2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年もいよいよ大晦日

昨日火のついた大掃除は続く。。。
とはいっても今日一日で2010年は終わってしまう。
できるところまでってことで。。。



掃除の中で一番難しくコツを要するのが「窓みがき」だと思う。
数ある便利グッズあれど、やはり基本は丁寧に磨くってことだ。

DSC08257.jpg

その前に落書き。。。ソトボくん。。。(前ブログ

床に写し出されたソトボくん。。。

DSC08264.jpg

遊んでいる場合ではないんだけど、以外にかわいい。


大晦日だ。
5月に結婚式の撮影をしたF澤家のふたりが帰省前に寄ってくれた。
「お歳暮で~す。」と。

DSC07116.jpg

あっ、ドアのノブにも何か掛かっている!?

ちょっとしたこういう事ってうれしいのだ。



大掃除の取りは、カメラの手入れだ。
今年一年お世話になった。当然だが来年もお世話になる。

DSC08271.jpg

ちょっと振り返る。。。

2010年。何といっても「写真館ソトボ日誌」をスタートした事だ。

そしていろんな方と出会った。
そしていろんな写真を撮った。
アルバムにもした。
そしていろんな話をした。
そしていろんな刺激をいただいた。

笑って、食べて、飲んで、楽しんだ。
切って、貼って、カタチにした。
悩んで、考えて、ちょっと成長した。


カメラ同様、いやいやそれ以上にお世話になった皆様。
この「ソトボ日誌」を読んでいただいている皆様。

2010年、本当にありがとうございました。

あと数時間で2011年がやって来ます。

その2011年もどうかどうか宜しくお願いします。

ソトボくん、2011年も走ります!!ってか。
スポンサーサイト

| ソトボ 日誌・生活 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

年末の仕事アレコレ。。。

年末の一大仕事である年賀状を書き終えた。。。

DSC08251.jpg

これでホッとはしていられないが、一応ホッとしてしまう。



毎年大掃除は、体が元気に動く気候のいい時期と決めている。
何もこんなに寒い時期に凍えながら水仕事や何かと追われる年末にしなくてもと思っている。
思っているが、世間は大掃除モード。
奇麗にして新年を迎えたいという気持ちは私も同じ。
体が反応してしまうんだなぁぁ。。。

レンジまわりや調味料の棚など、せこせこ掃除しはじめた。
性格上、やりはじめたら止まらない。。。
つかなくてもいい火がついてしまうのだ。

しっかし出てくる出てくる。賞味期限や消費期限のオーバーした調味料やその他諸々。。。
そんなにその期限ってものに敏感な方ではないんだが、度が過ぎた期限越えのものはいたし方なく廃棄だ。。。
集めてみてもカメラに収まりきらない程だ。

DSC08253_20101230231455.jpg

ホンの一部。。。

掃除よりこっちが問題である。
問題である分、心も痛む。。。

この調味料たち、燃えるゴミ燃えないゴミの分別も問題である。

いやいや、問題は私自身である。反省。反省。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寸胴鍋の賜物

昨日、たまあーとさん2010年納会ということで、ちょっとお邪魔した。

DSC06967.jpg

寸胴鍋が並ぶ。それも半端な大きさじゃない。
いつもはみなさんのアートの場となっているアトリエも、今夜は心底暖まる香りが立ちこめている。
その香りの正体は、、、
こまちださんが朝から奮闘して煮込んだらしい。。。



図々しくもその寸胴鍋の一番小さいのを持って帰ってきた。
当然中身もちゃんと入っている。

DSC07075.jpg

中身はと言うと、、、

DSC07077.jpg

サムゲタン


このコラーゲンいっぱいのスープでラーメンを作りたくなった。

シンプルでいい。
シンプルがいい。

DSC07086.jpg

スープに煮込んで崩れた鶏肉を残し、長ネギをぶち込んでさっと煮込む。

DSC07089.jpg

やっぱり、ちぢれ麺。

時間が勝負。。。

あっという間に完成だ。

DSC07094.jpg

チンゲン菜をのせて、ちょっと食べるラー油をトッピング。

味は薄めだが、コクと計り知れないいろんなエキスの賜物だ。
心底温まる。おいしい。


韓国料理に火がついた。。。

年明けは韓国料理からかな。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:28 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出掛ける前の寄り道 インド旅行編

今日は写真なし。想像してください。。。



寄り道はつづく……

八街駅の近くにインド料理屋さんがあって、その2階で食材を売ってるの。」

先日kmさんのこの一言が気になり、寄り道その2である。

日も陰りだした夕方前に八街駅に到着。
小さな商店街の一角に、、、
あるあるインド料理屋さん。。。

田舎の駅の商店街。
師走の慌ただしさも感じない、いつもと変わらぬ空気なんだろうと想像してしまう。ただスピーカーからはエレキギターの音楽が流れている。

確かにお店の入口横に細く暗い階段が2階に伸びている。
見たところ、2階に行くにはこの階段しかなさそうだ。
半分程降りたシャッター。錆びつき朽ちた感は、シャッターとして役目を果たしていないだろうと思える程だ。
覗くが薄暗すぎて2階が見えない
シャッターだけでなく、その階段も壁もそれなりにシャッターと調和のとれた朽ち感がある。
どう見ても、、、百歩譲っても、、、この2階で商売をしているとは到底思えない。
しかしkmさんの「……その2階で食材を売ってるの。」に値するのはこの階段だけだ。

「オープン」の看板を信じて1階の店内に。
1階のお店はそれなりにインド料理屋さんだが、ところどころくすぐられる演出がなされている。
その演出はセンスでもこだわりでもない。人が生きている証。雑然の中の美のようなものだ。

しかし誰もいない。声を掛けても反応なし。
あきらめて店を出たらひとりの外国人の男性が店の前で電話中。電話中なのにわざわざ「モドッテクルカラ。」と教えてくれた。
店の人が戻ってくるってことだ。

............。。。


このシチュエーション、完全に日本ではない。

そうなのだ、さっきの「この2階で商売なんて、、、」ってのも、それは日本故の勝手な常識に当てはめての事。
旅先、それもアジアに行くとこんなシチュエーションなんて当たり前の当たり前。

先日から「旅行行きたい病」の私に、旅行気分がわなわな沸き立ってきた。
こうなると先ほどの謎めいた2階に期待が膨らむ!!


店主(?)であろう男性が戻って来た。当然日本人ではない。
先ほどの電話中の男性は、牛乳を頼まれ買って来たようだ。

「ニカイデ インドノショクザイヲウッテイルト キイタンデスガ、、、。」
その店主らしき男性に説明をした。当然日本語で。
店主は片言にも満たない日本語とインド英語とわかりづらい手振りで、2階に案内してくれた。
当然、期待膨らんだその階段で2階へ上がった。
案外朽ちたシャッターはスムーズに上がった。


期待通りの店内。
何年も変えていないだろう曇った蛍光灯に照らされた怪しき(雰囲気ね)食材たち。
日本の過剰に安全面と衛生面を考慮した包装などどこにもない。
簡素な包装に直接値段が書かれたりもしている。
棚には香辛料に様々な豆類、CDや歯磨き粉までも。冷凍庫には肉が並ぶ。

何かわからない商品を聞くと、やはり片言の満たない日本語とインド英語と身振りで説明してくれる。
多分50%は間違った解釈をしていると思うが、それはそれでいい。

値段が書かれているものはいいが、書かれていないのがほとんどだ。
聞いてもすんなり値段が出てこない。
あってないような値段なのか、時価(?)なのか。。。
いやいや買い物は交渉である。
そんな買い物も旅先での醍醐味なのだ。

物色は続く。。。

その店主も「ナニシニキタンダ?」と思っているかもしれない。

インドの米の入った袋がかわいい!!
5キロ入りだ。
当然ノープライス。
聞くと間があいて、、、「サンゼンエン。」
値段が可愛くないのであきらめた。


そんな30分程の旅行気分。

DSC07074_20101229121255.jpg

来年のカレー道に使おう。。。


八街インド旅行。
こういうの、大好きなのだ。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:54 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出掛ける前の寄り道 その1

出掛ける前にちょっと寄り道である。

その1……

緑溢れる「昭和の森」に隣接した住宅街の中に
RCの箱とシャープな弧を描いた鉄骨の箱が匠に重なり合い、
オブジェをつくり出している。


ホキ美術館」。

DSC06943.jpg

今秋11月3日にオープンした写実絵画専門の美術館。


中は入らず、美術館のまわりを散策。

DSC06934.jpg

建築物は人が作る人より大きな作品だ。
故にその建物がまわりの環境を左右するし、変えてしまったりする。
そしてそれが美術館となると尚更だ。

DSC06941.jpg

今日のように晴れ渡った空をバックに浮かび上がったこの建物。
見応えがある。

DSC06936_20101229112225.jpg

DSC06937.jpg

何気なさを感じる植栽もいい演出をしている。


自然に晒され変化していくのも楽しみだ。

DSC06944.jpg


寄り道はつづく。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

師走、年の瀬、年賀状。。。

クリスマスらしくないクリスマスも終わったら、一気に師走ムードだ。
といってもこうして夕方海岸に出るまでアトリエにこもりっきりだった。
それで師走ムードも何もあったもんじゃないが、こもって年賀状を作っていたから師走は師走なのだ。

DSC08245_20101227015442.jpg



写真館…ってくらいだから写真メインの年賀状が妥当だろうが、どうもピンッとこない。
今年も写真なしの年賀状をお届けする。
はじめに言っておくと、多分元旦には届かないだろう。

CMの「25日までに投函を!」ってのに間に合わず、すでに今日は26日でまだ出せる状態でも何でもないからだ。

どうも毎年この年賀状とやらに、見えないプレッシャーと息のぬけない切羽詰まった感に追いかけ回されている。
「そこまでして年賀状を…」と思われる方もいらっしゃるだろうが、そこは譲れない日本文化へのこだわり(?)じみたものが君臨しているのだ。
簡単でお金もかからないメールでの新年のご挨拶が主流になりつつあるが、どうもそれには便乗できない。

元旦の朝、ポストに投函される音を心持ち楽しみにしている自分が毎年いる。
正月はやはりお餅とお酒と年賀状なのだ。

とは言っても毎年年賀状をくれるメンツは決まっている。
その面々も大なり小なり年賀状ってものにこだわりがあるんだろう。

先日ちょっと聞いた話で、、、
もらった年賀状をどうしているかって事で、お年玉年賀状以外は見たら捨てるって人が案外多いらしいのだ。
何とも寂しい話であり、切ない話である。
確かに年賀状を見直すってことは、、、まぁない。
でもなぁぁ。。。

DSC06930-1.jpg

お見せできないが、今年はアメリカンコミックのような派手な年賀状になった。

今年もあと残すところ5日である。
別段何がどうってことはないんだが、この年の瀬の押し迫った窮屈感みたいなものがどうも苦手だ。

正月だって365分の1。。。

そして今日の365分の1はsotobo母の誕生日だ。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日だまりに温泉.....温かさが恋しい季節です。

ここに来て風の強い日が続く。

ランチがてら新しくオープンした食堂にお邪魔した。
なないろさんのクレイクラフトの展示を拝見。。。
日だまりにちょこんと座るサンタの背中が健気である。

DSC06852.jpg


家の日だまりにちょこんと寄り添うコイツらは、
掃除機が恐くいつもこうして掃除の終わるのを待っている。

DSC06847.jpg



「ソトボサンタさんへ」というメールが届いた。
5月に結婚式の撮影をしたR平くんからのメールだ。
この週末ひとりだから相手して欲しいとのメール。
ビールとワイン持参で参上。

聞けば、一昨日に続いてまたまた幸せな話だった。
「メリークリスマス!」より「オメデトウ!!」で乾杯した。

DSC06905.jpg

ホットサンドハンバーガーとでも言いましょうか、、、。

クリスマスっぽくはないけど、「オメデトウ!」でかぶりついた。

DSC06918_20101226095415.jpg



昨日のモミの木を車に吊ってみた。
今日一日の出番だが、何ともいい感じにキラキラ揺れている。

DSC06871.jpg

明日からは年末気分満載だろう。

ゆっくり、ゆっくり温泉につかりたいねぇ。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イブに何想う。。。

なにも世間が浮き足立つイブに、わざわざ東京くんだりまで出掛ける事もなかろうに。。。

神田、小伝馬町、秋葉原、恵比寿、渋谷、原宿、新宿……

自分が鈍感になったのか、世間が景気低迷と共に萎縮しているのか、
街は然程クリスマスクリスマスしていないよに思う。。。

しかし新宿もここ表参道も、お決まりとなった聖なる夜の演出はやはりスゴいものがある。
チッカチカだ。。。
聖なる…とは言ったが、聖なる…っぽく思えないのは私だけだろうか。

RIMG0010_20101225000443.jpg

ということで、イブの東京をひとり寂しく練り歩くの巻。。。



情報は大切である。
いくらネット社会が無限に広がったと言え、やはり実際を目で見て、手でさわり、感じて、その空気を共有する。
そこに大切な何かがあるのだ。

悩むより感じる。。。
感じたらカタチにしてみる。。。
カタチになったら考えましょう。。。

そんな標語まがいな言葉を胸にひとりテクテク東京を練り歩く。

やはり東京はスゴいところだとつくづく思う。
ここsotoboの良さは良さとしてちゃんとあるが、
この一極集中と化した東京のセンスと情報量はスゴいものがある。

だからイブであろうがチッカチカであろうが東京には行くのだ。



恵比寿「ファーマーズテーブル」で小ちゃなモミの木が気に入って買った。

DSC06828.jpg

ちょっとだけクリスマス気分を味わったかな。

| 東京 日誌 | 23:50 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幸せなお話。嬉しいお話。ロマンチックなお話。

でき上がったアルバムをお渡しする。
当たり前の事だが、ちょっと寂しい。

DSC06731.jpg

娘がいる訳じゃないが、娘を嫁に出す心境なのか。。。

9月に結婚式を挙げたふたりのアルバムを今日嫁がせた。

かわりにまた幸せなお話が聞けた。

DSC06747.jpg



最近、薪づいている。

私が薪ストーブや暖炉が欲しい病にかかっているからかもしれないが、
違ったかたちでまた私の前に薪が現われた。

DSC06785.jpg

店先に積まれた薪。
薪のよく似合う情景である。

ひょんなきっかけで先日お邪魔した時、嬉しいお話をいただいた、
石釜工房 PAIN DE NARU(パン デ ナル)」さん。

薪炊きの石釜で天然酵母のパンを作られている。

DSC06790.jpg

小さい時から山の中での暮らしと炭職人に憧れ、
こうして行き着いたところが自作の薪炊き石釜でのパン作りとの事。

DSC06766.jpg

ネーミングが「石釜工房」であって「石釜パン工房」ではない。
石釜工房なんですよ。」とオーナーのSさん。
屈託のない笑顔の奥に、ちゃんとそこにこだわりと思い入れがあるようだ。

DSC06768.jpg

菓子パンは均一の温度調整が必要で石釜での菓子パン作りは難しいとされているらしい。
でもSさんご自慢の石釜は、こうして奇麗にあんぱんも焼き上がる。

DSC06767.jpg

お昼過ぎなのにもうパンがほとんど残っていなかった。

ちょうど焼き上がったピザをいただいた。
3時のおやつにちょうどいい。

DSC06783.jpg

石釜の前で暫し立ち話。
そうこうしているうちに、次のピザが焼き上がった。
私もすっかり喉が渇いた。

DSC06762.jpg



隣町に出る前に海岸に。

DSC06806.jpg

3時を優にまわってしまったが、奇麗な夕焼けがはじまる時間だ。
ホンの10分、15分であっという間に空の色が変わっていく。

空の色が変わると海の色も変わる。
朝からの北風も漸くおさまってきた。

DSC06821.jpg

ピザをつまむ。。。

電線の横に一番星を見つけた。
夕焼けが夜の空へと変わっていく。

DSC06826.jpg

ロマンチックな話だ。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

心落ち着く藍色の海と脳が落ち着く甘い糖分

集中にも限度があり、限度を超えると煮詰まってしまう。

DSC06719.jpg

ほぼ放心状態。。。

年内最後のアルバム作りに取りかかるが、、、

放心状態。。。

DSC06721.jpg



脳が糖分を欲しがっている。

コンビニに糖分買いに出たついでに海に出る。

DSC08218.jpg

風か。。。


DSC08221.jpg

真っ青な海も気持ちがいいけど、この藍色に染まった海も心落ち着く。

DSC08230_20101222192336.jpg

DSC08224.jpg


スニッカーズ

DSC08232.jpg

この糖分で脳が落ち着くか。


ええ天気やぁ。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 20:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011年を感じながらも、、、

元気なさげに自分のベッドの中で包まっている。
朝からレントゲン4枚に、注射に、歯も1本1本、いたるところをチェックされ、ちょっとお疲れモードなのである。

数日前から咳き込むというか、人間なら喉の異物感にゲホゲホいうような…。
そんな症状がつづき、病院に行って薬をもらって来たが、昨日その症状が悪化したように思いもう一度病院で検査してもらった。

結果は断定できないが鼻腔の炎症が原因だろうと。

もともとヴォナは唾液が少なく、口の中に菌が溜まりやすい。
それで歯根が炎症をおこし、鼻腔に影響するらしいのだ。
犬の歯根は奥深いところまで伸びていて、特にこういった鼻の長い犬種は鼻腔の直ぐ側まで歯根が伸びているらしく、紙一重なのだ。

たまたま元気なさげな写真ではあるが、咳き込む以外至って本人は元気そのものである。

ちょっと辛いけど、頑張れよ。

DSC06638.jpg



残すところ2010年もあと数日である。

年内に仕上げなければならない事もまだまだあるが、
来る2011年に向けての準備もこれまた大切である。


夕方909ギャラリーさんにお邪魔した。

DSC06702.jpg

3月の個展の準備。。。

ギャラリーの各箇所の寸法を採寸。
まだ何がどうと決めた訳ではないが、少しでも動き出さないと前に進まない。
とは言っても、、、。。。

DSC08217.jpg


3年4ヶ月ぶりの皆既月食らしい。
天気がよければ「月の砂漠」の御宿海岸で拝めればと思ったが、
どうも次回への持ち越しのようだ。


ゆっくり2011年に近づいている。

ん...........。。。

このままいけば、正月休み返上だな。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ソトボ君」の憧れ。。。

正直、カレー屋さんに憧れがあるのです。。。



お目覚め一番、野菜を切りはじめた。

なす、ズッキーニ、たまねぎ、かぼちゃ、にんじん、トマト、エリンギ、、、。

DSC06537.jpg

カレー道であるタマネギの飴色街道は今日はお預け。
ガラムマサラもちょっと置いといて。

豚肉を程よく炒めたら、、、

DSC06540.jpg

野菜をドーーーン!!
香辛料をドーーン!!

DSC06545.jpg

チキンスープで煮込んで終わり。

ラタトゥイユみたいな感じのピリ辛スープカレーと言ったところだろうか。

DSC06553.jpg

ちょっとかぼちゃが煮くずれしてしまったが、、、。


大したカレーが作れる訳ではないが、
昔からカレー屋さんに憧れがある。

カレー屋さんだけでなく、憧れは山ほどある。


今は写真屋さんと洋服屋さんですが、いつかは......何屋さんだろう。。。

夢多き中年である。



さてさて、話は変わって、、、

先日の似顔絵(前ブログ)が気に入ってしまい、作ってしまった。

DSC08206.jpg

ソトボ君ハンコ。

年賀状に押そうかしら。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 21:57 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宅配カレー ”ソトちゃん” の巻

自分を囲むもの。。。

友人。家族。作品。お気にいり。花。本。相棒。などなど。

人それぞれである。




DSC06466_20101219235415.jpg

DSC06472.jpg

偶然の偶然が重なり、こういった小さなランチパーティーとなった。
KMさん家に、アンチョビKさん、Kるさん、Kンさん、C春さん、そして私。

時期を考えたらカンパイの音頭も「メリークリスマス!」だろうが、そこまで気分上々に「メリークリスマス!」ってことでもない。
小声で「メリークリスマス!」、先日のアンチョビKさんの誕生日もあったので一応「ハッピーバースデー!」も。

DSC06475.jpg


さてさて、メインはKMさんのクスクス

DSC06476.jpg

そして器たちのほとんどがKMさんの作品。
どっぷり陶芸にハマってしまったKMさんは、土をいじっていないと震えが起こるらしい。

私のクスクスは波々の柄の入ったお皿。(こちらはKMさんの作品じゃないけど。。。)
最高のお味である。

DSC06497_20101219234450.jpg


さてさて続いて、宅配カレー”ソトちゃん”の登場。
昨日のカレーの宅配である。

DSC06500.jpg


そして今日もスリー坊主健在。

DSC06503_20101219234450.jpg

DSC06519.jpg

DSC06484_20101219234415.jpg

DSC06530.jpg



懐かしい話に、現在の話。これからの話は興味深い。

食事の後は当然尽きぬ話が続くのである。

人やモノに囲まれ、、、
ましてや気の合う仲間や刺激し合える仲間に囲まれ、
好きなモノや思い出詰まったモノに囲まれ、、、

DSC06535_20101219234509.jpg

そんな環境や時間は尊いものである。

そして尊い時間はあっという間にすぎていき、、、

気づけば夕食の時間。ちゃんとお腹はすきだした。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:45 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カレー屋さんにも憧れる。。。

いろいろあって、sotobo家にアンチョビの面々が並ぶ。

DSC06462.jpg



わざわざ届けに来てくれたアンチョビ作者のKさんとKさん。
ちょうど昼時とあって、開口一番、、、

カレーは?カレー食べさせてよ。」
「コーヒーはいいから、カレー!」

ふたり揃ってカレーモードだ。。。

写真屋であってカレー屋じゃないし、
そんなにいつもいつもカレーを常備している訳でもない。

ものによっては数時間仕込みに寝かさなければならないものもある。

早く作ってよ的オーラも見え隠れしているじゃないかぁ。。。

今日のところはコーヒーとシュトーレンでね。。。

DSC06452.jpg


6個のタマネギのみじん切りで涙腺はヒートアップ。

夕方、カレー道がはじまった。

DSC08197.jpg

延々と目指す飴色への道。

飴色とコゲとは違うのだ。


明日のランチはsotoboカレーである。

| ソトボ 日誌・生活 | 22:50 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とんぼとレンゲ ♪

日中のぽかぽかソファーはヴォナが占領する。

DSC06393.jpg


朝食中の私の足元には陽射しに照らされジョルノが「そのパンちょっとください。」と。

DSC06397.jpg

平和なコイツらである。。。



車のオイル交換を済ませ、白里海岸までちょいドラ。

風は冷たいが、眩しい程に波が陽射しを反射している。

がっちり着込み、首にはマフラーをしっかり巻き、
顔と坊主頭でその風を受ける。

冬の海。

それはそれで気持ちのいいものである。

DSC06405_20101218013044.jpg



♪遠い夏 息をころし とんぼを採った
もう一度 あんな気持ちで 夢をつかまえてね♪

♪日暮れまで 土手に座り レンゲを編んだ
もう一度 あんな気持ちで 夢を形にして♪


かれこれ30年近く前の曲である。


夢中で遊んだ子供の頃の思い出が、大人になって一生懸命何かに打ち込む姿へとかわっていく。

懐かしい風景と子供の健気な姿を通して、好きだ!大好きだ!というストレートな表現以上に胸に届くものがある。

いい曲だ。。。


松任谷由実守ってあげたい」。


ひょんな事で懐かしい曲を耳にして、ちゃんと聴いた。

そして懐かしい曲に勇気づけられた。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気持ちにもスイッチ

完成。完成。

結婚式のアルバム完成。

DSC06391.jpg



継続は力なり。

とは言っても、、、
スイッチひとつで同じ事を繰り返してくれる機械のようにはいかないんだなぁ。

達成感で気が抜けたり、やる気がどっか行っちゃったり、
疲れるし、へこたれるし、関係のない悩みや想像が頭を支配しちゃったり。

その中でどうにか軌道修正して、また継続の道に戻ってくる。

実際は手先や道具を使ってモノを作ってはいるが、
でも本当は頭の中の想像と気持ちとで組み立てているようにも思う。


継続は力なり。。。
でも、継続には力がいる。。。よなぁ。。。


横でプリンターが次のアルバムを文句も言わずに次々排出している。
これが終わったらちょっと自分のスイッチもOFF。


最近つくづく旅行に出たいと思う。

そんな気持ちにスイッチONなのである。。。

| 写真館ソトボ日誌 | 23:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

41歳とアンチョビ

午後から風が強くなり、海もシケってきた。
リビングから眺める海の様子がみるみる変わっていく。
晴れて穏やかな日はいいが、こうして少しでも荒れだすと一転、恐怖に似たものを感じてしまう。

海が一望できるシチュエーションは憧れであるが、
その憧れの裏側に宿るキビしい現実との付き合いには覚悟が必要だ。

肌寒くなってきたので、暖炉に薪を焼べてくれた。

そう、生きていく上でスローライフなんて言葉はあり得ないと思う。
でも何をもってスローと言うか。。。
まっ、どうでもいいか。

そんな事よりひとこと言ってくれればケーキのひとつも持っていったのに。。。

坊主が坊主にケーキというのもまた、恐怖に似たものを感じてしまう。



帰ってパスタを作った。
アンチョビの苦手な私も、彼の作るアンチョビはおいしくいただけるのだ。
ある意味、好き嫌い克服に一役買ってくれたと言えよう。

DSC08173.jpg

 → アンチョビ


オリーブオイルでニンニクを炒める。
ちょっとカリカリになるまで炒めた。
ピリ辛気分に鷹の爪を2本。
後は茹でたパスタに彼の作るアンチョビを絡ませるだけ。

DSC08174.jpg

41歳と言えば、かの有名な彼と同い年だ。(前ブログ


Kさん、誕生日おめでとう!!

今夜は敬意を払って、アンチョビをいただきます!!

DSC08185.jpg

「これでいいのだ。」

| ソトボ 日誌・生活 | 23:41 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「午後の紅茶」のミルクティーで考える

お目覚め一番。
朝だけど昨日買った「午後の紅茶」のミルクティーを味わって飲んだ。
茶葉が2倍のスペシャルもあったが、ポピュラーの方を選んだ。
うん。なかなかおいしい。
このおいしさは、いろんな面において平均的の集結のような気がする。
つまりクセがなく、飲みやすいのだ。
この平均的というのがロングラン商品を生む、大切な秘訣なんだろう。

DSC08169.jpg



この平均的というのは読んで字の如く、極端な偏りよりみなさんが安心できる真ん中辺りの事だろう。

デニムでいう「レギュラーシルエット」。
歯ブラシの堅さでいう「ふつう」。
ステーキの焼き加減でいう「ミディアム」。

私のやっている事は「レギュラー」でも「ふつう」でもない。
「こだわり」を凝縮したようなものだ。


DSC08170.jpg

ジャバラのアルバムが完成に近づいた。
なかなかの出来映えにひとり喜んでいる。


ジャバラのアルバムって「レギュラー」でも「ふつう」でもない。
でも私の発想に賛同してくれる人がいて、そのでき上がりに喜んでくれる人がいる。
それでいい。それがいい。


来年に向けて「写真館ソトボ日誌」について模索中。

模索はするが、大切にしなくちゃいけない事はわかっている。

だから前向きに模索中なのだ。


夜中だけど「午後の紅茶」のミルクティーが飲みたくなってきた。。。

| 写真館ソトボ日誌 | 23:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秘めた何か

朝からごそごそクローゼットの中から防寒着を引っぱりだした。
一昨日などスーパーに行くのもスタンドに行くのもTシャツ1枚だった。
今日は中綿モコモコのお尻までスッポリのブルゾンスタイルでちょうどいい。

坊主頭の脳天に当たる冷たい雨に漸く冬を感じた。



ひょっとしたら誰しもが持っているのかもしれない。


自分の中に秘めた何か。


気づいていない才能だったり、
自ら封印してしまったやる気だったり、
チャンス到来を今か今かと狙っている秘密の××だったり、

いろいろだろう。

そしてちょっとしたきっかけが、、、

その才能に気づかせたり、
やる気が封印をぶち破ったり、
ここぞとばかりに××が爆裂したり、、、。


「写真館ソトボ日誌」をはじめて思ったのは、
まず「カタチにする」ってことだ。
手探り状態でもまずカタチにしてみる。
そしてそれを手に取り、裏から眺めたり、ちょっと嗅いでみたり(それはないか)、、、。

そしてでき上がったものからまた違った
何かが見えたりする。

それが失敗であっても同じ事だ。
失敗からより成功が見えたりする。

そしてそれは経験としてちゃんと自分の中に残っている。


「つくる」ってことから逃れられない自分の中に、
まだ秘めた何かがあるだろうか。


と、昼間の会話の中で出てきた「ティラミス」を食べながら、、、

自問自答です。。。

DSC06350.jpg


アトリエにある洋裁用ボディ。
この時期になるとモコモコのアウターのハンガー状態。
「厚着だろう。」ってくらいに次々掛けられていく。

朝クローゼットから引っ張りだした防寒着にマフラー。
その前ではブルーフレームに乗っけられたコーヒーポットのお湯がポコポコいっている。

DSC06363.jpg

暑かろうに。。。


今日はちょっと格好つけた事を綴ってしまったかな。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:08 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

またまた三日月ネタで恐縮です。。。

昨日の続きで一気に仕上げた。

DSC06301.jpg

「こどもアート展覧会」のフォトブック。22冊。完成。

DSC06304_20101213083921.jpg

「リースとかご展」のアルバムも、、、完成。

ここまでが午前中。
ここで力尽きたいが、そうはいかない。
まだまだアルバムの嵐は続くのだ。。。



コメントいただいたり、メール頂いたり、誰々さんのブログにも、、、。
結構、空を見上げている方が多い事に驚いた。

空を見上げるのは良いことだと思う。
気分転換、天体観測、深呼吸、目の疲労回復、願い事……様々な理由があろう。

かなり半月に近づいているだろうが、今夜も辛うじて三日月が拝めそうだ。


DSC06322.jpg

↑↑↑艶ふギャラリ-さんにて。。。

お月さんといえば、、、ウサギである。
月の模様がウサギが餅をついているように見えるというのが定説だが、未だかつてそういう風に見えた事がない。
メルヘンチックでロマンチックな話だが、心が曇っているせいか私にはどうもそういう風に見えてこない。

ウサギといえば来年は大役が待っている。干支だ。
来年は卯年

年の瀬も押し迫り、毎年頭悩ますのが「年賀状」だ。
どうもこの年賀状文化を足蹴にできないところがあり、毎年欠かさず書いている。

年賀状。。。

今年も悩みのリミットが近づいている。

DSC06327_20101213083917.jpg

↑↑↑アトリエのトイレにて。。。


今夜はちょっとリアルな月面を。

DSC08147_20101213083913.jpg

やっぱりウサギは満月かな。。。


さて、アルバム作り。アルバム作り。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寝起きの仕事の意味、、、でもグズグズもいい。。。

昨日の夜、気づけば雨が降っていた。
晴れ晴れしい三日月もいきなりの雨には太刀打ちできなかったろうに。
どうも12月…冬っぽくない天気がつづいてるような。。。



私は前日ないしその日の朝に、今日の予定を書き出す。
それから優先順位を決めて、仕事にとりかかる。

前日に予定を立てた時は、早起きして起きた途端に仕事に取りかかったりする。
パジャマ(Tシャツにスウェットだけど)姿に歯も磨かず顔も洗わず、起きてそのまま仕事をはじめるのだ。
そして予定の優先順位の1番目を一気に済ましてしまう。
それから朝食をとったり、歯を磨いたり顔を洗ったり、人並みの朝を迎える。

なぜか、、、
優先順位の1番目が朝食前に完了してしまうと、どこか気持ちにゆとりができるのだ。
そのゆとりの為に過酷な行動にでる訳だが、そもそも私は寝起きがいいのだ。

前にもこのブログで綴った記憶があるが、小さい時から唯一褒められるのが、寝起きの良さだった。
グズグズせず、ちゃっちゃと起きる子供だった。
要はその寝起きの良さを利用して、こういった一見ストイックな行動に出る訳だ。

DSC08109.jpg

昨夜完了したプリントアウト220枚。
これを裁断して440枚に。
今日の寝起き一発目の仕事である。

気持ちにゆとりが、、、。。。
とは言っても、まったくゆとりなど感じられないな。。。


そんな私でも、グズグズの気持ち良さも心得ている。

12月は終止アルバム作りだ。
落ち着いたらグズグズしてやろう。。。
朝食とって、歯も磨いて顔も洗ってもグズグズしてやろう。。。

子供のような小さな夢である。



さぁさぁ、三日月フリークのみなさん!
今夜の三日月です。

DSC08143.jpg

弱冠半月に近づきつつあるのは否めないが、今夜も立派な三日月である。

いきなりの雨は勘弁願いたい。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日もええー天気。今日もええー三日月。

今日もええー天気。

海から昇った朝日が、私のアトリエのブラインドをすり抜け、
通り土間の黒壁にこうして模様を描く。

DSC06257.jpg

携帯の電波「バリ3」どころか、「バリ7」だ。
今日は「バリ7」でいこう。。。



今日もええー天気。
この時期の昼間は快適なsotoboリビングだ。

DSC06268.jpg

特等席を知っているヴォナは、、、

DSC06270_20101210184508.jpg

あくび。。。


DSC06290_20101210184622.jpg

縫い物らしい。。。

DSC06277.jpg

影だけはスヌーピーのジョルノ。

まったりしてたかと思うと、こうして一緒に動き出す。

DSC06288_20101210184622.jpg

今日もええー天気。


私はというと、日が暮れてもアトリエにこもりっきり。
暖か陽射しの恩恵知らずで「バリ7」でアルバム作りだ。

DSC06294.jpg
↑↑↑アルバムのパーツ。。。


夕方、自転車で表に出た。
昨日とは微妙に違っているんだろうが、わかりゃしない。
今日もええー三日月がポッカリあらわれた。

DSC06292_20101210191213.jpg

明日もいい天気なんだろうが、私はこもりっきり。

「バリ7」でアルバム作りは続くのだ。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 20:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12月の陽気とカレー

寒さが厳しくなるとはいうものの、こうやって日中庭に出るとTシャツ1枚で十分だったりする。

12月なのか。。。
12月だぞ。。。

ポカポカ陽射しに顔が暑い程だ。
体の中からは香辛料が血行促進に一役買っているのか、体温が上がっているのがわかる。
そう、昨日からのカレー道。
寒いかと思ったがこの陽気だ。思い切ってデッキで実食だ。
飴色のタマネギは香辛料で更に色身を増し、ヨーグルトに漬込んだ主役のチキンの登場で一気にカレー道に拍車がかかる。。。
そしてでき上がった「チキンカレー」。

DSC06253.jpg

DSC06237.jpg

キーマカレー」は卵を落としてオーブン焼き。
半熟狙いだったがすっかり焼けてしまった。。。

DSC06241_20101210083639.jpg

カレーって失敗は少ないが、心底納得いくカレーができ上がると無条件でうれしい。
結構うれしい「チキンカレー」。
もうひと手間かけようかと思う「キーマカレー」。

DSC06243.jpg

しかし外からも中からも暑い。。。

12月なのか。。。
12月だゼ。。。



車の窓にポッカリ三日月が浮いている。
昼間のTシャツスタイルではいられない。首にはマフラーだ。

お月さんというと、満月がお月さんポイのか三日月がお月さんポイのか、、、。
三日月にも半月に近いのもあれば、「これぞ、三日月」ってのまでバリエーション豊富だ。

今夜は「これぞ、三日月」っていう三日月

そして今日は12月9日。
あとひと月で43歳を迎える。

カレーと加齢。。。

よく見ると、星もいっぱいだゼ。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:50 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気分転換。。。

気分転換にキッチンに立つ。

クミンシードの弾ける音と共に香りが立ちこめる。

DSC08091.jpg


涙涙で刻んだ7つのタマネギが、今ではこうして飴色に。
地道な作業の末の飴色である。

DSC08102_20101209001257.jpg

そしてこの飴色が次への期待に導いてくれる。。。
そう、この飴色が全てのはじまりであり、
夢広がるカレー道の出発である。

DSC06224.jpg

カレー道、明日へと続く。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:10 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人生に決断に旅立ちに。。。ちょっとこっ恥ずかしい夜ですが。。。

東京行きの電車の本数が増えた。
本数が増えたって事はそれだけ利用客が増えたって事で、
それだけ住民が増えたって事だ。
肥大化するsotobo。。。ちょっと不安も隠しきれない。。。



数日前、ある男からのメールにただただビックリした。
このブログにコメントくれる「だいす系」からである。
彼とは京都時代(学生時代)を一緒に楽しんだ仲間である。
実際は後輩であるが、そんな事はお互いおかまいなしの付き合いだった。
学生でありながらもDJとして活躍し、その匠まれな才能とバイタリティーさで夜の京都に君臨した。
その後東京で音楽関係の会社を立ち上げ、多方面で活躍し今日に至っている。

間は大きく飛んでいるが、20数年の付き合いである。
大きく飛んでいる分、昔と今との比較も露である。
おこがましいが、昨年久しぶりに再会した時にそう思った。

あれからまた1年が過ぎた。
そして男は決断していた。
コレまでの全てにピリオドをうち、生まれ育ち慣れ親しんだ思い出の京都に帰り、新たな道をスタートさす。
自分の人生、家族との未来を見据えての決断だ。


ということで、今夜は昨年同様の3人が集まった。(昨年ブログ

RIMG0004_20101208101536.jpg

1軒目は大阪から進出して来たお好み焼き屋さん。
粉もん、ソースにはうるさい関西人にとってはちょっとお行儀が良すぎたお好み焼き。

RIMG0008_20101208101536.jpg

2軒目はパリの街角を思わすカフェでカンパイのやり直し。ワインの銘柄がさっぱりや。

3軒目はやっぱり居酒屋でまったり。結局落ち着くところはこういうトコや。

RIMG0012_20101208101535.jpg

この年になると、この年ならではの話題になる。
当然と言えば当然。

目をつぶりたくてもつぶっちゃいられない。
考えたくなくてもちゃんと考えるようになっている。

これって「成長」なのかどうなのか、「人間年をとればそんなもんさ!」的ことなのか、、、。
「…そんなもんさ!」的なところも無きにしもあらずだろうが、やはり「成長」なんだろう。
20年前には想像もできない会話が、今こうしてその時のメンツで語り合っている。
白いものも混じり、ちょっと年輪じみたシワもチョロチョロと、、、。
だから懐かしいんだろうと思う。


月並みやけど、がんばれや。だいす系。
月並みやけど、俺も頑張らなあかん。


京都への旅立ちの前にもう一回ぐらいは会えるだろう。


その時はちゃんと記念写真撮ろうや。

| 東京 日誌 | 23:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

それぞれの特技。。。

先週末から喋り過ぎでだろうか、喉の調子がおかしい。
どれだけ喋ってるんだとお思いでしょう。
土曜の夜は相当喋った。昼間もそこそこ喋った。
昨日はひかえながらも喋り続けた。
連日連夜のお酒も影響しているとは思うが、
この時期、風邪以外で喉の調子を崩すというのは大概な事である。
今朝になって漸く落ち着いてきたが、のど飴持参である。
声の商売ではないが、程々が大事である。



人には特技がある。
私は喋りが特技ではないが、ついつい喋りすぎてしまう特技のようなところがある。
いろんな方からいろんなメールをいただき、励ましやら応援メールやらで私は成り立っている。
しかしこのようなメールにちょっと度肝を抜かれた。

それは私の似顔絵。。。

昔、似顔絵を職としていたらしい。まさに特技だ。
私をご存知の方は腹を抱えるほどのクリソツに驚かれることだろう。
一筆書きに近い、何とも簡素化されてはいるが特徴という特徴を見事に網羅している。

ではお見せしよう。。。

ソトボ2-


自分で言うのも何だが、そこそこかわいいじゃないか。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:49 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

忘れられない2010年とシュレック。。。

忘年会」って言葉はどうなんだろう。。。
私にとって忘れちゃならない事だらけの2010年。
まぁ、タイトルは何だっていいんだが、結局今夜も忘…いやいや2010年締めくくりの飲み会である。



DSC06096_20101206105957.jpg

ヨガのインストラクターMちゃんの呼びかけで集まった今夜の宴。
大人たちはカンパイ!!

DSC06100.jpg

子供たちはバンザイ!!

DSC06155.jpg

DSC06135.jpg

逆さまだけど。。。

DSC06112_20101206105956.jpg

宴は盛り上がり、2010年忘れる者忘れない者いろいろである。


そんな宴を横目に、どうも気になって仕方がない。
こどもが持っていた「シュレック」のフィギア。
マクドナルドのハッピーセットのおまけらしい。
それもただのシュレックではなく、「つっこみシュレック」なのだ。

軽く叩くと、、、
「オイ!もうやめとけ~。」
と突っ込んでくれるのだ。

欲しい……。。。

関西人の妙な愛着がそそるのだ。

宴のテーブルにそっと佇むシュレック。。。

DSC06179.jpg

いつでも突っ込み準備OKだ。

明日マクドナルドに行ってみよう。。。っと。。。


みなさん、よいお年を!!ってまだ早いな。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

むさ苦しい坊主頭と暖炉と宴と冬の空。

部屋に坊主頭が3人もいると、それだけでむさ苦しい。
それも40過ぎた坊主頭3人というのはある種珍しい。
色々なアーティストや時代の先端をいく女性がたまに坊主頭にすることはあるが、基本は男の特権スタイルである。

DSC06043.jpg

重なる坊主を撮るのもまた、、、坊主の私である。



Kさん家に行くと当然魚三昧である。(Kさん家
魚三昧ではあるが、今日はサラダ三昧でもある。
そして気の合う仲間三昧は熱く語り三昧である。

DSC05994.jpg

DSC05992.jpg

DSC06000.jpg

DSC06037.jpg

DSC06010.jpg

ソトボ日誌にコメントいただくも、まだお会いできなかったNさんご夫婦とも漸く対面。
3年前にお会いしたきり、お久しぶりのKシーMシーご夫妻。
そしてsotoboに暮らすいつものメンツで暖炉の前で暫しの語らい。

DSC06063.jpg

暖炉が暑いのか、みんなが熱いのか、、、。
答えは暖炉は暖かく、みんなの気持ちも温かい。

DSC06017.jpg

そして有り難い気持ち三昧である。
みなさんそれぞれ「写真館ソトボ日誌」のことを見ていてくださり、考えていてくださる。そしてこれから先の私に期待してくださっている。
緊張やら責任やらやる気やら嬉しさやら、そんな混じりに混じった三昧である。


DSC06049.jpg

Nさんのキーマカレー登場。
火がついた。カレー魂に火がついた。
来週は私もカレー三昧の週にしよう。。。

DSC06053.jpg

魚三昧ではあるが、今日のメインはK家直伝のシチューである。
暖炉でコトコト二日間。。。

DSC06013.jpg

野菜三昧のこのシチュー、実にデリーシャスである。

DSC06012_20101205231102.jpg

夕方から始まった宴は、日付が変わって真夜中に。。。

DSC06015.jpg

海が目の前に広がるK邸もすっかり暗闇に包まれた。
今日は波の音は大人しめ。
でも見上げた夜空は星三昧。
いつもは目立つオリオン座も今日は影が薄い。
12月とは思えないほど暖かい夜ではあるが、空はすかり冬の空である。

Kさん、Kちゃん、今夜はごちそうさま。

暖炉が無性に欲しくなった私は、幸せ三昧でした。。。

DSC06058.jpg

| ソトボ 日誌・生活 | 23:35 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12月最初の週末は嵐であり、眠気たっぷりである。

台風一過のようだ。

雨は上がったが風は一向に弱まらない。
毎度の事だが、松の葉が庭を埋め尽くしている。
松の葉と言っても葉っぱではなく、竹串のようなものだ。
庭だけではおさまらず、こうして網戸に突き刺さっている。
ちょっと危なくも思える。
明日はこの松の葉の掃除からはじまるのだ。。。

DSC05965.jpg

吹き矢かよ。。。



今日もコーヒーではなく、アールグレィの香りに包まれる。

DSC05970.jpg

先月サボった経理業務。。。
2ヶ月分一気にとなると、普段つかわない脳も悲鳴をあげる。
案の定、悲鳴を上げた挙げ句眠気まできてしまった。


目覚まし散歩。

DSC08032.jpg

眠気をふっ飛ばす為に海岸に出てみたが、来るんじゃなかった!
砂嵐じゃないか。

DSC08049_20101204000440.jpg

眠気どころじゃない。
向かい風なので、後ろ向きで歩くしかない。
しかし陽射しだけは暖かである。

DSC08054.jpg

この非常事態にどうにか眠気だけは覚めた。。。


DSC05983_20101204000359.jpg

部屋も暖かい。
風で揺れる木々の隙間からの陽射しが、ユラユラ揺れて部屋まで入って来る。
暫くそのユラユラを眺めていたらまた眠くなってきた。

DSC05977.jpg

アイツらもぐっすり寝ているんだから、私も寝たっていいだろう。。。

久しぶりの昼寝。。。

ってもう夕方だけどね。。。


日頃つかわない脳を使うと、、、眠くなる。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 22:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私の存在

コーヒーの飲み過ぎである。
外出時の缶コーヒーも入れると相当だ。
なのでチャイ。
今朝はチャイでスタートだ。

DSC05859.jpg


ブラインドにカマキリの影。
変動なく今日も2匹だった。

DSC05868.jpg


打ち合せで「909ギャラリー」さんに。
近いようでそこそこ遠い大原漁港に「909ギャラリー」さんはある。
厳密に言えば2分遅刻した。。。

DSC08004.jpg

ホットコーヒーをいただき打ち合せ。

来年春の話だが、3/3~3/29まで「909ギャラリー」さんでの個展が決まった。
といっても場所と期間だけであって中身はまったくの白紙だ。
私がまだ白紙だから仕方がない。これから考えていこうと思う。
ちなみに「909ギャラリー」さんも真っ白だ。。。

DSC08018.jpg



DSC08023.jpg

昼間の海は久しぶりだ。
暫く窓をあけて海を眺めるが、後部座席からのパンの匂いに潮の香りが消されている。
遅めのランチになったが「KONATE」さんでパンをしこたま買い込んできた。

しこたま買い込んだ挙げ句、レジ横の最後の1本のバケットが目に飛び込んできた。
色といい、長さといい、何より太さがいい。
しこたまにこのバケットもプラスした。
「何かお止めになりますか?」
やさしいKONATEさんのお気使いも何のその。
「いえいえ、全部頂きます。」


何より太さがいい。。。

DSC05925.jpg

適当な長さに切って、ボイルしたソーセージ。

DSC05929.jpg

ケチャップにピクルス。それに仕上げのマスタード。

DSC05935.jpg

十分である。
今日のひとりランチ。「KONATEドッグ」のでき上がり。
ドリンクはコーヒーでなく、朝の残りのチャイである。

DSC05944_20101202185353.jpg

うまい!


12月はアルバム作りに追われる月間。
今日も追われて日が暮れた。

DSC05959.jpg



タイトルとまったく関係のない今日の一日を綴った。

いやいや、夕方庭に出てふと思ったのだ。

DSC05956_20101202185411.jpg

夕方5時に一番星。

朝聴いた曲がずっと頭に残っている。
口ずさもうにも覚えていないので歌えない。
でも、心の中でならちゃんと歌える。

心の歌ってやつかなぁぁ。。

| ソトボ 日誌・生活 | 20:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。