| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

即食松茸!?

機内食が配られた。
何か即席のお吸い物のような小袋がのっている。
「即食 松茸」?!
インスタント松茸ということだ。
即席松茸-1

はじめて出くわした。
おそるおそる開けてみた、、、。
即席松茸-2

松茸の命である「香り」、、、、然程ない。
味は、、、、、微妙味。
でも、、、、、はまりそう。。。

旅の最後におもしろいものに出くわした。
スポンサーサイト

| ワールド日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

帰りの飛行機も......。

この3日間の出張、ほとんど飛行機と車の移動だ。
人間歩かないと疲れるものだ。



上海浦東空港。
明日からのオリンピックで厳戒警備かと思いきや、ほとんど普段とかわりない。人も少ない。オリンピック万歳ムードも全く感じない。北京と上海、1500kmという距離がそうさせているのか?ちょっと寂しい気もする。
お土産屋さんをぷらぷら。。。やはりメインはパンダだな。。。
パンダ

さぁいよいよ帰国。
搭乗ゲート前で待っていた。。。ん?
時間がきても何だか搭乗できる雰囲気じゃない。やな予感。。。
あっ放送だ。
「◆☆*○#&▲!」
何を言っているかわからないが、放送があるってことは非常事態。つまり遅れるってことだ。またか。。。
外はピーカン。天候のせいではない。何??
「使用機材到着遅れ」!!
よくある説明だが、どうゆうことだろう。何が遅れたんだろう。
機内食を作ってて塩が足らなくなったとか、ブランケットがクリーニングから上がってこないとか、それとももっと飛ぶのに重要な部品が足らないだったり!!
不安だ。何なんだ!

小学生の時、遠足の前の晩は枕元に明日着る服をたたんでおいて寝たもんだ。これが準備というもんだ。

ブツブツいろんな事を考えながら、漸く搭乗できた。
帰国の飛行機-1

あとは成田に着いて帰るだけ。もう何もありませんように……。
帰国の飛行機-2

| ワールド日誌 | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1日の疲れは足裏マッサージで...再見!(さようなら)

移動つづきで足がむくむ、むくむ。。



足裏マッサージ。1日の疲れをとるとしよう。
まずは足湯(何だか薬入り)にじっくり浸かってマッサージ。

足裏マッサージ-1

その後……
足裏マッサージ-2

うぎゃ!!痛痛痛っっっっ!!あちゃ!!
ソ ト ボ 「トン!トン!トン!トン!」(中国語で「痛い」)
。。。。。。。。。。。。。。。。。

気を失ったか、、、ウトウト寝てしまった。。。

| ワールド日誌 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブドウ園のレストラン

昨日上海について車で3時間、揚子江をわたった南通という町に泊まった。
朝からさらに2時間西へ、南京に近い句容という町が今日の目的地。
中国での「ちょっとそこまで」というのは、車で2時間3時間は当たり前。
大陸の大きさを感じてしまう。

車で走っていると。道路脇にパラソルを立ててブドウを売っている。
よく見ればブドウ園がずっと続いている。ブドウの産地との事だ。

仕事も一段落し、昼食の時間。連れて行ってもらったのが「ブドウ園のレストラン」。
レストランといってもゴージャス感はまったくなく、手作り感溢れるログ調の建物。このレストラン、ブドウ園をやりながら、地元の田舎料理を振る舞っているらしい。

料理ができるまでブドウ園をプラプラ。何種類かのブドウがなっている。巨峰に近いものも。

ブドウ園-1

ブドウ園の横は梨園だ。日本の二十世紀梨に近い。かなり美味しそう。。。
巨峰に似たブドウ(巨峰かも)を一房もぎって頂くことに。こりゃ甘い。

ブドウ園-2

田舎料理といっても、肉から魚、野菜とフルコースだ。
当然のごとくビールで乾杯。本当に中国の人は乾杯が好きだ。
何に於いても乾杯からはじまる感じ。

ブドウ園-4

さぁ、午後からもがんばるとするか。

| ワールド日誌 | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

朝は温野菜にかぎる。。。

出張先もいろいろだと、泊まるホテルもいろいろだ。
実際、朝から夜まで仕事しているのでホテルといっても寝に帰るくらいなもの。
ただ、唯一ホテルを堪能できるのが「朝食」だ。
私のホテル選びの条件はこの「朝食」にある。メニューに温野菜があるかどうかだ。
だいたいホテルの朝はバイキング形式。
生野菜はあるが温野菜は結構、少ないものだ。
過去何度か食あたりで大変なおもいをしたことがある。
なるべく熱が通ったものを食べるようにしている。
そこで生野菜より温野菜
特に夏場のホテルは冷房で体がどうしても冷える。
朝の温野菜は体にやさしい。五臓六腑にしみわたる。

温野菜朝食

今回のホテルははじめての宿泊。ボイルされたブロッコリーとカリフラワーがある。
それに根野菜とビーンズのサラダも。合格だ。

この朝食の時間が至福の時だ。

| ワールド日誌 | 20:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。