2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

気持ちに必要。。。

必要か、必要ないか。



私にとってはとても必要です。

DSC09430.jpg

懐かしさと優しさと。

DSC09434.jpg


何をつくるかはまだ決めてませんけど。


それでも必要か、、、


必要なんっすよ。とっても。

DSC09439.jpg
スポンサーサイト

| ソトボ 日誌・生活 | 23:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これからの為、、、まずは、、、

今日もニュースで、
丹誠込めて作った作物を自ら破棄しなければならない現状が流れた。

破棄の最中、ご近所の方が「私たちは気にしない。地元の野菜を食べたいのでわけて欲しい。」と。
安全性を理念に有機野菜の生産に取組まれてきたその方は、申し訳なく断っていた。
今や自分が作った野菜に「安全」の灯火が消えたからだ。

そして水菜一箱「1円」で取引されているシーンが流れた。


復興の名のもと、目指すべく峰に掲げられた旗には、一体何て書いてあるんだろか。



基準基準値。

安全性の為の数値であったり、品質維持の為の数値であったり、
将又、それが「見栄え良く」の数値であったり、、、。

私が二十数年お世話になってきたファッション界でも、厳しい基準をクリアした商品が安全で高品質な商品とされてきた。
そしてそれが安心の証とされ、企業イメージや信頼性につながる。
しかしその反面、規格外の商品も大量にでき上がる。
人が作るんだから当然の話だ。

いつしかアウトレットと言う言葉が浸透し、ブランドによってはそのアウトレットの売上げがバカにできないほどの割合を占めていたりする。今ではアウトレットの為に商品を作りそれがひとつのブランドとなっている。
本末転倒だ。

そこには消費者の価値観と企業側の思惑との間に大きなギャップがあるのかもしれない。
少しくらいステッチが歪んでいてもこの価格なら、、、
形が悪い野菜でも味が同じなら、、、。


大量生産大量消費の市場が引き起こした価格破壊と価値破壊。


モノを作る上で、売る上で、基準基準値は必要だ。
でもそこに人間としてのモラル値というかモッタイナイ値とでも言うか、、、。

価値価値観。
それは人それぞれ。
でもそれをもう一度自分に問いかける時がきているように思う。

安全安全性。
基準は基準として絶対必要だが、でもそこにはちゃんと自分の判断も必要だ。


目指すべく峰に掲げられた旗には、一体何て書いてあるんだろか。

まだ何も書かれていないと思う。


私も反省の日々である。。。




そして、、、

価値ある男だと思う。

DSC09424_20110331084256.jpg

そして、、、

私と同い年だ。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

心の復興

安全神話の崩壊より、人間信頼の崩壊とでも言おうか。。。

感情表現豊かとされてきた日本語も、今では曖昧な表現にもってこいな日本語。

会見でのお偉い方々への質問も、不安な返答を引き出す質問としか聞こえてこない。

そりゃ、何千倍って数字を先に突きつけられたら、それがどれほどのものか判断する前に「キケン」が過る。

科学者に「本当に安全か?」と聞けば、「100%安全」と答える科学者はいないだろう。
100%の安全は、それがこの世になかったらの数値だと思う。

被災地での心温まる話や世界から差し伸べられる手に人の美しさを感じれば、曖昧やら責任の有無やら自分本位に心冷える時もある。


真っ青に晴れ、心地のいい風に自然に目を閉じてしまう。
数週間前のあの日の空がウソのようだ。

晴れ晴れとした心の復興も大切な時だと思う。

top-01.jpg

| ソトボ 日誌・生活 | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

漸く春らしく、、、

風もなく、一寸の曇りもない青空に、首筋に当たる暖かな陽射し。

これぞ春である。

坊主というのは寒さ感じるのも首筋からであるが、暖かさ感じるのも首筋からである。

DSC09361_20110329002828.jpg

裸足でデッキ。
足の裏からじんわり伝わる暖かさも、沸き立つエネルギーの如く全身に循環する。

これが春である。



メダカの話。

DSC09356_20110329002828.jpg

これまた春の代名詞であるメダカだが、そんな話ではない。
ここにいるメダカのほとんどが、この水槽で生まれ育った子ばかりだ。
スクスクと育ち、メダカの大きさを超越したんじゃないかと思うくらいに成長した。

DSC09346_20110329002829.jpg


のど元が真っ赤であどけない顔のこの子も「メイド イン sotobo」 である。

しかしこの子はまわりの子とちょっと違っている。
普通に横に泳げず、ヒレを動かすも縦にしか泳げないのだ。
とはいっても、水面まで上がる事ができず、いつも水中をタツノオトシゴのように泳いでいる。
みんなが水面でエサを食べていても、この子は沈んでくるエサを待っているのだ。
多分、背骨が曲がっているからだろう。

DSC09352_20110329002829.jpg

議論になる。
この子を他の水槽に移した方がいいんだろうか。と。

議論の裏側に「かわいそう」という気持ちがある。
でも当の本人はどうなんだろうか。
縦でしか泳げなくても、みんなと仲良くやっていそうだ。


DSC09365.jpg

足元で日向ぼっこしているコイツも、数年前ヘルニアをやり大手術をした。
手術しても歩けるかどうかは50%と言われた。
時間はかかったが、今では歩けるし走り回ることもできる。
ただ左の後足の筋力が弱く、歩く時も少し腰が抜けたように歩く。
ちょっとした段差は前足をうまく使ってよじ登る。
今でも「かわいそう」と見てしまうことがあるが、当の本人はそんなことこれっぽっちも感じてなさそうだ。

聞いた話だと、人間と違って「昔は~だったのに。」と振り返って今と昔を比べることはないらしい。
今を受け入れ、今の状況に適応するとのことだ。

DSC09347_20110329002829.jpg

みんなと一緒の方がいいだろうという結論になった。


冷蔵庫からレタスの悲鳴が聞こえた。
パプリカの悲鳴も一緒だ。

DSC09374_20110329002849.jpg

レタスチャーハン
無駄にはできない。


食後は日課となった30分雑草抜き。
春めいた芝生の間から元気に葉を広げている。
こいつはこいつで春を感じているのだ。
抜くのに少々心が痛んだ。

つまり、、、

がんばって「生きよう」ということだ。

DSC09345.jpg

| ソトボ 日誌・生活 | 23:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あらためて「これから...」と思う

ギャラリーの開催中止のインフォメーションを撤去したら、
ホントに『page』が終わった。

DSC09336.jpg

そして中止を知らず来てくださった方々、ごめんなさい。
いつか『page』でお会いできることを楽しみにしています。



あれから2週間が過ぎた。
長く重たい2週間だった。

いろいろなものを目にし、いろいろな事を考えた。
いろいろな事を決断し、少しでも前に進もうと先を見た。

長く重たい2週間ではあったが、
明るい未来を夢見た2週間でもあった。


久しぶりに人の作ったチキンカレーをいただいた。

DSC09338_20110327184242.jpg

カレーにも沢山の思い出ができた。


DSC09796.jpg

アトリエの壁に『page』の作品を飾ってみた。


今回の事で、じっくり自分にとっての「写真」を考えた。

それはまた今度、じっくり綴ろうと思う。

| 『page』 | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

強風に吹き飛ばされない、強い気持ち云々。。。

今日は余震なのか風のいたずらなのかわからない。

朝から強風。

この暖かい陽射しもこの強風で一気に台無しだ。
しかしこうして窓のこちら側では心地のいい寝床ができ上がっている。
作業中の私の横でウトウトしている。
随分太陽の高さも高くなったので、軒の短いアトリエが一番心地いいのだ。

DSC09778.jpg

一段落ついたので、ほったらかしの庭の手入れに表に出たが、
集めた途端、枯れ葉や雑草が飛ばされる。

断念。今日は私も窓のこっち側にいよう。

DSC09785.jpg



トートバッグたち。。。

DSC09319.jpg

どんな気持ちを込めて作ったんだろうと振り返る。
思い出せない。
思い出せないというか、何も考えてなかったようにも思うが、何も考えていなかったらでき上がっていないだろうに。
まぁ、気の向くままって事だったのかもしれない。

忙しさと、慌ただしさと、いろんな葛藤の最中、
このトートバッグを作っている時は、何だか気持ちが晴れ晴れしていたように思う。
日々のオアシスだったのかもしれない。

DSC09316.jpg

いつもコメントいただく方のブログにもこうあった。 → 岡本太郎。

「苦労した作品より、ひとりでにどんどん....」


日々大した事を考えている訳でも、大した生き方をしている訳でもない。
どちらかと言うと、ちょっと外れた事を考えて、少し外れた生き方をしているのかもしれない。

ま、いっか。

期間半ばで中止にした『page』
引き上げた作品は無造作に置かれたままだったり、「暫し我慢…」と箱詰めされたり、、、それぞれ次の出番を待っている。。。

DSC09324.jpg


ただ、カバンを作っていて思ったのは、
私は一生「生地」とは離れられないとつくづく思った。

DSC09321.jpg

今日からまたカバン作りを再開しようと思う。

何故だろう。ちょっと涙が出てきた。



相変わらずコイツは、カメラを向けると起き上がります。。。

DSC09766.jpg

「何!!」

| 『page』 | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気持ちの余裕

何日ぶりの上京やら。。。

早朝、外房線の寒さが身にしみる。
当然節電のため暖房はない。

こちらにいれば防寒一番の格好で毎日を過ごしているが、
上京するともなれば多少春の装いの意識も大切である。

そんな格好で早朝の外房線。
寝れたもんじゃない。足先からじんじん冷えてくる。
そんな思いまでして着いた東京は、、、。

見渡せば男も女もみんなダウンじゃないか!
来週には4月だというのに、どこもかしこもまだ春はお預けか。。。

おしゃれより防寒性。保温性。機能性。
寒さを耐え忍んでまでおしゃれする余裕はないって事だろうか。

いやいやそうじゃなくて、、、



歯医者さんのガラスが大きく割れ、応急処置としてテープで補修してある。
新宿のマンモスファッションビルは営業6時までらしい。今日は給料日の週末だ。
東京駅の所々のエレベーターが運転休止。
楽しみにしていたギャラリーも自粛営業で閉まっていた。
天下の青山も薄暗く営業しているお店が並ぶ。
お邪魔した生地屋さんは「反物が降ってきた!」と言う。

然程いつもと変わらない東京ではあるが、
目をこらせばいつもと違う東京が見えてくる。

義援金箱を落としてしまって、溢れたお札が風にあおられ飛んでいった。
通行人が一生懸命拾ってまた義援金箱に戻した。
義援金以上の何かがその箱に集まったように思う。

都心の停電が少なく、その近郊が多いのは「都心のための節電」と言う人もいるようだが、それも考え方、気持ちの持ち方。
隣の芝生は決して青くない。


今日もね、、、

肩が当たって睨合っていた人。
停車の仕方がマズいのか、ずっとクラクションを鳴らし続けていた人。
頭にもくれば、イライラがつのる事もある。

でもね、、、

節電程度でいつもと変わらない生活ができるなら、
その分気持ちに余裕が欲しい。

その余裕で、考え、知恵を絞り、そして思いやり。

帰りの車中。そう、自分にも言い聞かしていた。

RIMG0007_20110326000550.jpg



一宮に着いたら、予報通りの雨。
冷たい雨。

春の装いにはキビしい雨が降ってきた。

| 東京 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日のところは「木八先生」、、ってか。

昼間でも真白な息だった。
止んだと思った雨もしつこくもまた降り出した。
4月を目の前に微塵も春を感じられず、
本来「サクラ」という言葉が飛び交うこの陽気な時期に
ヒートテックとマフラーなしではすごせられない。

待ち遠しい春ではあるが、
本当の本当の本当の意味の春も待ち遠しい。

これくらいの寒さ、、、。
被災地の寒さに比べたら、、、。

計画停電の暗闇からそんな事を思う今日この頃である。



いつ突入するかわからない計画停電なので、予定の時刻が近づくにつれあたふたする。
明るいうちに済ませる事と、暗くなってからの準備の両方であたふたがはじまるのだ。

ツイッターに打ち込みアップしようとした瞬間、、、本日第一グループは無事計画停電に突入した。
私のつぶやきが闇に葬られた瞬間である。
只今、PM6:30。。。

DSC09291_20110324230504.jpg

仕事を断念してリビングに。
ブルーフレームの灯りとラジオから流れる忌野清志郎が妙にマッチしている。

DSC09273.jpg


ソファーにどっかり。

……。。。

こう暗いと何もできない。
手持ち無沙汰で懐中電灯で遊びはじめる。

DSC09297.jpg


計画停電が30分で終わるとは到底思えないが、できれば今日のところはそれで勘弁願いたい。
この状況下で節電に協力しないという事ではない。現に私なりに節電に従事している。
不謹慎ではあるが、今日だけはどうにか、、、。

やるせない気持ちが手持ち無沙汰に拍車をかける。
懐中電灯といえば、コレだろう。

DSC09299.jpg

こんな感じで、、、

DSC09301.jpg

覆面レスラー風に、、、

恥を忍んでアップしている事をおわかりいただきたい。。。


あっ♥ ついた!!
ナント、1時間半で解除となった。
願い叶ったかどうかはわからないが、ささやかながらコレが観たかったのだ。

DSC09307.jpg

PM8:00。金曜日ならちょうどよかったが、今日は木曜日。

差し詰め、「木八先生」というところだろうか。。。

DSC09309.jpg

......。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 22:50 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ホント「春は来るのか!?」と思う今日この頃の寒さである

散歩に出掛けたら海からの風が強いったらありゃしない!
漸く上がった雨も、どんより雲に覆われ時折パラつく。

DSC09239.jpg

本日の節電協力のコイツらは、一緒に頭からフリースをかぶっている。

DSC09246_20110324012632.jpg

寄り添うのが一番温かいだろうし、見ているこっちも心温まる。
しかしちょっと申し訳なく思うのも無きにしもあらずである。。。



計画停電が実施されなかった分、仕事がはかどった。
今日も日中暖房は我慢したが、その分PCやスタンドライトがフル稼働となった。
『page』で遠ざかっていたアルバム作りやポストカードのデザインなどなど。
漸くマイペースの時間の流れが戻ってきた。とはいっても時折の揺れは相変わらずだ。

夕方、アルバムの納品に「たまあーと」さんに。
真冬並みの寒さと冷たさにヘコタレそうになったが、こげば温かくなるだろうと元気いっぱい自転車で出発した。
身体はそこそこ温まるが、この露にハンドル握る手だけは温まるどころか凍りつく冷たさに後悔する。

DSC09250.jpg

前にこのブログでも綴ったが、ここ一宮にはこの立て看板が道路脇や畦道でよく見かける。
1677年延宝地震時の想定津波高を標してある。

DSC09254.jpg

ここでは地上50~60センチだが、海岸近くに行くともっと高い位置までペンキが塗られてある。
今回の津波で岩手県では23メートルを超えた形跡が見つかったらしい。
想像もつかない津波が想像を絶する破壊をもたらすのだ。

DSC09256_20110324000206.jpg


たまあーとさんとお話。
お知り合いで多大な被害に遭われた方もいるようだ。
玄関には防災グッズが準備してある。
それでも、、、

「海が好きなんですよねぇ。」とたまあーとさん。

「私も海から離れられないですよ。」と私。

そうして別れてまた自転車をこぎはじめた。

冷たさに加え、帰りの風は海からの向かい風。
必死にこぐ私を追い抜くのも通り過ぎていくのも車ばかりだ。
見渡せば自転車は私だけのようだ。


DSC09269.jpg

アトリエのテーブルが久しぶりに「つくる」のテーブルにでき上がっている。

私の中でも「つくる」モードができ上がってきた。

世の中が平和を求めている。
斯く言う私もその平和に願いをこめている。
それも現実だが、自分に課せられたアレやコレやもまた現実である。
その現実には多少の向上心や闘争心めいた「やる気」が必要だ。

こうしてアトリエに籠ってアルバム作りに没頭していると、メラメラ
闘争心めいたものが湧いてくる。

DSC09264_20110324000206.jpg

正直、今回の『page』中止でちょっと気持ちのやり場を失っていた。
でも、漸く平和な心にプラスして「やる気」が湧いてきた。

次のアルバムが完成に近づき、ちょっとニヤッとした。
闘争心を含んだ笑みである。。。ってか。。。

DSC09271.jpg


そして4月にちょっとだけ『page』がお見せできそうだ。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

知恵と工夫

冷たい雨は昨日から今日へ。

DSC09226_20110321212049.jpg

地震以来エアコンをなるべく使わないようにしている。
朝起きた時にブルーフレームをつけるだけで、日中は暖房を入れないようにしている。
その分厚着で寒さを克服した気になっているが、さすがに今日は身にしみる。
節電しすぎて風邪をひいたら元も子もないが、今のところ大丈夫のようだ。
コイツらも非力ながら節電に協力している。。。

DSC09227_20110322235146.jpg
↑↑↑頭からシッポまでフリースにスッポリ。。。

っと、オォォォォーーー揺れてるーーー!!!

千葉東方沖震度4。。。

揺れも心配だが、その後の津波の心配が気が気でならない。



極端な事を言えば、電気を一切使わなければいいという話になる。
でもこの現代社会、そんな事は到底無理。
ガソリンだって一緒。

工夫が必要なんだろうと思う。

自分のちょっとした工夫がどれだけ影響するかというより、
その工夫を考える事が大切であって、その知恵が何ものにも勝る人間の宝だと思う。


知恵を絞って、工夫する。


それがはじめの一歩だと思う。

DSC09231.jpg

ブルーフレームも今では立派なオーブンだ。



揺れはいつまでつづいて、春はいつやってくるんだろうか。

そんなことを考えていたらまた揺れた。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨のハイブリッド

しかしこの世の中に一体何台の車があって、何台使われているんだろうか。
この小さな大国?日本を見ても、郊外の国道を走れば軒並み車の販売店が並んでいる。
いつも何気なく通っている風景ではあるが、今回こうして車の購入に直面したこともあり、見渡せばこの茂原や東金界隈だけでも相当な数の車が売られている。
大手メーカーの営業所を探してみれば、ホンの数キロ間に同じメーカーの営業所が何軒もあるじゃないか。
いや~このメーカーの意図というのはどういうものなんだろうか。

それよりこの明らかに需要を上回った車の数。
恐ろしさを感じずにはいられない。



前回からつづく

今回の震災でどこのディラーも同じ状況らしい。
港の壊滅、生産ラインのストップ、計画停電、、、。
納期が定まらないのだ。
金額もさることながら、私に課せられているのは3月中の納車である。
であれば、どうにか確保してある車を探すしかない。

sotobo父母との協議。
やはり焦点はコンパクトカーのハイブリッド
今回の震災の影響を考えても妥当な選択だ。
しかし厳しい予算も突きつけられている。

あれやこれやと岐阜から強いエールが送られた。

……。。。


便利なインターネット。。。
ことごとく苦手なネットサーフィンではあるが、3月中に納車というプレッシャーからテイクオフを続ける。

一台の車に白羽の矢がたった。いやいや、たてた。

それも東金のとある販売店にあるらしい!
早速交渉に出掛けた。

関西人は値切るのが当たり前と思われているし、
値切るのに長けているとも思われている。

しかし20ウン年も関西から遠ざかっていると、その本能的「値切り」も息をひそめてしまっている。
いやいやそこは眠っている獅子を叩き起こし、突きつけられた予算内の交渉がはじまる。

「○♪?▲%#◇」
「$◆!@→◎…」

「........。。。」
「........。。。」

幾度となくかけひきと沈黙を繰り返した後、漸く双方納得のいく結論に結びついた。

予算内。装備も十分。納車も3月中。
文句ない商談の結果である。
しかし一点だけ仕方がなく諦めた。。。

RIMG0002_20110321212048.jpg

ミントグリーンがパールホワイトに。。。


sotobo父母が戻ってくる前に、ちょっとハイブリッドを楽しもうと思う。

いやいや、この状況! 無駄なガソリン消費は禁物である!!

| ソトボ 日誌・生活 | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

菜の花をみて思う

夕方、車屋さんから戻って海岸に。
昨日一昨日からちらほらサーファーが。
今日は今まで通りの一宮海岸に戻った。
三連休らしい光景である。
でもその向こうには九十九里海岸が続いているんだなぁ。

DSC09751_20110320225258.jpg



あの地震の日からこっち、いろいろ考えた。
『page』のこともそうだが、やはりこの震災についてずっと考えた。

結論は、、、

「それぞれがそれぞれに今を感じて今を考えればいい。」

いろんな考え方の人がいるんだから、今回の事もいろんなとらえ方の人がいて当然だと思う。



海岸通りに出た。
側道に菜の花が咲いている。
この向こうのグラウンドまで津波はやってきた。
当然この菜の花も津波をかぶったんだろう。

DSC09764_20110320225258.jpg


今年になっていろいろな事を忘れていたように思う。

『page』にかかりっきりで、正月も返上で、辛うじて七草粥は食べたものの、
バレンタインは全く関係なく、菜の花も桜も今年はお預けかと思っていた。
でもこうして『page』が中止となり、いろんなものが見えてきた気がする。

そんな事を考えての今日の夕方散歩である。


ちょっと新しいことをはじめてみようっと。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夢のハイブリッドも。。。

昨日早朝、sotobo父母を岐阜の親戚のところにやった。
過剰な心配からの避難ではない。
海辺に暮らすふたりにとって「車」もライフラインなのだ。
11年乗った愛車が今回の津波で廃車となり、この落ち着かない状況ですぐに「ハイ!次の車。」とはいかない。
ある程度この余震が落ち着いてくれないと、次の車がきても気が気でならない。

いくら元気とはいっても、ふたりとも十分高齢の域だ。
この状況が落ち着くまで、、、
リセットするつもりで、ゆっくりしてきてもらいたいのだ。



しかし私はそうそうゆっくりもしていられない。
ふたりが留守中にその「ライフライン」を確保しなければならない。
という事で、、、

RIMG0001_20110320225257.jpg

生まれてはじめてハイブリッドカーなるものに乗った。試乗車だ。
久しぶりの国産車のディラー。
車を駐車場につけたその瞬間から営業がはじまる。
オーライのかけ声にはじまり、ドアを開けた瞬間に「いらっしゃいませ」。
久しぶりに味わう「お客さま」ムード。
とは言ってもまだ買うとも何とも言っていない。
まぁ、そんな事はさておき、、、
このハイブリッドカー。ビックリし通しだ。
長年わがままな外車に乗っていると、この日本人魂の結晶とも言える至れり尽くせり感満載の装備には恥ずかしくなるほどである。
装備を褒める前に、何といってもこの走り。
このハイブリッドたるeco魂がこの走りから伺える。
何という静かさだ!!!
極端に車知識の薄い私なので、このハイブリッドの良さを伝えるには些か力不足ではあるが、いや~楽しんだ。試乗コースも延長コースとなってしまった。
夢のハイブリッドカー!!

と夢もそこまで。。。

今回の震災の影響で納車が確定できないのだ。

「今の段階でお話しできるのが、、、5月の初旬から中旬、、、」

……。。。

そこまであのふたりも岐阜に滞在はできない。
H○NDAさんがそうなら他のメーカーも同じだろう。

いや~どうしたものか。

やはり今回の震災はいろんなところに影響してくる。
聞いた話では、地鎮祭が終わっても施工にはいれないらしい。
建築資材が震災地優先になっているからだ。

さてさて、次なる手立ては、、、。

| ソトボ 日誌・生活 | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新たな出発

懐かしく感じるこの数ヶ月。
あんな事もあったこんな事もあったと話しながらラーメンをすする。
まずは腹ごしらえ。

何もなかったかのように今日も平和な青い空が広がりました。。。




DSC09743.jpg

撤収完了。


DSC09219.jpg



『page』について

3月3日から4月5日まで開催を予定していました『page』ですが、
本日3月18日をもって中止とさせていただきます。

このたびの地震と津波。
東北地方を中心に多大な被害をもたらしました。
そして福島の原発事故をも引き起こし、平穏な日々にはほど遠い状況です。
そして私たちが暮らすここ千葉も、ほんの数キロ先の片貝や旭、飯岡では
大変な被害に見舞われています。

「今私たちに何ができるか」
それは現実をちゃんと知り考える事だと思います。
節電、エネルギーの確保、皆さんのちょっとした意識が大切な時です。
私たちも色々考え悩み、そして今回の判断に至りました。

お越しいただいた方々、ありがとうございました。
そしてこれから予定されていた方々、ごめんなさい。
いつの日か、笑顔が戻ったその時に『page』でお会いしましょう。
私たちは新たな『page』に向って歩みはじめます。

再会を楽しみにしています!


余儀なく避難されている方々へ、心からお見舞い申し上げます。
そして多くの失われた尊い命にお悔やみを申しあげるとともに、
いまだ行方のわからない方々の一刻も早い救出を願うばかりです。

今年の春はちょっと遅くなりそうですが、
一日も早く暖かな暮らしが戻ってくることをお祈りしています。

                        .....『page』



ぽっかり心に穴が空いた感じだけど、、、

『page』第二章に向ってがんばります。

| 『page』 | 23:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今後の『page』について

きれいな青空が広がっています。
本当なら春の訪れを感じながら、三連休を楽しみにしていた方もいっぱいいたでしょう。



今回の震災にあたり、今日18日まで 『page』 の営業を見合わせて参りました。

被災地の現状、今も止まぬ余震、そして原発問題、計画停電、ガソリン不足、、、。
平穏な日々にはほど遠い現状が続きます。

期間途中ではありますが、ここで 『page』を中止する事を決断しました。
具体的な事はまだひとつも決めていませんが、また違ったかたちで 『page』を開催できたらと考えています。
つまり、、、延期です。

この三連休に遠方から来ていただける連絡もいただいていました。
また週替わりのカレーを楽しみに予定していただいている方もいます。
心配してメールや電話も沢山いただきました。
さっきも駅で声を掛けていただきました。

今日までずっと考えていました。悩みもしました。

今我々にできること。。。

少しでも節電し、エネルギーを無駄にしないこと。そして願うこと。

今の現状を我が身において考え、このような結論に至った次第です。

ひと月あまりの企画でしたが、10日ほどでこういう結果となりました。
足を運んでいただいた方ありがとうございました。
不慣れなカフェに「おいしい」と言っていただいた言葉が懐かしいです。
そしてこれから来ていただく予定だった方、ごめんなさい。

このような状況である事をご理解いただき、次なる『page』を楽しみにしていただけたらと思います。

また、どこかでお会いしましょう!

DSC08655_20110311070044.jpg


そして、
まだまだ避難を余儀なくされている方々へ、心からお見舞い申し上げます。
残念にも失われた多くの尊い命にお悔やみを申しあげるとともに、行方不明となっている方々の一刻も早い救助を願っております。

同じ海の側で暮らす者として、、、

| 『page』 | 13:12 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一宮海岸を歩いて、、、

今日は2回目の計画停電。
小さな火なのに、心落ち着くのは何故だろう。

DSC09213.jpg

停電解除になった途端、大きな揺れがきた。
余震が続く日々。

そして私の心も結構揺れている。



あの日以来、はじめて一宮海岸を歩いた。

DSC09719.jpg

あまり知れ渡ってはいないが、ここ一宮も被害を被った方が沢山いる。

津波はやって来た。

一宮川付近の方は床上浸水に見舞われた。
押し流される事はなかったようだが、多数の車が水に浸かってしまった。
sotobo父の車も今日廃車を余儀なくされた。11年大事に乗った車だった。

DSC09670.jpg

DSC09717.jpg

海岸にも爪痕は残る。

DSC09684.jpg


ずっと考えながら海岸を歩く。


みんなそれぞれ恐怖を感じ、避難された方も沢山いる。
でも同じ一宮に住んでいても今回の被害について知らない方も沢山いるようだ。

それってどうなんだろうか。。。

海辺に暮らすが故の惨事が今回の津波だ。
被害がなかったから「よし!」とは決してならない。
自分たちの暮らす街がどうなったのか、どんな被害があったのか、
知り考える事が必要だと思う。


情報が少ない。


被害がなければ、何変わらぬ生活はできる。
でも隣で被害があれば、知り考える必要がある。
言葉悪いが、明日は我が身。

行政が今回の被災についてどういった発表をされるのか、、、。

これまた言葉悪いが興味がある。



朝から厳しい北風が吹き荒れる。
海岸も砂が舞って目もあけられない。

昨夜海外の友人からメールが届いた。
今朝は『page』がどうなるのかと、訪ねてきてくれた方もいる。

DSC09692_20110318003312.jpg

毎日毎日考えている。

私の心も結構揺れたが、漸く落ち着いた。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:31 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ここsotoboの事

海辺に暮らす友人。

海外の報道カメラマンの案内と通訳の依頼から東北入りを目指すも、
この首都圏からの脱出もままならない今の状況。
急遽、ここ九十九里で被害の大きかった飯岡地区に入った。
比べる事ではないが、被害の大きい東北地域にメディアが集中している中、
我々の暮らすここsotoboでも多大な被害を被っておられ、復興に人力されている方々がいるのも事実。

ちゃんと知って、ちゃんと考える必要があると思う。

  房総半島でゆっくりと丁寧に暮らす

| ソトボ 日誌・生活 | 11:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

暖かな場所で温かな朝食

只今朝の7:00。

DSC09604_20110316104802.jpg

太陽が山の上に到達し、明るい陽射しが石釜を照らしはじめた。
撮影が終わり、このような時期に恐縮するが、今日だけはホンの少し贅沢な朝食をいただいた。

石釜から「マルゲリータ」。

DSC09166.jpg

燃える薪の暖かさと香ばしいピザの匂いに久しぶりに安堵した気分だ。



延期していただこうか迷ったが、何かひとつずつでも平常に戻したくて、、。
暗いうちから出掛けた。

石釜工房「パン・ド・ナル」さん。

DSC09119.jpg

お店のポストカード用の写真を撮影。(前ブログ

早朝、窯に火をおこす時間にお邪魔した。

DSC09100.jpg

ご自慢の薪炊き石釜。

DSC09608.jpg

冷え込んだ今朝もこの重厚な扉の前では汗ばむほどだ。

撮影後、お手製の「マルゲリータ」をいただいた。

DSC09158.jpg

暖かな場所での温かな朝食。

有り難い気持ちに包まれます。。。

DSC09600.jpg

  石釜工房「パン・ド・ナル」

| 写真館ソトボ日誌 | 10:46 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

考えさせられる時間から考える時間に。

今、福島で雨が降り出した。
天気予報では雪マークもついている。
ただでさえまだまだ春にはほど遠い東北地方に、このような状況での雪マークはつらい。
春は待ち遠しいが、今年はどんな春がやってくるんだろうか。



考えなくてもすんでいたことを、ひとつひとつ考えなくてはならなくなった。
そしてこれまで考えもしなかった事を、あらためて考えさせられるようになった。


今日もちゃんと食事ができた。
顔も洗えたし、シャワーも浴びれた。
でもテレビに写し出されている被災地では、その当たり前のような事が何ひとつ叶わない。
何も避難されている方と同じ暮らしをする必要はない。
でも心に留めて行動する必要はある。


考えさせられる時間から考える時間に。


自分に何ができるか。


食事もできて、顔も洗えてシャワーも浴びれるんだから、
その分考えないと。。。


『page 』。

思ってもみなかったページが刻まれた。
でもこれも大事なページ。

『page』で何ができるか。

それを今考えています。。。

DSC08701.jpg

| 『page』 | 23:08 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三日目の朝を迎えて、、、

泥だらけの車を洗った。
頭も丸刈りに戻った。
『page』の準備で散らかりまくってったアトリエを掃除した。

DSC09479_20110315080827.jpg

ちょっとでもさっぱりしたかったんだろう。




朝がきた。

計画停電が見合わせになった。
外房線が動いていない。
ガソリンスタンドが軒並み休業。
店頭から電池やガスボンベや懐中電灯が消えた。
水はどっこにもない。
水没した父の車を修理に出した。
安否を気遣ってくれたメールや電話に心休まる。
ジョルノはかわりないが、ヴォナはご飯を食べなくなった。そしてずっと甘えている。
普段混まない道路も朝から渋滞。
スーパーのレジは長蛇の列。お会計まで30分もかかる。
ホームセンターのワゴンがない。ワゴン以上のお客さんの数。
コンビニの食料品の棚がスッカスカだ。
テーブルが避難食や当面の食べ物でいっぱいだ。

DSC09095.jpg

久しぶりにリュックを出してきた。
知り合いのお店が壊滅したと連絡がきた。
海岸には曲がった看板が残っている。
ご近所の水に浸かった家財道具の回収がはじまったようだ。
原子炉事故の説明は理解できないが、スイッチひとつで使える電気はやはり有り難い。
遠方の友人から必要なものがあれば送るからというメールがうれしかった。
テレビの映像に「再会」の文字が写し出されはじめた。
反面、残念な映像に心痛む。
ご近所の犬のヘンな泣き声にちょっとドキッとしてしまう。

そして静かな夜だ。

昼間あれだけ揺れていたのに、
夜になって揺れを感じなくなった。
それはいいことなのかどうなのかわからない。
どこかに不安がつきまとう。

気分転換に新しいトートバッグのサンプルを縫おうかと思ったが、
節電の為やめた。

DSC09091_20110315080828.jpg

明日はどんな朝を迎えられるんだろう。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今週の『page』について

まだまだ余震が続きます。

本日から3/18(金)まで臨時休業とさせていただきます。

18日の段階でそれ以降の営業について判断したいと考えています。

申し訳ございませんが、こういった状況である事ご理解いただきたく思います。

そして一日も早く平穏な日々が訪れる事を願うばかりです。

| 『page』 | 13:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

この何喰わぬ青空の下。。。

何もなかったかのような青空。
そして何もなかったかのように青く静かな海。
「これぞ春!」というような陽気に包まれ、
何もなければ暖かな休日となるはずだったんだろう。

DSC09473_20110314002640.jpg

時折まだ揺れが続く。
その度、この陽気とは似つかない不安な気持ちが過る。
こんな不安な状況でお客さまを迎え入れることはできない。

『page』café。

昼過ぎに閉める事にした。



一昨日の地震

津波はここ一宮にも到達した。

この何喰わぬ青空の下、浸水で浸かってしまった家財道具を運び出し、
溜まった泥を掃き出している光景が広がる。
テレビで写し出された光景ではなく、ホンの近所の光景である。

話を聞くと、、、

「2~3メートルの津波があっという間だったよ…」と。


ただただ胸が痛む。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本日の営業中止

午前中、余震が続きました。

誠に申し訳ないですが、

本日3/13(日)午後からの

営業を中止させていただきます。


また、来週から宜しくお願い致します。

| 『page』 | 13:57 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本日の『page』

こうしてテレビに写し出されている映像は、同じ海辺に暮らす者として他人事には思えない。
明日は我が身。いやいや明日どころか、いつ何時この目の前の海が襲ってくるかわからない。
散歩したり、眺めたり、波乗りしたり、カメラにおさめたり、、、
何かと心休めるのに一役買ってくれている海なのに。。。
自然の猛威の前では何も太刀打ちできない。

今こうして無事でいられる事が当たり前とは思えない。


本日3/13(日)ギャラリー、カフェ共に

営業させていただきます。


カフェにおきまして十分な準備ができていないため、ご注文におこたえできない場合もございます。
ご理解の程、宜しくお願い致します。

| 『page』 | 07:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本日、臨時休業のお知らせ

昨日の地震と津波の影響により、

本日3/12(土)のギャラリー、カフェは

臨時休業させていただきます。


本日お越しいただく予定だった方々、申し訳ございません。
またお越しいただける事、心よりお待ち申し上げます。

| 『page』 | 07:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

突然!!

安否確認のメールやお電話いただいた方々、ありがとうございます。
なかなかうまく繋がらなかったりでご心配をおかけしましたが、
一応無事に避難することができました。
ニュースで報道されている無惨な状況まではいかなくても、
海岸近く故の恐怖を味わいました。

津波。。。

まだまだ予断を許さない状況が続きます。
余儀なく避難されている方、お気をつけください。
不安な夜となりますが、今は無事を祈るしかないと思います。


そして、犠牲になった方々のご冥福を心よりお祈り申しあげます。

| ソトボ 日誌・生活 | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あらためて『page』

ページをめくる。
小説であれば、ページをめくるたび繰り広げられる世界にワクワクする。
雑誌であれば、新たな発見にドキドキする。
そんな胸ときめく気持ちが『page』には含まれます。
そして『page』の持つ可能性。
それは夢であったり、ちょっとした憧れだったり。
写真だけにとどまらず、いろんな分野に『page』は広がります。

と、こんな冒頭で『page』がはじまります。

DSC08731_20110311070044.jpg



漸くこの『page』について少し綴ろうと思う。


当初私の写真展として『page』がはじまった。
でもどうせならいろんなところに『page』があっていいのかなと思た。

DSC08651.jpg


ブランドと言っていいのかどうか、、、。

『page』印の様々なアイテムが暮らしの中に溶け込んでいく。
衣に。食に。住に。そしてデザインに。
そんな事をちょっと夢見てる。

だから、、、

『page』 photo。
『page』 cafe。
『page』 tote。
『page』 ai.。

試行錯誤。頭の中と現実を行ったり来たり。
気持ちが先走ったり、頭の世界が莫大に広がったり。。。


無理のないカタチで、スピードで、実現に向けて進んでいけたらと思っています。


どうぞ、『page』にいらしてください。

DSC08655_20110311070044.jpg

| 『page』 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第二ステージのはじまり。。。

『page』についてゆっくり綴ろうと思っているが、
どうもバタバタで落ち着かず、今日も見送りムードだ。



まずは私のこの爆弾ギックリ腰にご心配いただき、
沢山の方々からのコメントやメールやお電話に勇気づけられました。
中には厨房での皿洗い体勢のアドバイスまでいただき、明日から実践しようと思います。
本当にありがとうございました。

ブログでも綴りましたが、いつものノックダウン状態ではなく、
日常生活に支障の無い程度のライトギックリ腰ですみました。
とはいっても油断は禁物。明日からの第二ステージ細心の注意でのぞもうと思います。

ホットドッグ

マンゴーボール

『page』café では新たなメニューの登場と、予告通りのキーマカレー

『page』tote では次なるデザインが頭の中で浮上しはじめ、近い日にカタチになればと思っている次第であります。

DSC08825.jpg


そして新たにブログで紹介していただいた方々、ありがとうございます。
勝手ながらリンクさせていただきます。

 プレジャーガーデンさんブログ

 days

 SEA SIDE LIFE

 [11+11] + (one+one)


第二ステージ、はじまりはじまり。。。

| 『page』 | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

流し台の高さ、、、これが来週からのテーマである。

比べる事自体失礼な話だろうが、静かな朝を迎えられている。
同じ仕込みでもこうも違うかと思わざるをえない。

DSC08919.jpg

湖の畔にひっそり佇み、四季折々の自然の変化をこうして感じながらお客さまを迎えられるのだろう。

DSC08930_20110309083134.jpg

来週の撮影の下見にお邪魔した「café+salon 森里音」さんでの一幕である。



さてさて、私たちも仕込みの準備。
新しいメニューの登場である。

DSC08951.jpg

DSC08983.jpg

詳細は明日。。。
休んでいる暇はないのである。


昨日のクシャミ一発ギックリ腰だが、どうも軽症ですんだようだ。

ほぐし職人さん、今日は急な対応ありがとうございました。
aiさん共々感謝です!


さてさて、この原因。流し台の低さが私たちの腰を痛めつけているご様子。

流し台が高くできないなら、床を掘り下げるしかない、、、ってか。

どうしたものか。。。


| 『page』 | 23:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蓄積エネルギーの爆発!?

〈No Picture Day〉

長く感じるだろうと思った一週目も、終わってみればあっという間だ。
そのあっという間に疲労も溜まりに溜まった。
もともとギックリ腰と長年つき合ってきてる私である。
この数ヶ月の準備とこの数日の慣れぬ立ち仕事で、腰がギブアップ寸前なのはわかっている。
わかってはいるがもう少し辛抱してくれ。
今寝込む訳にはいかないのである。
そうやって私の腰に言い聞かせ今日までやってきた。
しかしそんな私の願いもむなしく、、、。



久しぶりの休日とはいかず、来週の仕込みと作戦会議に朝からバタバタがはじまる。
昨日の春本番を思わせる陽気も今朝には一転!またもや極寒の朝に舞い戻った。
この気温と気圧の急激な変化に腰は敏感なのである。

注意。。。注意。。。注意。。。

さぁ、出掛けよとした瞬間である。
どこからともなく、前兆すら、前触れすらないまま一発のクシャミに見舞われた。


ヘックショーーーン!!!


と、同時に、、、


ドーーーン!!


思わぬクシャミ一発に腰に鈍痛が走った!

経験は無いが、大きなハンマーで腰を強打された感じと言えよう。

あぁぁぁぁ…………

紛れもない絵に描いたようなギックリ腰のはじまりだ!
だましだましやってきた私の腰の崩壊の瞬間である。
一瞬目の前が真っ暗になった。

悔やんでも仕方がない。なった以上は完治目指すのみ。
とは言っても、残り4週間をこのダイナマイト腰を抱えてどう乗り切ればいいと言うのだ。

あぁぁぁぁ…………

とりあえずソファーに倒れる。。。


各方面、便利でデジタルな世の中になった事に違いはないが、
私のこの腰だけはアナログ街道まっしぐらである。

トホホホ……。。。

| 未分類 | 23:59 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。