2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2009年も大晦日となりました。

寒い大晦日となった。
寒いし風も強い。
天気予報では雪もちらつくかもと言っている。
雪の大晦日もいいもんだろう。。。



そんな大晦日は、一年の労をねぎらってオイル交換と洗車ではじまった。
さすがにこの寒さに強風なので手はガッチガチにかじかんだが、外も中もきれいになった車は気持ちがいい。
当の車も気持ちいいだろう。

洗車中に近所の小学生Mがやって来た。
以前海岸で猫を拾った小学生だ。(前ブログ
あれからずっと世話をしているらしい。
成長っぷりを見せにあの小ちゃな猫を連れてきてくれた。
確かに大っきくなったがまだまだ子猫の愛いらしさは健在だ。
残念だが洗車中で手はビショビショでガッチガチなので写真はない。。。
しかし小学生Mが、、、
「ハイ!年賀状!」
と年賀状をくれた。
何といっても大晦日に年賀状をもらうのははじめてだ…。
その年賀状に子猫が写っていた。。。
名前は「ロン」らしい。。。
DSC03492.jpg


車がきれいになった次は、sotobo家のふたりがきれいになる番だ。。。
昨年同様、養老渓谷温泉「滝見苑ごりやくの湯」に向った。
昨年はほとんど貸し切り状態だったが、今年は結構混んでいる。
混んでいるといってもスーパー温泉のような混み方ではない。
sotoboレベルの混み方なので十分にゆっくりできる。
2009年の疲れは全部癒し、2009年の垢は多少残しておかないといけない垢もあるのでそこそこに。

静かな山間の露天温泉。
朝からの強風はまだ止まない。
頬に当たる冷たい風が温泉での火照りを和らげてくれる。
昨年の写真と同じポーズ。岩に足を投げ出し「パチリッ」。
RIMG0006_20100101011305.jpg

温泉の中、カメラ持ってウロウロしているといらぬ誤解をまねきかねないので、このワンショットだけにした。

たまにワシ級の大きな鳥が優雅に通りすぎる。
たまにゴーという音が聞こえてきたと思ったらジェット機だ。
どこの飛行機だかわかるくらいの大きさというか高度だ。
山間の情緒も一瞬とぎれるが、ここは成田空港抱える千葉県なのだ。


帰りの道中、これまでの青空が一転。
暗~い雲が覆ってきた。
天気予報通り雪になるんだろうか。。。
ちょっとドキドキした。

DSC03473.jpg

どっぷり日も暮れ、今年最後の夕焼け空だ。

あと数時間の2009年。
あと数時間で2010年。

DSC03481.jpg

年越しソバで年越し準備は万端だ。。。



この場をかりて、、、
今年お世話になった方々、来年もお世話になります。
今年出会った方々、来年もヨロシクです。
そしてこの「ソトボ日誌」を読んでいただいた方々、来年もがんばります。


朝にはいつもと変わらずsotoboの海に日が昇る。

そして2010年がスタートする。。。
スポンサーサイト

| ソトボ 日誌・生活 | 01:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年の睡眠もあと1回となりました。。。

♪も~~いくつ寝ると お正月~♪
って、あとふたつだ。
しかし大人な私は大晦日は寝ないで新年を迎えるだろうから、
厳密には今晩の睡眠が今年最後の睡眠になる。
悔いなくぐっすり眠ろうと思う。

今から「初夢」の話をするのも先走っているかもしれないが、
毎年へんてこな初夢をみるのが恒例となっている。
と言っても私の意志ではなく、私の知らないところの私が企画演出した夢だ。

極めつけが昨年の初夢だった。
実はここだけの話、キムタクとつき合っている夢をみてしまったのだ。。。
役柄としてキムタクはキムタク。私はキムタクの彼女なのだ。
2年も経とうとしているので記憶も薄らいではきているが、、、
気ままなキムタクの側にいて、勝手な振る舞いに腹をたて、時には嫉妬に暮れる思いをする一途な愛に生きる女の様を浮き彫りにした初夢だった。
しかし彼女といっても私が女子になった訳ではなく、あくまで私は男子だった。
つまりそういう関係のキムタクと私だったのだ。。。
さすがに目覚めた時はどうしたものか、、、その日一日モヤモヤした気分だった事を覚えている。
来年の初夢が楽しみでもあり憂鬱でもある。。。



初夢の前にお正月の準備だ。
いちごとお米でお世話になっている「近藤いちご園」の近藤さんにお餅を注文していた。
午前中に昨日の大々的大掃除のつづきを済ませ、お餅を取りに伺った。

DSC03435.jpg

つきたての柔らかく温かいお餅だ~。その場で食べたい衝動にかられるが一応大人なので、正月の楽しみにとっておく事にした。
今日も、、、、
「菜っ葉摘んで行って~。」
小松菜をたんまり摘ましていただいた。
このお餅とで雑煮の内容は決まったようなもんだ。

DSC03438.jpg

忘れちゃならないしめ縄だ。
昨年同様、玉前神社に買いにいった。
コレまた昨年同様、正月を目の前に賑わう光景が広がるでもなく、お正月準備にちらほら住民の方が集まっている静かな神社前だ。
DSC03461.jpg

sotobo家も玄関先のお飾りを買った。
大きくもなく小さくもなく派手派手しいのでもない、いたってシンプルなお飾りだ。
写真を撮らしてもらっていると、
「去年も買ってくれたよね。だって去年も写真撮ってたもの。」
と。
うれしいお言葉だ。。。
DSC03456.jpg

明るいうちにお飾りを飾った。
この間までクリスマスリースを飾っていたポジションだ。
そう考えるとやはりこの年末というのは忙しいものだ。師走だ。。。

昨日は「年賀状作成大作戦」まで着手できなかった。
只今作成中だ。
宛名書きは初日の出を拝んでからかな。。。
なので年賀状は元旦には届きません。。。
DSC03462.jpg

2009年最後の日は極寒らしい。
車を洗って締めくくろうと思っていたのにヘコタレそうだ。
車もこの一年がんばってくれたもんなぁぁ。。。
がんばって洗うとしよう!

| ソトボ 日誌・生活 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

年末は「大作戦」目白押し。。。

今日から晴れて冬休みだ。
毎年そうだが年末というのはホント何かとバタバタだ。
バタバタだから年末なんだろう。。。



今日は朝から「福よ来い!大作戦」だ。
家には煙突がないのでってそれはサンタ。。。
どこからやって来ても大丈夫なように、玄関と窓の大掃除だ。
とりわけ一大プロジェクトは「ガラス磨き」。
大げさかもしれないが一大プロジェクトと銘打つ理由は、sotobo家の庭側は一面サッシなので終わりなきガラス磨きなのだ。それも天井までのサッシなので一枚の面積も広いのだ。

へこたれそうな気持ちを奮い起こし立ち向かう。せめてもの救いはポカポカ陽気だ。
寒いの苦手体質のsotobo家にとってこれほど心強い味方はない。
太陽サンサンのうちに終わらせよう。。。

折角ガラスがきれいになっても網戸が薄汚れていてはバランスが悪い。
まずは「網戸リフレッシュ大作戦」だ。
DSC03390.jpg

1枚1枚丁寧に自然にやさしい洗剤でゴシゴシ洗った。
この陽気なので水仕事も外作業も苦じゃない。
問題は体力だけだ。

限られた時間の中、的確に作業を遂行するには一に段取り二に段取り、そして綿密な作戦だ。そこで、、、
「サンドイッチ大作戦」。。。
二人の息のあったコンビネーションを武器に私は外側、妻マチルダは内側からのサンドイッチで一気に強敵ガラス汚れを拭き落とす作戦だ。

やり方は簡単。
ガラス磨きのスプレー洗剤をガラスに噴射し、素早くハンドワイパーで泡と汚れを落とす。残ったところを乾いたタオルで丁寧に磨く。
いたって単純な作業だが結構疲れる作業でもある。
疲れる作業も考え方次第だ。
DSC03375.jpg

DSC03399.jpg

私は吹きかけた泡に何やらアート的なものを感じ、その泡に沿って素早くハンドワイパーを走らす。
だんだん慣れてきた我が手際に酔いしれ、「私はガラス磨きのプロか!?」的錯覚に陥り、自分なりの技みたいなものを追求する。一種職人的魂が宿り作業した感じだ。
DSC03380.jpg

DSC03388.jpg

DSC03381.jpg

一方、内側担当の妻マチルダも違った角度でアートしだした。
「スプレーお絵描き大作戦」だ。
DSC03384.jpg

DSC03385.jpg

ガラスいっぱいに描きだされた見事なスマイルだ。
にっこり「福よ来い!」の気持ちが伺える。
DSC03394.jpg

こうして3時間あまり、家中のガラスを磨き倒したのであった。
泡のなくなったところは見事な透明感を蘇らせ、2010年どんな福が来ても恥ずかしくない輝きを放っている。

その後キッチンの棚の「使いやすさ再認識大作戦」で、食器の入れ替えなどに着手した。

終わればすっかり夕方。
何だかんだ言って大々的大掃除になってしまった。

この後はひと風呂浴びて冷えたビールだ。
おおっと!「年賀状作成大作戦」を忘れていた。
やはり年末は何かと「大作戦」目白押しなのだ。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨は上がって。。。東京での仕事納め

ちょっと早まったのか、今日の雨が昨晩に前倒しだった。
スッキリとはいかないが朝には上がっていた。
今年最後の東京行き。東京での仕事納めだ。

東京の仕事先。
朝からみんなで大掃除
毎年思うが、毎年毎年この大掃除でよくもまぁコレだけ出るなってくらいゴミが出る。
出る。じゃなく、出す。が正しいんだろう。。。
(と、ここで昨年の仕事納めのブログを振り返ると……同じ事を綴ってる。。。)昨年ブログ

進歩のない一年だったってことだ。。。

今年も最後にキーボードをこまめに掃除して、、、
データのバックアップは慎重に、、、
見渡せばきれいになったフロアーで、私のデザインした年賀状をみんな書いている。
sotobo家の年賀状はまだ手つかずだ。
早速明日作らないと。。。

軽くみんなで乾杯して今年の仕事を納めた。

RIMG0003_20091229085927.jpg

この一年もマッハなスピードで駆け抜けてった。
時間が経つのが早いって事もそうだけど、
世の中がマッハでないとダメみたいな慌ただしさで流れてる。
何かと競争社会はそんなマッハな勢いで競われているのに、
肝心な事は置き去りにされている気がする。

今年もいろいろあった。

お世話になったみなさん。ありがとうございました。
来年も引き続きお世話になります!!

                 2009年12月28日  ソトボ

| 東京 日誌 | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

素敵な木?実?

このクリスマスと大晦日の間の数日というのは、どうもそわそわする。
そわそわというのは、残り少ない年内に、、、
「あとやんなきゃなんない事って何だっけ…」にかられるのだ。

年賀状年賀状……
窓ふき窓ふき……
オイル交換オイル交換……
電球取っ替え電球取っ替え……
おせちの準備おせちの準備……

最後のはない。
おせちは毎年実家でいただく。。。

ご近所も多分大掃除なんだろう。
網戸を洗っているお家やいつになく力のこもった掃除っぷりが伺える。
sotobo家はというと、世間が騒ぎ立てる程の大々的大掃除というのはパスなのだ。
生まれもっての寒いの苦手体質がいう事をきかないのだ。
何かと水仕事や外での作業が中心になるので、寒いの苦手体質には毒だ。
だからsotobo家では暖かくなってから大々的大掃除をするようにしている。
かといって新年を迎えるにあたっていつものまんまって事でもない。
やはり「福」がやって来やすいように、玄関先や窓くらいはきれいにしておこうと思う。
そこらへんはちゃんと考えている。。。



夕方から厚い雲がはびこってきた。
天気予報では明日は雨らしい。
その雨の準備に取りかかりだしたって事だろう。結構ブ厚い雲だ。
なので本日の夕焼けはお預けだ。

実は、昨日の夕方散歩で私なりにとっても素敵な一本の木をみつけた。
この季節だからだろうか、葉っぱは一枚もなく小さな実だけをいっぱいつけている木だ。
見上げた時、薄暗くなった夕方の空にその小さな実がなった房(?)の影が浮かび上がる。
寂しい感じもするがその空とのコントラストがとっても素敵に思えたのだ。
しばらく立ち止まって見ていたくらいだ。

この曇り空の夕方。今日はどんな見せ方をしてくれるんだろうかとちょっと見に行った。

DSC03310.jpg

やはり素敵だ。
人それぞれだろうが、、、素敵だ。

DSC03306.jpg


足元を見るといっぱい実が落ちている。
1センチくらいの緑の実で、これから枯れた色に変わろうとしている最中のようだ。

DSC03332.jpg

拾った実を持って帰った。

何って木なのか、この実は全部落ちちゃうのか、春になったらどうなるのか。
何も知らない。。。
まぁ、何も知らなくてもいい。
私の散歩の楽しみが増えたって事だな。。。

DSC03362.jpg

| ソトボ 日誌・生活 | 23:19 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりと楽しいと内緒とうれしと幸せとメデタイ...こと

久しぶりに近所のパン屋さんにお邪魔した。
妻マチルダは年内最後のサンバレッスンに行った為、今日はひとりランチだ。
少し遅めのランチ。。。
DSC03240.jpg

ブラインド越しに差し込む陽射しがテーブルにストライプの影をのばす。
この時期のこの時間のリビングは眩しく、温かく、やさしい。

マロンといちじくのパン。
久しぶりにこのおいしさを味わった。
DSC03260.jpg

nayaパンさん、ごちそうさまです。
今日はちょっと楽しかったですね。。。(…内緒。)
................................................................................................................

数えきれないほどの海鳥が飛んでいる。
久しぶりだ。
波を待ちながら空を眺める。
海岸からの眺めとはひと味違う。
この無数の海鳥たち。。。
この場にカメラを持って来れないのが残念だ。

9月の中旬から遠ざかっていた波乗り。
あの事件以来ご無沙汰だ。(前ブログ
確かに腰の回復に思った以上に時間はかかったけど、それだけじゃなく、どうも波乗りから気持ちが離れていた。理由は……いろいろだ。(…内緒。)
RIMG0002_20091227102235.jpg

でも今日の海を見ていて久しぶりに入る気になった。
穏やかなメローな波がブランクのある私にはちょうどいいかもしれない。
うまくゲットできないだろうけど、今日のところはそれでもいい。
ボードで沖に出るだけでいいや。

海風に乗って海鳥のやさしい鳴き声が聞こえてくる。
................................................................................................................

それから漸く外シャワーが役目を果たせた。
うれしい限りだ。
コレまたあの事件で設置はしたが使う事なく寂しく頭を垂れていた外シャワー。
外シャワーは悪くはない。腰を痛めた私が悪いのだ。
DSC07835.jpg

海から上がって外シャワー……。
これぞ外シャワーだ。
................................................................................................................

DSC03273.jpg

夕方散歩にもう一度海岸に向った。
みるみる夕方色に染まる。
この一瞬の移り変わりが心地よく、夕方散歩する事が増えた。
こういうひと時に幸せを感じる。。。そういう年になったって事だ。
コレから星空のはじまりだ。。。
DSC03292.jpg
................................................................................................................

うれしい事というか、、、
楽しくもあって、楽しみでもあって、、、
まぁ、まとめればやはりうれしい事だ。
そんなのが後2つもあった。
それが何かは今日のところは綴れないけど。。。(…内緒。)

でも、できるかぎりこの「ソトボ日誌」を続けていこうと思った。
ヘタでも何でも写真を撮り続けていこうと思った。
そう思えた事はやはりうれしい事だな。
................................................................................................................

あっ、今日はsotobo母の誕生日だ。
nayaパンさんのスコーンを届けよう。
めでたい事もプラスだ。
DSC03233.jpg

| ソトボ 日誌・生活 | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やはりニ度ある事は三度あった。。。クリスマス

今週ももう金曜日。
先々週はカバンを電車に置き去りに……先週は電車乗り越し&カメラ置き去りに……
さてさて今週はと、「ニ度ある事は三度ある(先々週ブログ先週ブログ)」が脳裏こびり付き、①荷物は最小限。②間違っても網棚には置かない。③車中爆睡はアラームセット。
この三か条を律儀に守り、事なき週末を迎えたと思ったら…。



クリスマスだ。
クリスマスの本番は今日なのか昨日のイブなのかわからないが、今日がクリスマスだ。
金曜日は粗大ゴミや資源ゴミの収集の日なので朝から慌ただしいのだ。
今日も資源ゴミで瓶の仕分けやら何やらで、いつもと違った朝の時間を過ごしている。
私のダメなところで、あるひとつの事をやっていて、その最中に他の事に気づいたりすると、はじめにやっていた事を置いといて、気づいた事に取りかかったりしてしまう。挙げ句の果てはじめにやっていた事を忘れてしまって、やりっ放しの現場が寂しく残っているのだ。
性格なのか「味」ってやつなのか、、、困った私だ。
今朝もちょいそんな性格だか味だかが邪魔をした。
「ニ度ある事は三度ある」。
昔の人はよく言ったものだ、ちゃんと二度あった事は三度あるからなぁ。。。

イブとはいえ仕事はイブではなく、ちゃんとプレゼントのように私の元にやって来ていた。妻マチルダとささやかな乾杯の後は仕事。明日つまり今日が〆切りだったからだ。
そうやって片付けた仕事。デスクにセットしてカバンに入れるだけにしておいた。

今朝、かばんに入れなきゃっていう大切な事が「あっ!資源ゴミだ!!」に後回しにされ、てんやわんやの挙げ句の果てやはり置き去りにされたのだ。
資源ゴミも出し、いつものように7:00発京葉快速に乗り込んだ。
ドアが閉まり発車した。
今日のスケジュールを頭に浮かべてチェックだ。
チェック………あれっ!?………昨日やった仕事………ない!!!

電車にカバンを忘れ、店にカメラを忘れ、とどめは家に仕事を忘れた。。。
茂原で降りて引き返した。
いつもは出発する早朝の上総一宮に戻ってきた。
「イブにうかれて朝帰りか~」的に見られていたかもしれない。。。いやいや忘れ物です。。。

2009年残すところあと来週だけ。
ここまで毎週何かとやらかしていると、来週は一体!と期待してしまう。
いやいや期待じゃい。
注意。注意。

こんなクリスマスの朝。当然写真はありませんが、寂しいのでこの間の東京クリスマスパーティーの一枚でも……。。。
メリークリスマス!!ってか。。。
DSC03084.jpg

| ソトボ 日誌・生活 | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

聖夜です。。。

少々胃腸がお疲れ気味だ。
連日連夜とは言わないが、やはり年末は飲んで食う機会が多い。
若かりし頃は勢いで年末の多忙を乗り越えていたが、この年になると一歩一歩疲れを踏みしめながら、残りわずかの2009年を一日一日進んでいる。
冒頭からげっそりした事を綴ったが、このクリスマスが終わると一気に大晦日にお正月だ。
洋ものから一気に和ものに移る。ケーキがそばにお餅に変わるのだ。
そりゃぁ胃腸もビックリだわさ。。。



こころなしか朝の電車が空いていた。
こころなしか朝からディズニーランドに向う若人が多いようだ。
楽しそうでいいじゃないか。

先日もこのブログで綴ったが、東京のクリスマスっぷりは、本番を向かえかなりエネルギッシュだ。
帰りの東京駅も聖夜をディズニーランドで過ごそうという若人でごった返している。
ホント楽しそうでいいじゃないか。

一転、上総一ノ宮に着くと微塵も感じない。
駅前の「タカラ亭」でネオンがチカチカしているくらいで何ら普段と変わらない。
ゴジラが現われても地球外生物から攻撃を受けても、何ら変わらないんだろうか。
sotobo家の周りもネオンひとつチカチカしていない。
別荘地ということでそもそも住民も少ない地域だが、ちょっぴり寂しい空気が漂う。

DSC03186.jpg

sotobo家のイブ・ディナーはゴージャスだ。
といのも昨日のクリスマスパーティーの料理をテイクアウトした為、引き続きゴージャスなのだ。
チキンがプラスしたくらいで昨夜と一緒。
今夜は二人で乾杯だ。
DSC03187.jpg

ささやかながらsotobo家の外の灯りを目一杯つけた。
アプローチ横の西洋ツゲにセットしたLEDの電飾もスイッチオン!
街灯もいつもは半分だけど今夜は全開でリースを照らす!
小さな明かりが付く看板(?)も今夜はフル仕事!
庭のスポットライトもスポットライトらしく!
電気代を考えると、省エネを考えると、、、今夜くらいはいいじゃないか!!!
DSC03208.jpg

今夜もいつもと変わりなく星空に覆われ、波の音が普通に流れる。
どんだけ電飾を飾ったってsotoboの夜はsotoboの夜だ。
sotoboの夜にメリークリスマス!!!

DSC03229.jpg

| ソトボ 日誌・生活 | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クリスマスは楽し。。。

なんだかんだ言っても結構クリスマスしていると思う。
少々照れくさくもあるが、楽しいクリスマスだ。
2009年も残すところ1週間程だ。
悔いなく2009年を楽しみ、めでたく2010年を迎えたいと思う。
ということで……



本日はnovouオサルとO森姐さんとsotobo家のふたり。もうひとりM子は昨夜から上からも下からも大変らしく急遽欠席。上からも下からも大変って事は多分インフルエンザだろう。お大事に。
ということで……
東京クリスマスパーティーだ。
DSC02886.jpg

オサルとO森姐さんの手料理大作戦。
オサルは「オサルのビタミン」のオサル。料理の腕前はこのブログ、見ての通りだ。
O森姐さんはイタリア仕込みの腕前を振るいに振るう。
いつもそうだが、このふたりの料理は見た事もなければ、当然食べた事のない料理が次々飛び出してくる。
定番的料理もひと味違った定番的料理となる。
経験とアイデアとセンスの賜物だといつも感じさせられる。
この場を借りて、、、
いつもおいしい料理をありがとう!!
DSC02918.jpg

ということで……
本日も飛び出す飛び出す。
説明を聞いたがアルコールを浴びた私に正常な記憶力はない。
写真をアップするので、説明はふたりのコメントに期待するとしようと思う。
ヨロシクである。。。

DSC02887.jpg

DSC02906.jpg

DSC02921.jpg

DSC02946.jpg

DSC02928.jpg

DSC02910.jpg

DSC02975.jpg

DSC03097.jpg

DSC03044.jpg


いつもつるんでいた友達もそれぞれの人生を歩んでいる。
結婚したり、子供が生まれたり、遠くに行ったり、、、
なかなか会う機会も減ってくる。
でも1年ぶりでも2年ぶりでも久しぶりでも、、、会うと楽しいものだ。
近況報告や思い出話。愚痴や冗談やちょっとエッチな話も。
「○○ちゃんはどうしてんだ?」
「○○とはいつから会ってないっけ?」
懐かしい友達の話になる。
友達はいいもんだ。
おいしい料理とうまいお酒と楽しい友達。
これは一生やめられない三点セットだ。

DSC02939.jpg

ご無沙汰のみなさん、私はこの「ソトボ日誌」の通り元気に生きてますよ。

| 東京 日誌 | 23:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2009年 大晦日

寒い大晦日となった。
寒いし風も強い。
天気予報では雪もちらつくかもと言っている。



そんな大晦日は、一年の労をねぎらってオイル交換と洗車ではじまった。
さすがにこの寒さに強風なので手はガッチガチにかじかんだが、外も中もきれいになった車は気持ちがいい。
当の車も気持ちいいだろう。

洗車中に近所の小学生Mがやって来た。
以前海岸で猫を拾った小学生だ。(前ブログ
あれからずっと世話をしているらしい。
成長っぷりを見せにあの小ちゃな猫を連れてきてくれた。
確かに大っきくなったがまだまだ子猫の愛いらしさは健在だ。
残念だが洗車中で手はビショビショでガッチガチなので写真はない。。。
しかし小学生Mが、、、
「ハイ!年賀状!」
と年賀状をくれた。
何といっても大晦日に年賀状をもらうのははじめてだ…。
その年賀状に子猫が写っていた。。。
名前は「ロン」らしい。。。
DSC03492.jpg


車がきれいになった次は、sotobo家のふたりがきれいになる番だ。。。
昨年同様、養老渓谷温泉「滝見苑ごりやくの湯」に向った。
昨年はほとんど貸し切り状態だったが、今年は結構混んでいる。
混んでいるといってもスーパー温泉のような混み方ではない。
sotoboレベルの混み方なので十分にゆっくりできる。
2009年の疲れは全部癒し、2009年の垢は多少残しておかないといけない垢もあるのでそこそこに。

静かな山間の露天温泉。
朝からの強風はまだ止まない。
頬に当たる冷たい風が温泉での火照りを和らげてくれる。
昨年の写真と同じポーズ。岩に足を投げ出し「パチリッ」。
RIMG0006_20100101011305.jpg

昨年はガラガラだったが今年はそこそこ混んでいるので、あまり温泉の中をカメラ持ってウロウロするといらぬ誤解をまねくので、このワンショットにしておいた。

たまにワシ級の大きな鳥が優雅に通りすぎる。
たまにゴーという音が聞こえてきたと思ったらジェット機だ。
どこの飛行機だかわかるくらいの大きさというか高度だ。
山間の情緒も一瞬とぎれるが、ここは成田空港抱える千葉県なのだ。


帰りの道中、これまでの青空が一転。
暗~い雲が覆ってきた。
天気予報通り雪になるんだろうか。。。
ちょっとドキドキした。

DSC03473.jpg

どっぷり日も暮れ、今年最後の夕焼け空だ。
あと数時間の2009年。
そして数時間後に2010年。
年越しソバで年越し準備は万全だ。
DSC03481.jpg


あらためて、、、
今年お世話になった方々、来年もお世話になります。
今年出会った方々、来年もヨロシクです。
そしてこの「ソトボ日誌」を読んでいただいた方々、来年もがんばります。

朝にはいつもと変わらずちゃんとsotoboの海に日が昇る。

そして2010年がスタートする。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

影の長い日

今日は冬至だ。
とうとう一番寒い時期突入なのだ。
太陽の高さが低く昼間の時間が短いから、その分太陽の恩恵も少ないのがこの寒さの理由らしい。
コレまでは序の口でコレからがイタイ冬なのだ。



妻マチルダからメールが届いた。
「影が長い日らしいよ。」
確かに太陽高度が低いってことは影が長くなる。
3時頃銀行に行きがてら、影の長さをチェックしようと思ったが、ここは東京下町。下町といってもところ狭しとビルヂングが建ち並んでいるので、この時間になると影の長さどころか、町全体が陰に覆われている。
「あっ!貴重な日向~」って思っても直ぐにビルヂングの壁で、長い影も直角に折れてしまっている。
味気ない限りだ。

私のように坊主ヘアーの者にとって、こう寒いとノーガードで表に出れないのだ。
必ずキャップかニット帽で坊主ヘアーを隠さないとキンキンに冷えて痛いのだ。
手がかじかむとか耳がキーーンってのが普通だが、頭もかじかんでキーーンなのだ。
この時期、髪はあった方がいいと思うが仕方がない。。。

ゆず湯に入って南瓜や冬至粥など食べてゆっくりしたいところだが、今夜は仕事が立て込んでいてゆっくりできそうもない。
仕事とは言え、こうやって暦の上で大切な行事をないがしろにするのはちょっと心が痛む。
そういうお年頃になったってことだろう。
せめて机に柚でも置いてがんばるとしよう。。。

柑橘系の香りが漂う。。。
寒いのでニット帽も忘れずに。。。
今夜も冷え込むゼ。。。

DSC02876.jpg

| 東京 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピッカピカに輝くクリスマスと我が人生?

今日電車の中でサラリーマンの二人が話していたのが耳に入ってきた。
「毎年年末ジャンボ買うんだけど、当選見るのは毎年この時期なんだよなぁ。」と。
年末に近づくにつれ、まだ引き取りに来られていない当選くじの額を聞いてドキドキするらしい。
それが自分に絞られてくる感じなんだろうか。
いろんな人がいるもんだと思った。
私には到底無理な話だ。
仮にウン億円なんて当たったら、それからの人生少しは変わるだろう。
変わるんだったら早い方がいい。
だから私は当選番号発表を待ちわびるタイプだ。
仮にハズレたら、さっさと次に焦点を合わせなければならない。
まぁ、今までは仮にハズレるどころか100%ハズレてるんだけど。。。



夕方、今日のお努め終了してから丸の内界隈を散歩した。
それはそれは見事なクリスマスっぷりだ。
RIMG0027_20091222005305.jpg

RIMG0042.jpg

お店のウインドウも、ビルのロビーも。どこもかしこもゴージャスなクリスマスっぷりだ。
通りに面した植樹はネオンまみれで、そこら中に巨大クリスマスツリーがそびえ立っている。
この辺りで一体どれくらいのクリスマスツリーが飾られているんだろうか。
街中がピッカピカの輝きを放っている。
RIMG0058.jpg

コレだけのネオンが一斉に点灯しているんだから多少電気の熱で温かくてもいいもんだが、一向に冷たい風は冷たいままだ。
今日も寒い一日だった。

寒い中ご苦労なもんだ。
はじめのサラリーマンの話じゃないが、今年の年末ジャンボの販売は明日が最終だ。
銀座の超有名な売り場の超有名な窓口は見事に長蛇の列だ。
待ち時間1時間らしい。。。
さすがにこの寒さの1時間は身にしみすぎる。
適当にすいている窓口で夢を買った。
あっさり言っているが、心の中ではメラメラ野望が燃えたぎっているのだ。
当たればちょっとは人生変わるんだから。。。

DSC02863.jpg

街のネオンもいいが、私は年明けコイツがピッカピカに輝くのを夢見てる。
まぁ、乞うご期待ってところだ!

| 東京 日誌 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あやかってクリスマスパーティー。。。

クリスマスだからって特別何がどうって事はない。
それは昨日も言った。
でも多少あやかってもいいかもしれない。
だってクリスマスだから。。。



移住男Sと彼女のMちゃんがやって来た。
クリスマスパーティーやりましょう!」
の一言にあやかった。。。
昨日のソファーを赤のチェックにしたくらいで、クリスマスグッズが何もないってのもちょっと寂しいので、ガラス細工のサンタと雪だるまを並べた。
100円ショップで200円で売られていたものがセールで100円になっていた。100円ショップだ。
DSC02731.jpg

Mちゃんはわざわざ朝からチーズケーキを焼いて、移住男Sはガラにもなく某ファーストフードでチキンを予約していた。
二人を待ち構えるsotobo家はというと、鍋を用意していた。
スンドウブチゲ鍋だ。
DSC02737.jpg

クリスマス感などまったく感じない鍋を用意して待ち受けた。
ここで鍋にしようという発想がそもそもオヤジとオバチャンなのだろうか。sotobo家の話だ。
普通、クリスマスとなればそれなりにそれっぽいメニューが浮かぶんだろうが、
「寒いし鍋だろ。」となる。
まぁ寒いんだから鍋が一番だ。

DSC02733.jpg

一応スパークリングにいちごを浮かべて乾杯だ。
乾杯の音頭はもちろん「メリークリスマス!」

Mちゃんが用意したサンタの衣装を着せられた。
衣装といってもサンタの衣装風のエプロンとお決まりの赤いぼんぼりの付いた帽子だ。
完全にクリスマスにあやかった格好だ。
sotobo家は外から丸見えの構造になっている。(ブラインドを全開すれば)
少ないとはいえ、行き交う人の何人かは見ているんだろう。
ちょっと恥ずかしいがちょっとうれしかったりもする。微妙なサンタだ。
DSC02859.jpg

「プレゼント交換しましょう!」
の一言にもあやかった。
ひとり1500円までのプレゼントを持ち寄り交換会だ。
みんなそれぞれだが妻マチルダが買ってきたシャボン玉が何だか一番盛り上がった。
DSC02790.jpg

ちょっと濃いめの液と言えばいいのか、丈夫故、丈夫なシャボン玉ができるのだ。
手にのっても割れないくらいの丈夫さだ。
こういう単純なものが一番ウケたりするんだろう。
確かに楽しい。。。
DSC02787.jpg

鍋を2サイクル、チキンにその他諸々。。。
はち切れんばかりの満腹だ。幸せな話だ。。。

パーティーの〆はMちゃんの手作りチーズケーキだ。
しっかりした甘さ控えめの大人な味わいはちょうどいい。
おいしいチーズケーキだ。
半分残ったので明日も食べられる。明日もクリスマスだ。
DSC02851.jpg

なんだかんだ言って楽しんだ。
二人を見送りに外に出た。
寒いが見上げれば星空満開だ。
来週はクリスマス本番です。。。



Mちゃんケーキごちそうさま♡
移住男S、チキン4本は食べ過ぎだよ。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西高東低とモクモクとメローと赤いチェック

私が生まれた日、大阪に雪が積もっていたらしい。
キーンと冷たさが張りつめた早朝、私は誕生したのだ。
まさに冬男だ。
しかし気持ちは夏男で、得意なのも夏だ。
冬の寒さはどうも苦手だ。
西高東低
その言葉が私を身構えさすのだ。
とうとう本番と言っていいくらいの冬がやって来た。
私にとって寒い冬と言うよりはイタイ冬なのだ。



クリスマスだからといって盛り上がる年齢でもないし、気持ちもない。
気がつけば街中クリスマスソングで包まれている。
夜になるとイルミネーションでチッカチカだ。
間違ってもsotoboの街中の話じゃない。
大枠東京の事だ。
DSC02651.jpg

何もないのも寂しいので、ソファーの座面を赤のチェックで包んでみた。
ブルーのソファーに赤いチェックはどうかとも思うが、まぁいい。
立派なクリスマスのでき上がりだ。



最近気になっている事がある。
」だ。
どうもこの季節に似つかわしくないをよく見る。
について詳しいわけじゃないが、何となくそう感じる事が多い。
今日も夕方、空を見上げるとモクモクのが地平線を覆っている。

山側。。。
DSC02718.jpg

海側。。。
DSC02678.jpg

アップで近づくと。。。
DSC02679.jpg

絵画のようなだと思いませんか??

夕焼けを塞いだこのモクモク
見ようによっては山そのものだ。
御来光のようだ。
DSC02700.jpg


モクモク雲も気になるが、久々にメローな優しい波を見た。
腰を痛めて波乗りから遠ざかって3ヶ月。
復帰第一戦には打って付けの波だ。
人も数える程だ。
DSC02685.jpg

しかしこの西高東低の寒さが。。。
それに今日は仕事なのだ。。。
仕事の合間に雲を眺めていただけなのだ。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

反省。。。の全容です。。。

説明しよう。。。

今日は一度食事しようしようと思っていたMさんと男ふたり忘年会ってやつだった。
Mさんとは今年仕事関係で知り合った、若くして企画会社の経営者のナイスガイだ。それに同じ大阪出身でそれもご近所だったのだ。
私の帰宅事情(特急わかしお最終22:00発)を考慮してもらい、東京駅近くというか直結したビルの居酒屋で乾杯だった。
いやいや男ふたり盛り上がり、特急わかしお最終はパスする程に盛り上がった。
ホントの最終電車はパスする事はできないので、終電前にお開きにした。
楽しいひと時だった。
ここまでは何ら問題ない。そう、ここまではよかったのだ。。。


千葉は広い。
先週に続いて今週も失態だ。

22:30頃の京葉快速君津行きに乗ったのは確かだ。
つまり蘇我で乗り換え、一路上総一ノ宮を目指すつもりだった。
運良く席が空いていたので座った。
今夜の不幸の始まりはここからだった。
東京を22:30くらいに出発すると23:10くらいに蘇我に着く。およそ40分で乗り換えだ。
しかし運良く座った私は当然意識を失ったように寝込んでしまった。
そりゃそこそこ飲んでいるので、目を閉じれば何の苦労もなく深い眠りに到達する。
しばらく心地よく寝てしまったんだな…。
ZZZZZ……
朦朧とした意識の中でアナウンスが聞こえた。
聞いた事のない駅の名前を告げている。
咄嗟に目を開け外に目をやる。
一体何処だかわからない!!!
時計を見る。
23:30だ。
蘇我に着く23:10を優に超えている。
ヤ・ッ・テ・シ・マ・ッ・タ。。。
車窓から見える暗闇の景色は紛れもなく内房だ。
先週につづいて今週もだ。
あわてる事なく次の駅で降りた。
長浦と言う駅だ。
当然上り電車は終わっている。
寂しい駅に降り立ち、右も左も知らない辺りを見渡す。
数台のタクシーの明かりが「おいでおいで」しているようだ。
選択肢はあるようでない。
野宿する訳もいかないし、てくてく歩いて帰れる距離でもない。
タクシーで帰るしかないのだ。
一体いくらかかるんだろうか。。。
現実的不安が酔いをさます。
さますがやはり酔っている。
タクシーに乗り込み行き先を告げる。
房総半島の反対側、上総一ノ宮だ。
真夜中の「房総半島横断の旅」がはじまった。
途中迷ったり遠回りしてしまったり(私がわるいんですが、、、)、結局1時間半で旅は終了した。
気になる金額は……あえて触れない事にする。。。
飲み代を遥かに上回る金額がメーターに表示されていた事は言うまでもない。

コレが私の反省の全容と言いたいところだが、別枠でもうひとつ失態をやらかしてしまった。
さっきまで飲んでいた居酒屋から電話があった。
「カメラ忘れてますよ。」
……。。。

悪いのは私だ。登場人物も私だけだ。
心底自分がイヤになる先週と今週。
来週は一体何が起きるんだ!!
来週と言えば天皇誕生日にクリスマスだ。
おとなしくしようにもおとなしくできない週だ。
残すところあとわずかな2009年にすべてを吐き出して(?)、あらたなフレッシュ気分で2010年を迎えようと思うが、一抹の不安が過るのであった。

DSC02644.jpg

↑↑↑本日無事生還。カメラさんゴメンナサイ。。。

| 東京 日誌 | 23:34 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

反省。。。

今夜は本当に反省の一言に尽きる。
今夜自体がとんでもない今夜だった訳じゃない。
とっても楽しい今夜だったのだ。
語り合った今夜だったのに。
でもとっても楽しい今夜を、とっても反省しなきゃならない今夜にしてしまったのは紛れもなく私だ。
ちゃんと反省してからブログに綴ろうと思う。
今日のところは眠るとしよう。
夢に出そうだけど、おやすみなさい。。。

| 東京 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

美しい車内アナウンス

今日東京の仕事先のスタッフOTTEがサイフをなくした。
ランチを買いに行こうと思ってサイフがないのに気づいたのだ。
大方の人はサイフはお金を入れるだけの役目じゃないと思う。
カードや免許証だったり、その他諸々の大切なものが凝縮している小さな金庫のようなものだ。
故になくした時の焦りは、計り知れない焦りだ。
私にはよーくわかる。昨年末に自ら体験しているからだ。
その分無事に出てきた時の安堵もひとしおだ。
拾ってくれた方はまさに神様で仏様だ。
OTTEにも神様だか仏様が現われた。
よかった。よかった。



今日帰りの電車でふと思い出した。
最近は7:00発の京葉線通勤快速に飛び乗る事が多いので、
ゆっくりアレを味わう事ができていない。。。

アレ……
それはいつもの事ではなく、たまに出会う小さな幸せのようなものだ。

電車には車内アナウンスってものがある。
行き先や到着時刻。親切に乗り換え案内やたまに駆け込み乗車の注意だったりと、、、。
この通勤快速も出発前に停車駅と到着時刻のアナウンスが流れる。
然程性能のいいスピーカーじゃないと思うが、やはりそのアナウンスにも個性がある。
毎回同じ人じゃはないのは聞いていてわかる。
その中でひと際美声の人がいるのだ。
美声という言い方がいいのかわからないが、兎に角美声なのだ。
俳優や声優かと思う程の素人っぽくない 声、間、イントネーション、スピード、メリハリ、、、
眠気眼もこの美声で一気に覚める。言い過ぎだが、ナレーションでも朗読でもなく、この美声で車内アナウンスなんだから、そりゃぁ誰もが耳を傾けると思うし、女性ならイチコロかも。。。
またまた言い過ぎだが、それほどいい声なのだ。
低くもなく、かといって高くもない、渋くもなく、どちらかと言うと優しさ伝わる安心できる声と言った方がいいかもしれない。
多分ボイストレーニングなどされているんじゃないだろうか。
ひょっとしてJRでそういったトレーニングがあったりして。。。
勝手な妄想が膨らむが一度聞いてみる価値ありの車内アナウンスだ。

私の中のベストシチュエーションは、、、
初夏の朝、キラキラした陽射しが差し込む車中、このアナウンスがやさしくBGMの如く流れる♪
って感じかな。
まさに 「ミスター車内アナウンス」 だ。

今でもこの 「ミスター車内アナウンス」 は健在なのだろうか。
久々に早起きして車内アナウンスを楽しむのもいいが、この寒い時期はちょっと無理だ。
春までは飛び乗る日が続きそうなもんで。。。

DSC09560.jpg

| ソトボ 日誌・生活 | 23:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

風邪と景気とケーキ。。。

妻マチルダは引き続き今日もダウンだ。
ダウンといっても高熱にうなされ、にっちもさっちもいかない訳じゃない。
どうも喉がツラいらしく、咳が止まらないようだ。
ひいてしまっては仕方がない。ひいた者は安静に寝て、食べて治すしかない。
しかし側で風邪をひかれた者はうつる確率が高くなる。
次は自分か!? ひょっとしてもう感染して発病待つのみかもしれない。。。
というような不安に駆られるのだ。
しかし心得として弱気は禁物だ。
「何クソ!うつってたまるものか!」のド根性的精神が大切だ。
病は気からと言う。だから気持ちだ。
手洗いうがいといった感染予防線はしっかり張って、妻マチルダの回復と自分へ感染しないことを願うしかないのだ。
しかし妻マチルダが回復した時が最大の危険だ。
ホッとした瞬間気が抜けて、私が奈落の底に陥るかもしれない。。。
あぁぁ…
いやいやそんな弱気な事は考えず、今の私にはド根性的精神が大切なのだ。
ウッス!!



話は変わって、、、
最近テレビではプロ野球選手の契約更改が流されている。
つまり来期の年俸の発表会だ。
今期の成績で上がった選手、下がった選手、一発サインした選手、保留する選手いろいろだ。
今までは何気なく見ていたが、あらためて見てみるとスゴい世界だ。
金額もさることながら、それを公の電波で流されるんだから。。。

「不景気景気」とここ何年か世の中の合い言葉のように騒がれている景気問題。少なからず我々庶民はどこかでそのあおりを受けているし感じている。
反面、格差社会と言われるとおり、あるところにはタンマリあるんだろうけど。
それがいいも悪いも今の世の中になってしまっている。。。
そうは言ってもあらためて「今期○○勝した。」「打率○○○だった。」とかでウン千万円アップしたりしている記者会見を見ていると、完全浮き世離れした世界の事のようだ。(反面下がっている選手もいるけど)

確かに才能があり、血と汗にじむ努力があり、そしてスターとして、みんなの憧れとして、夢となり、、、
そんな職業なんだから、報酬も夢のような金額でないと夢とはなりえないんだろうが、、、だ。

難しい事はさっぱりわからんが、私も野球大好きでそんな選手の活躍に歓喜を上げているひとりだが、、、。

景気とは一体どこまでを指す言葉なんだろうと思ってしまうここ最近だ。



精をつけてもらいたい気持ち50%。自分が食べたい気持ち50%。
いろいろな気持ちでケーキを買って帰った。
ささやかなsotobo家の贅沢だ。
DSC02617.jpg

今日は景気ケーキの話になってしまった。。。

別に掛けた訳じゃないけど。。。

ケーキ食べて景気回復とはならないが、ケーキ食べて元気回復ってところだな。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

輝く冬の草花

ちなみに私は元気で、妻マチルダは風邪っぴきとなりました。。。
病人はわがままが許される?
ピーナッツあられとコイケヤのり塩チップが食べたいと言われ、買いにいこうと駐車場に出ると自転車がない。。。
そうだ!駅近の駐車場に置いたままだ!
散歩がてら歩いて取りに行くことにした。



午前中で雨も上がり、午後からそこそこ日が射していた。
駅に向って歩くってことは西日を浴びながらってことになる。
夕焼けを拝みながらの散歩だ。

暖かい時期は、どこの庭も畦道も道路脇も何かと花が咲いて賑やかだった。
今では駅までの一本道のサザンカだけが赤い花をつけている。
ちょっと寂しい気もするが、これが自然だ。
この時期はお努めご苦労的な花や木々が主役だ。
私のような草花にとんと疎い者は、咲いていた時は「黄色い花だ~」「かわいい花びらだ~」と騒いでいたのに、枯れてしまうと何色の花をつけていたかさっぱり思い出せなかったりする。まったく勝手なもんだ。

でもよーく見ると思いだす。ところどころ元気よく咲いていた頃のなごりがある。かわいい花の面影がある。
枯れた魅力というのもいいもんだ。

駅までの道中、いろんな草花が咲いていた。
DSC02522.jpg

DSC02529.jpg

DSC02556.jpg

DSC02528.jpg

もうすぐ日が沈む。
夕日が今朝までの雨が溜まった田んぼを照らしてる。
眩しいくらいに輝いている。
DSC02544.jpg

枯れた草花たちも照らされている。
DSC02547.jpg

色とりどりの花はないけど、ちょっぴり地味な装いだけど、
ちゃんと生命を感じる草花たち。

そんな草花も夕日と一緒に輝いているじゃないか。

DSC02540.jpg

| ソトボ 日誌・生活 | 22:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

果物と冬眠?とZUMBAと寒気

朝、ゆっくり食事ができるというのはささやかだが幸せだ。
そして果物が並ぶとこれまたささやかだが幸せを感じる。
DSC02503.jpg

DSC02506.jpg


食事の後、デッキに並べたプランターの手入れをする事にした。
プチトマト「アイコ」や落花生など、お役目終了のプランターが寂しく並んでいる。
しかし私の知らないところでプランターは新たなお役目に取りかかっていた。。。

プランターを動かすと、、、
いるいるいるじゃないか!
先月まで何する事なく窓のサッシの隅やヤシの葉にじーーっとしていたカエルたち。冬に近づくにつれ1匹1匹減っていった。
寒さに我慢しきれなくなったカエルから冬眠に入っていったんだろうと思っていた。
そう。プランターの下にいるわいるわ!
カエルたちがどっちゃり!
それも寝ぼけているのか動きが鈍い。
体の色も黒に近い濃い茶色に変色している。
はじめはどういうことだ!?と思ったが、やはり冬眠なのだろう。
冬眠前の仮宿で、もう少し寒くなったら土の中にでももぐるんだろうか。
確かに日中日が当たるので絶好の場所かもしれないが、冬眠にしちゃぁちょっと簡易すぎやしないか。
まぁ、カエルにしてみたらこうやって動かされるなんてわからないもんなぁ。
仕方がない。
しかし、私が仕方がなくない。
悪い事をした。。。
早速片付けようとしていたプランターを1つ、元の場所に置いてやった。
鈍い動きながら1匹づつまたプランターの下に入っていった。
この冬、ゼッタイに動かせないプランターがデッキに残った。
RIMG0014_20091214080439.jpg
↑↑↑今年の夏のカエル


昨日の失態が序章にならない事を願う。
何かと飲む機会が増え、寝不足がたまり、体調を壊したりするのが年末だ。
休日はリセットする意味でもいい汗かくのが心身ともにいいだろう。
っと言う事で、午後から土気(とけ)にあるスポーツジムの体験コースに参加した。
マシーンで筋力アップや持久力アップもいいが、たかだか1回きりでは何にもならない。
sotobo家の目的は、、、
「いい汗流そう!」だ。
そこでスタジオのエクササイズ「ZUMBA」に参加した。
ZUMBA」はラテン系音楽にあわせたダンスのフィットネスエクササイズだ。
陽気に楽しく踊ろうゼ!って感じで30分。
妻マチルダはご存知サンバ。私も昔はダンスに明け暮れていた時期があったので、久しぶりでも楽しいもんだ。
体験コースとはいえ、はじめに体の測定は避けられない。
身長体重からはじまりその次は中身だ。筋肉量や脂肪量、そして体脂肪率……。。。
気もちいい汗も流せたが、冷や汗も出てきた。
RIMG0035.jpg


スッキリしたところで、腹ぺこで夕食をいただいた。
いい一日だったと締めくくりたいところだが、どうも寒気がする。
妻マチルダも風邪気味というかもう風邪の諸症状があらわれていた。
「昨日の君津と木更津のせいだよ。」
と言われた。確かにそれもそうだと思う。
ふたりして早く寝る事にした。

不安を抱えた週のはじまりになる。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 22:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

忘年会の「忘」は... の続き。。。

昨年はサイフを落として大騒ぎした。(昨年ブログ12)←読んでね。
そして今年はというと、、、
別に毎年大騒ぎする必要はないんだが、自分の意志とは違って
多少酒の手伝いと眠気のボケも合わさって、、、
今年も大騒ぎしてしまった。。。



昨日は仕事仲間の女性陣に囲まれプチ忘年会だった。
特急わかしお最終には間に合わず、君津行き快速に乗って蘇我で外房線に乗り換えるつもりだった。
12月も半ば。それも週末ともなるとやはり忘年会などで遅くなった乗客でいつもより混んでいる。
当然座席は空いてなくて、蘇我駅まで吊り革につかまって帰ることになった。
こういう飲んだ後は座って眠過ごす事を考えたら、立っている方が安心だ。
がしかし!
立っていても寝てしまったら同じ事だ。
吊り革につかまったままウトウトしだした。
膝がカクッとなって、私の前に座っている女性の膝にあたる。
何度かカクッとなる度謝った。
よく見かける酔っぱらいの典型的スタイルだ。

そしてもうひとつ。
飲んだ帰りはゼッタイ網棚に荷物を置いてはダメなのだ。
ご承知の通り、手から荷物を放すのは色々な面で危険極まりないからだ。
がしかし、そんな事を考える思考回路は残っておらず、大きくなった気持ちが私を支配していた。
ビニ傘も持っていた事もあり、カバンを網棚に置いてしまったのだ。

悲劇のはじまりだ。。。

一瞬深い眠りに入ってしまったんだと思う。
ふっと目が覚めた瞬間、自分が眠り込んで山手線を何周もしていると思ったらしく、慌てて飛び降りてしまったのだ。

私は小雨降るとある駅のホームにビニ傘だけを持って立ちすくした。
南船橋駅。。。
山手線ではない。
山手線なんて乗っちゃいない。
私が乗っていたのは君津行き快速。
夢を見ていたんだな。。。
時既に遅し。

小雨に打たれてほんのちょっと思考回路が働きだす。

カバンがない……

サイフも携帯もカバンの中。私にあるのは握ったビニ傘だけだ。

うわぁぁぁーーーー!!!!!

焦っても仕方がないが焦ってしまう。
意気消沈で次にきた蘇我行きに乗った。
カバンの中身をひとつひとつ思い出す。
途方に暮れた。
蘇我駅に着いて、外房線最終まで時間があったので改札で忘れ物の届けを出した。
ホームでひとり。上総一ノ宮駅からどうやって帰ろうか考えた。
タクシー乗る金も無し。この寒さとこの雨の中、消沈した気持ちで歩いて帰るなど不可能だ。。。
そんな時、後ろから声を掛けられた。
移住男Sだ。
神に見えた。仏にも見える。
ここまでのはずかし状況を話し、上総一ノ宮駅から車で送ってもらった。
家に着いたら君津駅で私のカバンを預かっているとの連絡があった。
私のカバンはひとり君津まで行ってしまったのだ。

朝から君津に向った。
君津で一泊した私のカバンが帰ってきた。

折角内房まで来たのだ。
帰り、木更津を散策して帰った。

同じ千葉でも木更津の海はsotoboの海と違う。
影絵のように海の向こうに煙突が並ぶ。
夕日を浴びた大きな船がひっきりなしに港に入ってくる。
見上げれば飛行機が飛び交っている。
DSC02349.jpg

JRの方々ありがとうございます。
移住男Sありがとう。
そして私のカバン、ごめんなさい。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

忘年会の「忘」は...

昨年も確かこの時期に……。。。

明日は朝から君津まで……。。。

詳しくは君津から帰ったら……。。。

気がつけばビニ傘持って南船橋のホームに……。。。

忘年会……。。。

忘れちゃいけないこと(モノ)もある.......。。。

| 東京 日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

作品集「妻マチルダの誕生日」

朝5:15。
携帯のアラームが鳴った。
まだ外は真っ暗だが、れっきとした朝だ。
いつもは目覚ましのアラームだが、
今日は一睡もせず朝を迎えてしまった。
宣言通りの徹夜だ。。。
といってもまだ完成しておらず、引き続き作業にかからないといけない。
しかしもう目と意識が朦朧(もうろう)としている。
マウスを握りながらウトウトコックリコックリしだした。
慌てて意識を呼び戻したところで、ここまで寝ぼけてしまうと使い物にならない私だ。こうなると先にも進まず間違いのもとだ。
少し仮眠する事にした。。。
やはり人間適度に寝ないとろくな事はない。



2時間ばかり寝て無理矢理目を覚ますと、外の明かりでブラインドの隙間がぼーっと明るく浮かび上がっている。
本日晴天なり。
多少頭もスッキリしたところで最後のつめに取りかかった。

何をやってるかって、、、

先日ひょんな事でフォトコンテストの事を知った。
見ると〆切りが間近。。。本日だ。。。
どうしようか迷ったが応募してみる事にした。
はじめてだ。

「妻マチルダの誕生日」

今年6月、妻マチルダの誕生日に訪れた鎌倉の写真をブックにまとめる事にした。
前ブログ 前々ブログ)←読んでね。
ほとんど一夜漬けの突貫制作状態なので何処までできるか心配だったが、お昼前漸くでき上がった。。。

最近は市販の手作りのフォトブックセットなるものがあり、今回はそれを使って作品をまとめる事にした。
こんな感じ。。。

DSC02298.jpg

DSC02299.jpg

DSC02300.jpg

最近のプリンターの技術力はスゴい。
そのスゴさに魅了され、先日プリンターを新調した訳だが......
拙い腕前もこのプリント力をもってすれば、多少は見れるようになると実感した。

DSC02304.jpg

アレから半年が経ったって事か。。。
腕前は別として、こうやって作品をまとめてみると、また違って見える。

今ちょっと考えてる事がある。
今回の作品集は、その為のトライアルの意味もある。
乞うご期待というか、私が楽しみにしているんだけどね。

あぁぁ眠い。。。

DSC02302.jpg

| ソトボ 日誌・生活 | 23:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今夜は徹夜です。。。

東京の仕事先で風邪が蔓延したことは以前このブログで綴った。
体調悪いながらも社会人を貫き通してがんばった人。ゆっくり休んで治した人。
インフルエンザ発覚したスタッフも無事復帰。
漸く落ち着きかけたと思ったら、どうもまた蔓延の兆し。
それもリピーターだ。
治ったと思った連中がまたゲホゲホズルズルしている。
完治していないのだ。
見渡せばピンピンしているのは私だけだ。
2009年ももうすぐ終わり。年末は何かと忙しい。師走だ。
くれぐれも無理せず2009年を乗り切ってくれたまえ。。。
お願いだから、うつさないでね。。。



人それぞれ個性ってもんがあるが、これほど個性キラびやかにオリジナリティーに長けているものはないんじゃないだろうか。
それは「くしゃみ」だ。
文字で書けば「へックション!」や「ハックション!」あたりだと思うが、そんな簡単に血液型のように仕分けできない。
「ブッシューッ!」と風邪菌乗っけた唾液ばらまくようなくしゃみもあれば、
場をわきまえてか押し殺して「クシュッ」というかわいらしいくしゃみもある。
くしゃみというのは、いきなりもよおすことが多いのでその人の素が出る。
カワイイ顔してくしゃみは豪快って子を見ると、ちょっとほっとしたりする。

帰りの山手線のホームでの事だ。
いきなり個性味溢れたくしゃみが鳴り響いた。
個性味溢れていてもそれはくしゃみだという事は直ぐにわかった。
それはひとりの女性。年の頃は50くらいだろうか。
それも向こう側のホームが震源地だ。
私の周りのこっち側のホームの人もみんな振り向いた程だ。
あっぱれなくしゃみだった。。。


今夜は徹夜だ。
明日までに仕上げないといけないものがある。
詳細はまた明日。

風邪をひかぬよう着込んでがんばろうと思う。

という事で今日はこれくらいで。。。

DSC02248.jpg

↑↑↑忙しさと焦り伝わる1枚。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マクロ散歩。。。

小春日和。
今日だけの貴重な晴天&暖かの大サービスだ。
でもそんなサービスも海からの風でひとたまりもない。
海風強し。
カメラを持つ手がかじかむ。。。
耳がイタイ。。。



念願のマクロレンズを買った。
大それたスゴいレンズではなく、持ち運び重視の初心者向けマクロレンズだ。
「SONY DT 2.8/30 MACRO SAM」。
マクロレンズも色々な使い方があるようだが、私の場合は接写を楽しみたかった。

RIMG0002_20091209003709.jpg

試し撮り試し撮り♡
DSC02176.jpg
↑↑↑お昼寝中のヴォナの前足。

DSC02163.jpg
↑↑↑メダカ親分。


夕方散歩。
当然マクロレンズをセットして海岸に向った。
試運転試運転♥
いつもは長い文章だが、今日は写真ブログだ。

DSC02181.jpg
↑↑↑道路脇の花

DSC02179.jpg
↑↑↑枯れた木の実

DSC02187.jpg
↑↑↑松の葉

DSC02200.jpg
↑↑↑鳥の足跡 in 砂浜

DSC02194.jpg

指先もマクロで接写! その先には海があり、見上げれば冬の空が広がっている。
DSC02204.jpg

こんなに晴れ渡ってるのに、、、
明日は雨らしい。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

不思議で不気味なキャップの話。。。

世の中には不思議な事がある。
科学では解明できないコワ~い話とか、、、そういう事ではない。
そんな大それた話ではないんだが……
でも結果解明できないって事はコワい話と似たようなものだって事になる?
いやいや、そんなコワい話じゃないんだってば、、、(焦)



プレジャーガーデンの利奈さんのお姉さんと意気投合している「ハンドクリーム」がある。
DSC02137.jpg

「herbacin(ハーバシン)」。
sotobo家の冬の必需品になっている。
東京の仕事先の引き出しにも、メンソレータムのような薄い缶タイプを常備している。
sotobo家ではたっぷり使えるこのチューブタイプ。
ハンドクリームもいろんな種類が出回っている。
sotobo家もとっかえひっかえいろんなハンドクリームを試したが、昨年このハンドクリームに落ち着いた。
のびといい保湿性といいちょうどいい。
今日はこのハンドクリームの良さをPRするつもりではなく、先日このハンドクリームに俟つわる不思議な出来事があったのだ。
その不思議、いまだに解明されず不思議のままで、使う度に不思議さを感じてしまう。
だって、キャップが消えたんだからだ。。。
DSC02139.jpg

先日、妻マチルダが洗面所で使っていた時のこと。
手に適量を取りのばしてキャップを閉めようとした時、塗りたてクリームのせいだろうか滑ってキャップを落としてしまった。
洗面台から足元に落としたのだから、多少跳ねて転がったとしても直ぐに見つかるはずだ。
しかし妻マチルダが拾おうとしゃがんで見渡しても、何処にもキャップの姿はない。
ゴミ箱の陰に転がったのか、思った以上のバウンドでゴミ箱にホールインワンしちゃったのか、、、
いやいや陰にも中にも何処にもない。
ここで呼ばれた。
一連の成り行きを説明され、私も探したが何処にもない。
引き戸を開けて隣のバスルームにいった気配は当たり前だがない。
落としたつもりが妻マチルダの洋服(起きたてスウェット)に引っ掛かってるのかと、探したがやっぱりない。

因みに言っておくと、
sotobo家の洗面所の床は落としたものが隠れてしまうような複雑怪奇な床ではない。いたってシンプルなグレーの床だ。
DSC02150.jpg

手から滑り落ちたのは事実らしい。
しかし手から離れた瞬間、姿を消したのだ。
不思議で不気味だ。。。

なくしたと思っていたものがひょんな所から出てくることがある。
紐解いていくと、そのひょんだと思っていた所もヒョンではなく心当たりが合ったりする。
そうなると「何で気づかなかったんだろう」ってな具合に安堵と笑いのひとつもこみ上げてくる。
しかし今回はあまりにもシンプルすぎる状況での紛失劇だ。
これで思っても見なかったところから出てきたら、、、
不思議で不気味だ。。。

DSC02146.jpg

今のところキャップなしで洗面所に立てかけてある。
別段使用するのに不自由はなく、逆にキャップをしなくていいので楽ちんっちゃぁ楽ちんだ。

でも思う。。。

いつも何気に見て使っていたものでも、いきなり姿を消されると、、、

キャップって何色だったっけ?

これまた不思議で不気味な話だ。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

食欲健在。伝説健在。甘さ健在。モッチリ健在。sotobo家のごちそうの話です。

いくら暖かくったって12月はれっきとした冬だ。
食欲の秋はとっくに終わっていいはずなのに、今だどっかり健在だ。
ゴージャスなレストランや高価な身分不相応なごちそうを食べたい訳じゃない。
背伸びしない自分の生活の中でおいしいと思えるものが一番のごちそうだ。
ここsotoboで暮らしだして食欲のない時がない。
それは幸せな事だ。健康な証拠だ。



朝、お隣さんからめずらしいものを頂いた。
DSC02052.jpg

ヤーコン。。。
見た目はじゃがいもだが、食感はレンコンに似ているらしい。
産地は大原。今夜の楽しみが増えた。

「近藤さんとこ行く時っていつもピーカンだよね。」
振り返れば確かにそうだ。
バレンタインデーの日のいちご狩りは気温25℃というピーカンの域を超えた異常さだった。
今日も11月中旬の気温らしい。
庭に出ても陽射しで首筋が痛いくらいだ。
「近藤さんとこ行く日はピーカン!」
このsotobo伝説は今日も健在だ。
*近藤さんとは「近藤いちご園」の近藤さん。前ブログも読んでね。

今日はいちごではなくお米。
注文しておいたお米をとりに伺ったのだ。
まだ今年の新米を頂いてなかったので今夜の夕飯が楽しみだ。

「どう?よかったら菜っ葉摘んでいきますか?」
いつもそうなのだ。
近藤さんとこに行くといつも何かサプライズがある。
DSC02065.jpg

畑の横に植っている菜っ葉。
「好きなだけいいよ。」と。
コレは今夜のおひたしになると、袋いっぱい摘ましてもらった。
DSC02092.jpg

来週からいちご狩りもスタートの予定らしい。
一足先にちょっとキズついたいちごをいただいた。
キズがついていようがこの甘い匂いは今年も健在。酔いそうなくらいだ。
DSC02100.jpg

さあさあ、今夜のラインナップ。。。
ヤーコンはツナのカレー風味炒め。その向こうは生でマヨネーズ和え。
DSC02101.jpg

DSC02103.jpg

シャリシャリした食感に少し甘みを感じる?
なかなかいけるお味に仕上がった。

菜っ葉は油揚げとおひたし。
大地の恵みが味わえる幸せ。
DSC02121.jpg

そして近藤さんとこの新米。
山手の粘土質の土がこのもっちりしたおいしいお米を作り出すと以前聞いた。
今年もそのもっちりは健在だ。
DSC02130.jpg

帰りがけ、年末のお餅をお願いしてきた。
2010年のお雑煮は近藤さんとこのお餅ではじまる。

これがsotobo家のごちそうなのだ。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:12 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カッパと食堂と雷で停電の巻。。。

上総一ノ宮に着いてビックリだ。
夕方からの本降りの雨で、sotoboに近づくにつれ激しくなってきた。
特急わかしおの窓を雨が流れている。
一宮のホームも横から振りつける雨で屋根の意味をなしていない。
寒いわ濡れるわ冷たいわ……改札を出た時だ。
ドッカーーーーーン!!!
稲妻に雷!かなり大きな音で地響きがした。
「落ちたな。」と思った瞬間、ただでさえ寂しい駅前が更に寂しく真っ暗だ。
……停電。。。
直ぐに復旧したが、降りた途端に稲妻雷停電とはついているのかいないのか。
コワいので急いで帰った。。。



妻マチルダはサンバのレッスンで、東京下町・合羽(カッパ)橋に。
合羽橋は魅力溢れる町だ。一言で言うと道具街
特に飲食や厨房に関するあらゆるものが揃うお店が所狭しと並ぶ。
食材から食器類。包丁や鍋などの調理道具。ショーケースや看板に店舗用の椅子やテーブル。暖簾や提灯まで。
店と調理人さえいれば後はここ合羽橋で全部揃うって勢いの街だ。
一般の家ではあまり見ないような調理器具や、いつも見ている食材が業務用でジャンボサイズで売られていたり。
この界隈、小売りもしてくれるのでぶらぶらするのが実におもしろい。
DSC02036.jpg

久しぶりだ。
妻マチルダのレッスンが終わる時間に待ち合わせして、ぶらり合羽橋を散策した。
目的はなし。ただのぶらりだ。

合羽橋の魅力は、商品の陳列にもある。
専門店が多いので、鍋ばかりがずらーっと並んでいたり、下町故に人は愛想がいいが陳列には愛想(?)がなかったり、、、。そこが素朴で良かったりする。

DSC02032.jpg

多分、お菓子の型抜きだと思う。
普通に並んでいると「かわいい」って感じなんだろうが、こう重なり合わせて並んでいるとお菓子なんて微塵も感じられず、一種機械っぽくも見える。

DSC02010.jpg

レストランなどの店先にならぶ「食品サンプル」。外国の方に大人気だと聞いた事があるが、日本の若い女性陣にも人気のようだ。これだけフルーツパフェやチョコレートパフェが並んでいると、外国の方でなくったって目を引いてしまう。
楽しい世界だ。。。

この通り、アーケードになっているので雨の日でも傘いらずだが、雨あしが激しくなってきた。
さぁ、帰るとしよう。。。



実はもうひとつの楽しみがここだ。
なぜだろうか。。。この「食堂」って言葉に異様に引かれるのだ。
気取った横文字の店もかっこいいが、基本私の体に流れるDNAみたいなものは、
横文字よりは「食堂」なのだ。
DSC02003.jpg

一度行きたかった「入谷食堂」。
入谷から言問通りを浅草方面に行った所にある。
ビルの一階にこの暖簾がなびいているが、調べると大正時代創業の老舗中の老舗だ。
ビルの一階でも店内を見渡すとやはり時代を感じる。
DSC01966.jpg

お店の人の下町故の愛想と人柄の良さ。そして家庭的な雰囲気はお客さんを見れば一目瞭然だ。

現場で働く人はここで腹ごしらえだ。
小学生もランドセル傍らに昼飯中。ご近所の子?
下町散策の途中の若き乙女たちもサンマの塩焼き定食だ。
いい感じだ。

DSC01972.jpg

私は「銀ダラの味噌焼き定食」。妻マチルダは「サバ味噌煮定食」。
この食いっぷり、、、レッスン明けで腹ぺこなんだろう。。。
DSC01978.jpg

食後にコーヒーが出てきた。
DSC01995.jpg

この寒い時期、湯豆腐がついてきたのはうれしい。
両定食ともおいしくボリュームはやはり食堂級だ。
念願の「入谷食堂」、今度仕事帰りに寄ってみたいと思う。


デートなんてスウィ~ト感などまったくないが、
定食食って、あーでもないこーでもないと道具街歩いて、雨にあたって、最後に雷に停電。

下町だけに大人の逢瀬って感じか。。。

いや、そんな情緒はないな。。。

| 東京 日誌 | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨あがり、一筋の光が!!

一筋の光が差し込んだ。
長い寒い雨がやみ、久しぶりの元気な太陽がお目見えだ。
見よ!この太陽を!この青空を!
上総一ノ宮のホームから見上げた青空だ。
風は冷たいが日差しは春級だ。
気持ちのいい一日のはじまりじゃないか。
RIMG0001_20091205010626.jpg



一筋の光が差し込んだ。
置き去りにされた感が否めなかったここ一宮。
都心では当たり前の「光」もここでは高嶺の花で夢の夢。
そんな高嶺の花で夢の夢がとうとうやって来た。
それは今朝、ポストの中にあったのだ。。。
RIMG0005_20091205010626.jpg

朝から寒気じゃなく歓喜に舞った。
とうとう「光」が開通するのだ。
今年の始めにこのブログでも綴ったが(前ブログ)、漸く一筋の光が差し込んだのだ。
署名運動も目標人数にほど遠い数しか集まらないと聞いていたので、無理だろうとあきらめていた。
しかし何故だ??いきなり目標人数突破て事でもないだろう。
昨今、ここ一宮も人が増えたといっても高層マンションが出来た訳でもなく、増えてもしれた数だと思う。
何がNTTを動かしたんだろうか。。。
まぁ、そんな事はいいとして、この「光」ひとつで大きな問題も解決だ。
それはTVの受信問題だ。
これまたこのブログでも熱弁ふるった「電波障害地域」の話。(前ブログ
その後、その記事を読んで頂いた方から「アンテナの方向」ってアドバイス頂き、ベストな方向に変えると確かに受信状況が改善された。
しかしまだ不安定で、一時はご近所さんまで巻き込んでsotobo家の受信改善に取り組んで頂いた。
しかし結果は然程改善されず、暗礁に乗り上げていた。
電気屋さんにも見てもらい、ひとつの結論が出た。
それはアンテナの高さだった。
sotobo家は平屋で、屋根の勾配も極力平らに近い角度にし、アンテナも目立たないように低く設置した。
それが仇となり、このような受信の悪さに繋がっていたのだ。
高ーいアンテナの設置、アンテナ用の電柱を立てるかって話に迄飛躍していた時のこの吉報!!
目からウロコだ。(またまた長々横道に逸れてスミマセン。。。)

年末年始は強風と一緒に揺れる画像とはおさらばだ。
AQUOSもちゃんとAQUOSの働きができるというもの。
やっとデジタルという言葉が中身までデジタルになるんだ。
とりあえずほっとした。

RIMG0002_20091205010626.jpg

今朝のこの眩しいばかりの日差し。この日差し「光ファイバー」なのかもしれない。

早いぜ!!

| ソトボ 日誌・生活 | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

京都の悪ガキ、東京に集まる

黄金色に染まったイチョウ並木も、何かとイベント目白押しの12月は、黄金色以上にきらびやかな電飾で飾られる。
こうなるとイチョウなのか何なのかわからない。
イチョウもいい迷惑なんだろうが、これが東京なのだ。
RIMG0018.jpg



今夜は気兼ねなく関西弁が飛び交うた。
別段関西弁を控えてるつもりはないけど、こんだけ東京での生活が人生の半分以上を締めるようになってまうと、アクの強い関西弁も引っ込んでしまうわ。
今日集まった3人は、京都での学生生活を共にした仲間や。
リンクをはっている「オサルのビタミン」のオサルと、このブログにコメントくれるだいす系。それと私。
オサルとは年に何度か会うてるけど、だいす系とは何年ぶりやろか。。。
最後にこうして酒を交わしたのは20年以上前の話やで。
それも京都でやもんなぁ。
RIMG0025.jpg

思い出すわぁ。。。
下宿先で安酒を交わし朝まで討論した熱き日々。
友情、絆、青春…口には出さないがそんなこっぱずかしい言葉を胸に秘めていた仲間。
歴史深い京都の地に刻まれた、甘くも酸っぱい私たちの青春の歴史。
あぁぁ懐かしい。。。我が学生時代。。。

……っちゅうのはウソで、
夜な夜な京都の街を舞台に青春を謳歌しとった悪ガキたちや。
京都という見渡せば、歴史感じる貴重なお寺や神社が目に飛び込んでくる贅沢な環境にありながら、そんな歴史もありがたみも感じず、目もくれず、、、
夜のネオンに、張り裂けんばかりの音楽に、酒の味もわからず浴びた酒に、生意気に吹かしたタバコ。
遊びほうけた学生時代。
あぁぁ懐かしい。。。我が学生時代。。。

あれからもう20年やもんなぁ。

懐かしい話で頭はバックトゥーザフューチャーや。
「あぁそうやったそうやった!」忘れてた思い出の引き出し合いや。

見てくれも中身も何も変わっとらんなぁって思うけど、
みんなちゃんと「おとな」になっとる。
40過ぎたオッチャンオバチャンやけど、
40過ぎた味のあるオッチャンオバチャンや。
カッコええと思うで。
RIMG0032_20091204082718.jpg
↑↑↑カッコええオッチャンオバチャン。

今度は京都で会いたいなぁ。
ちょっとは都の歴史も感じつつ、懐かしい仲間の思い出話に花咲かせたいもんや。

みんな元気でな。
もっとカッコええ、おじいちゃんおばあちゃん目指そうや。。。

今夜はおおきに。

| 東京 日誌 | 23:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。