」という心の太鼓判なんだな。
迷っても寄り道しても、結局「原点は何ぞや!?」なんだな。

原点、、、

何でトートバッグ作ってるんだろう。。。

いやいやそうじゃない。そうじゃない。


ツイッターで「うおおおおおおーーーーー!!!」って吠えた。
結局、七夕の願い事も書かずじまいだった。

DSC04076.jpg

空はどんより雲がかかり、天の川など見えやしない。
雲の向こうで織姫チャンと彦星クンは何やってんだろうか、、、。


......。。。


うおおおおおーーーーー!!!

DSC04080_20110708080529.jpg

| 『page』 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

霧に包まれ今夜も夜なべ

朝に引き続いて、夜もすごい霧に包まれた。
車のヘッドライトが幻想的ではあるが、
いつも以上にスピードを感じてコワいじゃないか。

窓から手を出すと冷たいほどだ。
夜から雨らしい。
この霧が雨にかわっていくんだろう。

しかし明日は年に一度の逢瀬を楽しむ日である。

七夕

この1年の思いの丈をぶちまけるんだろうか。
とはいっても天の川のあちらとこちらでは、ぶちまけようにもぶちまけきれんだろう。
ある意味、悶悶とした空気が空に立ちこめるんじゃないか。
まぁ、霧も晴れ、雨も上がることを願うとしよう。



願い事など山程ある。
かわゆい願いはなくとも、生活に密接した人間臭い願いは次々出てくる。
それは明日本番ということで、今夜も夜なべがつづく。。。

DSC04070_20110707072736.jpg

帆布で短冊でも作って明日の本番に備えよう。

1短冊に1願い事だよなぁ。。。

いくつ作りゃいいんだ。。。




フリーペーパー「0470-」のウェブに『page』tote 展示/受注会のお知らせを載せてくださいました。

ありがとうございます。

  0470-

| ソトボ 日誌・生活 | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

孤軍奮闘のここ最近

まずは、、、

刻々と15日が近づいてくる。
板のような帆布と悪戦苦闘の日々ではあるが、
それはそれでなかなかいいもんでもある。
この昼間の暑さでは捗るものも捗らないので、
作業を夜中にしている。
夜間であればエアコンの孤軍奮闘ぶりも和らぐだろうし、
心地のいい環境で私が孤軍奮闘である。

DSC04068.jpg

孤軍奮闘の最中、欲望だけもまた孤軍奮闘である。
焼肉、寿司、やきとり、ジョッキビール、、、と食に関する欲望中心ではあるが
無事終わった暁には、、、と自らニンジンぶら下げた馬状態である。

寿司かな。。。

今朝も夜明けと共に作業終了である。

『page』tote 展示会案内-1
『page』tote 展示会案内-2



つづいて、、、

夏は祭り事が多い。
風流やら風物というよりは、騒げる時には騒ごうという若気も今では成りを潜め、風流やら風物といったものをそこそこ楽しむのが大人ってものである。

今週末、『page』cafe はちどり食堂夜市」出店。
ドレスコードが「ゆかた」ということもあり、aiさんの「ゆかた着付け」も開催。
あらためて着てみて思うが、「ゆかた」はいいもんだ。
来年は「ゆかた」でウクレレ。これ目標かな。

夜市 ゆかたの着付け DM-02--

風流やら風物を楽しみながらと言いつつ、今回も騒ぐんだろうなぁ。。。

| 『page』 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

暑さ倍増に暑さ対策

こう暑いと昼間何をやっても非効率だ。
今日など朝からの突風で窓を開けようもんなら一気に某飛ばされていく。
窓を閉めれば蒸し風呂で、、、エアコン入れるのはちょっと心痛み、、、
節電のため、効率のため、夜中に生活をシフトした方がいいんじゃないかと思ってしまう。
かといってそれもまた難しいところではある。

さて、暑いのはコイツらも一緒。
暑いからTシャツに短パンって訳にはいかず、この時期でも良質な毛皮を着込んでいるんだからたまったもんじゃない。
見ているこっちもたまったもんじゃないが仕方がない。

問題はジョルノだ。もともとクルックルの毛質なのでどうもこの時期暑さ倍増のようだ。
見ているこっちも倍増である。
最近は床が一番冷たいらしく、こうしてべっとり床に寝転んでいることが多い。

DSC04003.jpg


違った意味で暑苦しいのがヴォナである。
寒がりにも程がある。いまだにいないと思ったらベッドの中にもぐり込んでいる。
さすがに今日は特等席のソファーでこの状態。多少暑さを感じてきたのかもしれないが、それでも最低クッション系が必要なのだ。

DSC04001.jpg

さぁて暑さ対策第一弾。
今日はこれから大嫌いな美容室であることなど知る術もない。。。



DSC04019_20110705013836.jpg

丸刈り。。。
といってもコイツの場合、頭はそのままでカラダ丸刈りである。
この頭と丸刈りの境界線である後頭部が何とも言えなくズラっぽい。
ズラっぽいところにリボンとくるから尚更滑稽である。
自分の姿を知ってか、幾分不機嫌である事明確である。

DSC04050_20110705013626.jpg

DSC04049_20110705013626.jpg

コイツはもともと丸刈りのようなものなので、代わり映えはないがそれなりにキレイサッパリしてもらった。
とはいってもまた特等席でこっちもふて寝である。

DSC04034_20110705013551.jpg

どうも毎回美容室から戻ると、ご機嫌斜めである。

DSC04046_20110705013626.jpg


夏らしくていいじゃないか。



さてこの時期、妻マチルダのサンバも頻繁度を増す。

こうして西日に照らされキラキラしている衣装を見ると、
これまた暑さ倍増である。

DSC04054.jpg


私の暑さ対策は、毎度のビールである。

この時期、ビールの本数も倍増である。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

つまり今年も夏ははじまった。

ビーチヨガで顔面日焼け。
そのままヒリヒリついでに庭の芝刈り。

ミシミシ。。。

芝刈り機の音ではない、何か割れ砕けるような音が背後で、、、。

ん? あっそう!

今年一番、ココスヤシの花が咲いた。
咲いたというか、割れて出てきたのだ。

DSC03981.jpg

見ている今もミシミシいっている。
コレから小さな黄色い花をいっぱい咲かせ、甘い香りの実をいっぱいつける。
毎年コレが楽しみだし、コレを見ると一気に夏を感じる。

つまり2011年夏もはじまったのである。



漸く海岸通りも混みはじめ、けたたましいバイクのご一行様も健在のようだ。
これも夏の一幕である。

賑わいだしたとはいえ、小さな小さな海沿いの町なのである。
この夏一番かな?神社の夏祭りにみんな集まった。
これまた友人御一行のフラを見物に出掛けた。

DSC02516_20110704003934.jpg

海沿いの小さな街の神社の祭りに、、、フラ
海沿い故の一幕なんだろう。
とても良いことだと思う。

しかし何故、紅白の横断幕なんだろう。。。

DSC02731_20110704003934.jpg

そして今夜はタヒチアン
別段はじめて見た訳ではないが、
あの流れるようでいてシャープなクイックな腰の動きにみとれ、、、
いやいや釘付けだ。

DSC02758_20110704003933.jpg

これも好奇心なんだろうか。
アノ腰の動きが羨ましく思えた。
羨ましいというのは、アノように腰を動かしたいという願望が根底にある証拠なんだろう。

まてよ。
いやいや。
えっ?
そうなのか!?

心の自問自答に答えは出かかったが、、、。

つまり2011年夏ははじまったのである。

DSC03996_20110704003933.jpg

| ソトボ 日誌・生活 | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。