2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大晦日。清い心身で新年を迎える。

一年の疲れを癒す。一年の垢を落とす。
清い心身で新年を迎える。
福よ来い!福よ来い!



いざ!養老渓谷温泉 「滝見苑 ごりやくの湯」。
こちら日帰り立ち寄り温泉。
温泉浴にプラスして、まわりを取り囲む自然と、近くを流れる養老の滝からはふんだんのマイナスイオン浴。
心身ともにリフレッシュに望む。

「大晦日にの~んびり温泉」って思惑の人で溢れかえって、結果のんびりできないんだろうなぁと、半信半疑。
でもね、場所は房総のど真ん中の山奥。しーんとした温泉。
んっ?私の他に二人だけじゃないか。

真っ青な空の下、露天風呂に漬かり、、、
温泉

ゆ~~っくり一年の疲れを癒す。じ~~っくり一年の垢を落とす。
きれいさっぱりしたところで、新年を待つ。


帰りに立ち寄った大多喜城で、ちょっぴり春の兆しも感じつつ、、、
春の兆し

今年もいろんな事があった。いろんな人と知り合った。
いろんな事考え、いろんな話して、いろんな事やって、いろいろ楽しかった。
そんな2008年に感謝し、数時間後にめでたくやって来る、2009年を待ちわびるのであった。

スポンサーサイト

| ソトボ 日誌・生活 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2008年、364日目の一日。

お飾り

海からの初日の出を拝んだあと、玉前神社にお参りに出かける。
一年の無病息災や家内安全に繁栄。合格祈願や彼女ができますようになどなど祈祷を捧げる。
多分ここ一宮に暮らす大方の人たちは、そうやって一年がはじまるんだと思う。

一足早く玉前神社に出かける。
年明ける前にフライングでお参りって訳じゃなく、新年を迎える準備のため。
お飾り」だ。

境内前にお飾りや花を売っている。
昨日の買い出しとは違い、ゆっくりした時間と空気が流れている。

お飾り

近所の方なんだろう。和気藹々の雰囲気の中、ひとつひとつだいだいを付けている。
だいだい……家が代々繁栄する事を意味する。
私も小振りのしめ縄に、だいだいを付けてもらう。
玄関先に飾り付けた時、いよいよって気になる。


《カニの脱出》

正月用の魚を買いに「魚平」に。
まぐろとホタテとイクラ。
こちらは玉前神社と違って、活気に溢れている。
いつになく大きな声が飛び交っている。
そんな大忙しの店の人の目を盗んで、脱走を試みているカニがいる。

カニの脱走

仮に水槽から出られて、レジの前をうまーくすり抜けても、海までは相当距離がありますゼ。。。


ミートローフ

男の健康料理 ・年末特別版。
2008年の締めくくりは 「 ミートローフ 」。

セロリとニンジンとタマネギと卵を入れたミンチをコネコネクチャクチャグチュグチュ……。形を整え、今度は油をヌリヌリ。

ミートローフ-1

オーブンで30分。
ミートローフ-2

焼き上がったんだが。。。何だかオオサンショウウオのような。。。

ミートローフ-3

空気抜くのが足んないかもね。。。と妻マチルダ。

でも味はいけまっせ~。



2008年364日目も無事終了です。

残すところあと一日。
力強く、カッコよく、生き抜くぜ!!

| ソトボ 日誌・生活 | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「歳末大売り出し」に思う。。。

今年も残すところあと3日。2008年、363日目ってことだ。
だから買い出し。これまた年末の恒例行事だ。



昨今、スーパーマーケットも2日から開いていたり、そもそもコンビニは年中無休24時間営業が当たり前になっている。だからわざわざ買い出しに、何かと混雑した街や店に出かける必要も無いんだが、やっぱり出かけてしまう。
正月くらいは家でゆっくりしたいし。。。

まずは幕張の某アメリカ発大規模倉庫型卸売店に。(コストコだけど)
予想通りのスゴい人。
桁外れのドでかいカートにみんな山盛りの商品が入っている。商品も販売ロットが大きい。確かに年末の買い出しなんだろうけど、やっぱりすごい光景だ。この状況を見て思う。日本人の消費の仕方の変化を感じる。

私の幼い時は正月はみんなが祝い休むものだった。だからお店も開いていなかった。平気で一週間くらいは休んでる店もあった。
だから家族総出で買い出しに出かけた。小さいながらに、その時の買い物の量の多さにウキウキしたのを覚えている。

そして最近はバーゲンが早い!
テレビのCMを見ていても、初売りからどこのファッションビルやショッピングモールもバーゲンだ。今年なんかは、この年末からバーゲンがはじまっているお店もある。
本当に必要な時にはすでにバーゲンになっている。バーゲンじゃないじゃないか。何だか不思議だ。消費者にとっては安いに越した事はないんだけど。
仕事柄、私なんかは少々憤りを感じてしまう訳だ。

某アメリカ発大規模倉庫型卸売店で買い物を済ませ、sotoboに戻る。
その道中大型ホームセンターに立ち寄る。
人間様の食べ物だけじゃなく、お犬様の食べ物も買わないと、、、。
こちらもすごい人。人。人。
歳末大売り出し」の貼紙があちらこちらに。
それにみんなが群がる。
「大売り出し」には弱いものだ。。。

最近のホームセンターはペットも販売している。トリミングやホテルなんかも併設してたりする。
ジョルノとヴォナの食べ物をピックし、ちょっとペットを見ようとゲージが並ぶペットコーナーに向かった。
小犬も子猫も愛らしい仕草で、狭いゲージの中で遊んでいる。
かわいいものだ。。。
でもね。ちょっと違和感を感じる。。。
無邪気に遊ぶ小犬や子猫のゲージに、先ほど見たような貼紙が、、、。
歳末大売り出し」。。。
まぁ、販売しているんだから大売り出しも仕方ないかもしれないけど、、、。
ちょっと寂しい気も、、、。

ヴォナ

そういえば、ヴォナ。お前も我が家にやって来たのは4年前の今頃だったなぁ。。。
そういや、その頃も大売り出しだった。。。だからお前も。。。
違うよ!違うよ!大売り出しだったからじゃないよ!
お目のクリックリの目に妻マチルダと私が釘付けになってしまったからだよ。
だから我が家に来たんだよ。ホントだよ~~。

| ソトボ 日誌・生活 | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こ、こ、、凍ってる?!

めっきり庭は冬化粧。
ベージュベージュベージュ………。。。



水やりに庭に出た。
今日は暖かめと天気予報は告げていたはず、、、。
確かに日差しは暖かいんだけど、、、。
さぞかし夜中や明け方は極寒なんだろう、、、。

凍ってる

だって凍ってんだもん!

| ソトボ 日誌・生活 | 20:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT


小さい時よく「大きくなったら何になりたい?」って聞かれた。
について聞かれていたんだ。
小学校卒業アルバムの最後に書いた将来の
「世界的な靴屋さん」

夢-1

今はもう十分大きくなった。
あの時のはどうなったんだろうか。



sotoboに来ることがだった。
sotoboで暮らすことが夢だった。
そして今sotoboにいる。夢が叶った。

思ってた以上に冬は寒いし、東京まで通うのも、辛くはないけど知らず知らず体には負担なんだろう。
でもそんなことより、側には海がある。潮の香りがある。波の音がある。溢れんばかりの星空がある。しーんとした真っ暗闇がある。そしておいしく新鮮な海の幸、山の幸がある。
sotoboの恩恵を受けて今を生きている。

ここまでは1stステージ。
次にある2ndステージに向かう。
今は詳しくは言えないけど、次の「夢」に向かう準備。。。


さぁ、今夜はsotobo男二人の忘年会。
私とほぐし職人のKさん。

来年、Kさんの夢が叶う。
ほぐし職人2ndステージが始動する。

「ずっと僕の夢だったんですよ。」

Kさんがどんな2ndステージを夢見てたのか楽しみだ。
Kさんの人柄と志が新たな2ndステージを作り上げていく。

頑張ってください! 小旗振って沿道で応援しております!
そして私も頑張ります。自分の尻叩くのといっしょに、太鼓たたいて応援してみます。
今日はいい刺激を頂いた感じです。

夢-2

男二人の忘年会は夢談義で盛り上がった。
最後は恋愛話になったけどね、、、。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仕事納め......今年はホント!!

本日、12月26日。2008年仕事納め
毎年…… 一応…。

携帯は鳴り響き、メールはジャンじゃか、FAXは留まる事無く...。
毎年そうやって31日まで追っかけられているわけだ。
どうも今年は今日で納められそう。。。



ただ今東京の仕事先。

仕事納め
そして朝から大掃除
一年間の働きを労い、あっちゃこっちゃを奇麗に。美しく。
でも毎年思う。

「なんて無駄の多い仕事っぷり!」

大量のゴミ。
はじめっからゴミなんじゃなくて、ゴミにしてしまっているんだ。
そんな反省もしつつ、身の回りのお片づけ。

仕事納め-1

1年間叩き続けたキーボード。キーにこびり付いた垢(指先垢?)を拭き取る。。。
特に [shift]キーや [enter]キーは汚れがひどい。

仕事納め-5

データのバックアップは忘れずに。。。
「留守中何があっても、何・が・あ・っ・て・も、守ってください、、、。」と祈りを込めて。ね。

仕事納め-3

今年お世話になった方、来年もお世話になる方に年賀状。。。
「旧年中は格別のお引き立てを賜り……。」
久しぶりの筆ペンに手が震える。。。あぁぁ~~。。。

仕事納め-2

来年のカレンダーを机にはさむ。。。
ちなみに9日は私の誕生日……41th。

そして、ひとり乾杯。。。自分に乾杯ですわ。

仕事納め-4


 本年も大変働きました。
 来年も頑張って働いて、カッコイイ大人になりたいと思います。
 宜しくお願いいたします。

              2008年12月26日  ソトボ

| 東京 日誌 | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Merry Christmas ! !

今、庭に出る。
今夜は波の音ひとつない、シーンとしたsotobo。
Silent Night。
夜空を見上げる。
キーンとした冬天はイルミネーションをちりばめたような星空。

sotobo 2回目のX'mas。

Merry Christmae !!

みんなが幸せに。。。そして平和に。。。

Merry Christmas !!

| ソトボ 日誌・生活 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

船橋のsotobo......クリスマスイブ

閉店時間を迎えた一軒のレストラン。

『一宮から離れて、もっと一宮が好きになりましたよ。』

そんな言葉が印象的だった。



「Ocean Sea Food LASISA dining」。

LASISA-12

暮れの雑踏する船橋の駅前からすこし外れたところにある。
クリスマス イブ。妻マチルダとささやかながら食事を。

LASISA-1

ひょんな事がきっかけだった。
このブログにコメントいただく「あろは」さん。[あろは」さんのブログにこのお店の事が綴られていた。「あろは」さんのお気に入りのお店だったら期待できるな。なんて勝手に思って今日イブの夜、お邪魔する事に。

メニューのあちらこちらにsotoboの地名が出てくる。 
 
これは、きっと。。。(期待...)

LASISA-2

まずはビールで「メリークリスマス!」カンパイ!!

LASISA-5

スパークリングワイン「ビーニャ・バルディビエソ」を注文。
スパークリングとはいえワインはワイン。先日の二日がかりの失態(前ブログ)の記憶が蘇る。
しかしなぁ…クリスマスだもんなぁ……。とご都合主義の私は失態を忘れる事にした。

sotobo家に於いて、ワインの悪酔い歴は私だけに限った事ではない。
妻マチルダもワインでいきなり酔いが倍増する事がある。
しかしなぁ…クリスマスだもんなぁ……。

結果、今日の当たりクジは妻マチルダに出た。
顔が変わった。目が開いていない。声のボリュームアップ。。。来た来た来た。。。
クワバラクワバラ、、、。(合唱)

LASISA-3

↑↑↑「アボガドとホタテのサラダ」は火が通ったホタテの温サラダ。

LASISA-8

↑↑↑「魚介類の揚げ盛り」。エビの頭としっぽがどうしても食べれなかった私が克服。残酷にもバーリバリの完全犯罪。

LASISA-6

↑↑↑「なめろう」。今日のメニューにはなかったが、勇気を持って注文。なめろうだよ~~♥

LASISA-10

↑↑↑「カルテット野菜のpizza」はキャベツとカブとブロッコリーにアスパラ。それにビー玉くらいのサツマイモがちらほら。
そんなカルテット以上な野菜たちを玉子でとじている。(野菜の種類間違ってたらゴメンナサ~イ。)
生地にはイカスミが入って香ばしい。

どれもこれもボリューム120%で、おいしい!  

これは、きっと。。。(期待大...)

正直、最期のピザの注文前に腹一杯。でもメイン(おすすめ)食べずして帰るのは失礼と。
と言いながら半分ペロリ。半分はテイクアウト。
満腹ですわ~~(幸×2)


食事が済んだところでオーナーのSさんがテーブルに来てくれた。

 「実は私たち、一宮なんです。」
 「えっ!」

我らの一宮 談話がはじまる。。。

Sさんはご夫婦共々sotobo人。私なんぞまだまだ足元にも及ばないほど。
Sさんの料理もsotobo仕込み。
  
やっぱり間違いじゃなかった。。。(確信!)

睦沢のLASISAの畑。休みの日は畑仕事と食材の仕入れ、そして波乗りのためsotoboに帰る。

海を愛し、一宮を愛し、そしてsotoboの恵みを大切にする。

 「海辺にいた頃は、その心地よさの中にいたので気づかなかったんですが、
  一歩出ちゃうとその海辺の閉塞感みたいなものを感じちゃって、、、。
  だからこのお店が海辺への入口になればいいなぁと思ってるんですよ。」

いろんな人がいる。いろんな人の気持ちは海で繋がる。

屈託のない笑顔のオーナーSさんは、、、

「一宮から離れて、もっと一宮が好きになりましたよ。」と。


イブの夜。
思わぬ出会いが待っていた。。。

あっ。今度「LASISA」の意味聞いてみよ、、、。



Sさんから教えてもらった、一宮のこだわり塩「朝方塩(あつもりしお)」。
「sotoboの海の味がしますよ。」と。

LASISA-11

| ソトボ 日誌・生活 | 23:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

X'masのため、新年のため、、、私は働きます。

年の瀬が押し迫ると仕事も押し迫る。
毎年この2つはタッグを組んでやって来る。



気持ちよくX'masを迎えるため。
晴れ晴れと新年を迎えるため。

今日はLet's work ! !

仕事

夜、sotoboに戻る。

2人の若い女性が私の帰りを待ちわびている。
イブイブのこぼれんばかりの☆空の下、2人の女性から手渡される。。。
暗闇の中でもはっきりわかるよ。頬を赤らめている君たちの事、、、。

近所の小学生姉妹 NとM。Nの手作りケーキを一切れもらった。
それにプレゼント。コレに関してはちょっとまた思考をこらして紹介するとしよう。
まぁ、いいとこ突いてきたゼ。

ケーキ

イブイブMerry X'mas ! !


追伸:これがキセキ(軌跡)の勝利、液晶テレビですわ。
てれび


| 東京 日誌 | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

興奮の一夜。。。2008年 忘年会

はじめに、、、
今日のブログは超~長編です。



午前中のあの生暖かさはどこへやら。
夕方からのドシャ降りと強風で一気に真冬モードに逆戻り。
そんな大雨の中、私と移住男Sは大都会 新宿にいる。
明日の波はどうかねぇ。なんて話しながら新宿のビルの谷間を足早に抜ける。
大型家電ショップの角を曲がった時だ。不意打ちを食らった。
田舎者2人に容赦なく都会の洗礼が浴びせられた。

ビル風。。。

一瞬にして2人のビニール傘はバンザイ状態。
2本とも骨はボロボロ。。。
海風には慣れているが、ビル風はとんとご無沙汰だ。
あぁ~あ。



忘年会
そう、仕事先の毎年恒例になっている忘年会に出席の為新宿にいる訳。
今年は焼き肉「やきにく亭 六歌仙」。
毎年豪華なこの忘年会

今年はこんな感じ。。。
2008 忘年会-1
↑↑↑やぐらを組んだ伊勢エビは、小学校の時の組み体操を思い出す。

2008 忘年会-2
↑↑↑厚さ5mmはあるタンは塩でいただく。

2008 忘年会-3
↑↑↑赤と白の絶妙な霜降り加減が庶民の視線を釘づけにする、上カルビ。

2008 忘年会-4
↑↑↑横綱登場。松坂牛。もはや敵無し。今日も上手投げで快勝だ。

2008 忘年会-5
↑↑↑エビぞりダンス。横綱・松坂牛を囲み、伊勢エビたちは勝利の舞に酔いしれる。
しかしどこかフォークダンスのマイムマイムが脳裏に過る。マイマイマイマイ......♪

2008 忘年会-9
↑↑↑〆には石焼ビビンバ。玉子の下にもまたまた上質肉!

色とりどりに盛りつけられたナムルたちは、熱せられた石鍋の中を滴り落ちる汗と共に刺激を求め、引き寄せ合い、絡み合い、お互いのうまみエキスをぶつけ合う。
それは男女のナニをも想像させる程のエキサイティングな一幕が、この石鍋の中で繰り広げられる。......あぁ、うまい!

2008 忘年会-11
↑↑↑そしてデザートにはリンゴとみかんのシャーベット。
これまでの肉々しい戦いに、このさっぱりとしたしたデザートが平和をもたらしてくれる。

まぁ、お料理はこんなとこ。。。(ちょっと興奮した。)


毎年恒例...の「恒例」の言葉の裏には、忘年会が恒例というのもそうだが、その忘年会の目玉、一大イベントになっている「豪華景品争奪ジャンケン大会」がホントの恒例って感じでみんなのテンションは上がる。
豪華景品と綴ったが、ホント豪華なのだ。
毎年1等は「液晶テレビ」。そして今年も...。

毎年裸ジャンケンやボディージャンケンで争奪は繰り返されてきた。
富を得る者、悔し涙に暮れる者。それはその年を振り返った象徴でもあるかの如く。。。

今年のルールはこう。
商品を下位のものからグループ分けする(6グループ)。各テーブルでジャンケン。各テーブルの負けた者同士がさらにジャンケンし、勝った者から好きな商品を貰えるという仕組み。
つまり最期に残れば、一番豪華な商品のグループを奪い合えるという事。

しかしこれまでの私の結果は散々たるものだった。
大体がジャンケンに勝つ星の下からは、つま弾きにされてきたとしか思えない結果が毎年の常。今年も期待などしていない。。。

さぁはじまった!!
商品は総数23点。

2008 忘年会-6

まずは下位商品。
 23)電気毛布
 22)エアフレッシャー
 21)毛穴吸引機
 20)電動歯ブラシ
 19)低周波治療器

まずは負けないように、、、。負けないように、、、。
慎重に、、、。慎重に、、、。

おぉぉ~~勝ち残った!!

しかしまだまだ冷静。今年はちょこっとだけついているだけと自分に言い聞かす。調子に乗れば奈落の底。年の瀬に谷底になど落ちたくない。

さぁ2回戦。
 18)体脂肪体重計
 17)ドライヤー
 16)鼻洗浄機
 15)チョコレートファウンテン

そろそろみんなの血の気も上がり出す。
2回戦に勝ち進んでいる私。これも夢か、、、。と高まる自分の気持ちを押さえる。
私も大人になったものだ、、、。

おぉぉ~~勝っちゃった!!

ちょっとした奇跡が起きた。しかし奇跡は奇跡。奇跡も続けばそれは奇跡じゃなくなる。
もはやここまでだ。
今年はよくやったぞ!sotobo!! これで負けても悔いは無し!!

さぁ3回戦。
 14)加湿器
 13)イオンクレンジング
 12)テンピュール クッション
 11)デジタルフォトフレーム

2008 忘年会-7

あら?! あれよあれよとまた勝ってしまった。。。

ここまでくると自分が自分でないようだ。勝負師が宿っているようだ。
一体全体どうしたんだ。。。

ジャンケンは進む。4回戦。
 10)プリンター
 9)ムービーカメラ
 8)防水CDプレイヤー
 7)デジカメ
 6)ニンテンドー DS-i

商品もそろそろ高額商品が登場してきた。
みんなの形相があきらかに変わりはじめた。血肉の争いがこれからはじまろうとしている。幼い子供は下がって下がって、、。
ここまできたら、さすがに私にも「勝ちたい。」という気持ちがこみ上げてくる。
私も人の子。勝ちたい。欲しい。。。。

何~~~カ☆チ☆マ☆シ☆タ~☆☆☆☆☆

もはや押さえきれない感情と、高額商品を目の前にした物欲とが私を完全支配してしまった。
戦士sotoboの誕生だ!!!

ついに5回戦。
 5)Wii
 4)iPod touch 8GB
 3)ソニー デジタル一眼レフカメラ

モビルスーツを着た私は操縦席に着く。(そんな気分)
いつもは和気あいあい仕事しているこいつらも、今日は、いやいや今は敵。
倒すあるのみ!
肉と酒の勢いも加担して、ボルテージは上がる。。。

2008 忘年会-8

うぉぉぉーーー撃破!!

向かうところ敵無しじゃないか!
今までの人生に於いて、こんなに勝ち進んだ事があっただろうか。
今日は何かが違う。明らかに違う。今なら何でもできる。
さぁ。来い!

最終決戦。2人の直接対決。
ジャンケン一本勝負。
32インチ 液晶テレビとDVDレコーダーだ。
まずはここまで勝ち上がった自分を褒めてやる。

敵は I 藤ちゃん。
いつも一緒に仕事をしているI 藤ちゃんだ。
まずは握手。

「何だ!?こいつ笑っていやがる!」
「ボクは貰えれば何でもイイで~す。見たいな顔して。ホントは喉から手が出るほど液晶テレビが欲しいんだろ。」
「素直に言う。ボクは欲しい。液晶テレビが欲しい。あぁ欲しいさっ!」

何て事考えている時間はない。
決戦の時来る。
勝った者が液晶テレビ。負けた者がDVDレコーダー。というルールにお互い調印した。
2008年、最期の最期に負けて締めくくる訳にはいかない。
一発勝負!!

みんなのかけ声ではじまる。
「最初はグー~~。 ジャンケン………。」
私の右手は目の前にした液晶テレビを掴むが如く、5本の指をいっぱいに広げて突き出した。
I 藤ちゃんは私めがけて拳を突きつけてきた。

…………………。。。。

つまり...私はパー。 I 藤ちゃんはグー。

あぁぁぁぁぁ~~~~~~~~。
勝っっっっっっっっった~~~~。

何と言う事だ!奇跡は最期まで続いた。勝利の女神が微笑んだ。
エ・エ・エ・エ・エキショウテレビ ガ~~~~来た~~~~!!!
クールに澄ましてはみるものの、心の中は興奮!興奮!また興奮!明らかに体温急上昇だ。

2008 忘年会-10

一大イベントはこうやって幕を閉じた。
お目当ての商品を手にした者。悔しさが収まらず毒着いてる者。戦いは終わり、それぞれの者に笑みが戻った。
「One For A ALL. ALL For A One.」(???)

最期におエラい人から挨拶。
「来年はもっと厳しい。がんばろう。」と。

こうやって、2008年忘年会は滞りなく終わりを迎えた。



二次会。カラオケ。

今年最期にキセキ(奇跡)を呼び起こした私は、GREEEENのキセキを歌い、今年を〆たのであった。

2008 忘年会-12

日付も変わって、X' masイブイブだ。。。

Silent night...いやいやExcite night...♪

| 東京 日誌 | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

何もしないんじゃない!!何もできないんだ。。。

二日酔い

昨日のクリスマスパーティー。
途中から記憶がない。だから帰ってきた記憶もない。

今日は12月とは思えない暖かさ。
ソファーから動けない私の足に、暖かい日差しが当たる。
二日酔い

イテテテテ……(頭痛)。。。

こういう時必ず思う。

………「もう飲まねぇ!(涙)」

| ソトボ 日誌・生活 | 12:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

酒に溺れた私。。。「クリスマスパーティー」

夕方、自転車で田んぼ道をゆく。
ヘッコラヘッコラ。。。ゆく。
海の方に目をやると、でっかいオリオン座がいる。
それを横目に、ヘッコラヘッコラ。。。ゆく。
到着~。
ん? タバコを吸ったトナカイがいる。
オイオイ。。。



本日、移住男Sん家で「クリスマス パーティー」とやら。

クリスマスパーティー-3

「お招きいただきありがとうございます。」
ワインレッドのベルベットジャケットにブラックのカマーバンドにボータイ。
正装した私はスマートに挨拶。。。といきたいところだが(嘘)
デニムにパーカー着込んで自転車でヘッコラヘッコラ。汗だく。。。(ホント)

移住男Sの彼女MちゃんとDちゃんの手料理。

クリスマスパーティー-1
かわいいじゃない!ポテトサラダにブロッコリーのクリスマスツリーサラダ。
横っちょにはウズラの雪だるま。

クリスマスパーティー-5
じっくりコトコト。ブイヤベース。sotoboの幸。

クリスマスパーティー-2
チーズフォンデユにDちゃん特製チキン。

クリスマスパーティー-6
Mちゃん手作りチーズケーキ。

クリスマスパーティー フルコースでした。

やっぱり手料理にかぎる。
大変おいしかったゼ!!

クリスマスパーティー-4



酒がすすむ。

汗だくで到着した私は駆け付け3杯のビールではじまり、その後は移住男Sとワインを、、、。
私はワインを飲むと一気に酔いがまわる事がある。
大丈夫な時は大丈夫なんだが、、、今日はダメみたい。。。
ぐんぐんぐんぐん、、、私の思考回路とろれつが乱れ始める。

カラオケに行こう!!
Mちゃん、お酒を飲まずにいた理由はこれだ。カラオケボックスに行く運転の為。
いざ、白子のカラオケボックスに。
このころ私の記憶は断片的。。。当然、ワインが原因。。。

久しぶりのカラオケ。
歌ってみたかったGREEEENのキセキを入れた私。
そこまでは私の記憶として存在している。が、そこからは断片的も断片的。。。

今となってはMちゃんかDちゃんどっちが歌ったかは定かでないこの曲。
翼の折れたエンジェル」。
私の青春の曲(前ブログ)。
私へのプレゼントかと勘違いした私は、その唄を聞きながらじーーんとしていたのは確か。
酔いながらも青春の1ページを思い出していた。

クリスマスパーティー-7

しかしそれ以降は全くの真っ白状態。
記☆憶★無☆し
どうやって帰ったのやら………。

                     .............つづく。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

男のロマン

男のロマン。



ひとりの男性と知り合った。
犬と散歩中のYさん。
話の流れで、Yさんの庭にお邪魔する事になった。

まわりを生い茂った木々に覆われ、その木々の向こうは海。波の音がその存在を証明する。
まさに男の隠れ家って感じだ。

焚き火がしたくってね。それでここを購入したんですよ。」

男のロマン-2

↑↑↑Yさんの焚き火場。
週末、焚き火をしにここにやって来るとの事。

波の音を聞きながら炎をみつめる。
誰に邪魔される事なく、ひとりの時間を過ごす。
同じ1時間でも、都会での1時間とは違う。ゆっくりと流れる時間。。。
慌ただしさも、喧噪さもない。贅沢な時間。
全てをリセットしてくれる気がする。

男のロマン。

「汗かきながら夏に焚き火してると、かみさんに『汗かいて焚き火って理解できない。』って言われるんですよ。」

それが、男のロマン。

「この雑木林登ると、またいい眺めなんですよ。」

男のロマン-3

想像はつく。この波の音だもん、、、。

一気に雑木林を登る。
想像通り。夕暮れのsotoboの海が目の前に現れた。
この広大なパノラマに鳥肌が立つ。

男のロマン-1

男のロマン。

「また遊びにきてくださいよ。」と別れた。

焚き火。ぜひ今度私にも男のロマンを感じさせてください。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダイナミック!!「キッチンKOBUTA」

今日のランチ。
またまたやって来たAちゃん夫婦と。



東浪見にある「キッチン KOBUTA」。

キッチンKOBUTA-7

海岸通りの定食屋さん。
海から上がった波乗りたちの食堂って感じかな。。。
すべてがダイナミック!!

私はチキンの生姜焼き定食。

キッチンKOBUTA-1
↑↑↑チキン生姜焼き定食。ソフトドリンク付き。ライスお代わり自由。それで¥735-なり。

チキンのでかさもそうだが、このキャベツの量。
キャベツの山でチキンが見えない程。。。

キッチンKOBUTA-2

ポークカレーもこれで普通盛り。

キッチンKOBUTA-3
↑↑↑ポークカレー。サラダ付き。¥580-なり。

隣のサーファーは「ポークカレー大盛り!」と注文。
どんな胃袋だよ。。。

チキンの生姜焼き定食。しっかりした味付けにごはんがすすむ。
まさにダイナミック!!

店内はサインの色紙と、、、
キッチンKOBUTA-4

KOBUTAたち。。。
キッチンKOBUTA-6

ごちそうさまでした。

| ソトボ 日誌・生活 | 18:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アキバで洋食「オムライス」

秋葉原
社会人となって上京した私は、生活家電やオーディオを買いに秋葉原に出かけた。
「電化製品を買うなら秋葉原」。そういうフレーズが秋葉原だった。
それから20年。めまぐるしい開発と文化が入り交じり、世界的にいろんな顔を持つ「秋葉原」が現在の秋葉原。アキバ。
電気の街秋葉原から、、、
オタクショップ、アダルトショップ、メイド喫茶、AKB48、電車男、萌え、つくばエクスプレス...。
でも電気の街の前に神田青果市場。ちょっと奥まった筋を歩くと情緒ある風景が小さく残っている。
「かんだ やぶそば」でせいろうそばをすすったのを思い出す。



電気店のネオンと派手な看板だけじゃない。
クリスマスのイルミネーションもプラスして、夜空(星空)の邪魔をする。
高層ビルの乱立で空の面積も狭くなった。

席に座り、外を眺める。

須田町食堂-1

青果市場の面影はない。
威勢のいい競りの声に変わり、年の瀬のネオンの中サラリーマンやOLが行き交う風景。
時代だねぇ。。。

須田町食堂

大正13年創業の洋食屋さん。

須田町食堂-5

大正創業のこのお店もネオンきらびやかなこのビルの一角に店を構えている。
時代だねぇ。。。

仕事が終わって、美食倶楽部でちょっと食事。
須田町食堂-3

ふんわり卵のオムライス。
須田町食堂-4

オニオンスープにグリルトマト。
須田町食堂-2

洋食。
この言葉が好きだ。
この言葉の裏側に潜む歴史を自分勝手に想像する。
島国の日本に突如入ってきた西洋文化。見た事も聞いた事も無い料理が目の前に。当然食った事などない。そのとてつもなく食の欲をそそる匂いによだれが垂れる勢い。
箸ではない。金属の物体を使って食うらしい。
恐る恐るひと口。。。
美味い!何なんだ!!
目は真ん丸だったんだろう。

その時のその味を勉強熱心な日本人は探究する。
そしてでき上がり、受け継がれ、また工夫し、そんな歴史が「洋食」て言葉に感じる。
だから洋食って日本の食だと思う。(勝手ですが、、。)

ふんわりオムライスを完食。大変おいしゅうございました。。。

年末恒例の福引き券を貰った。1回きりの福引き。
みんなの代表、私。
ガラガラガラガラ……。コロンッ。
出てきた玉は「白」。
…………。。。

来年もいい年になりますように。

| 東京 日誌 | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

sotoboの家物語 ー 移住、その後...  ー 「サビ」は勲章!? ー

海のきらめき、波の音、太陽の日差し、潮香る海風、、、、。
大滝詠一の「カナリア諸島にて」の世界が広がる。
そんな憧れの海辺暮らし。。。
確かに「海辺暮らし」って言葉には、夢だったり、憧れだったり、優雅さだったり、ゆとりだったり、、、人を魅了する何かが多く含まれている。

そして、そんな「海辺暮らし」を手に入れた私。(自慢げ~~)
そりゃ夢が現実になって嬉しいに決まってる。
でもこの夢から現実に向かうにあたって、いろいろと現実問題が突きつけられる。

今回の話題は 『サビ)』。

日本の美意識の「侘び寂び」の「寂び」ではなく、茶色~く、粉が噴いたような「サビ」だ。つまり海風に乗ってやってきた塩が引き起こす塩害、それが「サビ」だ。

近所の人と話していると「びた自転車は海辺暮らしの証よ!」って言っている。その言いっぷりからして、「証」ではなく「勲章」ぐらいに誇らし気だった。

そうなんです。この「サビ」対策が結構大変だったりするわけだ。



新居にあたり、エアコンを何機か購入しなければならなかった。
綿密に調べ上げ、アレやコレやと比較して漸く決めたエアコン。
そして安いお店を検索。その価格で予算に組み込む。よし。よし。
(その頃は何もしらず、順調な滑り出しとばかり思っていた。)

sotobo家のプランも完成し、付帯設備を選ぶ段階に来た時だ。
sotobo家はオール電化。エコキュートを選んでいた時工務店の方の一言が、、、

「耐塩害仕様にしますか?」
「は?」
「この地域は塩害地域なので、それに対応した室外ユニットがあるんですよ。」
「……。」
「いやいや。この辺りは耐重塩害仕様の方がいいか、、。」
「…………。。。」

  「重」がプラスされた。。。

つまり潮風の影響を受ける地域には、それなりにサビ対策がなされた室外ユニットがあるらしい。

何!!

察しはついた。言い換えれば「特別仕様」な訳だ。
「特別仕様」は高いに決まっている。
案の定そうだった。それに受注生産。。。まさに特別。。。

サビ-5

あぁあぁ~~。って事はエアコンの室外機も??
当たり!
エアコンも同様だった。
うわぁ~予算組み直しって事~~
当たり!

塩害対策している方が耐久性はいいに決まっているが、実際通常のものと耐塩害仕様のものとを使用比較する事はできない。
つまりは気の持ちよう。用心と安心の為に「特別仕様」にするかどうかだ。

しかしそうは言っても、この頃には塩害について敏感になっていた。
打ち合わせ中、「塩害」「塩害」と連呼されてたもので、、。

結果、用心に越した事はない。慎重派のsotobo家は塩害対策仕様のものを選んだ。
予算詰めに詰めて、、、ね。

(*sotobo家については2006年の話なので、現在とは異なる事があるかもしれません。)



そして実際の海辺暮らし。
サビますよ~~。

アルミフレームの自転車も、ちょっとしたスチール部分はあっという間だった。
折りたたみ物干も、所々にサビが。
スチールでないところも何となくサビ(?)が、、、。
サビ-6

サビ-4

サビ-2

そこでsotobo家はこれを使用!
サビ-7

サビ取り用とサビ止め用。

定期的にコイツでメンテナンス。



海辺暮らしの「サビ」は「勲章」。
この定義に慣れるまでまだちょっと時間がかかりそうなsotobo家だ。

考えたら、日本は四方を海に囲われた島国。塩害地だらけじゃないか。

| sotoboの家物語 ー外房移住、その後... | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

持続性の無さに悩む私と、3日目の「おでん」の食べ方

毎年この時期、つまり年末に恒例になっている事がある。
今年の「モノ」はどうだったか。どこが良かったか。どこが不便だったか。来年はどうしたいか。
という具合に緻密に分析し、来年の「モノ」の品定めがはじまる。
この恒例行事については、結構時間と手間を費やしてきた。
そして思うような「モノ」に出会えないと、一番近い「モノ」をカスタマイズしたりする。
そうやって漸く手にした来年の「モノ」には格別の想いがある。
そして無事に新年を向かえ、また一年頑張ろうという気持ちをもたらしてくれる。

「これで来年は大丈夫だ、、、。」

そしてそれと時を同じくして、ひとつの誓いめいた想いも心に刻む。

「来年こそ、、来年こそ、どうか最後(12/31)まで使いますように。。。」

それはその「モノ」に対する盟約なのか、はたまた自分自身への契りなのか。。。



スケジュール帳」の事だ。

つまり毎年こうなのだ。
こだわり倒して手にしたスケジュール帳。はじめは意気揚々と何かあるごとにスケジュール帳に書き込む。(当たり前か。)使い勝手が気に食わないと、さらにカスタマイズにチューニング。
しかしそのスケジュール帳としての機能が持続しない。スケジュール帳が持続しないんでなく(当たり前か。)、私が持続しない。
何なんだろうか。。。

毎年この恒例の時期になると、その年のスケジュール帳を振り返って嫌になる。
これじゃ、いらねぇなぁ。スケジュール帳。
2007年は、1月~4月は順調に書き込んでいた。5月~9月はちらほら状態。10月はほとんどなし。11月には白紙がはじまり、12月白紙で2007年が終わる。
2008年はというと、9月10月でほぼ白紙がはじまっていた。
毎年後半、私にはスケジュールはないのか。と思うくらいの書きっぷり(の無さ。)。

自分で言うのも何だが、結構几帳面な一面を持ち合わせている。
しかしこのスケジュール帳に関しては、どうもチャランポランだ。
気に入ったスケジュール帳を手にした段階で、やり遂げた感に見舞われるんだろう。
料理といっしょかぁ~。作っている段階でお腹一杯になる。。。いやいや違う違う。そうじゃない。

そして今年も手にしてしまった。

スケジュール帳-1

スケジュール帳-2

2009年のスケジュール帳。
そしてカスタマイズも考えた。
まずはブックカバーなんかに付いている「しおりのリボン」を付けようと思って、、。

そして2009年も意気揚々と書き込むところ(自分)からはじまる訳だ。



今日で3日目の「おでん」ネタ。
作りすぎて食べ飽きた「おでん」の新しい食べ方。
オサルからのアドバイス(前ブログ コメントで)で「おでん鍋焼きうどん」。
こんな感じで。。。
おでんの鍋焼きうどん

餅巾着2個も入れりゃ、腹も巾着状態。。。
結構、美味いよ。とろけたジャガイモがいい感じでうどんに絡み付いて。。。

「おでん」後一息ですわ。
オサル、サンキュー!!

| ソトボ 日誌・生活 | 23:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

男の健康料理 ー おでん(関東煮) 果たして完成!?編

昨夜のブログで綴った一言がど~も気になって。。。
何度か目が覚めた。目が覚めたって言っても、ガバーッて起きたりってことじゃなく、起きてはいても目は開けず、、、クンクン……クンクン……。

『多分「おでん」の煮立った香りで目覚める。はず。』

これこれ。この一言。

おでん」の匂いを嗅いでいる。
寒いのは覚悟。寝室の戸は全開。キッチンからの臭いが遮断されないように。

ん~~~(匂いが)してる♡ してる♥………zzzzz。。。。。

ん~~~(匂いが)してる♡ してる♥………zzzzz。。。。。

AM 5:10。携帯のアラームと同時にガバーッと起きる!

しーっとりしてるじゃない!
おでん-1

sotobo家の「朝おでん」。
おでん-2

玉子も大根もごぼう巻きも。お前たち、いい色に煮詰まってるじゃないか!

ジャガイモは煮くずれぎみ。ちうくわぶは結構溶け気味…。
くずれようが溶けようが、味が中までしみ込んでりゃぁ私好み。

sotobo実家とご近所さんにおすそ分け。
なんせ大量おでんなもんで、、、。
(実はクッカーに入りきれない具材がまだ冷蔵庫にどっちゃり。)

今夜も「おでん」。明日朝も「おでん」。
多分今週は「おでん」三昧。
何か「おでん」の別の食べ方ないものかねぇ。。。

| ソトボ 日誌・食 | 23:14 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

男の健康料理 ー おでん(関東煮)

唇が割れた。
下唇の真ん中。
乾燥注意。
リップクリームの季節だね。



今日も寒かった。
仕事先の女の子に「絶対あったかいから!」って衣類に貼る使い捨てカイロをもらって一日腰に貼っていた。
確かにあったかい。。。
でも体の芯からあったまりたい。。。
お風呂にじっくりもよし、ジョギングで汗流すもよし。(ないない。)おしくらまんじゅう.....しないしない。。。
やっぱり食だな。
帰りの電車で考えてた。

............。。。

徳利セーター着た緒形直人が雪降る外から帰ってきて、クリームシチューを頬張るあのCMが流れると冬が来たなって思う。

............。。。

アカギレの薬のCMで、リアルすぎるアカギレを見ると「ヒエッ!」っと思うのと同時に冬が来たなって思う。

............。。。

決めた。

おでん」。

久々の「男の健康料理」!!

大阪で暮らした幼少の頃、sotobo母が作る「おでん」が冬の食卓によく登場した。
薄ら記憶だが、その頃は「おでん」ではなく、「関東煮(かんとうだき)」と言っていたと思う。正確には、大阪弁の速い口調で言うと 「かんとだき」。「う」がとんでいた。

そろそろ登場の時期だ。それがこれ↓↓↓
スロークッカー

クイジナートスロークッカー
昨年の冬に購入。
名前の通り、「ゆ~~くりコトコト」の調理器具。
冬にはもってこいのコイツ。
昨年はシチューやトマト煮などで活躍。
コイツにスープと野菜をぶち込んでタイマーセットしてお出かけ。
留守中、「ゆ~~くりコトコト」煮込んでくれる。
帰ってきた時には野菜のうまみが凝縮したスープが出来上がっている。それに部屋もほんのり暖かい。一石二鳥。
消費電力もわずからしい。。。一石三鳥。

さあさあ「おでん」の準備。
だし汁にしょう油とみりんとお酒。
大根にジャガイモ。玉子にちくわぶ。こんにゃくにしらたき。がんもどきに竹輪に昆布。ごぼう巻きにソーセージ巻き。それにソーセージ。厚揚げにハンペン。あっ、さつま揚げも。
下ごしらえした食材たちを一気にぶち込む。(あっ、練り物系は後ね。ハンペンは出来上がってから。)

スッゲー量になってしまった。。。
おでん

「男の健康料理」……。と言えるかどうかはさておき、

6時間タイマーセット。
明日朝には出来上がっている。はず。

多分「おでん」の煮立った香りで目覚める。はず。
幸せ、、、♥

明日朝、乞うご期待!!

| ソトボ 日誌・食 | 23:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

sotobo父に似てきた「酢豚病」?

雨で風が強くて寒いのは、、、堪える。



朝から、雨はどしゃ降り。風はビュービュー。波はグシャグシャ。息は白い。
そんな日は当然、当然、温かいものを体が欲しがる。

移住男Sとランチ。ランチって柄じゃない。昼メシ。

中華料理 「逸品香(イッピンコウ)」。
逸品香-6

このお店、ここ一宮の玄関口に位置する場所にある。
やっぱり東京からの一宮の玄関口は九十九里有料道路の出口と、その有料道路と平行して走る海岸道路が交わるローソンだったり、そこにあるこの「逸品香」だと思う。
つまり一宮の関所だな。「まずはここで食ってけ!」みたいな。
sotobo家も建設中もよくお世話になった。
こっちに来てからも、たまにお邪魔する。

「中華は火力だよ。」と知った風な事を言うが、やっぱり中華は中華屋さんがいい。(当然か。)味もさることながら、その火力と素早さが中華だ。(ダイナミック&スピーディー?)

中華というと、sotobo父だ。
というのもsotobo父は中華好き。
仕事現役の頃は「昼メシはいつも中華か!?」って思うような言動が多々あった。そんなsotobo父はいつも「酢豚とチャーハン」を注文する。好きなんだろう。
私はどうも酢豚が好きではなかった。
がしかし、中年域に入った最近むしょうに酢豚が食べたくなる時がある。それもいきなりに近い。
そんな時 「親父に似てきたな…。」って思う。
あと、私の指の形がsotobo父の指に似てきた。。。
話は逸れ気味、、、。
そう、いきなりやって来る「酢豚病」に対応してくれるのが、ここ「逸品香」。
何度か駆け込んだ。

今日は極寒。汁物だな。。。
私は担々麺。
逸品香-1

移住男Sはタンメン。
逸品香-2

言葉にすると似ているがまったく別物。

この担々麺、レンゲが2本。
通常の用途のものと、もう1本がこれ↓↓↓
逸品香-4

担々麺はどうしてもひき肉が沈んでしまう。それを根こそぎすくい取ってくれるレンゲ(?)。
逸品香-3

今日も活躍。

このお店、どうも赤が基調らしい。
店のいたるところが赤。店員さんのエプロンも赤。
そしていつも思うのが、大将はいつも赤のはちまき?バンダナ?
トレードマークだな。
逸品香-5

冷えた体も暖まった。

「今日もおいしかったです。ごっつぉさん!!」



夕方、雨も上がって山の方はきれいな夕日だった。
明日は晴れだろう。。。
満月からはちょっと欠けているが、夜にはきれいなお月さんがsotoboを照らしだした。
お月さんと月明かりに照らされた波。
いいもんだ。。。。(寒っ)

月

| ソトボ 日誌・生活 | 22:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりに「アラフォー」の集い

本日、土曜日。
sotobo週末といきたいところだが、、、、、今東京です。仕事中です。



大学時代(京都どす~。)、私はいろんなあだ名で呼ばれていた。
納得するあだ名ものもあれば、さっぱり根拠がわからんあだ名もあった。
大学と言っても芸術系の短大。それもファッション関係なので、専門学校に一般教養なんかがくっついた感じの学校。
ファッション関係だけあって女性が多い事多い事!確か1:8の割合だったはず。
華やかな学生時代。。。♥
なのでその女性陣のグループごとにあだ名が違ってたってこと。
まずは、「sotoboくん」に「sotoちゃん」。これは呼び名か。
「ポチ」「キョンシー」「おやじ」「カツカレー」「ぼうし」……。
大学を卒業してもうすぐ20年が経とうとしている。
なのにたまに会うと当時のあだ名で呼ばれる。
40過ぎて「ポチ」はなかろうに、、、。

今夜、「ぼうし」の一派だったMさんと久々に会う。ちなみに彼女のあだ名は「魔女」...。

すっかり日が暮れた街中を行き交う人はどことなく足早。。。師走。。。
新宿はスゴい人だ。JRの改札口には人が溜まっている。思うように改札から出れない。
お店にも人が溢れている。
クリスマスプレゼント選びのカップルなのか、ボーナスたんまり入ったサラリーマンなのか、今日だけ見ていると不景気を感じさせないこの繁盛ぶり。

そんな人ごみを避けるように待ち合わせは代々木に。
新宿の改札口とはエラい違い。閑散としている。
でもお土地柄か、ギターを肩にかけたバンドマンが目立つ。

関西人の男と女。会えば「久しぶりやなぁ~」の後は怒濤のようにしゃべる。
それは何年ぶりであろうが関係ない。

一目を避けるように、二人は雑居ビルの間に消える。
表通りの明るさも騒々しさもない。ぼーと灯った明かりに引き寄せられる。

ふうが亭」。

ふうが亭-2

イタリアの家庭料理(?)のお店。
扉越しに中を覗くと、外とは違ってアットホームな雰囲気だ。
おや、トナカイが料理を運んでいる。(店員がぬいぐるみ)クリスマスだ。。。

「何年ぶりや?」
久しぶりだと、大体この会話からはじまる。
二人で記憶をたどって計算がはじまる。基本引き算。
多分、2年半から3年ぶりという答えが出た。

ふうが亭-1

彼女も東京で仕事していたが、1年前に関西に帰った。
1年ぶりの東京。

世間では「アラフォー」って言葉が蔓延している。
流行語大賞にもなったほどだ。
二人とも「アラフォー」。(私は男だけど。)

アラウンド40。。。

40年も生きてくればいろいろある。
自分のせいでそうなっちゃった事もあれば、思っても見ない事が突然やって来た事もあった。
人生ですなぁ。。。
そしてこれからもその人生は続くわけだだなぁ。。。

今を生きるのが精一杯。そんな風な今の世の中。
でもこれからアラウンド50になり、アラウンド60を迎える。
人生ですよ。。。

Mさん。お互い頑張って生きて行こうゼ!アラウンド50になっても会おうゼ!

そん時も私は「ぼうし」ですよ。。。

| 東京 日誌 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「QRコード」とやらに苦しむ。。。

世の中で当たり前になっている事や、結構みんなやっている事に、「無知」「未経験」だったりすることがある。

私は仕事柄、パソコンも結構専門的(?)に使いこなしているし、デジカメも使わない日はない。デジタル家電といわれるものに対してアレルギー体質でもない。それなりに、人並みにって感じかなぁ。
でも何故だか「携帯電話」だけは使いこなせない。っというか使いこなそうという気が起きない。
「携帯電話」は「携帯用の電話」。
話せればいい!っというのが私の持論。(強がり半分)
実際、日々の使用内容は通話とメールのみ。たまにカメラ。
メールも親指の付け根がツリそうになる。
だから今時の携帯のとてつもない機能なんて、説明されてもチンプンカンプンな事が多い。はず。

そして今日、そんな私に、、、、。



夕方、千葉県は船橋にある某ファッションモール(ららぽーとだけど)に出かけた。いつものように仕事半分、プラプラ半分。
週末だし、残業中の妻マチルダに連絡して食事しようと。後ほど合流。

そして私は某ファッションモールをプラプラ。
ある洋服屋さんに入って、Tシャツを物色。
ん……これとこれ!購入決定のTシャツを持ってレジに。
女性の販売員が対応してくれる。
商品をカウンターに乗せて、サイフを出そうとした時だ。予期せぬ言葉が私に突き刺さる。。。

「今、メルマガに登録していただくと全商品10%OFFになります。」

と、1枚のビラを手渡してきた。

QRコード

「このQRコードをスキャンしていただいて登録して頂くだけなんで、、、。」

『だけなんで、、、。』 だとっ!!(怒)

チ?ン?プ?ン?カ?ン?プ?ン???

何!? どうしろっちゅうの!!
こんな私でもわかった事がひとつ。
このQRコードとやらをスキャンするのは携帯電話でするってことだ。
そう、私の不得意とする携帯電話を使って、、、。

咄嗟に突きつけられた内容に私はどうしたらいいのか、、、。
簡単なのだ。「わかりません。」と正直に言って教えてもらうか、10%OFFをあきらめるかすればいいこと。
がしかし、私の中の見栄と恥ずかしさとカッコつけが勝利し、1つの結論をはじき出した。

「携帯を忘れた事にすればいい!」

10%OFFは惜しいが、私の思考回路はそっちを選択した。
グッドアイデア~~。。。
と、思った矢先だ。。。

「ピロロロロロン♪ピロロロロロン♪」

メール着信音。。。。
私はちゃ~んと携帯電話を持ってま~~す♥という証明の着信音。
妻マチルダから「着いたヨ~~ン♥」メールだ。

逃げ切れるのか?sotoboよ!

「あっ。友達が着いたな。すみません。ちょっと取り置きしておいてください。直ぐに戻りますから、、。」

と言ってQRコードがプリントされたビラを貰ってひとまず退散。(冷や汗…)


妻マチルダの元に急ぐ。

ここで説明しておくと、妻マチルダは携帯電話のヘビーユーザー。きっちり使いこなしている。自分の携帯と違う機種でも説明書無しで使いこなしてしまう。
コレには私も尊敬する。

急ぐ。急ぐ。。。
「あっ!いたいた。」

「あのさぁ…」
「オシッコしたい!」

私の話にかぶしてきた。オシッコしたい。。。と。

トイレから戻った妻マチルダにコレコレ説明。

お前は携帯電話屋かよ……。ってくらいにさっさと問題のQRコードスキャンして、空メール送って、立派にメルマガ登録完了した。。。

約束通りお店に戻り、取り置きしていた2枚のTシャツを買った。
何事もなかったかのように10%OFFで。。。



今日のこの一連。これでいいにかどうなのか、、、わからない。
自分自身に見え隠れした自分自身。

いいのは10%OFFで買えたことだけだな。。。

中華料理
↑↑↑夜ごはん。中華料理。妻マチルダにご馳走した。。。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今夜も仕事しています。。。

ここ最近、新聞でもニュースでも「100年に一度の不景気」と言っている。
それは日本だけじゃない。世界規模のこの不景気を示す。
そして従業員解雇の問題。
少なければいいって問題じゃないが、聞こえてくるのは何百人何千人の解雇。
製造業では工場の閉鎖。これから社会に旅立とうとしている学生までも内定取り消しに。

日本を代表するというか、今や世界企業となった日本の大手がそういった決断を下している。

一体、この社会はどっちの方向にいってしまうんだ。

他人ごとじゃない。背筋が凍る思いだ。



只今、21時をまわりました。
まだ東京の仕事先にいる。

コンピューター越しに辺りを見渡す。
スタッフがまだ何人か仕事している。

赤いニットキャップかぶってがんばる IKさん。
仕事-2

仕事の合間に子供と電話で話すKちゃん。
仕事-1

お前ら!明日はボーナス日らしいじゃないか。(私には関係ないが。)


「あぁ~~嫌んなってきた~~!!」

  コレ煮詰まった時の単なる発散。

すると私の前の席から流れ出す。。。

「ロッキーのテーマ」♪

Kちゃんは仕事で疲れたり行き詰まったら、この曲を流しもう一度自分を奮い立たせる。
煮詰まった私の為にすかさず流す。

「ロッキーのテーマ」♪

「別にこの曲欲しくて叫んだ訳じゃないんだけど、、。」
「コール&レスポンスですよ♥」
「………。」



仕事がある幸せ。
働ける有難さ。
生活できる喜び。

何だか悟りを開いたように語っているが、ホントそんな気持ちで過ごしている今日この頃なわけだ。

写真が白黒..........何となくそんな気分だから。。。

| 東京 日誌 | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年最後の夢に託す。。。

勝手なもんで、都合のいい時だけ気にしたりする。
今年最後の夢に託そうと決めていたもので。
いつ、どこで、、、、躊躇している。



仕事先のデスクにカレンダーを挟んでいる。

taiann

「ん?大安。」
六曜が「本日は大安ですよ。」と告げている。
今日しかないな。。。今日にしよう!

年末ジャンボ宝くじ

さぁ、どこで?
六曜のついでに縁起をかつぐなら、やっぱり一等○億円が出ている売り場がいいなぁ。。。実績。実績。

ネットで調べる。。。
宝くじのサイトを覗くと、、、
ん?……「一粒万倍日?」。
「何これ?」
説明によると、、、
十千十二支の組み合わせでその日の吉凶を占う占術のひとつで、その一粒万倍日に買うのもいいんじゃない。みたいな事が書いてある。
????
つまり「一粒の籾が万倍に実る豊かな稲穂になる。」という意味で、わずかな元手ではじめたことが何倍にもなって返って来るってこと。
一粒万倍日は何かにチャレンジしたり、お金の支出に吉であるらしい。
(詳しくは宝くじサイトで)

まさに宝くじ日和じゃないか!

と言ってもその一粒万倍日はいつなんだ?
2008年12月の一粒万倍日は、13日、14日、25日、26日らしい。
今月の残す大安は、10日、16日、22日。
年末ジャンボの販売が19日まで。
ってことは、大安とこの一粒万倍日からすると、
10日、13日、14日の三日間って事になる。
どうすりゃいいんだ!!!
…………。。。

縁起を欲張って悩んでしまった。。。

宝くじ売り場

私、銀座数寄屋橋交差点にいます。並んでいます。
まずは大安に託してみた。
しっかし、すっごい人だ。
この人たちの心の扉を開いててみると何が見えるんだろうか。
夢。念願。祈願。一攫千金。合掌。欲。今度こそ..。………。

「バラ 10枚。」と私。
「150枚!!」
隣から太っ腹な枚数が聞こえる。
スッゲーなぁ。。。

さぁ、この10枚、当選発表までどうしようか。夢の大晦日。

宝くじ-1

①実家の仏壇に供える。
いやいや、日頃素通りする事が多いご先祖様にこんなときだけお願いするのも気が引ける。
②地元玉前神社で願かける。
んん……。。。
こうする事にした。

宝くじ-2

sotobo家の招き猫。
前ブログで紹介した清酒入り招き猫にお供えする事に。



あらっ!千葉県での過去の高額当選者が出た売り場に茂原のジャスコとアスモが入っている!!
近所じゃない!
13日、14日はここで再度買おうかなぁ。。。

大安と一粒万倍日 制覇!?

注意) 当たってもこのブログで公表するような事はありません。

| 東京 日誌 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

青春時代のクリスマスを思い出して、、、いやいや。。。

クリスマス
クリスマスソング♪
こういった時節ソングっていうのは、当然世代によって違う。
青春時代の曲が、いくつになってもずっとその時節の曲だったりする。
ちなみに私のクリスマスソングっといえば、、、
 ① クリスマス イブ ー山下達郎ー
 ② ラスト クリスマス ーワムー
ドドドドド定番。。。&時代。。。
学生時代のクリスマスといえば大変だった。
やれパーティーだ。やれデートだ。と。
学生の私にはあまり関係ないが、時代はバブル絶頂期。
「クリスマスはこうあるべき!」的雑誌を見ても何から何までバブリ~♪
デートといえば夜景&レストラン。それにプレゼント。そ・し・て...。
サプライズを組み込んだ一大イベントなんだなぁ、、。
まぁ、それも昔。。。

先日も仕事仲間と話した。
「いつまでサンタクロース信じてた?」
ん……いつだろうか。
ただ、いい子にしてたらクリスマスの朝、枕元にプレゼントが置いてあるってのは結構信じてたかも。
信じてた。。。ん、、、期待してた。。。

幼稚園の頃だ。いい子にしてお願いした。
「新しいバットとグローブが貰えますように。。。」
けなげなものだ。
イブの夜、幼い私は布団に入って目を閉じる。
「サンタさんは来るかなぁ。どうなのかな。」
「どうやって来るんだろう。トナカイ付きソリ!? どこ停めんだ。ここは大阪のど真ん中。簡単には停められない。無理だろ!」ってな事は考えていなかったが、幼心でウキウキし、なかなか眠れなかったのは確か。

そんな時、私の枕元で何やら気配が、、、!
「サンタさん!?」
寝付けない私は薄目を開けた。
そこにはsotobo父の姿があった。
真っ暗な部屋で私を見下ろしているsotobo父。
「何?」
そして手には、手には、、、、バット!!
「殴られる~!!の?」(心の叫び)
予期せぬ咄嗟の恐怖に体が硬直した。。。

当然殴られる事などなかった。元気に40まで成長した。
目を覚ますとバットとグローブが枕元に置いてあったことを覚えている。

いやいやクリスマスの思い出話をしようと思った訳じゃない。
今年はちょっとクリスマスの準備をしようと思って。。。
学生時代、青春時代を思い出して。。。って訳じゃなく。
昨年はじめてsotoboでクリスマスを迎えた。
冬の海沿いってだけで結構寂しいものなのに、それ以上にちょっと寂しい感じがした。
だからちょっとクリスマス気分でも、、、と思って。

週末、玄関アプローチ横の植え込みにネオンをセットした。

この間の「ナチュラルライフマーケット」に出店されていた「FlowerFarm」のKさんから手作りリースを買った。
まずはその飾り付けから、、、。

どうしようか。。。まぁ、クリスマスまでまだ時間はある。ゆっくり考えるとするか。

クリスマス リース

| ソトボ 日誌・生活 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

炎の力。。。

完璧な冬がやって来た。
朝夕は暖が恋しい。
12月だもんなぁ…。



sotoboに来る前は小ちゃな庭の片隅でBBQしたり、七輪でとうもろこし焼いたりしていた。
でもそれはほとんど夏シーズン。裸でビールとうちわで。

sotoboに来ても、同じように夏場はBBQ。でも寒くなってからの方が火をおこす機会が多くなった。
高い冬空からの日差しをちょっぴり感じながらだったり、薄暗くなって肌寒さが増した夕方だったり、、、。
七輪に炭をくめ火をおこす。
暖をとるためじゃない。
炭の火を見つめる為。。。

と言いながらも、サツマイモは乗っかっている。
昨日も焼き芋を焼いていたが、近所の小学生の胃袋に全部入った。。。

家の中で七輪ってわけにはいかない。
今sotobo家で活躍しているのがこれ↓↓↓
炎-2

アルコールランプの青い炎がゆらゆら。
ジンジャー入りのハーブティーを入れる。
湯気と一緒にジンジャーのクンッとくる香りが、乾燥した部屋にいきわたる。
一口飲めば喉にもクンッとくる。
体の中から暖まる。。。

家の中での炎って難しくなった。(ガスコンロはあるけど)
暖炉や囲炉裏があれば目にするが、暖をとることで考えると今はファンヒーターや床暖房だったり。

炎には力がある。
何かを燃やす力。暖をくれる力。
それと気持ちを落ち着かせてくれる力。。。

炎-1

外からは波の音が聞こえる。
冬の波の音。それも夜の。それだけで寒さ倍増だ。

目の前のアルコールランプの炎がハーブティーといっしょに、ちょっぴりの暖と私を落ち着かせてくれている。

| ソトボ 日誌・生活 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旅立ちのマルコ少年

夕方、駅の方から海に向かって車をとばす。
相変わらず、両サイドは一面の田んぼ。
山の方に沈む太陽が、海の上の雲を照らす。
とってもきれいだよ。。。
そのまま海岸まで車をとばす。



これから旅立つマルコ少年の胸の内をあらわしてるかのような海。
今日も海は荒れている。

夕日を浴びた海の上の雲を眺めていると、
母をたずねて三千里」のオープニングのシーンを思い出した。
確か旅立ちを決心したマルコ少年のバックに、今のような雲があったと記憶する。

 ♪遥か草原の
  ひとつかみの雲が
  あてもなく彷徨い
  飛んでゆく
  山もなく谷もなく
  何も見えはしない
  けれどマルコ
  おまえは来たんだ
  アンデスにつづく この道を
  さあ 出発だ 今 陽が昇る
  ………。。。

陽が昇る。。。

あぁ、朝日か。夕焼けじゃないんだ。
母をたずねて三千里

| ソトボ 日誌・生活 | 20:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日は『冬の房総 極寒ツアー 南国ムードなどありゃしない!!』

「冬の房総 極寒ツアー 南国ムードなどありゃしない!!」

今日は東京からお客さん。
M子と娘のENNとリョン2。それといつものAちゃん夫婦のAちゃんとSエ。
冬のsotoboを満喫しようと、、、。



昼前に到着したご一行は、まずはsotobo家で一服。
「久しぶりだね~」「お土産忘れてた~」からはじまって暫しご歓談。
つまり、ランチまでの時間つぶし。。。

★ ランチ ★
「お母さんが赤ちゃんを抱きかかえお乳をあげている」
そんなやさしいイラストがトレードマーク。
お店の名前も 「Café おちちや」。

いすみ市は広い。三つの町が統合していすみ市になったのが3年前。
そんないすみ市の端の端の山の田んぼの細い畦道の先の古民家。が、
「Café おちちや」。
おちちや-9

お店というか、お家にお邪魔って言ったほうがいいかもしれない。
そんなお家にあがると、小学校の教室にあるストーブ(私の時代ね)が2基、小窓から青い炎が見える。
あったかい。。。

おちちや-3

大っきな本棚には絵本がいっぱい。木製のおもちゃがいっぱい。そこで遊ぶ子どももいっぱい。
店の前でも縄跳びで遊ぶ子どもたち。
おちちや-1

そう、子どものためのカフェのよう。。。

くつろぎ。。。

おちちや-4

おちちやランチ。おちちや子どもランチもある。

玄米ごはんのパイが子どもたちもお気に入り。
カボチャのスープにブロッコリーとカブ(?)のサラダは梅風味のソースでいただく。スコーンは豆腐クリームとリンゴジャムで。

やさしいランチ。。。

手作りのクッキーやビスコッティー。でもおちちやでは「おやつ」って感じ。。。

おちちや-5


この里山にある「Café おちちや」もクリスマスの準備がちらほら…。

おちちや-6

おちちや-7

庭には赤く色付いた紅葉の葉っぱがいっぱい。。。

おちちや-8


★海を眺める ★
ここsotoboに来たら、まずは海を眺める。
太東崎灯台」。
海風が冷たい!!!
都会暮らしのお前たちには身にこたえるだろう。
これが海だ!これが自然だ!これがsotoboだ!

太東崎灯台


★ 水族館 ★
せっかく海に来たんだから、魚を見せてあげようと、、、
水族館に行こう!とちょっと心痛む部分はあるが、魚屋さんに。
魚平」。
お刺身買い込み、頭はもう夕食、、。

魚平
↑↑↑ENNが撮影。


★ 大宴会 ★
「お刺身どうする?」
「手巻き寿司にする?」
「いいね~~。」
「酢飯どうする?」
「めんどくさいから、白ごはんでよくない?」
「だね。」
「新米。新米。新米。」
気の知れた仲間同士は家族のようなもの。
遠慮もなければカッコつける事もない。

大宴会-1

子どもたちも大はしゃぎ。

大宴会-3
手巻き寿司。巻いては食べ、巻いては食べ、、、、。
腹一杯。はしゃぎ疲れた子どもたちは「おねむタイム」。

ここからが大人の時間。
この仲間、20年来の付き合い。
20歳そこそこで知り合って、今や40歳そこそこ。
増えたもんもあれば、減ったもん、なくなったもんもある。(何何!??)
人生いろいろ。
昔話に、家族のこと、友達のこと、仕事のこと、話はやまない。

夜も更けた。

こうして第一回「冬の房総 極寒ツアー 南国ムードなどありゃしない!!」
は無事終了した。

ほっとしてられない。早速第二回の企画に取りかかる ソトボ ツーリストであった。

おちちや-2

| ソトボ 日誌・生活 | 23:46 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

電車とお天気とsotobo暮らし

久しぶりに会ったOCOちゃんと別れて、渋谷から原宿をブラブラ。。。
今日の天気予報では午後から大雨。寒気が入ってきて大気が不安定。
嵐の前の静けさ。生暖かい気温。
午後3:30。
ポツ。ポツ。ポツ。
来た来た。
ポツポツポツポツポツポツポツポツポツポツポツポツ。。。ピッカーーゴロゴロ。。。
来た来た来た来たーー。
あっとゆう間のどしゃ降り。嵐~♪嵐~♪嵐~♪
表参道が表参川。激流だ。

ピッ!
「五反田~大崎間での飛来物撤去の為、内回り外回り共運転を見合わせています。」
原宿駅改札をスイカで入った途端のこのアナウンス。
あぁ~あ。



sotoboで暮らす者にとって、京葉線外房線内房線を利用している者にとって、大雨、強風、突風、台風、嵐、大雪、吹雪 は覚悟しなければならない。
「ビショ濡れになるなぁ。」「傘飛んでっちゃうよ。」的ことではなく、京/外/内の電車が走行できなくなったり、遅れだしたりするわけ。
どうしても海っぺりを走る路線は、こういった天候不良にめっぽう弱い。
出先でこれらの荒れた天候に見舞われると覚悟するしかない。
2時間コース? 3時間コース?
とろとろ運転だけでなく、蘇我駅あたりのホームは人が溜まってごった返し、我らの上総一宮駅は列車で溢れて駅入り待ち。
いつ家路に着けるかわからない。

そんな時、東京からだと京葉線ではなく総武線快速を利用するのがいい。
京葉線と違って、内陸を走るので外房線内に入るまでは然程影響ない。

今日も必ず影響あるはず。。。

案の定、強風の影響で遅延状況とのこと。
迷わず総武線快速を選択。
上総一宮駅入り待ちで茂原駅で待機。結果、20分遅れ。
1時間50分の旅。。。

こういった天候状況の時は仕方ない。

教訓。。。
其の一) 早めに運行状況の情報キャッチ。
其の二) 京葉線ホームと総武線快速ホームはかなり離れている。(徒歩10分以上)
      路線の選択は事前に。
其の三) 長旅の準備。雑誌や新聞、飲み物などを。
其の四) 遅れるのが当たり前。イライラしな~い。
其の五) これも、sotobo。

sotobo暮らしの知恵袋でした。。。

天候

| ソトボ 日誌・生活 | 23:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「どら焼き」からはじまり「串揚げ」に。そして、、、(つづき)

今日のブログは昨日の続きです。



ないよ!ないよ!ないないないない!!! サイフ がないよ!!!
お酒も入っているので、咄嗟の思考回路に多少の鈍さはあるものの、このままわかしおに乗って家路に向かう訳にはいかない事は、辛うじて脳ミソが察知した。

あたふたあたふた……飛び降りた。

現金だろ。いくら入ってた?クレジットカードだろ。それもあそこのとあそこのとあそこのだろ。あぁ、あそこのもだ。ウワッ、免許証もだ。健康保険証に○○○カード。スタバのカードにヨドバシカメラのカード!結構ポイントあったはず!!
漸く私の脳ミソが現実をとらえ出した。
そんな中身の事より前に、どこで落としたんだ!!!考えよう。考えよう。考えよう。。。
タクシーの料金は払ったんだから、そんときはあった。うん。
鍛冶橋交差点を走って東京駅……!!あっ!あん時か!!!
そう、交差点渡って東京駅入り口の手前を走っている時、何か後ろでボトンって音がした。
振り返ってみたけど何事もないので再び走り出した。
そうだよ!そのボトンがサイフ ボトンだよ!!落ちたんだ。。。
東京駅入り口か!!!

わかしお発車を尻目に一気にホームを駆け上がる。
入り口。入り口。入り口。。。駆け上がる。駆け上がる。。。
「あの~すみませ~ん。すみませ~ん。」
血相かえて走る私の背後で私を呼び止める声。
何?この忙しい時に!
振り返るとひとりの女性が追っかけてきてるじゃないか! 何!?
「落ちましたよ。」
えっ。サイフ!?
と思ったが、手渡されたのが「亀十のどら焼き」。
は???
あわてて特急わかしおを飛び降りたので、ぱっくり開いたカバンの口を閉めずにそのまま走り出してたんだ。それでサイフに続いてどら焼きまで落としてしまったってことか。。。
我ながら何やってんだ??
落とし物-2
↑↑↑こんな風にパックリ。

どら焼きを受け取り、お礼を言って再びダッシュ!
目指すは東京駅入り口。

辺りを見渡してもサイフはない。
走った足取りの記憶をたどり、もう一度そこを通るがサイフはない。
この辺り、おしゃれな植え込みが並んでいる。植え込み1つ1つ、シラミつぶしに探すがサイフはない。ない。ない。
あぁぁぁ~~~。。。

そう!警察!!
落とし物をしたら警察に届ける義務がある!
いやいや、落とし物を拾ったら届ける義務があるだ。落ち着け。

八重洲口前の交番に飛び込んだ。
これこれこーど、こーなって、そいでもってサイフを落とした事を説明。
「ちょっと待ってください。」
何やら電話して問い合わせている。
落とし物ネットワーク?
日本の警察は優秀(?)とされてるんだから、ピピッとやったら、ほらサイフって出てきたりするんじゃない!?ってな事考えてたら、、、。
「届いてませんね。」
「。。。。。」
遺失届けを出して交番を出た。
落とし物-1

ショックで落ち込みたいがそうもしてられない。
次何をしなくちゃならないんだ!? そうだ!
カードを使えないようにストップしないと、、、。
妻マチルダに電話して、各カード会社の紛失窓口の連絡先を調べてとお願いした。
後は、、、後は、、、、、祈るだけか。。。

こういう場合、どうしても悪い方に考えがいってしまう。
「現金なんて、パーッと使われちゃうんだろうなぁ…。」
「カード悪用されないかなぁ…。」
「ヨドバシのポイントで買い物されちゃうんだぁ…。」
ここは東京砂漠。私のサイフなんか、この砂漠に埋もれて行ってしまうんだぁぁぁ。。。

もやもや気分で家路に向かう。
 (スイカって便利だなぁってちょっと思った。)

妻マチルダが調べてくれた紛失窓口に一軒一軒連絡して止めた。
短い間だが、悪用された履歴はなさそうだ。ひと安心。

ちょっと余裕がでたのか、考えた。
24時間窓口なので繋がらなかったカード会社はなかったが、やはり対応はそれぞれだった。
丁寧さ、親密度、受け答え、総合的に考えてやはりAカードの対応が一番だ。
高い年会費を払っているだけの事はある。

明日朝一番で免許書と保健証の紛失手続きしないと、、、。
やる事はやった。後は祈るのみ。祈るのみ。。祈るのみ。。。ZZZZZZ……

寝坊した。

携帯が鳴った!!朝8:30。 着信の番号は登録番号じゃない。
警察だよ。警察。見つかったって連絡だよ~。
「もしもし。」
「こちら池○警察ですが、sotoboさんですか?」
(えっ、池○警察? 落としたのは東京駅。何で池○警察なの?)
とりあえず受け取りに行きますと電話を切った。
「何で池○なの??」
見つかったはいいが、疑問が残る。ミステリアス。。。

また悪い方に考える。
拾った人が現金とか抜いて、池○あたりにサイフを捨てる。
それを拾った人が最寄りの池○警察に届ける。
あり得る話だよ。

何はともあれ、まずは受け取りに行かないと、、、。

そして池○警察。遺失物窓口。
警察署

「ご確認ください。」とサイフを渡された。
あぁ~私のサイフだよ~と中を確認。。。。
入れていたフォルダーにカードがなく、誰かがカードを抜いて適当に入れた感がある!
それにお札が一枚もない!!
あぁ~~~抜かれてる~~~~
「いえいえ。現金はこちらの封筒にありますよ。カードも身元がわかる物がないかと警察で出したんです。」
現金確認してくれと封筒を渡された。

………確認。

現金、カードその他異常なし!
私のサイフ生還!!
しっかり握って警察を出た。ふ~。

なぜ池○警察に届けられたのか。
こういう事らしい。
拾った人は外国の方。確かに東京駅前で拾った。
警察がわからず、自分が滞在しているホテルのそばに警察があった事を覚えていてここまで持ってきて届けたと言う事だ。

世の中捨てたもんじゃない。
東京砂漠にもオアシスがあった。
拾ってくれた方、本当にありがとうございました!
あっ。どら焼き拾ってくれた女性の方も、、、。

そして私は妻マチルダにカバンのファスナーの閉め方を教えられる。
落とし物-3

そうじゃない!ちゃんとこうやって閉めるの!!!

                   ...........完。

| 東京 日誌 | 23:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。