2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「そうだ、東京に行こう!」

うだうだ頭の中で考えているだけで、
そのうだうだもホントうだうだなだけで、
具体的なカタチを作る訳でもなく、
効率か非効率かと言うと、満場一致の非効率バンザイで、
外の灼熱も味方してか、一向に先の見えない ワ・タ・シ。

「そうだ、東京に行こう!」




端末ひとつで何処にでもどんな情報も直ぐ飛び込んでくるネット社会ではあるが、やはり直接話しし、触り、感じ、その空気の中で何かが思いついたりする。
作るは手。探すは脚。感じるはカラダ全体。。。何だろうな。

        ー 段々、何やら舞い降りて来る気配の ワ・タ・シ ー



普段何気に使っているアレやコレやも、はじめっからアレやコレやがある訳ではない。
アレやコレやにはそれぞれに資材がいり、技術がいり、蓄積があり、、、
そんな事を考えながらアレのアレをこのコレに持ってくると、また違ったアレやコレやができ上がる。
東京でもうだうだのつづきである。。。

        ー 電柱にぶつかってもおかしくない ワ・タ・シ ー



さて、その道(どの道?)を邁進されている方というのをマイスターと言うとすると、私にはその要素はまったくないと感じざるを得ない今日の浅草での収穫。

        ー 43にして知ること多し!の ワ・タ・シ ー



東急ハンズのいいところは、いろんなものが揃うだけでなく、
その道に長けているアドバイザーが各フロアーにいるところだ。
欲しいものだけでなく情報と知識までもらえる。
後望むとしたら、「東急ハンズ 茂原店」くらいなものだ。

        ー 夢の夢だな、、、と思う ワ・タ・シ ー



いつもの如く、カバンいっぱいの買い物となった。
その分頭もいっぱいになったので、これから整理である。

DSC03952.jpg

いや~「東急ハンズ 茂原店」。。。いいなぁ。。。

できれば、「ワンコイン特急わかしお」もいいなぁ。。。




今日は急なお願いにつき合ってくれた小高さんもまたマイスターの道邁進中である。

 小高善和さんの靴工房
スポンサーサイト

| ソトボ 日誌・生活 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「モーニング」の思い出は「ハムサンド」

この朝からの強烈な陽射しを感じれば、今日も暑い一日になること間違いなしである。

そんな陽射しをガラス越しに受け、今朝は「モーニング」ってヤツではじまった。
何年ぶりだろう。喫茶店のモーニング。。。
かれこれ20数年ぶりなのは明白である。
というのもその20数年前にモーニングに俟つわるエトセトラがあるからだ。

DSC03918_20110630001500.jpg

ご近所「IRIE CAFE」での「はちどり食堂」のモーニング



当時岐阜で暮らしていた祖父は家出癖があった。
家出といっても捜索願云々といった大それた家出ではなく、ちょっと不満のはけ口に飛び出す程度の家出である。
一緒に暮らしていた息子夫婦との間でちょっと嫌な事があるとすぐ飛び出して、当時大阪に住んでいたsotobo家に駆け込んでくるのだ。
その飛び出し方も決まっていて、深夜バスをつかっての逃避行なので、朝起きると玄関先に祖父があぐらをかいて座っているのだ。
何の前触れもないその祖父の家出に、母の困惑した様子は隠せない。
当然である。
毎度毎度の事なので今更理由を聞く訳でもなく、気が済むまで大阪ライフをエンジョイするらしい。


この祖父、なかなかの頑固者であった。
毎朝朝食は喫茶店の「モーニング」なのだ。
愛知県は名古屋が有名である「モーニング」文化。お隣岐阜に暮らす祖父もその文化にあやかっていた。

さて、早朝着いたのだからまずはいつも通り「モーニング」からはじまるのだ。
連れて行けとウルサい。
運転手は私。祖父と母を連れて近所の喫茶店に。
祖父の「モーニング」メニューは決まっていた。
厚いトーストにバターたっぷりではなく、決まって「ハムサンド」なのだ。

当然「ハムサンド」を注文し、息子夫婦の悪口がはじまる。
そんな内容覚えちゃいないが、そんな事程度で深夜バスで大阪くんだりまでやって来る祖父はどこかかわいい。
息子夫婦のいい分もあるだろうが、今は聞いてやるしかない。

さて、でき上がって運ばれてきたハムサンドを見るなり喝!である。
ハムサンド」というと、ハムがはさまっているだけでなく、彩りや多少の栄養価も考えてキュウリや諸々がはさまって「ハムサンド」は形成されているのが一般的である。
しかし祖父にとっての「ハムサンド」は、読んで字の如く「ハムサンド」なのである。
ハム以外余計なものは一切受けつけず、ハムとパンだけで形成されたものが「ハムサンド」なのだ。
出されてきた「ハムサンド」は一般的なキュウリをお伴とした「ハムサンド」だった。

「コレはハムサンドではない!」とまくしたて、食べようとしない。
だったらキュウリを抜けばお望みの「ハムサンド」だろうとわざわざ「キュウリを抜いてやっても食べようとしない。
つまり作り直せってことなのだ。
まったく頑固者である。

がしかしおもしろいのが、祖父の作り直せというのは返品ではなく、それはそれでいいからもうひとつお望み通りのものを作ってくれって事なのだ。
キュウリ入り「ハムサンド」は私に「食え!」とまわされ、自分はお望みのハムサンドをまた注文する。
そしてでき上がったお望みの「ハムサンド」にご満悦なのである。

これ以上この手の話を言っても長くなるだけなので綴りはしないが、飲み物に関してもこんなやり取りで作り直しがはじまるのだ。
だから私は私が注文したもの以外に、祖父の気に召さなかったものまで平らげなくてはならなかった。
朝から満腹だ。

食べ終わると祖父は上機嫌で店を出ようとする。
お会計はいつもポケットから裸の万札を取り出しポンッと払い、お釣りは全部私のこづかいとなった。
釣りを受け取らないのだ。
朝からわがままな付き合いに予想以上の満腹にと大変ではあるが、割のいいバイトと思えば祖父が神様にも見えてきた。

散々大阪ライフをエンジョイしたら、ケロッと岐阜の息子嫁に電話して車で迎えに来てもらうのだ。

まったく、、、な話ではある。


そんな祖父もかれこれ10数年前に他界した。
あっちの世界でも毎朝「モーニング」なのかどうかは知る術もないが、
やはりハムサンドは欠かせないんだろうな。。。


今でもコンビニなどでハムサンドを見ると祖父を思い出す。


でも私はちゃんとキュウリもはさまったハムサンドの方が好きなんだけどね。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

思い出の「海の家」が夢の「海の家」に。そして、、、

今日のような日に西日に向って車を走らすと、
いくら窓全開でも熱風しか入ってこない。
じっとり汗ばみ不快は不快なんだが、どこかエアコンに頼りたくない気持ちが先に立つ。

がんばって走る。。。

もう少し日がかげり、夕方特有の淡い空気に包まれると
夜までのほんのひと時が夕涼みの時間である。
ここsotoboでは、そんな夕涼みが海で味わえる。
夏ギラギラの海も情熱的だが、夕方しっとりした海もまたいいものである。



海への憧れは若かりし頃からあった。
そして気づけばこうして海の近くで暮らしている。
幸せと言えば幸せな事だろうし、贅沢と言えば贅沢な事かもしれない。

思い起こせば、海の思い出といえばやはり子供の頃の「海の家」である。
かき氷にカレーライスにラーメン。さすがに子供の頃なので生ビールとはいかないが、ゴザに敷き詰められた大広間にごろ寝するのが気持ちよかった。
確かそんな「海の家」の思い出を前に綴ったなと思い、遡ってみたらあった。

 ー 2010.7.11 海の家で思い出す。。。
  (長編なのでお時間ある方読んでみてください。)


そんな思い出の「海の家」も、いつしか夢の「海の家」となった。

DSC04985.jpg


そしてこの夏、『page』cafeが海の家に出店します。。。

ギラギラの情熱的「海の家」ではなく、夕方からの大人の「海の家」。


いろいろ抱えた2011年の夏ではあるが、夏は夏。

この夏、「海の家」の思い出がひとつ増えそうだ。

詳細はまた今度、、、(最近このフレーズ多いな。。。)

DSC04994_20110629004004.jpg





告知です。

ゆかた着付けワークショップDM-修正1

『page』のaiさんによる ”ゆかた着付けワークショップ” です。

夏といえば海同様、「ゆかた」です。。。

| 『page』 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今週はもう7月

自分の価値観やこだわりみたいなことを説明するのが心底苦手だ。
昨日の片付けを終えて、ちょっとネットサーフィンしてたら飛び込んできた器。
その作家さんのこだわりを綴った文面を見て、これまた飛び込んできた。
引用はできないが、まさに私の言いたい事が綴られているじゃないか。
でも引用はできないな、、、。
引用はできないが、この器購入考え中。。。

                    ー ネットサーフィンにて ー



新しい先生が自己紹介で黒板に名前を書く時、なんて名前なんだろうというドキドキ感にかぶせられて、書かれた文字があまりにも下手だった時のショックを思い出した。
先生というのはみんな字が上手いと思っていた小学生当時。
今じゃ上手いも下手も個性と思う反面、字は生まれもってのものだなぁと思う43歳の今。

                     ー 一応、書道6段の私 ー



DSC03910_20110628074824.jpg

ミシンと歩んで25年。
この糸調子を合わすというのは、いつの時代もビミョウなセンスだ。
でもここに個性を出してしまえば命取りになってしまうのも時代に関係ない。
センスにプラスして経験なのだ。

                ー 板のような帆布と悪戦苦闘中にて ー



ヒューストンって行ったことがない。

一生の人生振り返るほどまだ生きちゃいないが、、、
我が人生、できれば海外で暮らす期間があってもいいと思える。
43歳。まだまだ先はわからないが、
現時点、悔やむとしたらその点かな、、、。

元気でいってらっしゃい!
月並みだが、ヒューストンに行った時はヨロシク。

                 ー 8月からヒューストンのFちゃん ー



DMができ上がり、この箱を開けた瞬間がたまらない。
しかしこの時点で誤字の発見が多い私である。
今回は事前にふたりのチェックが入っているので大丈夫だと思う。

DSC03906.jpg

詳細は後日、、、

                      ー one day cafe ー


夕方、海岸に出た。
今年は5月末早々に梅雨入りしたが、梅雨らしい不快感が少ない気がする。

道路脇に並んで生えてるコイツたちは何て名前なんだろう。

DSC02495_20110628074824.jpg

わさーっと生えて、そこだけ柔らかな世界をつくっている。

ポケットに300円。

ビール我慢して帰ろっと、、、。


今週、7月に入る。
アセる必要はないが、何だかソワソワする7月である。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひとつの区切り

「セール」というとお安くいいモノを、、、という購買側の意識が先にたつ。
「セール」を行う側にしてみたら、そこに至るまでの物語はそれぞれある。



今日、長きにわたり続けてこられたプレジャーガーデンさんのお店がクローズする。

DSC02467.jpg

昨日今日と閉店セールとして、これまでお店を飾っていたあれやこれやが嫁いでいく。

売れるに越した事はないだろうが、売れる度ガラーンとしていくお店を見ていると寂しい気持ちになってくる。
横で『page』cafeを出店していて、人ごとながらそれは感じる。

両手いっぱいに買い物されていくお客さんは笑顔である。
でも自分がセレクトしてお店を彩っていたそれぞれが旅立っていくのは、それはそれで複雑な気持ちはあるだろう。

何故だろう、私が寂しい気持ちになってしまう。。。
反面、この地で長きにわたり暮らしてこられている事への憧れもある。

とは言いつつ、
プレジャーガーデンさんからいくつものあれやこれやがsotobo家にやって来た。
新たな歴史のはじまり、、、大事につかいます。

そして様々な歴史を築いてこられた「TED SURF」さん、「プレジャーガーデン」さんとご一緒できた事は、新参者の『page』にとってはうれしい新たな1ページです。

プレジャーガーデンさん、TEDさん、YURIさん、今日はありがとうございました。


そしてプレジャーガーデンさんの次なる1ページに期待大です!

是非是非、打ち上げやりましょう!


今日も『page』cafeに来ていただいた皆さん、ありがとうございました!


DSC07969_20110627031712.jpg
2009.09.23撮影


DSC06004.jpg
2010.01.31 撮影


  プレジャーガーデンさん

| 『page』 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

元気な女子は美しい。。。ってか。

ふと考えると、ここsotobo界隈の女子は元気がいい!

DSC02418.jpg

今や一宮界隈では「女子チャリ部」という、読んで字の如く自転車であっちこっちに行くエコ的クラブまで存在する。


元気だからここsotoboで暮らしているのか、sotoboだから元気漲るのか、、、。

DSC02411.jpg


どちらでもいい。

DSC02414.jpg


いつも負けてはいられないと思う男子部である。

DSC02422.jpg


そして元気が良いことは何よりだ。

DSC02458_20110627020412.jpg

DSC02407_20110627020352.jpg


今日もハレカイマーケットは元気な女子で賑わっている。

DSC02416.jpg


そんなハレカイマーケット『page』cafeは今日もいます。。。

DSC02412.jpg


                  ー ハレカイマーケットにて ー

| 『page』 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『page』tote

今日は告知のみで。。。

『page』tote 展示会案内 DM-1

『page』tote 展示会案内 DM-2


只今、カレー仕込み中にて失礼します。。。

詳しくはまた来週!

 明日はコチラ → ハレカイマーケット

| 『page』 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

うちわの風がちょうどいい。。。

平和そうだが、外は朝から止まぬ強風。

DSC03894-00.jpg


ご近所の瓦が落ちる程だ。
sotobo父母のマンションのドアがそんじょそこらの力じゃ開かない程だ。
しかし今日に限って外房線に乱れがないのは何故だ。

風もそうだが、熱中症にも要注意な猛暑っぷり。
この猛暑、明日につづくらしい。



この界隈の市外局番は「0475-」だが、今日は「0470-」のIさんが訪ねて来てくれた。


0470-


DSC03880.jpg

ここ一宮界隈ではあまり目にしないが、安房地域の情報を中心としたフリーペーパーだ。
安房地域の市外局番をタイトルに用いているとはニクいセンスだ。

どうもうまく説明できないが、情報誌と言うとちょっと違うような気もする。
0470-的風というか、、、
0470-的目線というか、、、
いい空気感がこの小さな冊子に流れている。

百聞は一見にしかず、、、HPはコチラ → 0470-


夕方、裸足になって雑草抜いてビールをあけた。
心地いい風を通り越して突風が吹き荒れる。

DSC03890.jpg


ビール片手にうちわで涼みたい夕刻だ。

って言うのも、この「房州うちわ」がいい感じなんだなぁ。。。

房州うちわ

| ソトボ 日誌・生活 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年一番の暑さにクラッときた。。。

「夏ってこんなに暑かったっけ!?」と思ってしまう今年一番の夏日。
毎年夏一番?の時は、そんな事を思ってしまう。

そんな中、圧力鍋からの蒸気シューシューが輪をかけて暑さを倍増する。
漲る熱気に混じり、食欲そそる香りが立ちこめる。
その香りは否応にもビールまで誘う魅惑の香りである。

スペアリブ」。

DSC03842.jpg

朝からこの香り。。。

今日一日がんばろうと思う見てくれでもある。




『page』caféからの告知である。

6月25日(土):「ハレカイマーケット」に出店!

market2.jpg

6月26日(日):「プレジャーガーデン ショップ閉店セール」に出店!


この2日間。ニューメニューのお目見えである。

さぁて、てるてる坊主’s の登場かな、、、。




『page』ミーティング。

このスペアリブの余ったスープで「煮卵を漬込もう!」という事になった。

DSC03862_20110622234359.jpg


これまたビールまで誘う魅惑に間違いない!


夏よ、カモン!である。

| 『page』 | 23:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

暫しのお別れ

午後3時より真夏日。風強し。

気温30度!?

DSC03839_20110621223941.jpg

梅雨の晴れ間とはいえ、立派な夏日である。



先日の「ビーチヨガ」の撮影中に、思わず声が出てしまったいきなりのカメラ故障。(前ブログ
その後いろいろ試した結果、カメラではなくレンズが故障してしまったようだ。

50mmの単焦点レンズ
保証書を見ると購入は09.08.25。もうすぐ2年になる。

ほぼ毎日と言っていい程、このレンズ越しにいろんなものを撮影してきた。
然程高価なレンズではなく、どちらかというとリーズナブルなレンズだ。
価格に関係なく、今の私に欠かせないレンズのひとつなのだ。


メーカーの修理窓口に連絡してみると、修理費用として10000円前後かかり、部品取り替えとなると12000~16000円程かかるとの説明。誠に丁寧な対応で教えてもらった。
しかしこのレンズ、15000円台のレンズなのだ。
金額だけで考えるとビミョウな領域にある。
送料かけて送り、見積もりや故障内容をやり取りし、更に修理に10日程かかり漸く手元に戻ってくる。
最悪16000円+送料コースとなる。
この世の中、ネットショッピングで購入すれば明日には新品のレンズが手元に届いているだろう。

……。。。

さぁ、どうする!

足し算引き算で計算すると新品購入も考えないではないが、
同じレンズとはいえ、新品にはこれまでほぼ毎日使い染み込んだ愛着やら思い入れなどありゃしない。
そこにはお金に換えがたいいろいろな思い出があるのだ。


ちょっと迷ってゴメンナサイ。。。

DSC03831.jpg

暫しのお別れ。
復活への旅立ち。

気温30度の蒸し暑い中、エアパッキンぐるぐるの旅支度でひとり箱に収まった。

たとえ16000円かかったとしても、、、

オマエの元気な姿を夢見て待ってるゼ。

| ソトボ 日誌・生活 | 22:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「コノヤロー!」のはじまり

この間までのうるうるした瞳に、どこか不安げな表情は何処へやら、、、。

DSC03397_20110621094030.jpg


完全復活。



そんな復活劇も先ほど少し度が過ぎた。

長く一緒に暮らし、
それなりの意思疎通や気持ちをくめるようにはなったといっても、
やはり本能や持って生まれた性格。
そもそも人間の様に言いたい事を言える訳でもなく、、、
だから仕方がないと言えば仕方がない。

でも、しかしだ!!!!

まぁ、オマエの名誉の為に伏せておくが、、、さっきのオマエは「コノヤロー!」だ。

DSC03822_20110621094029.jpg

こうしてまた「コノヤロー!」の日がはじまった。。。


ヤローといっても、一応女の子なんだけどね。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

座談会は「朝まで生スコッチ」

今夜は男ふたり差しで飲み。

スコッチ隊員からスコッチ注がれ、、、恐縮です。

DSC03816.jpg


しかしずっとこうしてボクの向いに座っている「おこげ」。

DSC03813_20110619225344.jpg


男ふたり座談会は「朝まで生テレビ」級。
さしづめタイトルは「sotoboに生きる男のロマン」みたいな。。。

オマエは田原総一朗か。

DSC03814_20110619225344.jpg

日付変わって只今26:30。

そろそろエンディング。。。




夜は男のカレー新作なう。。。。

DSC03819_20110619225343.jpg

| ソトボ 日誌・生活 | 23:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

粋に艶に凛として。。。

こうして海を目の前に暮らしていると、夏の風物というとやはり
波乗りに海水浴に、、、と海がらみになる。
あらわなビキニスタイルや小麦色に焼けた肌というのもそそりはするが、
海風や波のきらめきをバックに佇む浴衣姿の女性というのも
それはそれで男として何やら騒ぎ立てるものがある。

「粋」なんだな。



DSC02309.jpg

そしてその浴衣が引き出す、所作諸々に日頃ないお行儀よさというか女性らしさに、どきっとしてしまうのもこれまたボクシングのフック的衝撃が走ったりする。

「艶」なんだな。



DSC03663.jpg

DSC03748_20110619102700.jpg

DSC02327.jpg



だからこういうのって、、、いいと思う。


DSC03757_20110619102659.jpg


DSC03802_20110619110612.jpg

DSC03791.jpg

「凛」とするんだな。


           ー 「夏待ち女子限定! ゆかたでシャララ♪」にて ー


女子限定の浴衣着付けワークショップだが、私もちょっと参加した。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

この夏の2枚のTシャツ

この夏に向けて、2枚のTシャツを買った。

DSC03575.jpg

何がと言われると難しいが、この夏に向けての自分の内面を表した2枚だったからかもしれない。
衝動買いの言い訳である。

                          ー るんるん気分にて ー



マッキントッシュを駆使し、イラストレーターやフォトショップを縦横無尽に使いこなし、センスとクオリティーを求め時代の最先端を駆け回っているように
、、、見えますか?
いやいや、まだまだ全然っ。何かとそういった類いのモノには飛びつくが、使いこなすとまではほど遠いのが現状。
そんな格好のいいものではない。

私がファッション界で仕事してきた事は、このブログでも何度か触れてきたが、
ファッション界の中でも色々な職種がある。
私の場合、主として「パタンナー」という職業に従事していた。
パタンナー」とは簡単に説明すると、洋服の型紙を作る職業だ。こだわって説明すると2~3時間は喋ってしまいそうなのでやめておくが、2次元のデザインを3次元の洋服にする職業である。

そんな「パタンナー」の世界にもハイテクの波はやって来た。
紙と鉛筆と定規を道具としてきたところに、CADシステムの出現でこれまでの概念があっという間に覆された。
はじめて見た時にはそりゃ驚いた。
鉛筆も定規も切って貼っての作業が、すべてモニターの中での作業となった。
便利だし、効率的だし、時間短縮だし、経費節減だし、、、いいとこだらけではあった。
しかしどうも抵抗があった。
切って貼ってカタチ作り、経験を積む中で「自分のライン」というものを追求してきた自分にとって、モニター相手というのにどうも実感が湧かなかったからだ。
直線定規でカーブを描き、細かな線1本1本に自分らしさがあったように思う。
結局今でも紙と鉛筆と定規が私の道具だ。
アナログだ。
でもこの時代そんなアナログ的こだわりのひとつやふたつあった方がいいと思う。

これまた言い訳だな。。。

マッキントッシュを駆使し、イラストレーターやフォトショップを縦横無尽に使いこなし?ているわりには、そこだけこだわるというのは、、、
うまい事説明できない。。。

まぁ、いっか。

今日も紙と鉛筆と定規でカタチを作る。

DSC03567_20110617192639.jpg

                         ー 今日もアトリエにて ー



なかなか肌触りのいいTシャツである。
明日、黄色を着よう。

明日は多分そんな気分だ。

DSC03580.jpg

| ソトボ 日誌・生活 | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『夏待ち女子限定!! 浴衣でシャララ~♪』

まずは前日のお知らせである。

『夏待ち女子限定!! 浴衣でシャララ~♪』

何故、シャララ~♪なのかはわからないが、、、

浴衣の着付けワークショップ&茶話会 → くわしくはコチラコチラ

ピクチャ 1

まだまだ募集中!

| 『page』 | 15:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

思い出の「カフェ・ス・ダ」

コーヒー8分目に牛乳1.5分目程入れたカップを恐る恐る持ってデスクに着く。
カフェオレではなく、コーヒー牛乳の甘くないヤツだ。
コイツを飲んで一日がはじまる。
今朝はちょうど昔の「IDEE CAFE」の本を開くとこんなページだった。
コレを飲んだら一日がはじまるだけでなく、元気に楽しく一日がはじまるような気がする。
ボクなら「ソトボくん」を描くけどね。。。

DSC02257_20110616230516.jpg



然程コーヒー通でもなければ、違いがわかるコーヒー好きって訳でもない。
でもそんな程でも訳でもない私が、唯一ハマったのが「ベトナムコーヒー」だった。
仕事でベトナムに通っていたころ、あの熱帯気候にはさっぱりした飲み物が合いそうなところに、どっちゃりコンデンスミルクが入った、どちらかと言うとコーヒー風味のミルクを飲んでいるようなあの「ベトナムコーヒー」にハマってしまったのだ。

入れ方や飲み方は独特なものがあるので、ココでは説明しきれないがウィキででも調べてもらえばわかると思う。

いやー懐かしい。
休日、ひとりカフェで「cà phê sữa đá(カフェ・ス・ダ)」を注文して飲んでいた。
この甘ったるいコーヒーのアイスだ。

窓から行き交うバイクの波を見ているのが楽しかった。
カブに乗っているおネエちゃんが何とも色っぽく見えたりもした。
常夏マジックだったのかもしれない。

DSC03564.jpg
2000年「BRUTAS」ベトナム特集より


ほじくりだせば出てくる。
道具だけは今でも健在だ。
この夏、甘ったるいベトナムコーヒー復活といきましょうかねぇ。

DSC02271.jpg



甘い話ばかりとはいかない。。。
そろそろコイツらもエンジンかけないとなぁ。。。

DSC03559.jpg

| ソトボ 日誌・生活 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私の「秘密のデザインあれこれ箱」

捨てられるであろうものにもちゃんとデザインされていると、
それは捨てられなくなる。
それが私をくすぐる出来映えであれば尚更だ。
そしてその捨てられるであろうものは捨てられることなく、
私の「秘密のデザインあれこれ箱」に入れられ、
「いつの日か…」という思いと共に温められるのであった。

  ー かなりくだらないものも温められている「秘密のデザインあれこれ箱」 ー



DSC02247.jpg

それに関連してではないが、昨今感心する事がある。
電化製品などの精密機械を買うと、
発泡スチロールに保護されて箱に入っているのが当たり前だったが、
その発砲スチロールのかわりに、、、何といえばいいんだろう。。。
1枚の段ボール紙を細かな切り込みや折れ目により、
見事にその商品を保護するカタチに組み立てられ、
発砲スチロール並みの役割を果たしている段ボールに出くわす。
アレを考え出した人も、商品ごとにアレ考える人もスゴい頭脳の持ち主だと思った。
人力ではなく、コンピューターではじき出した産物なら、、、
それはそれでスゴいけどね。
詳しい事が知りたい。。。

                 ー 段ボール箱を組み立てながら思った事 ー



浴衣を洗った。
そろそろ風鈴の季節だと思った。

DSC02255.jpg

家中の窓や扉を開けて風を通すってのが気持ちいい。

                         ー ちょっと肌寒いけど ー



それぞれの想いってものがあって、
それをみんなさらけ出してみて、
あーでもなく、こーでもないけど、こんなのもいいんじゃない?みたいな。
右往左往しながら不安も過るが、
何かひとつのカタチを作ってみようと走り出した。
そのカタチはモノでもあるけど、空気でもある。
モノは、たべものであり、
空気は、サービスや雰囲気である。
まだちょっと胸張って「乞うご期待!」とは言えない段階でもある。

              ー 有意義な200分カフェフューシャさんにて ー

DSC02264.jpg


今日、厳密には4つ目のデザートである。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紫陽花とひらめき

煮詰まって行き詰まって集中力も切れた。
頭ん中とっ散らかったら、机の上もとっ散らかった。
そりゃ、ひらめき求めているんだからすんなりはいかない。
でもこのままだと秋になりそうなくらいひらめかない。。。
秋になっては大変だから散歩に行こう。。。

DSC02240_20110614185717.jpg

         ー 煮詰まって行き詰まって集中力が切れた瞬間にて ー



久しぶりどころか何ヶ月ぶりだろうか、、、散歩。
紫陽花が色濃く咲きはじめ、砂浜にもハマヒルガオがちらほら咲きだした。
海の家の準備もはじまり、とある小学校は今日がプール開きらしい。
どこもかしこも夏を迎えている。
私だけ秋になっては寂しすぎる。

DSC02244.jpg


                          ー 散歩にて ー



紫陽花を見るといつも思い出す。
昔雑誌の仕事をしている時、フエルトで紫陽花を作った。
自分で言うのも何だが、あれは大作だった。
あのひらめきが今欲しい。

                          ー 散歩にて ー



いろんなツールやら便利なアレやコレやら、方法はいくらでもあるこの時代。
でもそれを使いこなせても、そこに意志がないとツールもアレやコレやも何の意味もなさない。
「心に届く」って事が大切だ。
秋になっては困るので、引き続きひらめきを願う。

                        ー 散歩から帰って ー


                        
昨日あんな事を言ったからか、朝から殻に閉じこもってぴくりともしない。
心配になる。

DSC02237.jpg

今年もあっという間の夏なんだろうなぁ。。。

夏っぽくアイスクリームを2コ食べた。

未だひらめきはなし。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

休み時間は校庭にて、、、

小学生の時は、ひたすらドッジボールと縄跳びだった。
中学生になると、ひたすら「バック転」の練習をしていた。
さすがに高校生の時は怪しい事もしていたように記憶する。

高校生の時はさておき、休み時間となるとたとえ10分の休憩でも校庭に出て遊んでいた。
遊びの基本は外だった。
夕暮れまで遊んで、泥だらけになって帰っていった。

被災地の新一年生が入学以来、昨日はじめて校庭で遊んだらしい。

自分の思い出が遠い昔の話、いやいや異次元の話のように思えた。

                       ー 朝の情報番組を見ながら ー



DSC02203_20110614012250.jpg


梅雨のこの時期を好んでか、
毎年こうやってあちらこちらを徘徊している。
お前らも殻にこもった方がいいのかもな。

しかし、以外に速いな。。。

                   ー 雨上がりのサッシをながめながら ー



花柄の帯を見つけた。
それに合う浴衣を探すが、一向に見つからない。
花柄の帯、、、眠っていた何かが目を覚ましたような。。。

                   ー『page』ミーティングの最中にて ー




近所の奥様とコーヒーを飲んだ昼下がり。

                        ー ***にて ー





雨が上がっても外で遊べないのはツラい話だと思ってしまう。

雨上がりは雨上がりの遊びがあったもんな。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今や「てるてる坊主」は必須アイテムですよ

やはり病院の結果は綴っておいた方がいいと思うので。




遥か昔にこのブログで綴ったと記憶するが、
ジョルノは4年程前ヘルニアで大手術をしている。
手術をしても歩けるようになるかどうかは五分五分だと言われたが、
五分でも可能性があるならと手術に賭けた。
多少ヨタヨタするが、今では走り回れるようにまでなった。
どうもその腰に痛みが出てきているらしいのだ。

長い病院の診察に震えて疲れて、ウンチとオシッコをもらしてしまった。
いっぱいの薬を貰って帰ってきた。

しばらく安静って事で、久しぶりに昔のハウスを出してやった。
懐かしいのか安心するのか、すやすや寝はじめた。
声を掛けたらちょっとこっちを向いた。

DSC03550_20110613030042.jpg

しばらくケンカはお預けとしておこう。。。

                ー 懐かしのジョルノの寝床にてー



ビーチヨガ」。まずはこのネーミングに一票。
70人もの人が参加にはビックリ。この魅力たるや、、、に十票。
この魅力、今度は参加して味わいたいと思う。

DSC01854_20110613030042.jpg

  「幸せのゆらりん日記

    ー 太東ビーチ「ビーチヨガ」にて(本日は撮影でお邪魔) ー




そんな「ビーチヨガ」撮影中にカメラにトラブル、、、
やな予感。。。おもわず声が出た。。。

            ー 太東ビーチ「ビーチヨガ」にて その2 ー




DSC03553.jpg

何か「パタゴニア」だけは特別視してしまう自分がいる。
そんな思いではじめてのウエットスーツは「パタゴニア」でつくった。

               ー 昨日オープン「パタゴニア」にて ー




最近、宵の口仮眠して夜中起きだし作業はじめる。。。
まったくもってよくない傾向である。
原因は宵の口のビールにある。
しかし仮眠から目覚めて開けるビールもまたウマい。
ここまでくると、まったくダメな話である。

              ー 今夜も仮眠から目覚めてアトリエにて ー



囲われている事に安心するらしい。
人間もそんなところがあったりする。
何に囲われるかは色々だけどね。

DSC03551_20110613030243.jpg


                ー 懐かしのジョルノの寝床にて その2ー


まずは元気を目指そう。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

浴衣に胸ときめく

週の半分はコイツとケンカしている。
それも真っ向勝負のケンカである。
原因は至ってくだらないが、毎回その態度が頭にくる。
しかしここ数日張り合いがない。
一日中こんな調子が数日続いているからだ。

DSC03397_20110612114123.jpg

犬にしてはいい年齢の域に達している。
ちょっとだけ死んだ時の事を考えた。

明日、大嫌いな病院に行くぞ。。。
病院から帰ったら、、、ケンカしたい。。。

                  ー 今日もジョルノの寝床にて ー



学生時代ぶりの浴衣に心ときめく。
これは癖になる。

DSC03411.jpg

もう少し派手な浴衣で「この夏を楽しもう!」となんて事も頭をよぎりだした。
早速カレーで汚しちゃったけどね。。。

                  ー はちどり食堂夜市」にて ー




あの日から3ヶ月が過ぎました。
今のところ4月5月の11日が来ると、3月11日の事が思い出されました。
今日6月11日もそうでした。
忘れてはいけない事ではありますが、いつまで思い出されるんだろうとも思います。

今夜は涼しい夜です。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

梅雨っぽく、もやっとした空気の中、、、

ウェットスーツを作る工場にお邪魔した。
特殊なだけにミシンも行程もみんな特殊だ。
すぐに腹の底から何やら沸き立つ思いがした。
そんな私も特殊だろうが、
そんな特殊が大好きだ。
面白いことがはじまる。

                      ーとあるウエット工場にてー



昨日につづいて本日も30分雑草抜き。

DSC03377.jpg

芝生にとって芝生以外はみな雑草だが、
こうもアレやコレやの種類に好き勝手に生えられると、
ひとつひとつ見入ってしまう。
中には食べられるものもあるかもしれないが、
今は雑草としておこう。

                            ーsotobo庭にてー



DSC03370.jpg

寝ている背中を見るだけで様子がわかる。
元気がない。
写真嫌いのコイツはいつもカメラを向けるとそそくさとどこかへ行ってしまうが、今日はピクリともしない。
元気がない証拠だ。
よくないが、原因は「拾い食い」だと決めつけてしまう。
様子をみよう。。。

DSC03374.jpg

                      ージョルノの寝床にてー



家の近所のお店ではじめて飲んだ。
飲んで歩いて帰れるというのは理想だ。
しかし少なすぎる街灯に月灯りのない今夜は少々コワい。

妻マチルダの誕生日ということで、、、。

DSC03383.jpg

                      ー「 Legian39C 」にてー

| ソトボ 日誌・生活 | 23:59 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カフェにて.....アトリエにて.....

最近いろんな人といろんな話をするが、

生地や縫う事の話になると、自然とテンションが上がる自分に気づいた。

                  ー昨日、kusaカフェさんにてー


3種類のアルバムのサンプルが各色できあがった。

テンション上がった瞬間である。

                     ー今日、アトリエ にてー

DSC03369_20110610083454.jpg


生まれもったものなのか、、、培ったものなのか、、、舞い降りた偶然なのか、、、

でも編み物だけは苦手だ。。。

| 『page』 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

平和に4年目を迎えようと思います。。。

ちょうどジュンベリーの木が実をつけてsotobo家の庭にコンニチワしていた。
別段気にしていなかったが、お隣さんが大層気にしてくださる。
昨日も「ゴメンナサイ。」とカットしに来た。



そのジュンベリーの実がジャムになって届いた。

DSC01721.jpg

何とも気持ちのいいお届け物である。
ジャムの味見に入る前に、このラッピングが嬉しいじゃないか。
リボンもジュンベリーカラー。
そしてリボンに昨日摘んだジュンベリーの枝も添えてある。

DSC01722.jpg

このお届けものからいろんな事が伺える。
センスや気持ちが感じられる。
たまたまコンニチワしていた木の実が、
何とも心に平和を促してくれる。
大げさかもしれないが、コレは絶対大切な事だと思う。


甘酸っぱい香りがひろがり、、、

DSC01738_20110608190155.jpg

トーストしたパンにどっちゃり挟んで、、、

DSC01740_20110608190155.jpg

ガブッ。

香り同様、今度は甘酸っぱさが口に広がる。


この平和な味。

明日朝はヨーグルトにトッピングだな。



今日でこの「ソトボ日誌」も丸3年を迎えました。
明日から4年目です。
いつもと何らかわりない今日ではありますが、
節目という事で衿をただし、、、

いつも読んでくださっている皆さん、ありがとうございます。
コメントやメールくださる皆さん、いつも勇気づけられます。

いつしか「ソトボさん」と呼ばれるようになり、
これからも「ソトボさん」でいたいと思います。

何がどう変化していっても、この「ソトボ」は私の宝物に違いはありません。
これからもどうぞどうぞヨロシクお願いします!

この平和な甘酸っぱい香りが皆さんに届きますように。。。ってそりゃ無理か。。。

DSC01737.jpg

| ソトボ 日誌・生活 | 19:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

道具につけられた安心の札

下っ腹の奥の方からあばらの奥の方までが痛い。
年齢的に中一日おいてやって来るかと思ったが、思いもよらず今日やって来た。
昨日のピラティスのおかげで久々の筋肉痛を味わっております。




男ふたり、ここsotoboでミシンに向いミシン談義に花咲かす。

DSC01700.jpg

そしてミシンの向こうには木型。

DSC01699.jpg

工房やアトリエにお邪魔すると、その作り手の想いやこだわりや大切な云々、、、を感じ取れる瞬間がある。
そしてそれが感じ取れる工房やアトリエは面白くて仕方がない。

DSC01685.jpg

DSC01718.jpg

「ソトボさんの作るアルバムは芸術ですか?」
そんな質問を投げかけられた。
芸術なんて思った事などない。
アルバムについた手垢も、何度も見て破れたページもそのアルバムに刻まれた思い出と思っている。
何度も何度も開いて見て思い出話にふけって欲しい。
それがアルバムだと思う。

DSC01706.jpg

DSC01703.jpg

大事にする
大事に履く
ちゃんと作って
ちゃんと履いていただく。
小高さんの作る靴には歩く道具としての「やさしさ」が吹き込まれているように思う。

DSC01693_20110608010411.jpg

DSC01720_20110608083826.jpg

道具。
使わなければ道具ではないだろうし、
道具にとっても使われてはじめてその意味をなす。
そしてでき上がった靴にはちゃんと「安心」の札がつけられているように見える。

DSC01708.jpg


今日お邪魔する私の為に、わざわざスリッパを作って出迎えてくれた。

DSC01692.jpg

何だか私も「安心」の札をいただいたような気がした。


何だか熱いものが腹に流れた。

筋肉痛がきしむ。。。

DSC01702_20110608083827.jpg


小高善和さんの靴工房にて。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひかりもの

小さい時から食わず嫌いな物があった。
「ひかりもの」の魚である。
思い出そうにも、何がそうさせたかはわからない。
あのウロコの輝きは神秘的でもあるが、
毒々しく感じてしまうのもまたあの輝きだ。
海の幸抱負なsotoboに住んでいながら勿体ない話ではあるが、
ここsotoboに住んで漸く克服の兆しも見え始めた。




DSC01677.jpg

朝穫れたてのイワシ。

DSC01681.jpg

中羽でカルパッチョ。

DSC01682.jpg

山わさびで。


贅沢に海を眺めながらの「ひかりもの」。

夕方から酒盛りである。


いっぱい飲んで、いっぱい話した。

oceansidecafeさん、ごちそうさま!

そして、ありがとね。

いや~酔っぱらった。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

”サーフタウンフェスタ2011”

自分たちのテンションとは裏腹に、海辺というのは想像以上に体力を奪われます。
夏の陽射しに、日焼けに。
海風に、風がもたらすハプニングに。
容赦ない砂に、そんな砂嵐とのバトルに。
そして知らず知らずのボルテージアップに、、、と。
今夜も荷物を降ろし、洗い物を済ますと、、、記憶なくソファーで撃沈。
先ほど目覚めました。
目覚めのビールも、これまたウマいです。



「出店持ち物リスト」のようなものを作っています。
慌ただしい準備の中、忘れ物がないようにと作ったリストです。
しかしそのリストにリストアップし忘れる物も忘れ物となり、
リストアップしているにも関わらず、テーブルに置きっぱなしで出掛けたりもします。
本日は「金庫」でした。
商売する者としていかがなものかとも思いますが、
それもまた忘れられない思い出みたいなものになるんです。あっ、私だけ!?


千葉には「チーバくん」がいます。
行政のマスコットというのは今いちピンとこないキャラクターが多いのですが、そんな中この千葉の「チーバくん」はなかなかなマスコットだと思うんです。
今日も登場です。
そして『page』cafeにもご来店です。

DSC01650.jpg

なかなかな要因は、多分シンプルさにあるんだと思います。
横からの姿が千葉県の地形をカタチ取り、いらぬデコレーションの一切ないところがぬいぐるみにした時、その愛嬌がひと際目立つんだと思うんです。
私的には、あの明るい赤一色というのもいいと思います。
わかりやすいメッセージと愛されるキャラクター。
これは『page』に於いても大切な事であり、見習うべき事でもあります。

DSC01657.jpg

「ページくん」というのは、今のところ予定はないのですが、、、。


構えたお店と違って、イベントに出店というのは何かとその場の判断と急な対応が必要とされます。
先ほどの忘れ物への対応もそうですが、お客さまへのアピールなど、現地に行って気づく事も毎度多々あります。
私が金庫を取って帰ってきたら、「ビール¥400-」のポップができていました。
なかなかな出来映えだと思いました。
作者であるaiさんはイラストレーターです。
6月18日(土)、初のワークショップにのぞみます。
詳しい内容はまた今度。
このポップ、次回も使おうと思います。

DSC01640_20110606021509.jpg


食べていただいたり、飲んでいただいたお客さまの感想は何よりです。
今回も少し勉強になり少し工夫をしました。
そしてその工夫が「うまい!」にかわりました。
だからそんなお客さまの声というのは、私たちの成長に繋がります。
とってもとっても貴重なんです。


沢山のお客さまに来ていただきました。
沢山の笑顔と共に、沢山の出会いがありました。
その出会いが次へと繋がります。
そしてまた新たな何かができ上がったりします。そしてそんな予感がいくつもありました。
サーフタウンフェスタ2011”無事終了です。


お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。
主催者のみなさん、関係者のみなさん、ありがとうございました。
いっしょにお店を並べた出展者のみなさん、ありがとうございました。
ナイスなポップのaiさん、金庫忘れたボク、、、お疲れさまです。


もうすぐ夏がはじまります。
ウキウキする気持ちで、この夏を考えていきたいと思います。
この夏のページはどんなページが綴られていくのやら、、、。
今から私たちもドキドキなんです。

DSC01641.jpg


ビールが1缶空いちゃいました。。。

| 『page』 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

睡魔、、、が、、、

どうも、いろいろ綴りたい事はあるんですが、、、

DSC01623_20110605064735.jpg

快晴でした、、、

DSC01628.jpg

がんばってくれました、、、

DSC01620.jpg

しかし終止風との戦いでした、、、

DSC01619_20110605064735.jpg

なんちゃて黒板もそれっぽく、、、

DSC03307.jpg

夏の海です、、、

DSC03318_20110605064844.jpg

避難訓練です、、、

DSC01637.jpg

そして『page』cafeです。


眠くて眠くてたまりません。。。

本日はご来店ありがとうございました。

明日も元気に『page』cafe営業です。


綴りたい事はあるんですが、、、目が閉じちゃうので。。。

| 『page』 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黒板は黒いから黒板にして欲しい

今日、「ソトボ姐さん」とまで言われだした。
そこそこ問題である。



ずっと黒板が欲しかった。
ほとんどがホワイトボードに移行している中、黒板自体がみつからない。
あってもご丁寧にいらぬモノまで付いて、そんなご丁寧なモノなどいらなく、ごくシンプルな黒板がいいのだ。

今日も見つからない。
ならば駄目もとで聞いてみた。
要は黒い板な訳だから、あの黒板独特のチョークがこびり付くザラつきになる塗料はないかと、、、。
ホームセンターの塗料売り場で聞いてみた。

「塗ったら黒板になる塗料みたいなものって、、、ないですよね?」

「ありますよ!コチラです!」

思ってもみない返答、それも二つ返事でさっさと売り場に案内された。
塗料ではなく、スプレーしかないらしい。
そんな事などどうでもいい!
吹きかければ黒板ができ上がりなのだ!黒板に変身するのだ!
一気にテンションは上がった。
少々値ははるが、でき上がりを想像しただけでひとり笑いがこみ上げる。


これで自分好みの自分好みの大きさの黒板ができ上がる。


ジャーーン!これである!!

DSC03291.jpg

一見、増毛スプレーを想像してしまうかのデザイン(私だけかっ!)ではあるが、れっきとした「黒板用スプレー」である。
当然チョークも買った。

DSC03295.jpg


早速、ボードにスプレーして見ようじゃないか。。。

DSC03297_20110603230531.jpg

んっ?

んんっ!!

「緑」?

えーー!!!!黒じゃないの?!

DSC03298.jpg

私は読んで字の如く「黒板」が欲しかったのだ。
緑だったら「緑板」だろう!
目にはよいのだろうが、黒板は黒板でなくちゃいけないだろう!
これまたいらぬサービスである。
まぁ、しっかり確認して買えばよかったと言えばそうなんだが、
舞い上がる私の気持ちにそんな余裕などなかった。

あぁぁ……明日返品だな。。。

どうしよう。。。


ということで、ボードに黒画用紙貼っつけて、、、黒板風。

そうなんです。
明日からの「サーフタウンフェスタ2011」。
『page』cafeのメニューはこんな感じです。

「海辺のホットドッグ」

DSC03302_20110603230531.jpg

梅雨の晴れ間。

夏本番を思わせる快晴&夏日を「サーフタウンフェスタ2011」でお過ごしください。

aiさんとソトボ姐さんがお待ちしております。。。


「サーフタウンフェスタ2011」

| 『page』 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明日からの夏日に期待を込めて。。。

早々に突入した梅雨に恵みを感じたのか、
例年以上に雑草の成長著しい。
この成長パワーにすがりたい気持ちもあるが、よくよく考えたらこれぞ「雑草魂」なんだろう。
踏まれても、抜かれても、、、。
いっその事、番号でもふって成長記録でもつけたい程に一日であっという間なのである。


あっという間と言えば、昨日修理した自転車のパンクの事だが、
今朝乗ろうと思ったら何の事はない、ぺしゃんこだ。
顔は見えずとも、「どや顔」想像できるパンク修理宣言であったので恥ずかしい限りだ。
多少男らしいところを見せようと思ったが、またオネエ疑惑に拍車がかかっても否めない。
さてさて、どうしたものか、、、。まずは原因追及である。


何がそうさせているのか、コチラも原因がわからない。
この時期、ここsotoboの悩みはハエである。
暖かくなると一気に活動活発に飛び交っている。
ドアをあけた瞬間にサッと不法侵入。
顔のまわりを旋回し、あのブンブン飛行音が耳についてイライラしたりする。
しかし私の場合少し様子が違い、どうも私のおでこに激突してくるようなのだ。
パソコンに向っていると、いつものブンブン飛行音。かと思ったら、おでこに激突。とまるでもなくまた飛行し、またおでこに激突。
ハエの心配をするつもりはないが、そこそこの衝撃である。
まったく不愉快極まりないが、全く原因のわからない行動である。
何を私のおでこに見ているのか、
何に私のおでこを見たてているのか。
聞こうにも聞けない。


何を考えているのかさっぱりわからず、聞こうにも聞けないのは
何もハエだけの事ではない。
国民代表の茶番劇。
内閣不信任とは言うが、テレビのコチラ側からすれば不信任同士の不信任である。
まして投票に欠席とは、、、。
政治家というのは一体何屋さんなんだろうか。
ホント、この図太い精神だけには感心する。


これだけ降り続けているし、今もどしゃ降りだ。
でも明日から夏日がはじまるらしい。

今日は写真もなく、ぼやきだけとなってしまった。


明日からの夏日に期待である。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:16 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。